新型Mac Studioの評価レビュー|発売日/価格/スペックまとめ

  • 2022年3月17日
  • by.araki

Mac Studio

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、Appleの新製品「Mac Studio」について解説しています。

Appleは2022年3月9日、新製品としてMac Studioを発表しました。

見た目はMac miniに似ているデスクトップMacです。

そんなMac Studioの価格やスペックなど、基本的なことを簡潔にまとめました。

Mac Studioについて
  • Mac miniの上位互換
  • M1 Max搭載は249,800円
  • M1 Ultra搭載は499,800円
  • M1 Ultraはこれが初

トップ画像引用元:Mac Studioを購入 – Apple(日本)

新製品としてMac Studioが登場!

Mac Studio

画像引用元:Mac Studio – 仕様 – Apple(日本)

Mac Studioは、新しいデスクトップMacです。

これまでデスクトップMacは、Mac miniとMac Proの2種類でした。

しかしMac miniとMac Proではスペックが全然違い、中間の存在がありませんでした。

そこでMac Studioが、Mac miniとMac Proの中間の存在として登場しました。

Mac Pro、Mac Studio、Mac miniの順番でパフォーマンスが高いです。

新製品だから1番優れているというわけではない点に注意しましょう。

またどちらかといえば、Mac Proの下位互換というよりは、Mac miniの上位互換というほうがしっくりきます。

それは見た目からも多くの人が感じることでしょう。

Mac Studioの発売日・価格

Mac Studio

画像引用元:Apple Studio Displayを購入 – Apple(日本)

Mac Studioの発売日は、2022年3月18日です。

Apple Storeでは3月9日から注文できるようになっています。

Mac Studioの価格

Mac Studioの価格は、M1 Max搭載かM1 Ultra搭載かで異なります。

M1 Maxなら249,800円、M1 Ultraなら499,800円

手数料0円の24回払いで支払うこともできます。

ちなみにMac miniは79,800円から、Mac Proは659,780円から販売中です。

Mac Studioのスペック

M1 Ultra

画像引用元:Mac Studio – Apple(日本)

Mac Studioのスペックも、M1 Max搭載かM1 Ultra搭載かによって異なります。

なおメモリとストレージはオプションで増設することもできます。

M1 Maxの場合
  • 32GBユニファイドメモリ
  • 512GB SSDストレージ
M1 Ultraの場合
  • 64GBユニファイドメモリ
  • 1TB SSDストレージ

Mac Studioが初搭載となるM1 Ultraは、M1 Maxを2基連結したものです。

GeekBench 5のシングルコアスコアはM1 Maxとほぼ同等の約1,800点ですが、マルチコアスコアはM1 Maxが約12,000点であるのに対し、M1 Ultraがなんと約24,000点。

倍の差がついています。

 M1M1 ProM1 MaxM1 Ultra
CPU8コア最大10コア20コア
GPU8コア最大16コア最大32コア最大64コア
メモリ帯域幅65.28GBp/s200GBp/s400GBp/s800GB/s
ベンチマークスコア
(シングルコアスコア)
1710177017801793
ベンチマークスコア
(マルチコアスコア)
7578124961276624055

接続と拡張性

Mac Studioの前面にはUSB-Cポート×2、SDXCカードスロット×1が搭載されています。

また背面にはThunderbolt 4ポート×4、USB-Aポート×2、HDMIポート×1、10Gb Ethernetポート×1、3.5mmヘッドフォンジャック×1を搭載。

これはM1 MaxでもM1 Ultraでも変わりません。

Studio Displayでさらに便利に

Studio Display

画像引用元:Apple Studio Displayを購入 – Apple(日本)

Mac StudioはデスクトップMacであり、ディスプレイは付属してきません。

もしディスプレイもApple製にしたいのであれば、Mac Studioと同日に発表されたStudio Displayがおすすめです。

Studio Displayは5Kのディスプレイで、ポートはThunderbolt 3×1(USB-C)とUSB-Cポート×3のみ。

HDMIやDPといった一般的な端子には非対応です。

そのため一部の製品でしか使えないのですが、Mac Studioなら問題ありません。

Mac Studioのために、最新の5Kディスプレイはいかがでしょうか。

Studio Displayのスペック
  • 5K
  • 27インチ
  • 600ニトの輝度
  • 10億色対応
  • 広色域(P3)
  • True Toneテクノロジー

