ソフトバンクのメリハリ無制限+とは

【比較】ソフトバンクのメリハリ無制限+とは?ペイトクプランとの違い

  • 更新日:2024年2月13日
  • 本記事には広告が表示されます

この記事では、ソフトバンクの新料金プラン「メリハリ無制限+」と「ペイトクプラン」を比較し、どちらがお得なのか解説します。

ソフトバンクは2023年10月3日から新プランを開始しましたが、プラン変更した方がいいのか迷う人も多いようです。

メリハリ無制限+とペイトクプランを比較すると次の通りです。

メリハリ無制限+とペイトクプランの比較

項目メリハリ無制限+ペイトク30ペイトク50ペイトク無制限
データ容量無制限〜2GB30GB50GB無制限
月額料金7,425円7,425円8,525円9,625円
新みんな家族割
(3回線以上)
-1,210円-1,210円
おうち割 光セット-1,100円-1,100円
PayPayカード割-187円-187円
小容量の割引0円-1,650円---
割引後料金4,928円3,278円4,928円6,028円7,128円
ペイトク特典
(2024年3月10日まで)
-+1%還元
(+3%還元)
+3%還元
(+9%還元)
+5%還元
(+15%還元)
ペイトク特典上限1,000円相当/月2,500円相当/月4,000円相当/月
YouTube Premium6ヶ月無料(7ヶ月目以降25%OFF)
詳細ソフトバンク公式サイトを見る
メリハリ無制限+のメリット
  • PayPayの利用がない人にはお得なプラン
  • たっぷり無制限で使える
  • 2GB以下の月は自動的に1,650円割引
  • 使い過ぎの低速時も最大4.5Mbpsとかなり速い
メリハリ無制限+のデメリット
  • PayPayカードがない場合は実質値上げ
  • 小容量の値引きの閾値が3GB→2GBに減少
  • 月間200GB以上の利用で低速化
吹き出しアイコン

本記事で詳しく比較していくので、メリハリ無制限+とペイトクプランで迷っている人はぜひ参考にしてください。

※最新情報はソフトバンク公式サイトでご確認ください。

【比較】新料金プラン「メリハリ無制限+」と「ペイトクプラン」はどっちがお得?

メリハリ無制限+

画像引用元:メリハリ無制限+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

まずは、ソフトバンクの新料金プラン「メリハリ無制限+」と「ペイトクプラン」のどちらがお得か比較していきましょう。

どちらがお得になるのかは、利用シーンやシチュエーションによって異なります。

そこでここでは、よくある利用シーンやPayPay利用の有無など条件を分けてシミュレーションしてみます。

PayPay利用がないなら「メリハリ無制限+」

項目通常料金フル割引後
メリハリ無制限+2GB以上7,425円4,928円
2GB未満5,775円3,278円
ペイトク307,425円4,928円
ペイトク508,525円6,028円
ペイトク無制限9,625円7,128円
詳細ソフトバンク公式サイトを見る
ペイトクプランは、PayPayを利用することでたっぷりPayPayポイントが還元されるプランです。

通常料金はメリハリ無制限+の方が安く、PayPay利用がない場合はメリハリ無制限+の方がお得です。

普段使いする決済アプリがPayPay以外の人は、メリハリ無制限+を選んだ方がいいでしょう。

▲章のはじめに戻る

30GBで十分足りる&少しでもPayPayを使うなら「ペイトク30」

項目通常料金ペイトク特典 ※1フル割引
+ペイトク特典
メリハリ無制限+2GB以上7,425円-4,928円
2GB未満5,775円3,278円
ペイトク307,425円100円相当4,828円
ペイトク508,525円300円相当5,728円
ペイトク無制限9,625円500円相当6,628円
詳細ソフトバンク公式サイトを見る
※1 PayPayを月1万円利用した場合で計算

