生活に欠かせなくなったLINEとTwitter。改めてメリットを調査してみた

  • 2018年8月30日
  • by 
生活に欠かせなくなったLINEとTwitter。改めてメリットを調査してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

世間のトレンドを常にチェックできる

  • 男性
  • 28歳、SE
  • 使用している機種:iPhone 7
  • 毎日使っているコミュニケーションアプリ:LINE、Twitter
  • 無いと生活に支障をきたすアプリ:LINE、Twitter
  • 1日の利用時間:1時間30分

LINEの使い方

基本的に普段人と連絡を取り合うのに使用しています。文字でのやり取りはもちろんですが通話もできるので、携帯会社が提供しているキャリア通話の代わりに使用することもあります。

LINEのメリット

1番はチャット形式で手軽にやりとりできる点が1番便利だと感じています。

従来のメールだとやりとりのレスポンスが悪くなりがちですが、LINEだとポンポンと文字で会話しているかのようにやり取りできるので、LINEで話し合いをしたりするのにも使えて良いです。

個人だけでなくグループを作れば複数人で共有できるのでみんなで予定を立てたりするときに使えるのも良いです。

それが当然文字で残っているのでそれを見返せばどんな内容を話していたかなどを確認することができます。

また使用しているユーザー数も非常に多くスマートフォンを持っていてインストールしていない人はいないのではないかと思うくらいの普及率なので連絡ツールとして扱いやすいというのが良いですね。

LINEのデメリット

個人情報の取り扱いがやはり心配です。キャリアが管理しているのであれば安心ですがそうではないので、どのように管理されているのかが気になります。

自分だけでなく相手の情報も入っているので何かの拍子に漏れてしまうと相手にも迷惑が掛かってしまいますしね。

あとは既読機能が付いているので読んだのに相手に返さないと悪いなどと考えてしまい、LINEに依存してしまう人もいるみたいです。

Twitterの使い方

主にネットで知り合った方と話をしたり、情報を収集するのに使用しています。

Twitterのメリット

合ったことのない方と気軽に話をすることができるので、刺激になりますね。特に同じような趣味を持っている方と仲良くなってその話をいつでもできるのが良いです。

遠くにいながらも気の合う方とやり取りできるのがとても便利ですね。

またネットのトレンドを確認することもできるので、今何がネットで話題になっているのかをすぐに確認することができるのが重宝しています。

Twitterのデメリット

基本的に本名をさらさなければ匿名性の高いツールだとは思いますが、最近では炎上した人の住所や氏名、学校などを調べ上げそれを許可なくさらしたりする人がいたりとモラルが欠けている人も見受けられます。

なので個人情報の取り扱いや発言には気を付ける必要があります。

今後注目しているコミュニケーションツール

今とても有名ではありますがInstagramが気になっています。

有名人の方も多く利用しており、今は基本的には写真のアップがメインだと思いますが、今後はどのような機能が追加されていくのかとても期待しています。

連絡先の交換方法が豊富で、簡単に追加できる

  • 女性
  • 18歳、学生
  • 使用している機種:iPhone 8
  • 毎日使っているコミュニケーションアプリ:LINE、Twitter、FaceTime、一般メール
  • 無いと生活に支障をきたすアプリ:LINE、Twitter
  • 1日の利用時間:1時間30分

LINEのメリットは、ユーザーが多いことだと思います。SNSに疎い人であってもスマホを持っている人の多くはLINEを連絡手段として使っています。

赤外線での連絡先交換機能が初めからついていないスマホにおいては、メアドの交換よりもLINEの交換の方が容易です。

さらに、LINEは電話番号、QRコード、ID、ふるふるなど様々な方法で友達追加を行えるため、状況に応じて異なる方法で連絡先の交換ができます

デメリットとしては「既読」の表示があると思います。

連絡手段として使う際には便利ですが、友人との雑談に使う際にはお互いが「既読無視」を気にしすぎてしまうため、「既読を付けたら返信しなければ」と負担になることもあります。

基本的な使い方としては、バイトの事務連絡やサークルの連絡、そして友人との暇つぶしの雑談です。

グループトークと個人チャットは頻繁に使いますが、タイムラインについては全く使っていません。

また、LINENEWSを追加して、1日3回送られてくるニュースを見ることで社会での出来事を知っています。

Twitterのメリットは、知らない人とも容易につながることができる点です。この点においてはLINEとTwitterは対照的なコミュニケーションツールです。

Twitterにおいてはフォロワーに一切面識のない人がいることもそれほど珍しくはありません。また、複数のアカウントを簡単に作ることができるというのも大きなメリットの一つです。

