【MNP体験談】auから格安SIMへ乗り換えは成功だったのか?(20代男性)

【MNP体験談】auから格安SIMへ乗り換えは成功だったのか?(20代男性)

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

auから楽天モバイルへ乗り換え|月額料金が安くなるし楽天ポイント貰えて成功

  • 29歳
  • 男性
  • 自営業
  • 満足度:8(10点満点中)
  • MNP先:楽天モバイル

今回のMNPした目的

昔に比べて携帯電話にそこまで力を入れなくなり「通話とネット、SNSやメールの連絡手段さえ出来ればそこまで金を掛けなくてもいいや」と言う結論になっており後は携帯会社を切り替えるのタイミングだけ見計らっていただけでした。

そして今年がauの2年縛りが終わるのでタイミングとしては丁度いいなと思いMNPを発行してキャリアを思い切って切り替えました。

そのキャリアを選んだ理由

元々auから乗り換えるとしたら格安スマホの楽天モバイルへ切り替えようと思っていました。

切り替えようと思った理由は毎月の携帯料金が安くなるのも理由ですが通話プランで契約していれば特典として楽天ポイントが一般会員よりも二倍貰えるし月額利用料金から1,000円毎に10ポイントも毎月貰えるので携帯も使えてポイントも多く貰えると一石二鳥も狙えるからです。

月額料金はどのMVNOも横ばいで決め手に欠けていましたが楽天モバイルなら楽天ポイントも貰えるので切り替えるだけの魅力として充分でした。

キャリアとの契約形態

SIMカードだけか端末とセットかで最初は悩みましたが分割支払いは毎月の支払いこそ安くなるけどその分好きなタイミングで止めるのも難しくなるし後から一括請求されるのは嫌だったのでSIMカード(通話プラン・3GB)だけ頼みました。

ただ端末に関してはドコモの回線を使っている楽天モバイルのSIMカードでは今持っているauの端末は使えないので中古で用意する事にしました。

しかし予算も限られていたので2018年から数えて3年前と1~2万円以内をボーダーラインにして探した結果i-dio Phone CP-VL5Aを見つけこちらを購入する事にしました。

購入の動機は料金が予算以内に収まったのに加えてFMラジオ・ワンセグ・ワイドFM・i-dio対応とラジオを仕事中によく聞いていてラジオも好きな自分向きな端末と思い購入しました。

MNPでキャリア切り替えの満足度は?

お金を払ってMNPを発行しキャリア切り替えした感想についてですが今の所は成功です。

MNPを使うのに3,000円払う必要もありますが最初だけですし月々の月額料金が安くなるのであれば安い物です。おまけに楽天ポイントも貰えるのでお釣りとしては充分過ぎます。

端末については3年前の機種ですのでこればかりは仕方ないですがスペックに関してはちょっと2017年や今年に発売されたモデルに比べるとスペック不足(OSがAndroid5.1等)は目立ちます。

ラジオ機能の方も山奥だと受信できないのでradiko等のラジオアプリで補う事が多いと受信が思いの外上手くいかないと思いました。

キャリアのアフターサービス

カスタマーセンターの人の受け答え自体は問題ないですがセンターへ繋げる為の電話回線が弱いのか分かりませんが繋がりにくくて待たされる事が多いです。

時間計測したら5~10分ぐらいは最低でも掛かりました。

れから機種変する人達へのアドバイスは?

まず口コミやレビュー、関連動画等何でもいいので機種変したいと思っている機種の情報やキャリアの情報は徹底的に集めたほうがいいです。

後からイメージと違うとなった後では遅いので判断材料は多いに越した事はありませんので面倒でもやっておきましょう。

auからUQ mobileへ乗り換え|毎月携帯代が8,000円→2,000円と大きくコストダウンで成功

  • 29歳
  • 男性
  • 販売業
  • 満足度:10(10点満点中)
  • MNP先:UQ mobile

《MNPをした目的》

長男から格安SIMにすれば携帯料金がグッと安くなると教えてもらい、その際に勧められたらのがUQ mobileでした。

一人暮らしをしていて、少しでも経費を抑えたいと考えていたので、すぐMNPをしようと思いました。

《UQ mobileを選んだ理由》

MNPをする前に、どこのキャリアがいいのか調べまくりました。

UQ mobileは回線速度がダントツで早いと好評だったので、それが一番の理由になりました。

料金も毎月2,000円くらいになったので結果的にも満足できました。

《アフターケアー》

au、docomo、SoftBankの3大キャリアと違って、UQ mobileなどの格安SIMはアフターケアーはほとんど期待していませんでした。

というのも、MNPをしようと思ってネットで色々調べていたときに、「格安SIMは3大キャリアと違ってアフターケアーのサービスがあまり良くない」とよく目にしていたので。

でも、わたしにとってはこれのおかげで、「もし壊れた時や機種変更したいときの対応を自分でなんとかしないといけない。」と思ったことで、色々知識をつけることに繋がりました。

