LINEのPC(パソコン)版の使い方とパソコンならではの機能まとめ

  • 2018年10月9日
  • by.a-sato

ADIMGL6720_TP_V-1

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

LINEといえば、スマホアプリ上で利用することが主流だと思いますが、実はPC版のLINEもあるのをご存知でしょうか。

スマホとほぼ同じLINEの使い方ができるだけでなく、PC版独自の便利な使い方もたくさんあります。

そこで今回は、LINEのPC(パソコン)版の使い方について解説をしていきます。

インストールの方法から、新規アカウントの作成方法、既存アカウントのログイン方法などを解説していくので、LINEのPC(パソコン)版の利用を検討中の方は特にチェックしてみてください。

1 LINEのPC(パソコン)版の使い方

まず、LINEのPC(パソコン)版の使い方を解説をしていきます。

この章では、

  • LINEのPC(パソコン)版のインストール方法
  • 新規アカウントを作る方法
  • 既存アカウントでログインする方法

の3つについて細かく説明していきます。

画像もいくつか添付してますので、画像と合わせて確認してみてください。

1-1 LINEのPC(パソコン版)のインストール方法


画像引用元:LINE

LINEのPC(パソコン)版のインストール方法は下記のようになります。

  1. ブラウザで「LINEのPC(パソコン)版」を検索、LINE公式サイトのダウンロード画面を表示
  2. 「Windows」と書かれたボタンをクリックしてインストールしようとすると言語選択が表示されるので、言語を選ぶ
  3. 表示される手順に従ってすすめていく
  4. インストール完了、デスクトップに表示されるようになります

LINEのPC(パソコン)版のインストール方法は、今までPC上でOfficeのソフトなどをインストールしたことのある方であれば、同じ流れをこなしてもらうだけになります。

スマホ版LINEのダウンロードと異なるのは、下記の画像のように言語選択が出ることでしょうか。

大抵の方は日本語だと思いますが、英語や中国語、韓国語などの言語も選択できます。

画像引用元:LINE

その後は、他のツールをインストールする時と同じ流れになり、「次へ」と「許可する」をクリックしていくだけになります。

画像にも記載されていますが、インストールが完了するとLINEが自動的に起動されます。

LINEを起動して

  • 新規アカウントを作成
  • 既存のアカウント

のどちらかでログインをして使える状態にしておきましょう。

1-2 LINEのPC(パソコン版)で新規アカウントを作成する場合

次に、LINEのPC(パソコン)版でLINEの新規アカウントを作成する方法を解説していきます。

  1. LINEのPC(パソコン)版を開いた時に表示される画面の下部にある「新規登録」をタップ
  2. スマホ版LINEと同じように、電話番号を入力
  3. 入力した電話番号宛にSMSが送信されるので、そこに記載されている「認証番号」をLINE内に入力
  4. 手順に従い、名前を決めたりその他LINEのPC(パソコン)版の設定を行う
  5. 新規アカウント作成完了

LINEのPC(パソコン)版の新規アカウント作成方法は、スマホ版LINEを変わりません。

LINEのPC(パソコン)版を開くと、まず以下のような画面が表示されます。

新規登録をクリックすると下記のような画面が表示されるので、電話番号を入力しましょう。

既に使用されている電話番号で新規アカウントは作れない

既にLINEの常識ではありますが、同じ電話番号で2つのアカウントを作ることはできません。

そのため、既にスマホ版LINEのアカウントを持っており、もう1つLINEのアカウントが欲しい場合は新たに電話番号を使ってアカウントを作る必要があります

電話番号はSMSが送れて確認できるものであれば何でも構いません。

  • ガラケーの電話番号
  • 格安SIMのSMS付きデータ通信用SIMカード

上記の電話番号でも問題ありませんが、既にアカウントを作成している電話番号を入力すると、

  • 既存アカウントでのログイン
  • 新たに新規で作って既存のアカウントを削除するか

のどちらかの選択を求められるので、複数のアカウントを作りたい場合は不可能です。

1-3 LINEのPC(パソコン版)で既存アカウントを利用する場合

次に、LINEのPC(パソコン)版の既存アカウントを利用する場合の方法について解説をしていきます。

1-3-1 メールアドレスでログインをする場合

  1. あらかじめ決めているメールアドレスとパスワードを入力する
  2. 認証番号が表示されるので、スマホ版LINEの画面で認証番号を入力してログイン完了

メールアドレスでログインをする場合は、事前にスマホ版LINEなどの方でメールアドレスとパスワードの登録が必要になります。

登録しているメールアドレスとパスワードを入力すると、画面に認証番号4桁が表示されます。

その認証番号をスマホ版LINEの方で入力をすれば、本人確認ができたと見なされログインが完了します。

1-3-2 QRコードを使ってログインする場合

  1. ログインしたいアカウントが入っているスマホ版LINEの、友達追加用のQRコードリーダーでPCに表示されたQRコードを読み込む
  2. スマホ版LINEでログインに関する同意が求められるので、許可するとログイン完了

