LINE MUSICの使い方と料金|無料プランと有料プランの違い

  • 2019年1月8日
  • by 
LINE MUSICの使い方と料金|無料プランと有料プランの違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

LINE MUSICはLINEが提供する音楽ストリーミングサービスです。音楽ストリーミングサービスでは、ユーザーは音楽を「買う」のではなく「再生する」ことができます。

これら音楽ストリーミングサービスではよく「定額で音楽聴き放題」などを売りにしていますが、LINE MUSICも例外ではありません。一方、LINE MUSICには無料プランも存在します。

このページでは、LINE MUSICの基本から、無料プランと有料プランの違いについて紹介していきます。

トップ画像引用元:TRENDS – LINE MUSIC

1 LINE MUSICなら約4,900万曲が聴き放題!

LINE MUSICでは、現時点で4,900万曲以上が配信されています。LINE MUSICにログインすれば、全曲聴くことが可能です。

4,900万曲以上というのは、他の音楽ストリーミングサービスと比較してもかなり充実しています。

1-1 LINE MUSICはチケット制

LINE MUSICの料金プランはチケット制となっています。チケットの種類は以下のとおり。表示価格は税込です。

種類ベーシックプランプレミアムプランファミリープラン
通常500円980円1,400円
学割300円480円なし

ベーシックプラン(480円)は30日の間、合計20時間まで聴き放題

もっとも安いチケットは、ベーシックプランです。ベーシックプランの有効期限は30日間で、合計20時間まで音楽が聴き放題となります。

少しわかりにくいかもしれませんが、これは月に音楽を聴く時間が20時間以下の方を対象にしたチケットです。20時間を超えて聴くことはできません。

また、20時間聴かないまま30日が経過した場合でも、チケットを更新しなければ聴けなくなります。

このプランはAndroid端末限定です。

プレミアムプラン(960円)は30日の間、無制限で聴き放題

次にプレミアムプランですが、その名に反して、こちらが実質の標準プランと言えます。960円で30日間聴き放題という、非常にわかりやすいチケットです。

月額960円で聴き放題と言った方が、よりわかりやすいかもしれませんね。月20時間では足りないユーザーはこちらのチケットを購入すべきです。

ファミリープラン(1,400円)は最大6人まで30日間聴き放題

ファミリープランは、最大6人まで30日間音楽聴き放題になるチケットです。「ファミリー」とありますが、共有する相手は家族でなくても構いません。

LINE上の「友だち」から共有する相手を指定することができます。1,400円÷6人=1人あたり233円になるので、上手く使えば非常にお得ですね。

LINE MUSICへの支払いについては、代表者が全額支払うことになります。その後の割り勘などは、ユーザー同士で話し合って決めてください。

学割とは?

LINE MUSICでは、学生ユーザーを対象にチケットの割引を行っています。

対象となるのは、中学校、高等学校、大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校に在籍している学生です。

中高生も対象となっているのは、この手のサービスでは珍しいですね。ちなみに年齢は不問です。

学割が適用されると、ベーシックプランが500円から300円に、プレミアムプランが960円から480円に値下げされます。ファミリープランについては学割が効きません。

1-2 LINE MUSICは安い?高い?

LINE MUSICのチケット代とそれぞれの概要について見てきました。

ところで、このチケット代は果たして安いものなのでしょうか。それとも高いのでしょうか。

他社の類似サービスの料金と比較してみましょう。

サービス名月額料金曲数ビットレート
Apple Music980円約5,000万曲最大256kbps
LINE Music960円約4,900万曲最大320kbps
Amazon Music Ultimated980円約4,000万曲最大256kbps
AWA960円約5,000万曲最大320kbps
Spotify980円約4,000万曲最大320kbps
レコチョクBeat980円約600万曲最大320kbps
KKBOX980円約4,000万曲最大320kbps
Google Play Music980円約3,500万曲最大320kbps

ご覧のとおり、他社サービスも月額960円か980円で聴き放題としています。つまり、LINE MUSICの価格は音楽ストリーミングサービスとして妥当なものと言えます。

ちなみに曲数については、どのサービスでも随時追加や削除などが行われているため、流動します。大まかな参考程度に捉えてください。

2 LINE MUSICには無料プランもある

LINE MUSICにはチケットの購入を必要としない、無料プランも存在します。しかし当然のことながら、無料プランでは利用できるサービスが大きく制限されてしまいます。

下の表は、無料プランと有料プランの受けられるサービスの違いです。

機能無料ベーシックプランプレミアムプラン
楽曲の再生1曲30秒まで自由自由
LINEアプリでの楽曲の再生1曲30秒まで自由自由
歌詞表示ありありあり
音質の調整不可
プレイリストの作成不可
プレイリストの再生1曲30秒まで自由自由
お気に入り登録不可
LINEでシェア機能不可
Twitterでシェア機能不可
Facebookでシェア機能不可
LINEのBGM機能
LINEの着うた機能不可

色々と違いがありますが、何と言っても無料プランでは1曲30秒までしか再生できません。これではせいぜい試し聴きにしかなりませんね。

音楽をしっかり楽しみたいのであれば、有料プランへの加入は必須と言えます。

トレーニングに最適!人気の無料おすすめ音楽アプリ【Android/iPhone対応】

次のページではLINE MUSICの具体的な使い方を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