LINEMO(ラインモ)料金プラン比較解説【スマホプラン・ミニプラン】

LINEMOから、ライトユーザー向けの料金プラン「ミニプラン」が発表されました。データ通信3GBまで、料金は990円という破格の料金です。驚きの内容ですが、果たしてどんな方がミニプランを選ぶべきでしょう。プラン詳細とあなたにピッタリなプランの選び方を解説します。
  • 2021年7月16日
  • by.affiprecious

LINEMOミニプラン

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

2021年7月15日、ソフトバンクのLINEMOから新たなプランが発表されました。

その名も「スマホプラン」と「ミニプラン」。

この2つのプランの登場により、LINEMOはどう変わるのでしょうか。

本記事では、LINEMOのスマホプランとミニプランについて徹底解説していきます。

LINEMOのミニプランとスマホプランについて
  • ミニプラン:3GB使えて月額990円。ライトユーザー向けプラン
  • スマホプラン:20GB使えて月額2,728円。従来どおりのプラン
  • 両プランで対象となるキャンペーンに違いはあるものの、プラン選びはデータ量を重視したい
関連記事

2021年3月17日にサービスがスタートしたLINEMO。テレビやネットでもよくCMを目にしますよね。 今「LINEMOを使ってみたい」と考えている方は非常に多いと思います。でも、いざ契約するとなると、実際に使った人たちからの評判が気[…]

LINEMO 評価 レビュー

トップ画像引用元:LINEMOの料金プラン|【公式】LINEMO – ラインモ|格安SIM

LINEMOのスマホプラン・ミニプランを比較!

ラインモ

画像引用元:プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

では、早速スマホプランとミニプランの内容を比較してみましょう。

LINEMOの基本情報ミニプランスマホプラン
月額料金990円2,728円
通信容量月間3GB月間20GB
速度制限時最大300kbps最大1Mbps
LINEギガフリー有効
音声通話
無料オプション
なし
(オプションで提供)
ネットワークソフトバンクの5G・4G
海外国際ローミングを無料オプションとして提供
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料
MNP転出手数料

2つのプランで違う点は、月額料金と通信容量、速度制限時の最大速度です。

スマホプランの内容はこれまでのLINEMOと変わりません。月額2,728円で20GBのデータを利用できます。速度制限時でも最大1Mbpsまで出るため、ある程度はネットが使えるでしょう。

一方、ミニプランの内容は、これまでのLINEMOとは違います。つまり、こちらが新プランということですね。

月に使えるデータ量は3GBと少なめですが、月額料金は驚きの990円!

ソフトバンクの低容量プランである「ミニフィットプラン+」は3GBで5,478円ですから、かなり安いことがわかりますね。

ただし、速度制限時には最大300kbpsまで落ち込みます。まともに使えるのはLINEなどのSNSアプリのみでしょう。

Webサイトの快適な閲覧のために1Mbpsは必要と言われている現代。この速度でネットを利用するのはかなり難しいでしょう。

とはいえ、「LINEMOは興味はあるけど20GBも要らない……」と思っていた方には、かなり魅力的なプランではないでしょうか。

LINEMOのミニプラン・スマホプランをキャンペーンで比較!

2021年7月現在、LINEMOでは下記3つのキャンペーンを実施中です。

LINEMOで実施中のキャンペーン
  • 通話オプション割引キャンペーン
    通話無料オプションを1年間に渡って月額550円割引
  • LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン
    LINEスタンププレミアムユーザーに、毎月LINEポイントを最大240ポイントプレゼント
  • 10,000円相当あげちゃうキャンペーン
    新規契約・他社からの乗り換えでPayPayボーナスを10,000円分プレゼント

いずれも非常に魅力的なキャンペーンですね。

ただし、契約プランによって利用できるキャンペーンは異なります。

LINEMOの基本情報ミニプランスマホプラン
通話オプション割引キャンペーン対象対象
LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン対象外対象
10,000円相当あげちゃうキャンペーン対象外対象

スマホプランは全キャンペーンで対象となっていますが、ミニプランは通話オプション割引キャンペーンのみ対象となります。

LINEMOのプラン選びのコツは?

