mineoが8月24日がeSIMの提供を開始!最初はau回線のみ

  • 2022年8月30日
  • by.nuko

mineo

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

2022年8月24日から、mineoがeSIMの提供を開始しました。

現在はAプラン(au回線)のみ対応ですが、2023年2月にDプラン(ドコモ回線)もeSIMに対応する予定です。

トップ画像引用元:格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoのAプランがeSIMに対応

mineoのeSIM

画像引用元:mineo

mineoでは、2022年8月24日から、au回線のAプランでeSIMの受付を開始しました。

合わせて、eSIMで申し込む際の本人確認がeKYCに対応しているため、最短で申し込み当日から利用開始できます。

mineoのメインプラン「マイピタ」「マイそく」はどちらもeSIMに対応し、さらにデータ通信のみのプランでもOKです。

初期費用は3,300円の契約事務手数料と、eSIM発行料440円の計3,740円で、通常のSIMカードで契約する場合と同額です。

eSIMの対応状況は動作確認端末一覧で随時更新

mineoのeSIMは、提供開始時点で以下の端末で動作確認がとられています。

mineoの主なeSIM動作確認端末
  • iPhone SE(第2世代)以降のeSIM対応iPhone
  • AQUOS sense6
  • AQUOS wish
  • Xperia 10 IV
  • Rakuten Hand 5G

上記はプレスリリースに公開されている対応端末です。

その他の機種の対応状況は、mineo公式サイトの動作確認端末一覧で、SIMタイプ「eSIM」で検索すれば確認できます。

ソース:プレスリリース │ オプテージ

ドコモは2022年2月以降、ソフトバンクは未定

また、mineoのプレスリリースによると、2022年2月にドコモ回線のDプランもeSIMに対応するとのことです。

一方で、ソフトバンク回線のSプランのeSIM対応については、mineoは何も情報を公開していません。

ソフトバンク回線でeSIMを利用したい方は、今後のmineoの発表に期待しましょう。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!