メールアドレスやパスワードを決めていないという方は、QRコードで読み込んでしまう方法が1番早いです。

手元にログインしたいアカウントが入っているスマホ版LINEを持っている方は是非活用してみてください。

1-3-3 電話番号でログインする場合

  1. 登録している電話番号とパスワードを入力する
  2. SMSが送信されるので、認証番号を入力する
  3. ログイン完了

電話番号でログインできるのは、LINEのPC(パソコン)版で作ったアカウントのみとなります

PCの機種を変えることになった時などに重宝できるので是非活用しましょう。

これはスマホ画面ですが、このように本人確認が求められます。

新型iPhoneに機種変更した時のLINEデータを引き継ぐ方法と復元手順

次の章では、「LINEのPC(パソコン)版のパソコンならではの機能」について解説します。

2 LINEのPC(パソコン)版のパソコンならではの機能

次に、LINEのPC(パソコン)版ならではの機能について解説します。

LINEのPC(パソコン)版は基本的にスマホ版LINEとほぼ同じ機能を使うことができます。

しかし、中にはLINEのPC(パソコン)版だからこそできる使い方もあるので是非、参考にしてください。

2-1 PC版の特有の機能 | PDFやExcelなどの文書ファイルを送ることができる

使っているデバイスがPCということもあり、PCに保存されているPDFやExcelなどの文書ファイルも簡単に送ることができます

セキュリティ面で不安が残るLINEではありますが、企業の中には連絡手段として用いている会社も多くあります。

仕事中にすぐに確認して欲しい資料があればすぐに送れるという点が便利ではないでしょうか。

もちろん、大抵のスマホであればExcelやPDFファイルを確認することができるアプリが入っているはずなので、スマホからもデータを確認することも不可能ではありません。

緊急時に確認して欲しいデータがある時にLINEのPC(パソコン)版はとても便利だといえます。

2-2 PC版の特有の機能 | 画面キャプチャをそのまま送ることもできる

LINEのPC(パソコン)版には、キャプチャ機能と呼ばれるものがあります。

LINEのPC(パソコン)版の画面のトーク画面の大きさは大体スマホの画面サイズと変わらないの、ウィンドウを同時に複数を開くことも可能です。

何かすぐに確認して欲しい地図や画像がPC上にあった場合、わざわざURLを貼り付けて送るのも面倒ですよね。

そこで、トーク画面にある「キャプチャ撮影マーク(スタンプマークの右側にあります)」をクリックすると、画面に表示されているものの中で、キャプチャしたい画像の範囲指定をすることができます。

そのままキャプチャをしてLINEのトーク画面に載せることができるので、すぐに確認して欲しい内容のものや、文章で説明するのが面倒なものを見せたい時に大変重宝できます。

2-3 PC版の特有の機能 | トークを既読をつけずに読める

これは1番大きな機能ではないかと思うのですが、LINEのPC(パソコン)版には既読マークをつけずにトークを確認する方法があります。

  1. 別ウィンドウで既読にしたくないLINEトーク画面を開いておく
  2. もう1つのウィンドウに既読をつけても良いトーク画面を表示させ、既読にしたくないLINEトークの画面を「非アクティブ状態」にする

LINEのPC(パソコン)版では、別ウィンドウで複数のLINEトーク画面を表示させることができます。

複数の友達と一度にやり取りをしている場合には、別ウィンドウを使って複数のトーク画面を表示させると良いでしょう。

非アクティブ状態のトーク画面は、画面が薄暗くなっているのですぐにわかると思います。

アクティブ状態であれば既読がついてしまいますが、非アクティブ状態であればトークの流れを観察する分には既読はつきません。

休みの日なのにも関わらず仕事のLINEが大量に来る方などは、内容だけ把握しつつも既読になっていないので急いで返信せずにすむことが可能です。

2-4 PC版の特有の機能 | 年齢確認をする必要なくID検索ができる

LINEのPC(パソコン)版では年齢確認する必要がありません。

そのため、ID検索をする時に年齢確認をするステップを飛ばして検索したい友達を見つけることができます。

年齢確認に関しては、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアであれば専用のサイトにログインをして年齢確認が簡単にできます。

しかし、格安SIMは年齢確認のサービスが備わっている会社が少ないことが特徴です。

つまり、格安SIMユーザーはスマホ版LINEとLINEのPC(パソコン)版を使い分けることによって年齢確認しなくてもIDで友達が検索できるようになるのです。

未成年でID検索ができないと困っている方も重宝できるのではないでしょうか。

LINEのトーク履歴のバックアップもかなり簡単に同期できるようになっているので、LINEのPC(パソコン)版とスマホ版LINEを行き来してもトーク履歴がなくなることはありません。

3 LINEのPC(パソコン)版とLINEのスマホ版との違い

次に、LINEのPC(パソコン)版とスマホ版LINEとの違いについて解説します。

LINEのPC(パソコン)版ならではの使い方を解説しましたが、上記のようにスマホ版LINEではできないようなこともLINEのPC(パソコン)版では便利に使うことが可能です。

上記以外にも、どのような違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

3-1 PC版とスマホ版の違い | 使える機能はほぼ同じ

機能的な面では先ほども述べましたが、使える機能はほぼ同じです。

LINEのPC(パソコン)版の他に、LINEのGoogle Chromeウェブアプリ版があります.