普段から多少PayPayを使う人で、かつ毎月30GBで足りるならペイトク30がお得です。

ペイトク30はメリハリ無制限+と同じ月額料金で、PayPay利用時に+1%のPayPayポイント還元があります。

30GBで不足するならメリハリ無制限+の方がいいでしょうが、条件に合うならペイトク30を選びましょう。

▲章のはじめに戻る

よくPayPayを使うなら「ペイトク無制限」

項目通常料金ペイトク特典 ※2フル割引
+ペイトク特典
メリハリ無制限+2GB以上7,425円-4,928円
2GB未満5,775円3,278円
ペイトク307,425円600円相当4,328円
ペイトク508,525円1,800円相当4,228円
ペイトク無制限9,625円3,000円相当4,128円
詳細ソフトバンク公式サイトを見る
※2 PayPayを月6万円利用した場合で計算 日常的にPayPayを利用する人は、ペイトク特典がたっぷり還元されるペイトク無制限がお得です。

今回はPayPayを6万円利用する場合を例にしましたが、PayPay利用額が4万4千円以上使うならペイトク無制限がお得になります。

お住まいの近くにPayPayが利用できるお店が多いなら、ぜひペイトク無制限を選んでください。

▲章のはじめに戻る

【2024年3月10日(最短2024年2月20日)まで】ペイトク特典増量中はペイトク無制限

項目通常料金ペイトク特典
(PayPay3万円利用)
フル割引
+ペイトク特典
メリハリ無制限+2GB以上7,425円-4,928円
2GB未満5,775円3,278円
ペイトク307,425円900円相当4,028円
ペイトク508,525円2,500円相当3,528円
ペイトク無制限9,625円4,000円相当3,128円
詳細ソフトバンク公式サイトを見る
ペイトクプランでは、提供開始から2024円3月10日(最短2024年2月20日)までの期間限定で「ペイしてトクトクキャンペーン」が開催されています。

キャペーン期間中はペイトク特典が3倍に増額されることで、PayPayを約3万円使えば上限までPayPayポイント還元が受けられます。

キャンペーン中の上限金額
  • ペイトク30:33,400円利用で上限
  • ペイトク50:27,800円利用で上限
  • ペイトク無制限:26,700円利用で上限

還元されるポイントも考慮すると、ペイしてトクトクキャンペーン期間中はペイトク無制限が1番お得です。

キャンペーン終了後はPayPay利用状況に応じてメリハリ無制限+に変更できるので、2024年3月(最短2024年2月20日)まではペイトク無制限を利用するようにしましょう。

※注意点を表示する
・ペイトク無制限
※ 基本料 9,625 円/月 適用時
※ 時間帯により速度制御の場合有
※ テザリングと合計 200GB/月超の場合、通常利用に影響のない範囲で速度制御します。
※ データシェアは 50GB 迄
・最短2024年2月20日まで(付与期間)のPayPay(残高)又はPayPay(クレジット)のお買い物による決済が対象。
・付与上限4,000 円相当/月(出金・譲渡不可)
・ペイしてトクトクキャンペーンの最短申込期限は 2024年1月20日(土)。詳細はこちらのページをご確認ください。
・2024年2月14日(水)から、初めてペイトク適用で最大3ヵ月間付与率が+10%となるペイしてトクトクキャンペーン2が開始。ペイしてトクトクキャンペーンをお申込みの際には、こちらのページもご確認ください。

【比較】過去の料金プランと比較

メリハリ無制限

画像引用元:新料金プラン・メリハリ無制限 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

続いて、メリハリ無制限+と過去の料金プランを比較します。

ソフトバンクを利用している人は、以下の比較を参考にメリハリ無制限+にプラン変更するかを決めてください。

メリハリ無制限と比較

ソフトバンク メリハリ無制限プラン

画像引用元:メリハリ無制限

項目メリハリ無制限+メリハリ無制限
データ容量無制限〜2GB無制限〜3GB
月額料金7,425円7,238円
新みんな家族割
(3回線以上)
-1,210円-1,210円
おうち割 光セット-1,100円-1,100円
PayPayカード割-187円-
小容量の割引0円-1,650円0円-1,650円
割引後料金4,928円3,278円4,928円3,278円

メリハリ無制限+と従来のメリハリ無制限は、料金プランをチラッと見ただけでは大きな違いがないように感じられます。

しかし、以下の違いがあるため、プラン変更すべきかは人によって大きく異なります。

メリハリ無制限+がメリハリ無制限と違うポイント
  • PayPayカード割がある
  • 小容量の月の割引基準が2GBに減少
  • 月に200GB利用で速度制限と明示
  • 速度制限中の通信速度が最大4.5Mbpsと速い
  • テザリング・データシェアの上限50GBに増量

