YouTubeがカウントフリーなおすすめ格安SIM比較|これで動画見放題!

YouTubeがカウントフリーなおすすめ格安SIM比較|これで動画見放題!

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナー

その安さによって拡大を続ける格安SIMですが、安くてもデータ量を気にするユーザーの場合は二の足を踏んでしまいがちです。

中でもYouTubeを日常的に見るユーザーはデータ量というのは死活問題ともいえます。

そこで今回は格安SIMにおいて動画見放題となる『YouTubeカウントフリー』なおすすめ格安SIMを比較紹介します。

動画視聴の救世主カウントフリー

格安SIMといえば月々に掛かる料金が安いということで、これまでドコモ、au、ソフトバンクの大手3社のスマホを使用していたユーザーも月々の料金を抑えるために続々と乗り換えています。

しかし、格安SIMは安いといっても大手3社と比較すると劣ってしまうポイントもあり、データ量などの上限や制限があるというのは、顕著なポイントと言えます。

スマホを利用するユーザーの多くはSNSや動画視聴を頻繁にすることもあり、データ量の上限や制限はヘビーユーザーにとっては悩みの種です。

それらを解消するのが『カウントフリー』というサービスです。

カウントフリーは特定のサービスに限りプランのデータ量を使用すること無く利用できるというもので、主にLINEやTwitter、InstagramといったSNSやYouTubeを初めとして各種動画サービスが対象となっています。

動画やSNSはスマホのデータ量消費の中でも上位になるため、このカウントリーを利用すれば格安SIMにおけるデータ量制限のデメリットを解消できる、いわば救世主ともいえるサービスです。

カウントフリーの種類

カウントフリーと一言でいってもその種類は1つではありません。

それは、

  • カウントフリーサービスそのものが料金プランに加えられているプラン内包タイプ
  • 通常のプランに組み合わせることで利用できるオプション付帯タイプ

の2つに大別できます。

自由に選択できるという点において、プランに強制的に組み込まれるプラン内包タイプよりもオプション付帯タイプの方が有利ではありますが、基本的にはそれほど大きな違いではありません。

しかし、ユーザーからしてみると種類の多さは迷いを生み、どちらも一長一短であっても知らなければ思わぬところで損をしてしまう事もありますので、どの程度自分が利用するかを把握することも重要となってきます。

ドコモキャンペーンバナー

カウントフリーによるデメリット

種類の多さによる分かり辛さを差し引いても、日頃からデータ量を多く使うユーザーにとって魅力的なカウントフリーですが、もちろんデメリットも存在します。

それは基本的にどのカウントフリー対応の格安SIMもドコモ、au、ソフトバンクの大手3社と比較するとデータ速度が落ちてしまう点にあります。

もちろん、視聴に耐えられないという程ではないのですが、仮に以前大手3社で高画質の動画を視聴していた場合、若干のストレスを感じる程度となっています。

また、プランに組み込まれている場合はそれほど影響はありませんが、オプションサービスとして扱っている場合は当然料金が加算されますので、月々料金を抑えたいユーザーは注意が必要です。

おすすめの格安SIM

ここまででカウントフリーの種類やデメリットなどを挙げてきましたが、ユーザーからしてみれば結局のところ具体的にどの格安SIMがおすすめなのか?ということになってきます。

現在カウントフリーサービス自体を行っている格安SIM業者の数は多いのですが、今回は動画視聴、それもYouTubeに限定をして調べたところ、下記の2社が該当しました。

  • BIGLOBEモバイル
  • DTI SIM

これら2社はYouTubeを含んだ動画見放題のサービスを行っていて、カウントフリーのサービスを行っている格安SIM業者の中でも特におすすめの2社となっていますので、次項より詳細を紹介していきます。

BIGLOBEモバイル

現在カウントフリーサービスを行っている格安SIM業者で動画において最も多くおすすめされているのがBIGLOBEモバイルです。

格安SIM業者としても優秀なBIGLOBEモバイルはオプションとしてカウントフリーサービスを行っていて、詳細は以下の表にまとめました。

項目BIGLOBEモバイル
「エンタメフリー・オプション」
サービスタイプオプション付帯型
料金音声通話プラン:480円/月
データ通信専用プラン:980円/月
対象サービスYouTube
YouTube Music
Google Play Music
Apple Music
Abema TV
Spotify
AWA
radiko.jp
Amazon Music
U-NEXT
YouTube Kids
通信制限3日間で6GB以上で終日