このLINEのGoogle Chromeウェブアプリ版には、

  • タイムラインが使えない
  • ノートが使えない

などと機能に制限がありますが、LINEのPC(パソコン)版はそういった制限はほとんどありません

そのため、スマホ版LINEからLINEのPC(パソコン)版にアカウントを移行したとしても、ほぼスマホ版LINEと同じようにLINEを使うことが可能なはずです。

LINE Payカードの使い方|発行からチャージと決済の手数料まで解説

次の章では、「LINEのPC(パソコン)版のポイント」について解説します。

3-2 PC版とスマホ版の違い | メッセージの送信方法を変えることができる

LINEのPC(パソコン)版では、メッセージの改行をする時にShift+Enterキーを押す必要があります

スマホ版LINEからLINEのPC(パソコン)版に変えた人はまずここで慣れる必要が出てきます。

そして、通常キーボードを打つ時に改行をするとEnterキーを使用するので、いつもの癖でShiftを押さずにEnterキーだけを押してしまう方も多いのではないでしょうか。

一方で、LINEのPC(パソコン)版でEnterキーだけを押すとメッセージ送信になってしまいます。

つまり、他にも文章を書きたかったのに、途中でメッセージを送ってしまうなどの誤操作がかなり多くなってしまうことが懸念されます。

そこで、メッセージの送信方法を変えることが可能なのです。

メッセージを送る時のボタンを別のものにすれば、誤送信を防ぐことになります。

このように、自分の使い方に合わせて臨機応変に設定を変えることができます。

LINEの誤送信を削除できる「送信取消」機能の使い方と注意点

3-3 PC版とスマホ版の違い | あらかじめ設定したキーワードを含むメッセージの場合に通知が来る

さらに、LINEのPC(パソコン)版ではあらかじめ設定したキーワードにヒットしたメッセージは特別に通知が来るように設定することができます。

仕事上のワードなど、重要なワードを含んだメッセージが特別に通知されるため、優先的にそのメッセージを確認することができます

PDFやExcelファイルを送信できる点も同様ですが、ビジネスにおいてもLINEのPC(パソコン)版は重宝できるといえるのではないでしょうか。

4 LINEのPC(パソコン)版のアカウント共有機能が廃止に

少し前からLINEの乗っ取りが多発したこともあり、以前はLINEのPC(パソコン)版も1つのアカウントを同時に共有できる機能がありましたが、廃止となってしまいました。

基本的にLINEは1デバイスに1アカウントといった形で使うことがルールとなっていますが、以前はLINEのPC(パソコン)版とスマホ版LINEの両方で同じアカウントを共有することも可能だったのです。

スマホが見れない時にLINEのPC(パソコン)版でトークが確認できるなど非常に便利な機能でしたが、乗っ取りなどの悪質な悪戯や詐欺が多い為になくなってしまったのです。

しかし一方で、Google Chromeの拡張機能を使用して使えるウェブアプリ版のLINEは、複数のデバイスで1つのアカウントを共有できる機能を搭載しています。

そのため、1つのアカウントを複数のデバイスで管理したいと考えている方は、Google Chromeのウェブアプリ版LINEを使用してみてはいかがでしょうか。

5 LINEのPC(パソコン)版は仕事中の連絡にも重宝できる!

最後に、LINEのPC(パソコン)版についてまとめたいと思います。

LINEのPC(パソコン)版のポイント
  • 使える機能はスマホ版LINEとほぼ同じ
  • PDFやExcelファイルが送信できる
  • PC画面の別ウィンドウをキャプチャして送信できる
  • 既読をつけずにトークを確認できる
  • ID検索に年齢確認が不要

その他にも、キーワードを設定して、該当するメッセージが届いた際に特別に通知が出るなど、ビジネス向きの機能が多く備わっているという特徴がLINEのPC(パソコン)版にはあります。

スマホ版LINEとアカウントを共有できないという点が不便ではありますが、仕事用のLINEを作りたいと考えている方は是非LINEのPC(パソコン)版を活用してみてはいかがでしょうか。

LINEモバイル「端末保証オプション」は必要?故障から修理までの手順

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