メリハリ無制限+はPayPayカード割ありきでメリハリ無制限と同じ料金になります。

つまり、PayPayカードを持っていないと月額料金が上がるということです。

吹き出しアイコン

あまり使わない月の割引が3GB→2GBに減少しているため、メリハリ無制限の方が割引が受けやすいことにも注意が必要です。

また、メリハリ無制限+では、速度制限の基準と制限中の最大速度が明示されています。

これまでのメリハリ無制限は混雑中に制限の可能性があるとしか説明がなく、制限を受けると使い物にならない遅さになることも。

一方で、メリハリ無制限+は月に200GB使えば確実に制限されますが、制限中も4.5Mbpsと動画視聴にも問題ない速度です。

吹き出しアイコン

メリハリ無制限で速度制限に困っている人は、メリハリ無制限+にプラン変更した方が快適かもしれません。

▲章のはじめに戻る

ミニフィットプラン+と比較

ミニフィットプラン+

画像引用元:ミニフィットプラン+

項目メリハリ無制限+ミニフィットプラン+
データ容量無制限〜2GB0〜1GB1〜2GB2〜3GB
月額料金7,425円3,278円4,378円5,478円
新みんな家族割
(3回線以上)
-1,210円-
おうち割 光セット-1,100円-1,100円
PayPayカード割-187円-
小容量の割引0円-1,650円-
割引後料金4,928円3,278円2,178円3,278円4,378円
メリハリ無制限+とミニフィットプラン+の比較ポイント
  • 1GB未満ならミニフィットプラン+がお得
  • 1〜2GBの月は同じ月額料金
  • 2〜3GBで収まるならミニフィットプラン+がお得
  • 3GBを超えるならメリハリ無制限+がおすすめ

メリハリ無制限+と小容量向けのミニフィットプラン+を比較すると、毎月1GB未満で収まるならミニフィットプラン+の方がお得です。

1〜2GBならメリハリ無制限+でも同じ月額料金になります。

2GB以上はミニフィットプラン+の方が少し安く使えますが、3GBを超えると最大128kbpsと使い物にならないほど低速化します。

吹き出しアイコン

3GBを超えることが多いなら、メリハリ無制限+にプラン変更した方が使い勝手が良くなるでしょう。

▲章のはじめに戻る

スマホデビュープラン+と比較

スマホデビュープラン+

画像引用元:スマホデビュープラン+

項目メリハリ無制限+スマホデビュープラン+
データ容量無制限〜2GB4GB20GB
13ヶ月目まで4,928円3,278円1,078円2,728円
14ヶ月目以降2,266円3,916円

スマホデビュープラン+は申し込める人が5〜22歳の新規契約 or ガラケーからの機種変更・乗り換えで申し込めるプランです。

申し込み条件があるプランですが、4GBでも20GBでもメリハリ無制限+よりお得です。

吹き出しアイコン

20GB以上利用したいならメリハリ無制限+の方が適していますが、申し込み条件をクリアできて4GB・20GBで足りる人は、スマホデビュープラン+を利用した方がいいでしょう。

なお、スマホデビュープラン+からメリハリ無制限+にプラン変更すると、3ヶ月間最大2,662円割引が受けられます。

差し当たりスマホデビュープラン+を利用して、データ量が足りなくなったらメリハリ無制限+にプラン変更する選択もありでしょう。

メリハリ無制限+とは

メリハリ無制限+

画像引用元:ソフトバンク

次に、メリハリ無制限+のプラン内容を詳しくみていきましょう。

メリハリ無制限+は、ペイトクプランの開始に伴い従来の「メリハリ無制限」の細かな部分が変更された料金プランです。

メリハリ無制限+の料金プラン

項目メリハリ無制限+
データ容量無制限〜2GB
月額料金7,425円
新みんな家族割
(3回線以上)
-1,210円
おうち割 光セット-1,100円
PayPayカード割-187円
小容量の割引0円-1,650円
割引後料金4,928円3,278円

