LINEMOの機種変更方法と手数料について解説します

  • 2021年3月12日
  • by.a-sato

LINEMOの月額料金

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

LINEMOのサービスがいよいよ3月17日にスタートしますが、どうやって機種変更をすれば良いのか・取り扱い機種はどのようなものがあるのかなど、気になる点が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、LINEMOでの機種変更の方法や手数料の有無、取り扱い機種について調べてみました。

結果、取り扱い機種については未発表であるということがわかりましたが、ワイモバイルがiPhoneに対応していることを考えると、LINEMOでもiPhoneが購入できるのではないかと思われます。

併せて、LINEMOのサービス内容やキャンペーンについても触れていくので、契約を検討中の人は是非参考にしてください。

LINEMOの機種変更
  • オンライン手続きのみ
  • LINEでの手続きにも対応すると予想
  • 取り扱い機種は未発表
  • iPhoneには対応するのではないかと思われる
  • 機種変更にかかる手数料は無料

※本記事中の価格は全て総額表示

トップ画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEMOの機種変更の方法

LINEMO

画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

まず、LINEMOでの機種変更の方法について解説していきます。

現時点ではオンライン手続きのみだといわれていますが、今後LINE手続きも可能になるのではないかと思われます。

オンラインで手続きする

LINEMOではオンラインでの手続きとなります。

オンライン上で契約内容やプラン、機種を選択し、契約者情報を入力していく流れとなるので、これまでショップスタッフが行っていた作業を自分たちでやる必要があると思ってください。

面倒だと思うかもしれませんが、店舗にわざわざ足を運ぶ必要がない・思い立ったらいつでもどこでもスマホで手続きができるなど、メリットもたくさんあります。

また、後述にて詳しく解説しますが、オンライン手続きなので手数料もほぼかからないというコスト面での利点もあります。

LINEでの手続きにも対応すると予想される

LINEとソフトバンクが提携して誕生した格安通信サービスなので、LINEアプリからの手続きも可能になると思われます。

LINEMOの前に発表されていた「SoftBank on LINE」でも、LINEアプリによる申し込み受付も開始予定という記載があったので、LINEMOでの可能性はかなり高いです。

LINEなら普段から使い慣れている人も多いと思うので、あまりスマホの操作に自信がない人でもスムーズに手続きできるかもしれませんね。

ショップでの取り扱いはなし

LINEMOはオンライン手続きのみ受付可能なので、ソフトバンクショップでのサービスの取り扱いはありません。

また、LINEMOの直営店ができるわけでもないので、これまでショップで契約をすることが当たり前だった人にとってはやや敷居が高い可能性があります。

しかし、LINEMOの料金プランは1つだけで内容もシンプルなので、他社キャリアと比べて覚えやすいのではないでしょうか。

コロナ禍の影響もあると思いますが、この先どんどんこのようなオンライン手続きが普及されていると思うので、今から使い慣れておくこともおすすめです。

機種変更の方法
  • オンラインで手続き
  • LINEでの手続きにも対応すると予想
  • ショップでの取り扱いはなし

LINEMOで使える機種・iPhoneは使える?

iPhone 12とiPhone 12 mini

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

次に、LINEMOで取り扱われる機種について解説していきます。

現時点で未発表ですが、ワイモバイルのようにiPhoneが使えるようになるのではないかと予想されます。

機種は未発表

現時点でLINEMOでの取り扱い機種の発表はありません。

また、LINEMOで動作確認が行われている機種のリストもないので、どのスマホが使えるのかもわかりません。

アハモが既に発売予定の3機種の発表を行っているので、機種の販売をせずにサービスを開始するとは思えませんが、何とも言えない状況です。

アハモでは、ドコモで取り扱っていた「iPhone 11」や「Xperia 1 Ⅱ」、「Galaxy S20 5G」が販売される予定です。

正直格安の料金プランを取り扱うサービスなので、ここまでのハイエンドモデルが取り扱われるとは思ってもいませんでした。

LINEMOも、もしかしたらソフトバンクで販売されているハイエンドモデルのスマホが、そのままLINEMOにスライドして取り扱われるようになるかもしれません。

iPhoneは使えると予想

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルもiPhoneを取り扱っています。

そのため、同じ系列のLINEMOでも、iPhoneは使えるのではないでしょうか。

ソフトバンクと同じように最新のiPhone 12が販売されるとは思いませんが、iPhone SE(第2世代)やiPhone 11なら可能性は充分考えられるといえます。

一足先に取り扱い機種を発表した「アハモ」ではiPhone 11が販売されることになっているので、LINEMOでももしかしたらiPhone 11が購入できるのかもしれません。