スマホプランとミニプランの違いは、以下3点のみで、その他の仕様はすべて同じです。

相違点
  • 月額料金
  • 通信容量
  • 速度制限時の最大速度

どちらもテザリングは申し込み不要かつ無料で利用できますし、ソフトバンクまとめて支払いも使えます。

よって、LINEMOでプランを選ぶ時には下記の点に着目しましょう。

LINEMOのプラン選びのコツ
  • 【最重要】自分にあったデータ量のプランを選ぶこと
  • 対象キャンペーンの違いよりもプランのデータ量を重視すること

自分にあったデータ量のプランを選ぶこと

プラン選びで最も重要なのは月に使えるデータ量です。

ついミニプランの「月額990円」という金額に目がいきがちですが、これを契約したばかりにスマホの使い勝手が落ちてしまっては本末転倒ですよね。

そもそも、20GBで2,728円という価格も十分破格です。LINEMOのプラン選びはデータ量に着目すべきと言えます。

キャンペーンの差はあまり考慮しない方が良い

ミニプランはライトユーザーにとって非常に魅力的なプランですが、「10,000円相当あげちゃうキャンペーン」の対象外です。

しかし、このキャンペーン目当てでスマホプランを契約するのはやめた方が良いでしょう。

10,000円相当のPayPayボーナスが付与されるのは大きいですが、毎月3GBも使わないならそれこそお金の無駄です。

そもそも、スマホプランとミニプランでは、月額1,700円以上の差があります。6ヶ月後には10,000円以上の差です。

3GBで月額990円は格安SIMを上回る安さと言えます。ライトユーザーの方はぜひミニプランへの乗り換えを検討してみてくださいね。

手続きはこれまでと同じくオンラインのみ

LINEMOのプランは2つに分かれましたが、本質的な部分は全く変わっていません。

これまでと同じく、両プランともに手続きはオンラインのみです。また、契約後のサポートもオンラインのみとなります。

やはりスマホにある程度慣れている方でないと、使いこなすのは難しいでしょう。

普段ネットをあまり使わない方にとっては、これまでどおりLINEMOは使いにくいプランと言えますね。

他キャリアの格安プランとLINEMOの新プランを比較

ソフトバンクにLINEMOがあるように、ドコモにはahamo、auにはpovoがあります。

また、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIも、3社の格安プランに引けを取らない内容です。

ここからは、そんなキャリア4社の格安プランを比較した上で、ミニプラン・スマホプランのメリット・デメリットなどを解説していきます。

LINEMO・ahamo・povo・Rakuten UN-LIMIT VIを比較

まずは、4社の格安プランの月間データ量と月額料金を見ていきましょう。

月間データ量LINEMOahamopovoRakuten UN-LIMIT VI
1GB未満---0円
3GB未満990円
(ミニプラン)
--1,078円
20GB未満2,728円
(スマホプラン)
2,970円2,728円2,178円
無制限---3,278円

Rakuten UN-LIMIT VIはすべての容量帯を1つのプランでカバーしています。

ahamoとpovoは20GBの1つのみです。料金はahamoの方が高いですね。

しかし、ahamoには1回5分の通話無料オプションが最初から付いています。これはpovoとLINEMOにはないため、ahamoのアドバンテージと言えるでしょう。

さて、最も注目したいのは3GB帯です。

Rakuten UN-LIMIT VIは以前から3GB帯をカバーしていましたが、今回登場したLINEMOのミニプランにより、4キャリアの3GB最安はLINEMOに変わりました。

新生LINEMOのメリット

ミニプランが登場したことにより、LINEMOはライトユーザーでも使えるプランになりました。

従来のLINEMOは、「20GBも要らない」「月に3GBもあれば十分」という方にとっては、あまり魅力的に映らなかったのではないでしょうか。

確かに20GBで2,728円は破格です。しかし、「かゆい所に手が届いていない」という意見も多かったように思います。

ミニプランは、まさにLINEMOに対してそのような印象を持っていた方にこそ響くプランです。

もし現在、あなたがソフトバンクのミニフィットプラン+(3GBで月額5,478円)を利用している場合、LINEMOのミニプラン(月額990円)へ乗り換えることで、毎月4,000円もお得になります。

新生LINEMOのデメリット

ミニプランが追加されたことによるデメリットは特にありません。

ただし、今回の変更はミニプランの追加のみだったため、従来からのデメリットは引き継いでいます。

LINEMOのデメリット
  • 手続き・サポートがオンライン限定
  • キャリアメールが使えない
  • 家族割の回線数にカウントされない

LINEMOに乗り換える際は、これらのデメリットをしっかり把握した上で手続きに進んでくださいね。

ライトユーザーにも魅力的なLINEMOのミニプラン

本記事では、LINEMOのミニプランとスマホプランについて解説しました。

LINEMOのミニプランとスマホプランについて
  • ミニプラン:3GB使えて月額990円。ライトユーザー向けプラン
  • スマホプラン:20GB使えて月額2,728円。従来どおりのプラン
  • 両プランで対象となるキャンペーンが異なる

LINEMOのミニプランは、月に3GB使えれば十分というライトユーザーの方におすすめです。

LINEギガフリーや5G、ソフトバンクまとめて支払いは従来どおり使えるため、これを機にぜひLINEMOを検討してみてくださいね。

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。