データ量無制限という点は変わりなく、フル割引が受けられる人なら従来のメリハリ無制限と同じ月額料金です。

メリハリ無制限+の内容・変更点
  • データ量が無制限の使い放題プラン
  • PayPayカード割の開始に伴い通常料金が187円値上げ
    →PayPayカードユーザーは今と同じ料金
  • ペイトク特典(PayPay利用によるポイント還元増額)はなし
  • 200GB/月を超えると最大4.5Mbpsに速度制限
  • テザリング・データシェアは上限50GB/月を超えると300kbpsに速度制限
  • 2GB未満の月は自動的に1,650円割引
    →メリハリ無制限は3GB未満で割引のため改悪部分

通常料金が値上がりし、あまり使わなかった月の割引が2GB未満の2点は、メリハリ無制限+のデメリットかもしれません。

しかし、メリハリ無制限では不明瞭だった速度制限のかかるデータ量が明示され、さらに制限中も普通に使える速度になっています。

メリハリ無制限を使っていて「よくわからないタイミングで速度制限がかかる…」と感じている人は、メリハリ無制限+の方が向いていると考えていいでしょう。

メリハリ無制限+のメリット4つ

メリット

続いて、メリハリ無制限+を利用するメリットを紹介します。

速度制限を受けても普通に使える速度

メリハリ無制限+では、毎月200GB以上使うと速度制限がかかると明示されています。

しかし、制限速度は最大4.5Mbpsと割と速く、YouTubeなどの動画視聴も全く問題ない速度です。

従来のソフトバンクの料金プランは、テザリング・データシェアで30GB超過以外の制限速度は非公開で、地域・時間帯によっては制限中は全く使い物にならないということも。

速度制限中でも普段使いに問題ない速度が出せることは、メリハリ無制限+の大きなメリットといっていいでしょう。

▲章のはじめに戻る

テザリング・データシェアの上限アップ

メリハリ無制限+では、テザリングやデータシェア利用時の上限が50GBに増加し、万が一超過した時の制限速度も最大300kbpsに高速化しました。

従来は30GBで128kbpsに制限されていたので、20GBも使えるデータ量が増えたことは大きなメリットでしょう。

吹き出しアイコン

うっかり超過してもギリギリ使える速度が出るので、LINEやメールでの連絡はなんとかなります。

普段からテザリングやデータシェアのサブ端末を使っているなら、メリハリ無制限+の方が合ったプランとなるでしょう。

▲章のはじめに戻る

YouTube Premiumが6ヶ月無料

メリハリ無制限+は他のソフトバンクの料金プランと同様に、YouTube Premiumが6ヶ月無料の特典が利用できます。

無料期間が終わった後も25%OFFで使えるので、普通にYouTube Premiumを申し込むよりお得です。

普段からYouTubeを使うなら、差し当たり無料期間の6ヶ月間だけでも広告なく使えるYouTube Premiumを活用しましょう。

>6ヶ月無料特典の申し込みはこちら

▲章のはじめに戻る

LYPプレミアムでLINEがお得に便利に

2023年11月29日から、Yahoo!プレミアムが「LYPプレミアム」にアップグレードされ、LINE関連の特典がたっぷり追加されます。

LYPプレミアムの追加特典
  • LINEスタンプ プレミアムで1,200万種類以上の対象スタンプが使い放題
  • LINEのアルバムに5分以内の動画や写真がオリジナル画質で保存・共有可能
  • LINEで会員限定のフォント使用可能
  • LINEの着信音に好きな音楽が設定可能

従来通りYahoo!JAPAN関連の特典も無料で利用できます。

メリハリ無制限+に加入中なら、LINEアカウントとソフトバンクを連携して、LYPプレミアムの追加特典も使えるようにしましょう。

メリハリ無制限+の注意点はある?

