LINE MUSICの料金プランの選び方と比較!支払い方法や無料版、学割も解説

LINE MUSICはフリー、プレミアム、ベーシックなど6つの料金プランが存在します。支払い方法や無料版、学割でできること、有料にする前の注意点などをご紹介します。無料プランと有料プランのできることの違いも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
  • 2022年10月31日
  • by.nuko

LINE MUSIC

音楽アプリならApple Musicがおすすめ!
9,000万曲以上が聴き放題で、1ヶ月の無料トライアルも実施中!

この記事では、LINE MUSICの料金プランや値段の違いを比較して紹介します。

LINE MUSICは9,000万曲以上が聴き放題の音楽アプリで、LINEが運営していることから音楽聴き放題アプリを初めて利用する方によく選ばれています。

これから音楽アプリを利用する方も他アプリから乗り換える方も、ぜひ本記事を参考にLINE MUSICを検討してください。

トップ画像引用元:LINE MUSIC

LINE MUSICの料金プラン6つを比較

LINE MUSIC

画像引用元:LINE MUSIC

まず、LINE MUSICの料金プランを比較しましょう。

LINE MUSICには6つの料金プランがあります。

LINE MUSICの料金プランを大別すると、「フリー」「プレミアム」「ベーシック」の3パターンで月額料金を分けています。

プレミアムには一般・学生・ファミリー、ベーシックには一般・学生があり料金プランは合計6つになります。

料金プランや値段がいくらになるのかを比較して、選び方をご紹介します。

項目フリープランプレミアムプランベーシックプラン
(Android限定)
月額料金無料一般:980円
学生:480円
ファミリー:1,480円
一般:500円
学生:300円
年額無料一般:9,600円
ファミリー:14,000円
-
無料期間-1ヶ月1ヶ月
楽曲数9,000万曲以上
視聴時間1曲30秒無制限月20時間
音質最大320kbps
ダウンロード×
プロフィールBGM○(月1回)※
LINE着信音○(月1回)※
プレイリスト○※
シェア機能○※
カラオケ機能○※
LINEスタンププレミアム無料×
※LINEアカウントへのログインが必要

フリープラン

フリープランでは、月額料金が無料でLINE MUSICが利用できます。

しかし、音楽やミュージックビデオの視聴は、一律で1曲30秒までの制限がかかります。

一部の音楽アプリの無料のような、「広告付きで聴き放題」のプランではありません。

そのため、フリープランは有料プランに登録する前に、アプリの使い勝手を確かめるためのプランと考えた方がいいでしょう。

プレミアムプラン(一般/学生/ファミリー)

プレミアムプランは、LINE MUSICのメインプランで、音楽やミュージックビデオが無制限に視聴できます。

ダウンロードや歌詞表示、カラオケ機能、LINEスタンプ使い放題などの機能もフルに使えます。

利用料金の値段は一般で月額980円、学生で月額480円、ファミリー(6人まで)で月額1,480円です。

また、一般とファミリーは年間プランも用意されており、1年まとめて支払うことで約2ヶ月分お得です。

毎日たっぷり音楽を楽しみたい方は、プレミアムプランを選びましょう。

ベーシックプラン(一般/学生)

ベーシックプランはAndroidスマホのLINE MUSICアプリからの申し込み限定で利用できるプランで、月間20時間まで視聴できます。

一般会員で月額500円、学生会員で月額300円と、通常のプレミアムプランよりも安い月額料金で利用できます。

視聴時間の制限以外はプレミアムプランと遜色なく使えるので、1ヶ月に20時間を超えないならベーシックプランを選んだ方がいいでしょう。

ただし、ファミリープランや年間プランがないため、家族まとめて利用するならプレミアムプランを選んだ方が、1人当たりのコストが安くなります。

LINE MUSICの無料・有料プランでできること

LINEアカウントの引き継ぎ手順

画像引用元:LINE|いつもあなたのそばに。

LINE MUSICの無料プラン・有料プランでできることの違いは、主に次の4つです。

無料・有料プランの違い

項目無料有料
再生時間1曲30秒無制限※
ダウンロード×
LINEスタンププレミアム無料×
プロフィールBGM変更○(月1回)
LINE着信音○(月1回)
※ベーシックプランは月20時間まで

