LINEMO(ラインモ)の速度制御|実施内容や対象条件などを解説します

  • 2021年4月1日
  • by.a-sato

LINEMOの月額料金

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

LINEMOにはいくつか通信速度が遅くなる「速度制御」があります。

今回は、そんなLINEMOの速度制御の実施内容や条件について詳しく調べてみました。

内容が曖昧なところもあり、一部の制御については対応がまだ始まっていないため、現時点でわかっていることだけを解説していきます。

LINEMOでの速度制御
  • 20GB超えると月末まで1Mbpsに低速化
  • 元の速度に戻す場合は1GBあたり550円の追加料金
  • 回線の混雑緩和のために一時的に制限されることも
  • ゲームや動画で通信を利用している人が対象
  • どの程度制限されるかは現在不明
  • 詳細が未定なので開始していない

※本記事中の価格は全て総額表示

トップ画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEMOで20GBを超えたらどうなる?

LINEMO

画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEMOは20GBの定額プランが利用できます。

では、20GBを使い切ってしまうとどうなってしまうのでしょうか?

1Mbpsに通信速度が制限される

プランの通信容量である20GBを超えてしまうと、通信速度が制限されます。

1Mbpsという速度まで制限されるので、これまでよりもスマホでネットやアプリを使う際に遅いと感じるようになるかもしれません。

1Mbpsで何ができる?

では、具体的に1Mbpsだとどのようなことができるのでしょうか。

1Mbpsでできること
  • WEBサイトの閲覧
  • SNSチェック・投稿
  • 地図アプリの利用
  • YouTubeで低画質視聴

動画も低画質で良いのであればYouTubeで視聴が可能なレベルの通信速度だといわれています。

そのため、基本的なスマホの利用は可能だと思って良いでしょう

容量の大きいゲームや高画質動画の視聴などは、通信が間に合わずローディングが続いたり止まってしまう可能性があります。

元の速度に戻すには?

元の速度に戻す場合、追加料金が必要となります。

1GB550円かかるので、1回~2回程度ならまだ許容範囲ではありますが、追加し過ぎるとせっかく安くなった料金プランが無駄になってしまいます。

回線混雑時にも通信速度が制限される場合がある

考える女性

プランの通信容量を超過した時だけでなく、速度制御が行われるケースは他にもあります。

速度制御が行われるケース
  • 回線が混雑している時
  • 大量の通信を継続的に行い機械的な通信だと判断された場合

ネットワークを占有するレベルの機械的な大量通信を行ったと判断された場合、通信が制御される可能性があります。

普通にスマホを使っている状態でそう判断されることは少ないと思いますが、大容量のゲームや動画視聴を繰り返す場合は注意しましょう。

下記にて、「回線が混雑している時」に発生する速度制御について詳しく触れていきます。

制限対象の通信と時間帯

制限対象となる通信は下記の通りです。

速度制御対象の通信
  • 動画サービス全般
  • AR
  • VR
  • FR
  • Gaming

どれも一度にたくさんの通信量を使用するものばかりです。

尚、制御される時間帯は「LINEMOが必要と判断した場合」だそうなので、いつ突然速度が制御されるかわかりません。

回線混雑時と記載はありますが、混雑しているかどうかをユーザー側で判断するのは難しいでしょう。

どの程度制限されるのかは一切不明

どの程度通信速度が制限されるのかも公式サイトには明記されていません。

詳細が未定の状態なので、内容が決まり次第速度制御の対応が始まるようです。

つまり、今はまだこうした制御を気にすることなくネットを使うことができます。

制限されずにずっと快適にスマホを使う方法

考える女の子

では、LINEMOでどのように速度制御を避ければ良いのでしょうか?

速度制御を避けるためには?
  • Wi-Fiを積極的に使う
  • モバイルデータ通信での長時間の動画視聴やゲーム利用を避ける

あくまで対象はモバイルデータ通信となるので、Wi-Fiを積極的に使えば通信量の節約に繋がります。

また、回線混雑時の制限については、対象がゲームや動画とのことなので、長時間モバイルデータ通信で利用すればするほど制限がかかる可能性が高くなるのではないでしょうか。

機械的な大容量通信に該当しないとは思いますが、判断される可能性も0ではないので、一度に大量に通信を行うような使い方は避けるべきでしょう。

LINEMOで速度制御にかからないために利用量には充分気をつけよう

LINEMO

画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ|20GBが月2,480円(税込 2,728円)

最後に、LINEMOでの速度制御についてまとめます。

LINEMOでの速度制御
  • 20GB超えると月末まで1Mbpsに低速化
  • 元の速度に戻す場合は1GBあたり550円の追加料金
  • 回線の混雑緩和のために一時的に制限されることも
  • ゲームや動画で通信を利用している人が対象
  • どの程度制限されるかは現在不明
  • 詳細が未定なので開始していない

プランの通信容量については、超えないように節約するという対応がユーザー側でもとれますが、回線混雑時などの通信制御はどうすることもできません。

なるべく避けるためにも、Wi-Fiを使ったり長時間のゲームや動画の利用を控えることをおすすめします。

回線混雑時の速度制御についてはまだ始まっていないので、今は何も気にすることなく使うことができます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。