ソフトバンクのスマホならそのまま使える可能性大

LINEMOでスマホを購入しなくても、既にソフトバンクで使っている・使っていたスマホがある場合は、それをLINEMOでそのまま使える可能性もあります。

格安SIMでは、基本的に契約する回線と使う機種のキャリアが一致していれば、SIMロック解除をしなくても問題なく使えるといわれています。

※念の為、事前に今後公式サイトに掲載されると思われる動作確認済端末の一覧のチェックしてみてください

そのため、ソフトバンクの回線が使えるLINEMOなら、ソフトバンクで購入したスマホをそのまま使える可能性が非常に高いです。

ソフトバンクで使っていたスマホがまだ使えるのなら、新たに機種を購入する手間もコストも省けるので大変お得です。

他社のスマホもSIMロック解除すれば使えるはず

一方で、ソフトバンク以外で購入したスマホについてですが、ドコモやauの場合は原則SIMロック解除が必要となります。

SIMフリー端末であれば、何もせずにLINEMOで利用することができます。

自分のスマホにSIMロックがかかっているかどうかチェックし、もしかかっているのであればSIMロック解除の手続きを行いましょう。

SIMロック解除は、基本的にスマホを購入したキャリアショップまたはMy docomoなどのキャリアのオンラインサポートからできます。

ショップで手続きする場合、店頭払いで3,300円の手数料が発生するので注意してください。

オンラインサポートの場合は手数料はかかりませんが、他社のSIMカードが必要となります。

※全ての機種がSIMロック解除をして使えるわけではありません。念の為に動作確認を行うことをおすすめします。

LINEMOで使える機種
  • 取り扱い機種は未発表
  • サブブランドのワイモバイルはiPhoneが使えるのでLINEMOも恐らく使える
  • ソフトバンクのスマホならそのまま使える可能性が高い
  • 他社のスマホもSIMロックを解除すれば使えるはず
LINEMO(ラインモ)対応機種|動作確認済みで使える端末【2021年最新】

LINEMOの機種変更手数料

LINEMO

画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEMOで機種変更をする時に気になるのは手数料です。

他社だと一律3,300円かかりますが、LINEMOでは手数料は発生しません。

つまり、LINEMOで機種変更する時も手数料は0円ということになります。

恐らく店舗運営がなく、オンライン手続きで人の手が加わっていないからだと思われます。

ドコモでもオンラインショップだと事務手数料が無料になるので、それと同じことではないでしょうか。

初期費用が全くかからないというのはかなり嬉しいポイントですね。

LINEMOの料金プランとサービスをおさらい

スマホを操作する女性

次に、LINEMOには一体どのようなサービスがあるのか解説していきます。

この章では、料金プランやオプションについてまとめました。

LINEMOの料金

LINEMOの料金は月額2,728円です。

通信量は20GBまで使うことができ、通話料は30秒あたり20円となります。

20GBあれば動画やゲームなどをよく使う人も充分に楽しめるでしょう。

ただし、自宅に固定回線がない・複数のデバイスにテザリングで使用するという場合は足りないかもしれません。

20GBを使い切ると、通信速度が制限されて遅くなります。

使える回線はソフトバンク│5Gにも対応

LINEMOはソフトバンクとLINEが提携して誕生した格安通信サービスなので、使える回線もソフトバンクとなります。

格安SIMでお馴染みのワイモバイルと同じように、LINEMOでもソフトバンクの回線を本来の品質のまま利用することができます。

※格安SIMの多くはキャリアの回線を借りて通信サービスを提供するので、通信速度が不安定になることも多く、時間帯によって著しく速度が落ちることもあり、それがネックだといわれています。

ソフトバンクと同じように回線を使用できるので、通信速度が気になる人も快適に使えるでしょう。

さらに、対応エリア内であればソフトバンクの5Gも利用可能です。

LINEのトークや通話が通信量ノーカウントで使い放題

LINEと提携しているということもあり、LINEのサービスもお得に使うことができます。

LINEのトークや通話にかかる通信量がノーカウントとなるため、20GBの通信容量を消費することがありません

そのため、普段からLINEをよく使う人、特にLINE通話を活用する人は、通信量を気にせずに使うことができます。

コロナ禍で会うことができない友人や家族と連絡を取る頻度が増えたという人も多いので、どのくらいオンライン通話で通信量を使っているのか心配な人にも安心です。

速度制限がかかっても1Mbpsで使える

月の通信容量である20GBを超過すると、速度制限がかかると前述しました。

速度制限がかかると、ネットの通信速度は1Mbpsに低速化されます。

キャリアや格安SIMの多くは通信速度を128Kbpsまで低速化させますが、この速度だとブラウザを開くことすらできず、タイムアウトしてしまうレベルの遅さになります。

しかし、1Mbpsなら低画質のYouTube動画なら問題なく観られる速度だといわれているので、SNSの閲覧や音楽の再生、容量の少ないスマホゲームなども充分使えるでしょう。