Studio Displayならカメラやスピーカーも搭載されています。

価格は標準ガラスだと199,800円から、Nano-textureガラスだと242,800円からとなっています。

Mac Studioを旧モデルと比較

Mac Studio

画像引用元:Apple Studio Displayを購入 – Apple(日本)

Mac Studioには、例えばiPhone 13に対するiPhone 12のような「旧モデル」は存在しません

Mac miniとMac Proの中間にあたる新しいデスクトップMacです。

Mac miniにはM1、Mac ProにはIntel Xeon Wが搭載されています。

Mac StudioのチップがM1 MaxであってもM1 Ultraであっても「Mac mini以上、Mac Pro未満」という立ち位置は変わりません。

Mac Studioを買うべきな人

Mac Studio

画像引用元:Apple Studio Displayを購入 – Apple(日本)

Mac Studioを買うべきなのは、Mac miniでは物足りないけどMac Proは高くて手が出せなかった人です。

Mac miniは、M1搭載で79,800円から購入できる“お手頃なデスクトップMac”ですが、デスクトップの割にはパフォーマンスが物足りないという欠点があります。

M1はMacBookどころか、iPad ProやiPad Airにも搭載されているチップです。

「せっかくデスクトップを買うのに、ノートパソコンやタブレット並のパフォーマンスではもったいない」と感じる人は少なくないでしょう。

かといって、Mac miniより上のデスクトップMacとなると、これまでは659,780円~のMac Proしかありませんでした。

もちろんMac ProはIntel Xeon WやAMD Radeon ProWXを搭載した、まさに最強のデスクトップMacです。

パフォーマンスに不満を持つことは、まずないでしょう。

とはいえ流石に高すぎて一部の人しか手を出せませんよね。

しかし249,800円(M1 Max)や499,800円(M1 Ultra)のMac Studioであれば、Mac Proよりは手を出しやすいはずです。

しかもどちらを選んでも、Mac miniよりパフォーマンスは上。

Mac miniとMac Proの中間の存在として、Mac Studioは非常に大きな意義を持っています。

Mac Studioを買うべきでない人

Mac Studio

画像引用元:Apple Studio Displayを購入 – Apple(日本)

Mac Studioを買うべきでない人は、Mac miniでも十分な人です。

Mac StudioはM1 MaxかM1 Ultraかが選べますが、Mac miniはM1しか選べません。

そのためパフォーマンスはMac Studioのほうが優れています。

 M1M1 ProM1 MaxM1 Ultra
CPU8コア最大10コア20コア
GPU8コア最大16コア最大32コア最大64コア
メモリ帯域幅65.28GBp/s200GBp/s400GBp/s800GB/s
ベンチマークスコア
(シングルコアスコア)
1710177017801793
ベンチマークスコア
(マルチコアスコア)
7578124961276624055

しかし、本当にM1では物足りないという人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか。

もちろんパフォーマンスは高いに越したことはありません。パフォーマンスとは、人間でいうところの「頭の良さ」や「健康」のようなものですからね。

しかしMac miniが79,800円から購入できるのに対して、Mac Studioは249,800円からと価格に大きな差があります。

「それなら別にMac miniでいいや」と妥協したい人はたくさんいるはずです。

逆にMac Proでなければ難しい高度な作業をしたい人にとっては、Mac Studioのパフォーマンスでは物足りなくなる可能性があるでしょう。

Mac miniとMac Proの中間の存在にあたるMac Studioは、場合によっては中途半端な存在になりかねません。

ついにMac miniの上位互換が出た!

以上、Appleの新製品「Mac Studio」についてでした。

Mac Studioについて
  • Mac miniの上位互換
  • M1 Max搭載は249,800円
  • M1 Ultra搭載は499,800円
  • M1 Ultraはこれが初

Mac Studioは、これまでなかったMac miniとMac Proの中間的な存在です。

今までは比較的手頃なMac mini(79,800円)と、とんでもない価格のMac Pro(659,780円)の2択だったデスクトップMac。

しかし249,800円から買えるMac Studio登場によって、選択肢が広がりました。

Mac Proは高すぎる、でもMac miniでは物足りないという人にとって、Mac Studioはまさにぴったりな存在です。

これを機にMacデビューする人も出てきそうですね。

Appleの「M1チップ」とは?性能や全世代との違いをわかりやすく解説

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。