前述の通りBIGLOBEモバイルはオプションとしてカウントフリーサービス「エンタメフリー・オプション」を行っていますが、特筆すべき点はやはりその安さです。

データ通信SIM(480円/月)と音声通話SIM(980円/月)で値段の違いがあるものの、その安さは業界随一といえます。

また、いくらカウントフリーといえど多くの場合短期間でのデータ量上限というものがあり、それを超えてしまうと通信制限がかけられてしまいますが、BIGLOBEモバイルは3日間で6GBと上限も良心的です。

基本的にどのプランであってもエンタメフリー・オプションに加入することができますが、音声通話プランの1GBコースのみエンタメフリー・オプションに対応していませんので注意してください。

【2020年】格安スマホおすすめ5社を徹底比較!速度と料金、端末を解説

次の章では、おすすめのもう1社のDTI SIMについて解説していきます。

DTI SIM

ディーティーアイ

画像引用元:DTI SIM|YouTubeとTwitterが見放題のプランがある格安SIM

BIGLOBEモバイルがオプション付帯型のカウントフリーサービスであるのに対して、プランとして初めからカウントフリーサービスが含まれているのがDTI SIMになります。

DTI SIMはWiMAXや光ファイバーなど幅広い通信事業を行っているDTIが展開する格安SIMとなり、カウントフリーの詳細は以下の表にまとめました。

項目DTI SIM
「20’s SIM」
「DTI 見放題 SIM」
サービスタイププラン内包型
料金「20’s SIM」
データ通信専用プラン:2,880円/月
音声通話対応プラン:3,980円/月

「DTI 見放題 SIM」
データ通信専用プラン:2,430円/月
音声通話対応プラン:3,696円/月
対象サービス「20’s SIM」
YouTube・Twitter
マイナビサイト

「DTI 見放題 SIM」
YouTube・Twitter
通信制限非公開

上記の表を見てBIGLOBEモバイルと比較するとまず最初に目につくのが料金だと考えられますが、DTI SIMのカウントフリープランである「20’s SIM」と「DTI 見放題 SIM」は7GBのテータ容量が付帯します。

これはカウントフリーの部分とは別に7GBの容量が付帯するもので、音声通信付きの同条件下で比較した場合、BIGLOBEモバイルで最も近い容量6GBにオプションで月々3,110円ですので、それほど大きな差はありません。

また、BIGLOBEモバイルが動画や音楽のカウントフリーであるのに対して、DTI SIMはYouTubeに加えて人気の高いSNSであるTwitterもカウントフリーの対象に入っていて、これはDTI SIMの大きな魅力といえます。

加えてDTI SIMの20’s SIMプランはマイナビサイトの閲覧もカウントフリーに含まれていて、主に学生ユーザーにとって嬉しいサービス対象になっています。

ただし、通信制限の基準値は明確に表示されているわけではなく、1日のデータ通信総量が1GB程度なら通信制限の対象にならないとだけ公式ホームページに表示されているため制限については不安が残ります。

総合的に比較してBIGLOBEモバイルの方がお得

動画見放題で快適にYouTubeを視聴する格安SIMでBIGLOBEモバイルとDTI SIMをおすすめとしましたが、総合的に見てBIGLOBEモバイルの方が僅かにお得であるといえます。

下記の表は2つの格安SIMを比較した表です。

項目BIGLOBEモバイル
「エンタメフリー
・オプション」
DTI SIM
「20’s SIM」
「DTI 見放題 SIM」
サービス
タイプ
オプション付帯型プラン内包型
料金音声通話プラン
:480円/月

データ通信専用プラン
:980円/月
「20’s SIM」
データ通信専用プラン
:2,880円/月
音声通話対応プラン
:3,980円/月

「DTI 見放題 SIM」
データ通信専用プラン
:2,430円(税抜)/月
音声通話対応プラン
:3,696円(税抜)/月
対象
サービス
YouTube
YouTube Music
Google Play Music
Apple Music
Abema TV
Spotify
AWA
radiko.jp
Amazon Music
U-NEXT
YouTube Kids
「20’s SIM」
YouTube・Twitter
マイナビサイト

「DTI 見放題 SIM」
YouTube・Twitter
通信制限3日間で6GB以上で終日非公開
近似値料金3,110円/月
※音声通話6GB+オプション
3,696円/月
※音声通話対応プラン
:7GB

料金で言えばBIGLOBEモバイル(6GB)とDTI SIM(7GB)なのでほぼ変わりはありませんが、プランの組み合わせによってユーザーに適した料金に調整できるという点でBIGLOBEモバイルの方が優れています。