速度制限がかかってもそこまでストレスなく使えるというのも嬉しいポイントです。

5分かけ放題は550円・無制限かけ放題は1,650円

LINEMOのプランには通話定額が含まれていません。

通話をよく利用する人は、5分または無制限のかけ放題オプションをつけることをおすすめします。

5分かけ放題なら550円・無制限かけ放題なら1,650円のオプション料金がかかります。

ただ、LINEMOはLINE通話の通信量がノーカウントになるので、LINE通話で間に合うという人は無理につける必要はないでしょう。

仕事・家庭関係などの電話の頻度が多い人におすすめのオプションです。

LINEMOの料金プランとサービス
  • 20GBが月額2,728円
  • ソフトバンクの回線をそのままの品質で使える
  • LINEのトークや通話が通信量ノーカウント
  • 速度制限がかかっても1Mbpsで使える
  • 5分かけ放題は550円・無制限かけ放題は1,650円
「LINEMO(ラインモ)」はおうち割や家族割は適用されるのか否か解説

LINEMOの先行エントリーキャンペーン

LINEMO先行キャンペーン

画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

現在、LINEMOでは先行エントリーを行うことでPayPayボーナスが3,000円相当もらえるキャンペーンを実施しています。

LINEMOでの契約を予定している人は、先行エントリーを行った上で契約するようにしましょう!

先行エントリーキャンペーンの手順

先行エントリーキャンペーンは、大きく分けて3つのステップをクリアする必要があります。

  1. 先行エントリー:3月16日まで
  2. LINEMO契約:5月31日まで
  3. サイトでPayPayボーナス受け取りの手続き:6月上旬案内で中旬に締め切り予定

まず、3月16日までに先行エントリーが必要です。

先行エントリーはキャンペーンサイトの「先行エントリーはこちら」をタップし、メールアドレスと電話番号を入力して申し込むことができます。

LINEMOのサービスが始まったら、5月31日までに契約手続きを済ませましょう

契約後、先行エントリーで登録した電話番号またはメールアドレス宛に、PayPayボーナス受け取り手続きの案内のSMSまたはメールが届くので、記載されているURLにアクセスして受け取り手続きを行います。

受け取り手続きの案内は6月上旬に送付される予定で、締め切りは6月中旬頃を予定しているので忘れずに手続きしましょう。

ハッシュタグをつけてTwitter投稿すれば抽選で10,000円相当のPayPayボーナス

さらに、抽選で270名に10,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされます。

ただし、先行エントリー完了後に「#LINEMOの先行エントリー完了」というハッシュタグをつけてツイートし、LINEMO公式Twitterアカウントをフォローする必要があります。

これは3月16日までのキャンペーンなので、チャレンジしたい人は早めに先行エントリーを済ませてTwitterに投稿してください。

ハッシュタグをつけることと、公式アカウントのフォローを忘れないようにしましょう。

LINEMOの先行エントリーキャンペーン
  • 期間中に先行エントリー・LINEMO契約・PayPayボーナス受け取り手続きをすることでPayPayボーナスが3,000円相当もらえる
  • 各手順に期限が設けられているので注意
  • 先行エントリー後ハッシュタグをつけてTwitter投稿すれば抽選270名に10,000円相当プレゼント

LINEMOの機種変更手数料はゼロ!20GBをお得な料金で使おう

LINEMO・ラインモのロゴ

画像引用元: オンライン専用ブランド“LINEMO”、3月17日にサービス開始

最後に、LINEMOの機種変更についてまとめます。

LINEMOの機種変更
  • オンライン手続きのみ
  • LINEでの手続きにも対応すると予想
  • 取り扱い機種は未発表
  • iPhoneには対応するのではないかと思われる
  • 機種変更にかかる手数料は無料

LINEMOで機種変更をするには、オンライン手続きのみであるということがわかりました。

今後LINEでも手続きができるようになる可能性は高いですが、現時点ではオンラインサイトのみとなります。

ショップでこれまで契約してきた人にとってはややハードルが高いかもしれませんが、今後このようなオンライン手続きが増えていくことを考慮し、今から使い慣れておくことをおすすめします。

取り扱い機種は未定ですが、「アハモ」でハイエンドモデルの取り扱いがあることを考えると、iPhoneをはじめとするソフトバンクのハイエンドモデルがそのまま販売される可能性もあると思います。

機種変更にかかる手数料が一切ないというのは嬉しいですね。

今なら先行エントリーキャンペーンでPayPayボーナスが3,000円相当もらえるので、契約を検討している人は是非エントリーしておくことをおすすめします。

「LINEMO(ラインモ)」のメリット5つとデメリット3つについて解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。