LINEモバイルのエントリーパッケージとは?お得に契約するための手順と注意点を解説

  • 2019年12月21日
  • by.n-fujii

LINEモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

「LINEモバイルのエントリーパッケージってなに?」「LINEモバイルのエントリーパッケージを使ってお得に契約する手順を知りたい」

今回はこんな質問に答えるためにLINEモバイルのエントリーパッケージについて解説していきます。

スマホを利用するには月額料金や機種代金、事務手数料など多くの費用が掛かるため費用を抑えたいというのは自然の流れともいえます。

そうした声に応えるように各社でキャンペーンなどを行っているのですが、格安スマホのLINEモバイルにおいてはエントリーパッケージが注目されています。

LINEモバイルのエントリーパッケージをしっかり理解して、LINEモバイルをお得に契約しましょう。

エントリーパッケージとは?
  • 事務手数料が無料になるクーポンコード
  • web申し込み限定で利用可能
  • キャンペーンと併用できない場合が多い

トップ画像引用元:スマホもアプリもそのまま利用可能!乗り換えについて|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

お得なLINEモバイルエントリーパッケージ

LINEモバイルエントリーパッケージ

画像引用元:エントリーパッケージ|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルは今や多くの人が利用する格安スマホです。

格安スマホは料金の安さが魅力というのはあくまで基本的なことで、格安スマホを提供する多くの会社が自社へユーザーを引き入れるべく様々なキャンペーンを行っています。

LINEモバイルはキャンペーンの多さに定評があり、中でも注目を浴びているのが使用することで登録事務手数料が無料になるエントリーパッケージです。

スマホを利用する際の料金面において最初気になるのは月額料金ですが、最初に掛かる事務手数料も地味ながらも気になるポイントといえます。

LINEモバイルの登録事務手数料は3,000円ですが、このエントリーパッケージを利用すれば無料となります。

契約の種類によっては、実に1ヶ月分の費用を浮かせることが出来ますので、利用しない手はありません

エントリーパッケージの購入はweb申し込み限定

エントリーパッケージは申し込みをする際にコードを入力することによって3,000円の登録事務手数料が無料になります。

LINEモバイルの契約は大型の家電量販店であれば取り扱っていることが多いですが、エントリーパッケージはweb申し込みの際の限定となっています。

エントリーパッケージそのものは店舗での販売を行っていますが、web申し込み限定ですので、店舗でLINEモバイルの契約申し込みをする際には利用できません。

また、エントリーパッケージを販売している場所は家電量販店はもちろんのこと、ネット通販大手であるAmazonでも販売されていて、入手するのは比較的容易です。

価格はAmazonが最安値の300円台で、他の販売場所でも高くて最大400円台半ばとリーズナブルでユーザーにとって購入しやすい価格となっているのもポイントの1つです。

LINEモバイルのキャンペーンと併用できない場合が多い

LINEモバイルのエントリーパッケージですが、お得な面のみならず使用の際にはデメリットも存在します。

申し込みの際のコード入力だけで登録事務手数料3,000円が無料になりますが、エントリーパッケージを利用する場合は開催されている他のキャンペーンを利用できないケースがあります。

もちろん、LINEモバイルが開催しているキャンペーンの全てがエントリーパッケージとの併用が出来ないというわけではありません。

しかし、現状併用できないキャンペーンも多く、注意が必要となっています。

そのため、エントリーパッケージの利用のみならず、各種キャンペーンを利用する際には適用条件をしっかりと確認するのが重要です。

LINEモバイルエントリーパッケージのポイント
  • 使用することで登録事務手数料3,000円が無料になる
  • 適用されるのはweb申し込み限定
  • 販売はAmazon他家電量販店で300円台後半から400円台半ば
  • 開催されている他のキャンペーンと併用できない場合が多い

エントリーパッケージ利用手順とその他注意点

LINEモバイル エントリーパッケージ

画像引用元:エントリーパッケージ|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

エントリーパッケージはAmazonや家電量販店で購入できる商品で、その内容は申し込みの際に入力するためのコードが記載された紙になります。

コード自体はネットを利用してゲームやショッピングをするユーザーにとっては馴染み深い16桁のもので、利用する手順は下記になります。

エントリーパッケージを利用する手順
  1. Amazonや家電量販店でエントリーパッケージを購入
  2. LINEモバイルの公式ホームページより申し込みを選択
  3. 「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選択
  4. 購入したエントリーパッケージに記載された16桁のコードを入力

次の章ではエントリーパッケージの注意点について解説していきます。

LINEモバイルの評判は悪い?|契約前に知っておきたいメリット・デメリット!