iPhone15の実機

続いて、メリハリ無制限+にプラン変更する際の注意点をみていきましょう。

1度プラン変更すると旧プランに戻せない

メリハリ無制限+にプラン変更すると、旧プランに戻せなくなるので十分注意してください。

ソフトバンクの新プラン開始に伴い、従来のメリハリ無制限は新規受付を終了します。

自動的にメリハリ無制限+になることはありませんが、プラン変更する際は使い方に合っているかしっかり確認してから手続きしてください。

▲章のはじめに戻る

メリハリ無制限で2〜3GBの月が多い人は高くなる

メリハリ無制限+では、あまり使わなかった月の割引が「2GB未満」に減少しています。

これまでのメリハリ無制限は「3GB未満」が割引条件だったので、2〜3GBの月が多い人は割引対象外です。

人によっては従来より高くなってしまうので、あまり使わない月が多い人はMy SoftBankで過去のデータ量を確認してからプラン変更しましょう。

▲章のはじめに戻る

200GB/月の利用で必ず速度制限になる

メリハリ無制限+を利用する際は、毎月200GBを超過すると速度制限が確定でかかることに注意してください。

メリットでも解説した通り、制限速度でも最大4.5Mbpsのため普通に使うには全く問題ありません。

しかし、メリハリ無制限で全然速度制限を受けたことがない人でも、200GB以上使っているならメリハリ無制限+では速度制限対象です。

かなりデータ量を使っていると感じている人は、ここ最近200GB以上の月がないか確認してからプラン変更した方がいいでしょう。

メリハリ無制限+のよくある質問

よくある質問

最後に、メリハリ無制限+によくある質問に回答します。

ペイトクプランと何が違う?

ペイトクプランは、PayPay利用時にプランに応じてPayPayポイントが増額するプランで、獲得できるポイントを考慮するとメリハリ無制限+よりお得になる可能性があります。

メリハリ無制限+にはPayPay利用時の特典がありませんが、通常の月額料金がペイトクプランより安くなっています。

日常的にPayPayを利用するならペイトクプラン、PayPay以外のスマホ決済を使っているならメリハリ無制限+を選ぶようにしましょう。

▲章のはじめに戻る

メリハリ無制限と何が違う?

メリハリ無制限+は、従来のメリハリ無制限と月額料金はそう大きく変わりません。

しかし、細かい部分が調整されたプランです。

メリハリ無制限と主な違い
  • PayPayカード割適用でメリハリ無制限と同じ月額料金
  • スマホで200GBで最大4.5Mbpsに速度制限
  • テザリング・データシェアで50GBで最大300kbpsに速度制限
  • 2GB未満の月は1,650円割引

主に、速度制限に関する部分が変更され、速度制限条件の明確化と制限中の速度が大幅に改善されています。

あまり使わない月を安くする条件が厳しくなりましたが、メリハリ無制限で謎の速度制限が多いならメリハリ無制限+にプラン変更した方がいいでしょう。

▲章のはじめに戻る

メリハリ無制限+にプラン変更した方がいい?

次のような人は、メリハリ無制限+へのプラン変更を前向きに検討しましょう。

メリハリ無制限+に変更した方がいい人
  • メリハリ無制限で速度制限を受けることが多い人
  • テザリングやデータシェアで30GB以上使いたい人
  • PayPay利用額が少ない人でペイしてトクトクキャンペーン終了後のプラン変更先

現在メリハリ無制限を使っていて、速度制限やテザリングの容量不足で困っている人はメリハリ無制限+にプラン変更しましょう。

また、ペイトクプランは特典が3倍になっている間は非常にお得ですが、キャンペーン終了後はPayPay利用額が少ないとメリハリ無制限+より高額になります。

PayPayを44,000円以上利用すればペイトク無制限の方がおすすめですが、それ以下ならメリハリ無制限+を利用した方がいいでしょう。

2024年3月(最短2024年2月20日)まではペイトクプランの方がおすすめ

ペイトク無制限

画像引用元:ソフトバンク

今回は、ソフトバンクの新料金プラン「メリハリ無制限+」と「ペイトクプラン」を比較してどちらがお得なのか、そして旧プランとの比較を解説しました。

2024年3月10日(最短2024年2月20日)までは、PayPayを約3万円使えばペイトクプランの方がお得に使えます。

以降はPayPay利用額が44,000円以上ならペイトク無制限、それ以下の利用額ならメリハリ無制限+の方がお得になるでしょう。

以上のことから、ペイしてトクトクキャンペーン期間はペイトク無制限を利用し、終了後はPayPayの利用状況に合わせてメリハリ無制限+を検討するのがおすすめです。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。