携帯乗り換え(MNP)で解約にかかる費用と手数料を抑えるタイミング

携帯乗り換え(MNP)で解約にかかる費用と手数料を抑えるタイミング

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

スマホの乗り換え(MNP)では、ついつい豪華なキャンペーンなどに目がいきがちですよね。

しかし、乗り換えでは解約や新規契約にかかる費用にも落とし穴があります。

特に、解約に関しては、タイミングを誤れば数万円の損につながってしまうこともあります。

今回は、そんな乗り換えの解約と新規契約にかかる費用と、金額を抑えるタイミングについて解説していきます。

画像引用元:NTTドコモ ホーム

乗り換えにおいて解約にかかる費用

乗り換えをするということは現在契約しているキャリアを解約し、乗り換え先のキャリアと新規契約を結ぶということです。

つまり、「解約」と「新規契約」という2つのプロセスが発生するわけですが、これらにはそれぞれ費用が発生します

解約で発生する費用は下記の4つです。

解約で発生する費用
  • MNP転出料
  • 2年契約プランの解約金
  • 機種代金の残債
  • その月の月額料金

これらの費用は安くありませんが、費用の種類によってはやり方次第で大幅に金額を抑えることができます

では、まずはキャリアの解約で発生する費用を詳しく見ていきましょう。

MNP転出料は安くならない!

各キャリアで発生する転出料は次のとおりになります。

キャリアMNP転出料備考
ドコモ3,000円2019年9月30日までに提供している料金プランを契約している場合は2,000円
au3,000円-
ソフトバンク3,000円-

この転出料は乗り換えにかかる事務手数料であり、安くする方法はありません。

乗り換えで必ずかかる費用と割り切りましょう。

ドコモキャンペーンバナー

解約金は更新月なら支払う必要なし

2つ目は契約しているプランの解約金です。

この解約金は契約しているプランが2年契約のものであり、更新月以外に解約した場合に発生します。

キャリア通常の解約金更新月の解約金
ドコモ1,000円0円
au
ソフトバンク0円

なお更新月は各キャリアとも、2019年に更新月の期間が3カ月に変更になっています。

2年契約プランを契約してから24、25、26カ月目の3カ月間が更新月となります。

また総務省の新たなガイドラインにより、2019年10月から「解約金の上限は1,000円まで」となりました。

今まで9,500円かかっていたことを考えると、かなり安くなっています。

これまでは高い解約金を払うことを嫌い、更新月に解約していた方も、1,000円だったらあまりそれを気にしなくなると予想されます。

機種代金の残債には注意

最も高額になりやすいのが機種代金です。

今は新規受付はなくなりましたが、携帯電話を新規購入する際、下記の各キャリアの割引サービスを利用した方も多いかと思います。

各キャリアの割引サービス
  • ドコモ:月々サポート
  • au:毎月割
  • ソフトバンク:月月割

上記の割引サービスは新規購入した端末の機種代金を、2カ月目から24カ月目までに渡って割引するというもの。

ここで気を付けたいのが、2カ月目から24カ月目の間の解約です。

割引サービス適用中に残債がある状態で解約すると、割引サービスはその月から打ち切りになります

例えばどうしても乗り換えたくて13カ月目に解約した場合、13カ月目から24カ月目の機種代金には割引が一切効かないということですね。

仮に96,000円の端末がこれらの割引サービスで半額になった場合、13カ月目に解約すると以下の様になります。

項目1カ月目から
12カ月目の支払い
13カ月目から
24カ月目の支払い
本来の割引2,000円×12カ月分2,000円×12カ月分
13カ月目で
解約した場合
2,000円×12カ月分4,000円×12カ月分
差額0円24,000円

上表のとおり、24,000円もの損が出てしまいます。

上表は例ですが、割引サービスによる割引額が高くなるほどにこの損は大きくなります。

更新月である24カ月目も注意!

上記の割引サービスの割引期間は、2カ月目から24カ月目です。

この24カ月目は2年契約プランの更新月でもあることに注意してください。

24カ月目に解約してしまうと、24カ月目の機種代金の支払いに割引が効かなくなるということですね。

よって損なく解約するためには、25カ月目以降にする必要があるということです。

月額料金は基本的に日割り計算できない

最後は、解約した場合の月額料金についてです。

解約する場合、月額料金に関する注意点は以下の通りです。

解約時の月額料金に関する注意点
  • MNP番号を発行するだけでは解約にはならない
  • 乗り換え先と新規契約を結んで、初めて元のキャリアと解約になる
  • 大手キャリアは月額料金の日割り計算が効かない
  • 解約のタイミングで損する場合があるため注意

乗り換えの場合MNP番号の発行だけでは解約にはならず、乗り換え先と新規契約を結んで初めて元のキャリアと解約になります。

ここで気を付けたいのが、元のキャリアの月額料金です。

大手キャリアは基本的にプラン料金の日割り計算が効かないため、解約のタイミングで損をする可能性があります

例えば8月2日にauを解約した場合たった2日間しか契約期間がないにも関わらず、8月分の月額料金を満額取られてしまいます。

また、ソフトバンクの場合は、月額料金の締め日が以下の3種類あることに注意してください。

ソフトバンクの月額料金の締め日
  • 10日
  • 20日
  • 月の末日

ドコモとauの解約は月額料金の締め日である月の末日、ソフトバンクの解約はそれぞれの締め日がベストタイミングとなります。

締め日は各ユーザーで異なりますので、解約の際は必ず自分の締め日を確認しましょう。

最も良い解約のタイミングは?