1曲の再生時間

LINE MUSICの無料プラン・有料プランの1番大きな違いは、1曲の再生時間です。

無料プランでは1曲30秒までの視聴制限がありますが、有料プランは1曲フルに視聴できます。

※ベーシックプランは1ヶ月20時間の制限あり

そのため、LINE MUSICで音楽を楽しむなら、有料プランに登録する必要があるということですね。

楽曲のダウンロードへの対応

LINE MUSICの無料プランでは、楽曲のダウンロードにも非対応です。

1曲30秒はそこまで大きなデータ量にはなりませんが、音楽を聴く度にデータ量を消費することはデメリットとなるでしょう。

一方、有料プランは楽曲のダウンロードOKなので、Wi-Fi環境下でダウンロードしておけば、外出中でもデータ量の消費なく音楽が楽しめます。

LINEスタンプ使い放題への対応

LINE MUSICの有料プランに登録すると、「LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)」が無料で利用できるようになります。

LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)は、1,000万種類以上の対象スタンプが使い放題になるサービスです。

1度に利用できるスタンプは5種類ですが、好きなタイミングで入れ替えられるので、LINEスタンプへの課金がほぼ必要なくなります。

LINEアプリのBGM・着信音設定回数

LINE MUSICを利用すると、LINEアプリのBGMや着信音も好きな楽曲に変更できるようになります。

しかし、無料プランでは各変更は月1回までの制限がありますが、有料プランでは回数制限なく変更OKです。

LINE MUSICを有料プランにする前の注意点

LINE MUSICの歌詞表示

画像引用元:LINE MUSIC

続いて、LINE MUSICの有料プランに登録する前に注意したいポイントを見ていきましょう。

有料プランにする前の注意点
  • LINEのアカウントがないと有料にできない
  • LINEにログインすると使える機能は?
  • プランによって再生時間に制限あり

LINEのアカウントがないと有料にできない

LINE MUSICの有料プランに登録する際は、LINEアカウントが必要です。

無料プランでも、LINEアカウントがあった方が利用できる機能が多くなるため、お試し段階でもLINEアカウントはあった方がいいでしょう。

普段からLINEを利用していれば簡単にログインできるので、LINE MUSICを利用する際はLINEアカウントでログインしましょう。

LINEにログインすると使える機能は?

LINE MUSICは、LINEアカウントにログインした状態の方が利用できる機能が多くなります。

LINEログインで使える機能
  • LINEのBGM・着信音設定
  • LINE友だち設定曲の閲覧
  • LINEでの音楽シェア
  • ファミリープランの利用

無料プランでも音楽のシェアやBGM設定など、ログインすることで利用できる機能が多くなります。

プランによって再生時間に制限あり

LINE MUSICは、利用するプランによって1曲、または月間の再生時間に制限がかかります。

プラン別の再生時間
  • プレミアムプラン:完全無制限
  • ベーシックプラン:1ヶ月20時間まで
  • フリープラン:1曲30秒まで

プレミアムプランとベーシックプランは1曲の再生時間に制限はありませんが、ベーシックプランは1ヶ月20時間の制限があります。

また、フリープランは1曲30秒しか再生できないため、音楽をフルに楽しみたい方には不向きです。

LINE MUSICの支払い方法

AirPods Pro(第2世代)

画像引用元:Apple、次世代のAirPods Proを発表 – Apple (日本)

LINE MUSICの支払い方法は豊富に用意されています。

LINE MUSICの支払い方法(抜粋)
  • クレジットカード
  • App Store経由
  • Google Play経由
  • キャリア決済
  • LINE STORE経由
  • LINE PAY
  • LINEポイント
  • LINEクレジット
  • PayPay
  • Web Money

LINE MUSICは支払いに利用するプラットフォームが多いため、支払い方法で困ることはないでしょう。

クレジットカードがなくても、キャリア決済やLINE STORE経由のWeb Moneyで簡単に支払い登録できます。

学割あり!料金の安い音楽アプリおすすめ5選

AirPods Pro(第2世代)の着用

画像引用元:AirPods Pro(第2世代) – Apple(日本)