人によってはいくつものアカウントを使い分けている場合もあります。デメリットとしては、目にする情報の選択が困難であるということがあります。

Twitterでは、見たくないものであっても他の人がリツイートすることで自分のタイムラインに流れてくることがあります。

他者が不快になるようなツイートを頻繁に行う人が限られていれば、ブロックなどによって対処できますが、誰がどんなツイートをするかを予測することは困難です。

また、知らない人とのコミュニケーションが容易であるがゆえに、炎上などのトラブルに巻き込まれることもあります。

深く考えることなく発信した内容が批判を集め、炎上すれば心無い人によって個人情報を晒されてしまう可能性もあります。

Twitterの主な使い方としては、趣味専用のアカウントと実際に面識がある人と繋がる用のアカウントを分けています。

趣味専用のアカウントでは主に、同じ趣味を持つ人とつながり、情報の共有などを行います。もう一方のアカウントでは日常でのちょっとした出来事をつぶやいて友人と共有しています。

今後注目しているのはLINEです。すでにたくさんの機能が追加されていますが、クーポンを公式アカウントで配布する企業なども増えてきています。

今後、さらに実生活で活躍するツールになっていくと思います。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

LINEの誤送信を削除できる「送信取消」機能の使い方と注意点

豊富なスタンプでコミュニケーションが円滑になる

  • 女性
  • 39歳・グラフィック系フリーランサー
  • 使用している機種:SC-04E
  • 毎日使っているコミュニケーションアプリ:LINE、Twitter、一般メール
  • 無いと生活に支障をきたすアプリ:LINE、Twitter
  • 1日の利用時間:6時間

LINEのメリットは、なんといっても豊富なスタンプにあると思います。

私は絵を描く仕事をしているので、自作したスタンプを申請して販売することで、自分の絵を好きな人達に、自分の絵のスタンプを使ってもらうなんて夢のようなことも可能です。

最近は動いたり喋ったりするのが当たり前になってしまっていますが、それでも家族友人とスタンプで会話をすると、楽しいだけではなく、文字では伝わりきらない絶妙な感情を伝えられて、とても近い距離でのコミュニケーションをしていると感じられます。

デメリットは、スタンプの企業参入でしょうか、使う側としてはありがたいことこの上ないのですが、子供がスタンプを作って自転車を買えた!というような誰にでも一発あてるチャンスがあるというのは絵を描く側からすると、少しだけ寂しさを感じるところです。

今は取り消せるようになりましたが、仕事の相手に家族へのメッセージを送ってしまう、ということは何度もありました。

使い方は家庭用と、仕事でも使います。

ちょっとしたデザインであればカメラで撮影してそのままLINEで送って確認を取る、というのがメールなどに比べて圧倒的に早く、納期ギリギリの時などは非常に助かっています。

次にTwitterのメリットですが、これは使い方も含みますが、私はグラフィック関係の仕事を在宅でやっているため、買い物以外はほとんど外に出ません。

そのため仕事だけやっていると圧倒的に世間様とずれてくるのです。

なのでニュースを見るのはもちろん、いま世間はどうなのかということを常に知ることができるため、Twitterを見ながら生活しています。

自分がフォローしている相手だけなので多少情報は偏りますが、世間のイベント時に皆がどう考えているのか、どう楽しんでいるのか、それを知るだけで世間と繋がれている気分になれます。

デメリットは情報が雑多であるため、あまり気分が良くない情報で誰かを糾弾したりしているのを見たり、すると人の心の闇を感じてすこしうんざりすることでしょうか。

これから期待しているコミュニケーションツールは”Graffity”です。

AR技術を利用して、現実の空間にARでコメントを残したりできるもので、たとえばハチ公に行ってこのアプリで見ると、ハチ公にたくさんラクガキという感じでコメントがたくさん残ってたりして、自分もコメントを残して、コミュニケーションがとれる、というものです。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

編集部まとめ

今回はすでに生活に欠かせないアプリになったLINEとTwitterのメリットを、改めて調査してみましたがいかがでしたか?

特にLINEは誰もが使っていると言ってもいいくらい、普及率の高いアプリですよね。もはやLINEがなかった時代はよく生活できていたな、と思うレベルです。

せっかく現代に生まれたからには、文明の利器をしっかり活用していきたいです。

スマホ機種変更でLINEのトークを引き継ぐ方法【iPhone/Android対応】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