Meizu「Zero」世界初の穴なし(ゼロ)スマホの利便性と欠点を考察

Meizu「Zero」世界初の穴なし(ゼロ)スマホの利便性と欠点を考察

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

年々スマホの画面が大きくなったり、有機ELディスプレイなどの新しい技術が搭載されていく中で、中国のスマホメーカーMeizuが新たなスマホの開発に打ち出しました。

その名もMeizu 「Zero」、世界初の穴なし・端子なしのスマホだそうです。

穴なし・端子なしでさらにボタンもなく、SIMスロットや音量調節ボタン、そしてスピーカーもありません

まさに世界初の全面ツルツルのスマホと言って良いでしょう。そんなMeizu Zeroの特徴は下記の通りとなります。

Meizu Zeroの特徴について

  • 世界初の穴なし・端子なしのスマホ
  • 画面は5.99インチの大画面有機ELディスプレイ
  • スペックはSnapdragon 845対応でRAM6GBと高性能
  • 価格は14万円でクラウドファンディングを利用して発売予定

今のところ、Meizu公式アカウントのYouTubeでMeizu Zeroのプロモーション動画がアップロードされているのみの情報。

公式サイトでMeizu Zeroの画像や情報は掲載されていない状態です(クラウドファンディングのサイトに情報はあり)

2019年2月末にバルセロナで開催されるイベントで発表予定ですが、現時点でわかっているMeizu Zeroのスペックや特徴について詳しく解説をしていきます。

トップ画像引用元:Meizu zero:World’s First Holeless Phone│Indiegogo

1 世界初の穴なし・端子なしのMeizu Zeroのスペックは?

画像引用元:Meizu zero:World’s First Holeless Phone│Indiegogo

次に、Meizu Zeroのスペックについて解説をします。

現時点でわかっている情報を表にしてみました。

Meizu Zero項目
価格約14万円
日本での発売の有無100台限定でクラウドファンディングにて発売
CPUSnapdragon 845
RAM/ROM6GB/不明
ディスプレイサイズ5.99インチ有機ELディスプレイ
カメラアウトカメラ:1,200万画素+2,000万画素
インカメラ:2,000万画素
防水IP68

上記の情報を元に1つ1つ詳しく見ていきましょう。

1-1 ボタン・穴なしでIP68の防水に対応

水没するスマホ

ボタンもなく、端子や穴のないMeizu Zeroは高い防水レベルに対応しています

その数値はIP68と、数分間ほど水に浸かっていても故障するリスクは低いと言えるでしょう。

防水レベルて言うと、iPhone XSと同等のレベルです。

1-2 画面は5.99インチの有機ELディスプレイ

考える女性

画面は5.99インチと、ほぼ6インチの大画面ディスプレイです。

有機ELディスプレイが搭載されており、ドットを照らすバックライトが不要であるため薄型のディスプレイを実現させることができる点が特徴です。

そのため、Meizu Zeroはかなり薄型なのではないかと予想されます。

有機ELディスプレイがどのようなものかは、SONYのXperia XZ3をショップで見てみると良いでしょう。

1-3 カメラはアウトカメラ1,200万画素+2,000万画素・インカメラ2,000万画素

カメラ・レンズ

カメラに関しては、アウトカメラがデュアルレンズ仕様で画素数も1,200万画素と2,000万画素と、かなり高画質な写真が撮影できるのではと予想されます。

また、インカメラも2,000万画素と非常に高く、あくまで予想ですがビューティーモードなどの自撮りオプションが充実しているのでは?と思われます。

基本的に、中国メーカーのスマホの多くは自撮りモードに特化しているスペックのスマホが多いです。

1-4 価格は約14万円で100台限定でクラウドファンディングを開始

驚く女性

価格は14万円とかなり高額です。一般販売するのではなく、まずは100台限定でクラウドファンディングにて発売をするようです。

恐らく、Meizu Zeroがクラウドファンディングで満額の出資額を得たあとに一般販売をするのかどうかを判断をするのではないでしょうか。

1-5 CPUにはSnapdragon845・RAM6GB搭載

画像引用元: Snapdragonモバイルプラットフォーム、プロセッサ、モデムチップセット クアルコム

CPUに関してですが、Snapdragon 845が搭載されています。Snapdragonの中でも高性能なバージョンであり、負荷の強いゲームなどもサクサク進めることができます。

また、RAMも6GB搭載されており、他のスマホと比べてもかなり高い処理速度が期待できます。

ある程度負荷の高いアプリを複数使っていても、スマホの動きが鈍ったりフリーズすることはほとんどないと思われます。

ちなみにiPhoneなどのスマホのRAMは3GB~4GBです。RAM6GBとなると、かなりヘビーにスマホを使う人向けの容量となります。

Meizu Zeroの特徴・スペックについて

  • ボタンや穴、端子が一切ないスマホ
  • 5.99インチの大画面有機ELディスプレイ
  • Snapdragon 845・RAM6GB搭載の超高性能スマホ
  • アウトカメラ1,200万画素+2,000万画素の高画素デュアルレンズを搭載
  • 価格は約14万円、100台限定でクラウドファンディグにて発売
Xperia XZ3発売!Androidの王様の評価・特徴・価格・向いてる人

次のページでは、穴なし・端子なしのMeizu Zeroの利便性について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