最後に、LINE MUSIC以外の安いおすすめ音楽アプリを5選を紹介します。

いずれも学割もあるため、お得に音楽を楽しみたい方はぜひチェックしてください。

料金の安い音楽アプリ5選

AWA

AWA

画像引用元:AWA

AWAは、配信楽曲数が1億曲以上と、トップクラスの配信数を誇る音楽アプリです。

2022年10月3日にApple Musicも1億曲達成を発表しましたが、国内アーティスト中心の視聴ならまだまだAWAの方が強いですね。

月額料金は一般980円、学生480円と一般的な価格帯です。

また、特定アーティストのみ視聴する「アーティストプラン」も月額270円から用意されています。

そのため、決まったアーティスト1〜2組の楽曲しか聴かないという方なら、AWAを利用すれば圧倒的なコスパで音楽が楽しめるでしょう。

Apple Music

Apple Music

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

Apple Musicは、配信楽曲数が1億曲以上の音楽アプリです。

月額料金は一般1,080円、学生580円と他サービスより若干高めですが、多くの楽曲がロスレスに対応し、さらに約700万曲以上がハイレゾにも対応しています。

また、パソコン等で取り込んだMP3やCDをiPhoneでも視聴できるので、未配信楽曲と混成のプレイリストを作りたい方にもぴったりのサービスです。

Amazon Music Unlimited

Amazon Music

画像引用元:Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimitedは、9,000万曲以上を配信する音楽アプリです。

通常料金は一般980円、学生480円ですが、Amazon Prime会員なら月額880円、年額8,800円とお得に利用できます。

また、Apple Music同様に多くの楽曲がロスレスに対応し、ハイレゾ対応も700万曲以上と豊富です。

普段からAmazonを利用している方や高音質で音楽を楽しみたい方に、Amazon Music Unlimitedは最適なサービスと言えるでしょう。

YouTube Music

YouTube Music

画像引用元:YouTube Music

YouTube Musicは、Googleが提供する8,000万曲以上が聴き放題の音楽アプリです。

月額料金は一般980円、学生480円とよくある料金設定ですが、YouTube Premiumに登録済みなら追加料金なしで利用可能です。

総合的な配信楽曲数は他サービスより少なめに表記されていますが、割とマイナーな楽曲が好きな著者でも、聴きたい楽曲が見つからないということはそうそうありません。

お家時間が増えてYouTube Premiumに登録している方は、まずYouTube Musicを試してみるといいでしょう。

Spotify

Sporify

画像引用元:Listening is everything – Spotify

Spotifyは、全世界で4億人のユーザーがいる人気の音楽アプリです。

月額料金は一般980円、学生480円で利用可能で、配信数も8,200万曲と豊富です。

また、無料ユーザーでも音楽をフル再生できるため、無課金で音楽アプリを利用してみたい方にも人気があります。

ただし、無料プランはシャッフル再生のみで音質も160kbpsまでで、楽曲の間に広告が流れます。

ジャンルに関係なくさまざまな音楽を楽しみたい方で、かつ広告も気にならないなら、Spotifyの無料プランを試してみましょう!

LINE MUSICはLINEスタンプも使えてお得

対象スタンプ使い放題

画像引用元:LINE MUSIC

今回は、LINE MUSICの料金プランの違いを解説しました。

LINE MUSIC 6つの料金プラン
  • フリープラン
  • プレミアム 一般
  • プレミアム 学生
  • プレミアム ファミリー
  • ベーシック 一般(Android限定)
  • ベーシック 学生(Android限定)

LINE MUSICは他の音楽アプリと同様に、月額980円のプレミアムプランが主軸となっています。

また、学生なら月額480円、ファミリープランで月額1,480円と割安で利用できるプランも用意されています。

さらに、有料プランに登録すると対象のLINEスタンプが使い放題になるので、普段からLINEスタンプを購入している方は、スタンプ代が浮く分お得になるでしょう。

音楽アプリならApple Musicがおすすめ!
9,000万曲以上が聴き放題で、1ヶ月の無料トライアルも実施中!

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!