もちろんDTI SIMもBIGLOBEモバイルにはないTwitterという強みはあるものの、利用する上で通信制限の基準が見えないというのはマイナスポイントとなってしまいます。

YouTubeがカウントフリーな格安SIM
  • カウントフリーとは対象となる通信サービスのデータ容量をカウントしないサービス
  • オプション付帯タイプとプラン内包型がある
  • 通信速度は遅くなりがち
  • おすすめの格安SIMはBIGLOBEモバイルとDTI SIMだがBIGLOBEモバイルの方が僅かに優秀

カウントフリーにおける懸念事項

データ容量が限定されがちな格安SIMにおいて、YouTubeを視聴するのにデータ容量を消費しないカウントフリーはユーザーの心強い味方ですが、正しい利用方法で無いと適用されない場合があります。

ユーザーからしてみればカウントフリーでデータ消費をしていないと思っていても、適用されなかった場合は通常と同じようにデータ容量を消費してしまい、気がついたら容量が無くなっていたという事態にもなりかねません。

基本的に、カウントフリーとして認識されるのは指定の公式アプリとなっています。

そのため、YouTubeを見るため数多くのアプリがありますが、公式以外の利用はカウントフリーの対象外となってしまう場合があります。

厳密に言えば何がカウントされて何がカウントされないのかというのは各格安SIM業者によって異なるのですが、公式アプリやクライアントであればまず間違いなく適用されるので安全策としておすすめとなります。

また、これはYouTubeだけではなくDTI SIMの売りの1つであるTwitterにも言えることで、カウントフリーを利用する場合はどの格安SIM業者であっても公式アプリ・クライアントを利用するように注意しましょう。

テザリングやアップロードは対象外

スマホを操作する男性

サービス適用外となる可能性が高いケースが下記になります。

  • 契約している格安SIMを用いたテザリング
  • YouTubeのアップロード

まずは格安SIMを用いたテザリングは、基本的にSIMの持つ機能ではなく機種による機能のため、使用している機種によってはテザリングによる複数使用というのも可能です。

しかし、本来カウントフリーサービスは契約者当人との取り決めのため、テザリングによる複数利用には対応していない可能性が高く、サービスの適応から外れる場合があります。

次にYouTubeのアップロードについてですが、カウントフリーサービスは動画を視聴することに対してデータ利用料をカウントしないというものですので、動画のアップロードはサービス外となります。

カウントフリーサービスはIPアドレス、ポート、HTTPヘッダ、TLSヘッダなどを機械的に分析して適応されることが殆どですので、対象のサービス外の挙動については厳格に管理されるので注意が必要です。

画質の問題について

動画見放題でYouTubeを楽しめるカウントフリーサービスですが、実際に視聴する際の懸念事項としてあげられるのは画質が悪いという点があります。

カウントフリーサービスの動画は概ねどの業者も360pの解像度であることが多く、

  • 2,160pの4K画質
  • 720pのHD画質
  • 480pのDVD並みのSD画質

に次ぐ画質となっています。

そのため、高画質で動画を視聴したいというユーザーにとっては不向きのサービスといえます。

しかし、いくら他の解像度と比較して落ちるといっても視聴するのが苦痛であるというレベルではないため、動画の画質にこだわらないユーザーであれば動画見放題のカウントフリーサービスは十分にメリットがあります。

カウントフリーで快適な動画生活

動画見放題のカウントフリーサービスについておすすめの業者の比較にサービス利用に関する懸念事項を交えて紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?

今や1人1台となったスマホでトップクラスに利用頻度の高いYouTube視聴も、カウントフリーサービスならば快適でお得に視聴を楽しむことができます。

格安SIMでYouTube見るならカウントフリー
  • カウントフリーサービスは自分のスタイルに合った選択をする
  • BIGLOBEモバイルとDTI SIMを比較すると、総合的にBIGLOBEモバイルが優秀
  • サービス適用ルールから逸脱するとサービスが適用されなくなるので注意
  • 画質は落ちてしまうがこだわりがなければ問題ない

今回紹介した2社の他にも、現在では多くの格安SIM業者が各種カウントフリーサービスを行ってきているため、今はYouTubeに対応していなくても、いずれ対応してくる業者は増えてくると予想されます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手3社と違い数多くの業者が展開している格安SIMなだけに、今後の展開は要注目といえます。

使用方法をしっかりと守って、快適な動画視聴を楽しみたいものです。

通信速度の速い格安SIM5社を比較|失敗しないMVNOの選び方

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