データSIMのエントリーパッケージは存在しない

エントリーパッケージの対象はSMS付きデータSIMと音声通話SIMのみとなっています。

LINEモバイルでは各種SIMに対応した様々なプランがありますが、データ使用のみでプラン料金も非常にリーズナブルなデータSIMも存在します。

申し込みという区分でいえば上記のSMS付きデータSIMや音声通話SIMと同様にデータSIMも初めに登録事務手数料が掛かるのですが、データSIMのみエントリーパッケージは存在しません。

そのため、データ通信のみでLINEモバイルを利用しようと考えているユーザーはエントリーパッケージの恩恵を受けることが出来ないため注意が必要となります。

場合によっては利用しない方がお得なケースも

他のキャンペーンとの併用が出来ない場合が多いという点ですが、開催されているキャンペーンによってはキャンペーンを優先した方がお得な場合があります。

エントリーパッケージは登録事務手数料である3,000円を無料にするというものですが、購入して使用する構造上、実際に浮く金額としては購入額を差し引いて3,000円を割り込みます。

これは適用条件が緩いという特徴を抜かすと金額的には高額ではありません。

そのため、キャンペーンによってはエントリーパッケージで得られる割引金額よりも大きく割引できる場合があり、その際にはエントリーパッケージを利用しないという選択がお得といえます。

もちろん全てのキャンペーンがエントリーパッケージよりもお得というわけではありませんし、併用できるキャンペーンも存在するため一概には言えませんが、使用の際には他のキャンペーンの確認が有効です。

エントリーパッケージの適用手順と注意点
  • エントリーパッケージの利用手順は購入して4つの手順
  • データSIMのエントリーパッケージは存在しない
  • 開催されているキャンペーンによってはエントリーパッケージを利用しない方がお得

エントリーパッケージと併用できるキャンペーン

LINEモバイル

画像引用元:スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

申込時の登録事務手数料3,000円を浮かせることのできるエントリーパッケージですが、最大の利点は購入するだけで割引を獲得できる手軽さにあります。

もちろんユーザーによっては3,000円ではお得感を感じない場合もあるかもしれませんが、格安スマホにおいて3,000円というのは月額料金に相当する額となります。

また、エントリーパッケージには「併用できないキャンペーンがある」というデメリットが存在しますが、全てが併用できないというわけではないので、適用の判断が重要となってきます。

エントリーパッケージと併用できるキャンペーン(2019年12月現在)
  • スマホ月額基本料半額キャンペーン
  • 選べる5,000円相当!冬の選べるキャンペーン

上記の2つのキャンペーンは終了日未定なので検討中の方はお早めに!

LINEモバイルの新規契約で5000円相当がもらえる!冬の選べるキャンペーン

賢い利用でさらにお得なエントリーパッケージ

LINEモバイルのエントリーパッケージ

画像引用元:申し込み – LINEモバイル

LINEモバイルのエントリーパッケージについて、手順や注意点なども交えて紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?

前述のキャンペーンと併用すると特にお得感の強いエントリーパッケージですが、キャンペーン状況によっては利用しない方がお得になる場合もあります。

そのため、エントリーパッケージは利用する際に全体を把握したうえでの賢い利用こそ最も優れた利用方法だといえます。

格安スマホの中でもキャンペーンの多さに定評のあるLINEモバイルなだけに、今後もお得を求めて動向が注目されます。

エントリーパッケージは賢い利用がお得への肝
  • エントリーパッケージは購入したコード入力で申し込み時の登録事務手数料の3,000円が無料に
  • 使用方法は簡単だが注意点は多い
  • 今なら併用可能なキャンペーンは2つ
  • キャンペーンを見極めた上での利用方法が最もお得
【2020年】格安SIM厳選10社の通信速度を比較|計測してわかった速い回線おすすめランキング

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルPayPayボーナス
ワイモバイルPayPayボーナス
この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