これまで説明してきた項目の中で、損をしないために気をつけたいのは以下の3つです。

損をしないために気を付けること
  • 解約金が発生しない更新月に解約する
  • 機種代金の割引サービスがある場合は、24カ月目までは解約しない
  • 大手キャリアは月額料金の日割りが効かないので、ドコモ・auは月末、ソフトバンクは締め日がベストタイミング

解約するタイミングによって、支払う金額が大きく変わってくるのがわかりました。

これらを総合すると、解約のベストタイミングは以下のとおりになります。

解約のベストタイミング
  • ドコモ・au:更新月である25カ月目の月末
  • ソフトバンク:更新月である25カ月目の締め日

もちろん、26カ月目でも余計な費用は発生しませんが、解約を決めているのならば早い方が良いでしょう。

【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた

乗り換えにおいて新規契約にかかる費用

乗り換えで解約した後に待っているのが乗り換え先での新規契約です。

新規契約でかかる費用は下記の2つです。

乗り換えの新規契約でかかる費用
  • 乗り換え先の新規契約事務手数料
  • 新しい端末の機種代金・頭金など

これらの費用もやり方によっては、大幅に金額を抑えることができます

それでは新規契約でかかる費用について詳しく見ていきましょう。

新規契約事務手数料がかからない方法も

各キャリアごとの新規契約事務手数料は、以下の通りです。

キャリア店舗オンラインショップ
ドコモ3000円0円
au3000円
ソフトバンク3000円

新規契約事務手数料は、各キャリア共通で3,000円になります。

MNP転出料と同じ性質のものですので基本的に安くする手段はありませんが、ドコモだけは例外です。

ドコモでは乗り換えの新規契約をドコモオンラインショップで行うと、手数料が無料になります

新しい端末の頭金はオンラインショップで0円に

乗り換えで端末も新規購入する場合は、購入にかかる費用も発生します。

この際手続きをキャリアショップで行い、新規端末を分割払いで購入すると頭金がかかります。

しかし各キャリアのオンラインショップを利用すれば、頭金は0円にできます

新しい端末の頭金
  • 全キャリア店舗購入だと頭金あり
  • 全キャリアオンラインショップだと頭金なし

オンラインショップを利用すれば、端末購入にかかる費用は機種代金だけになるのです。

わからない部分が聞けないというデメリットがあるものの、操作は画面の案内に従って進むだけなので簡単です。

大手キャリアの乗り換えで端末持ち込みは可能?

大手キャリアへの乗り換えでも端末の持ち込みは可能です。

端末を持ち込む場合は、各キャリアでSIMカードのみを契約する形となります。

この場合の手続きを受け付けているのは各キャリアのショップのみとなります。

また持ち込む端末に関しても、以下の点に注意しましょう。

乗り換えで端末を持ち込む場合の注意点
  • 対応している端末はSIMロック解除済端末、またはSIMフリー端末のみ
  • 各キャリアの通信方式に対応している端末のみ利用可能
  • 「技適マーク」がない端末は電波法違反の対象となる
  • APN設定は自分で行う必要がある
  • 動作保証や修理保証などのオプションはない

端末を新規購入する場合に比べて、かなり面倒な確認や作業を行う必要があります。

特に「技適マーク」は日本の法律に基づいて運用されているもので、海外の端末には付いていないものもあります。

動作保証などを付けられるオプションも、大手キャリアの場合は無いため気を付ける必要があります。

乗り換えの費用は0円にできるものも多い!

今回は、乗り換えの解約でかかる費用と、その金額を抑えるタイミングについて解説しました。

本記事の内容を以下にまとめます。

乗り換えの費用まとめ
  • 乗り換えの解約でどうしても発生する費用はMNP転出料のみ
  • ドコモ・auの場合は25カ月目の月末、ソフトバンクの場合は25カ月目の締め日が解約のベストタイミング
  • 乗り換えの新規契約でも費用は発生するが、オンラインショップを利用すれば0円に出来るものも多い

上記のように、タイミングさえしっかり捉えれば、乗り換えでかかる費用はMNP転出料などの手数料関係のみになります。

逆に解約金や機種代金の残債などは数万円の損につながることもあるので、乗り換えはベストなタイミングで行うようにしましょう。

携帯乗り換え(MNP)で17万円以上得するテクニックと6つのポイント

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