思い返せば、3大キャリアで故障の相談とかしても、結局お金とられていたので、そんなことなら自分で解決したほうがよっぽどマシだと感じました。

アフターケアーが期待できないことで、知識をつける機会となりました。

《後悔している点》

後悔している点はひとつだけです。

なんでもっと早くMNPしなかったのかということ。

auを利用していたときは、毎月8,000円くらい支払わされていて、今ではなんのストレスもなく2,000円以下にまで抑えることができました。

今までぼったくられてたのかなと後悔しています。

《これからMNPをする方へ》

au、docomo、SoftBankを利用している方が見ていたら、是非格安SIMにMNPしてほしいです。

わたしの身の回りでも毎月携帯代に8,000円とか10,000円以上払っている人を見ると可哀想だなと思います。

電話番号も機種もなにも変わらずに毎月の料金だけが半分以下になります。単純に毎月の経費を抑えたいと思うなら、すぐにするべきです。

しかし、3大キャリア以外は信用できないといった洗脳されたような方も結構見かけるので、そういった方は無理してしなくていいと思います。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

auから格安スマホに乗り換え|格安SIMを比較して条件毎におすすめ

auからマイネオへ乗り換え|毎月の利用料金は2,000円程度でデータ通信も気にならないので成功

  • 27歳
  • 男性
  • 会社員
  • 満足度:10(10点満点中)
  • MNP先:マイネオ

今回のMNPの目的はまず月々の利用料金を減らすことが目的でした。

その為、大手キャリアより格安SIMと言われているマイネオへMNPを利用しキャリアを変更しました。結果として月々の利用料金はそれまでの利用料金とくらべてだいたい3分の1ほどに減らすことができました。

それまで月々の利用料金は少ない月であっても6,000円を下回ることはありませんでした。

しかしながら、キャリアをマイネオへ変更した後、毎月の利用料金は2,000円程度に減り、月々の固定支出を大幅に減らすことができました。

また、格安SIMと言われるキャリアのデメリットとして、私がいちばんよく耳にしていた「データ通信の遅さ」についてもまったく気にならないものでした。

大手キャリアの電波を借りているため、通信が集中する時間帯は格安SIMの通信速度が非常に遅くなるとのインターネットの記事を目にしたこともありましたが、通常の使用には支障がでない範囲だと個人的には思いました。

朝や夕方の通勤時間帯などは画像の読み込みが遅かったりといったことはありますが、TwitterやLINEなどのSNSの使用・閲覧や、通常のメールの送受信など、特別大きなデータ通信を必要としない場合には、少し遅いかなという程度で使用ができています。

また、サービス面でも充実していると感じました。マイネオ利用者でつくられているインターネット上のコミュニティーがあったり、パケット通信が足りない時には少しだけもらうことができたりと、独特だけれどおもしろく便利なサービスが用意されています。

MNPを利用しマイネオなどの格安SIMへ乗り換える際の注意点として、それまで自身で使用していた機種をそのまま使用できない場合があるという点です。

格安SIMは各会社ともに基本的に大手キャリアの通信電波を借りているような形でサービスを提供しています。

その為、SIMフリーの機種でない場合、使用できる電波が制限されてしまう場合はあります。その点さえ注意し、乗り換え先を選択すれば格安SIMへの乗り換えで失敗と感じることはないと思います。

auからNifmoへ乗り換え|安さで選んだが通信速度が遅く感じて失敗

  • 22歳
  • 男性
  • 学生
  • 満足度:6(10点満点中)
  • MNP先:Nifmo

まずMNPの目的ですが、「月々の利用料金を下げるため」です。

今までずっとauを使ってきましたが、auスマホとiPadのシェアを組んで月1万円を支払うことが「高い」感じていました。

そのため、MNPで格安SIMに乗り換えることで利用料金を引き下げようと思い、MNPを行いました。

つぎにNifmoを選んだ理由ですが、「初月無料だったから」です。

当初、UQに乗り換えを検討していましたが月途中での加入であってもその月の月額料金がかかるという説明を受け、auとUQ両方の月額料金を支払うのはもったいないと思いました。

そこで月額料金無料のキャリアを探した時に、Nifmoに出会いました。

Nifmoは契約した月の月額料金が無料になるため、auの料金を支払うだけでNifmoを利用でき、あまりお金がない学生でも簡単にMNPすることができました。

正直なところ、Nifmoは「失敗」だったかなと思っています。

Nifmoはdocomo回線を借りているため、お昼など混雑時間帯はネットワークが利用しにくくなります。

そのため急ぎで送りたいメールも送ることができず不便に感じていました。

もしUQにしていたのであれば、安定したau回線でストレスフリーで利用できていたのではないかなと考えてしまいます。

Nifmoはキャリアのように縛りがないため、今年の夏以降にY!mobileもしくはUQに乗り換える方向で検討しています。

現在使っているZenfone4はSIMフリー端末なので端末だけ持ちだして端末代の節約をしようと思っています。

ただ、Nifmoはサポートセンターが充実しており、分からないこともすぐに教えてくれました。

アフターケアは満足できるものだと思います。これからMNPする場合は十分に「自分に合っているか」を考えるべきです。

安さだけではなく、混雑時間帯の通信速度なども考え、後悔のないキャリア選びをする様にすると、より満足できると思います。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

編集部まとめ

auから格安SIMへ乗り換えすることで月々の利用料を大きく節約することができ、全員が成功だったという印象のようです。ただ、格安SIM会社選びは慎重に行うべきでしょう。

最後の方のみが「Nifmo」へ乗り換えて失敗だったというお答えをいただきました。理由としては通信速度です。

通信速度に信頼のおけるドコモ回線が遅いとは一概に判断できません。エリアと時間帯によるもの大きいでしょう。

大手キャリアと格安SIMの大きな差として、「通信速度」「サポート」「付帯サービス」がよく上げられます。しかし、楽天モバイルは楽天ショップや楽天トラベルなど付帯サービスが充実しています。

また、格安SIMでも店舗をもったりサポートの充実を図るなど大手キャリアと変わらないサービスを提供し始めています。

通信速度も人により感想は変わってきます。

近い将来、「立場逆転」なんてこともあるかもしれません。

【格安SIM比較】通話料金を含めた最安プランを徹底調査

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