iPhone 11に高額キャッシュバックをもらって乗り換える方法【2019年9月】

iPhone 11に高額キャッシュバックをもらって乗り換える方法【2019年9月】

高額キャッシュバックをもらってお得に携帯を乗り換える方はこちら!

おとくケータイ.netのキャッシュバックと下取りキャンペーンを利用した場合の値引き額

Discount

それでは、実際にMNPする場合の値引き額を詳しくみていきましょう。

簡単にまとめると以下の通りです。

項目最大キャッシュバック金額備考
おとくケータイ.netキャンペーン30,000円最新iPhoneにMNPした場合
下取りプログラム54,000円iPhone X(正常品)
合計84,000円

合計で80,000円程度値引きされる

上記の表からわかる通り、おとくケータイ.netのキャッシュバックキャンペーンと下取りプログラムを併用すると、最大で84,000円が値引きされます。

iPhone 11は150,000円程度することが多いものの、さまざまなキャンペーンを利用するとかなりお得に購入できるといえるでしょう!

iPhone 11のランニングコストをチェック

スマホとお金

画像引用元:ウルトラギガモンスター+(プラス) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

せっかくiPhone 11をお得に購入したなら、なるべく安価に運用したいと考える人もいるかもしれません。

続いていくらでiPhone 11を運用できるのかについてみていきましょう。

iPhone 11のランニングコスト

項目料金
(税込)
データ通信6,4586,4582,6782,678
通話基本プラン1,2961,2961,2961,296
通話オプション----
Web使用料324324324324
割引-1,080--1,080-
合計6,6747,7543,2184,298
備考データ50GB
通話オプションなし
1年おトク割適用
データ50GB
通話オプションなし
割引なし
データ1GB
通話オプションなし
1年おトク割適用
※最安運用
データ1GB
通話オプションなし
割引なし

データ通信が従量制の場合と定額制の場合別に、安価に運用できる料金プランを上記に掲載しています。

割引を適用した場合は最安で3,000円台で運用できますが、2年目から割引がなくなるので注意してください。

従量制と定額制の境界は5GB

Softbank Fee

画像引用元:ミニモンスター | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

契約時に、データ通信を従量制(ミニモンスター)にするか定額制(ウルトラギガモンスター+)にするか迷っている場合、毎月5GB以上の通信をするかを判断材料にしてください。

5GB以上通信する場合は定額制プランのほうが安くなるので、コンスタントに5GB以上使う人は定額制を契約しましょう。

ただし、数ヶ月に1回5GBを超える程度の場合は従量制のほうがいいかもしれません。

しっかり計算してお得なプランを契約しましょう!

通話の利用頻度に応じて通話オプションを契約しよう

通話定額オプション

画像引用元:ミニモンスター | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

通話基本プランのみを契約した場合、通話料金は従量制(21.6円/30秒)です。

そのためある程度通話を利用する人は、通話オプションを契約した方がお得になるでしょう。

通話オプションの詳細は次の通りです。

項目料金
(税込)
備考
準定額オプション540円1回5分以内の国内通話無料
定額オプション1,620円国内通話無料

毎月38分以上国内通話をコンスタントに利用する場合は、定額オプションの契約がオススメです。

長電話が多い人もこちらがいいでしょう。

ただし、通話が多くても1回の通話が5分以内で収まるという人は、準定額オプションがお得です。

自分が通話をどの程度利用するかに応じて、適切なオプションを契約してください。

定額オプション対象外の通話もあり

以下の通話は定額/準定額オプションの対象外なので、注意してください。

  • 3桁特番(104、117、177、188、189等)
  • テレドーム(0180)
  • ナビダイヤル(0570)
  • クイックダイヤル(#9110等)

これらの通話は定額オプションをつけていても全て従量制になります。

定額対象だと思っていると、思わぬ高額請求に繋がるのであらかじめチェックしておきましょう。

自分にピッタリのプランを契約してよりお得にiPhone 11を使いましょう。

ドコモやauに乗り換える場合は公式オンラインショップがオススメ

ドコモオンラインショップ

画像引用元:オンラインショップのメリット紹介

ソフトバンクにMNPする場合、ここで紹介したようにWeb販売店を利用するのがお得です。

しかし、auやドコモに乗り換えたい場合はこの方法は使えません。

そのため、auやドコモに乗り換える場合は公式オンラインショップを利用してMNPするのがいいでしょう。

公式オンラインショップのメリット

公式オンラインショップでMNPするメリット
  • 24時間いつでも手続きができる
  • 待ち時間が無い
  • 自宅に配送してもらえる
  • 販売店手数料がかからない
  • 事務手数料が無料(ドコモのみ)

オンラインショップの最大のメリットは待ち時間がかからず、いつでも好きなときに契約手続きができるというものです。

時は金なりともいうので、時間を節約したい人は必見です。

また、街中のショップで徴収されている頭金やお持ち帰り価格という名の販売店手数料もかかりません。

そのため、特別な理由がなければオンラインショップで契約するのがいいでしょう。

ドコモオンラインショップで機種変更する7つのメリットとデメリット

公式オンラインショップのデメリット

公式オンラインショップでMNPするデメリット
  • 実機のチェックができない
  • 一括支払いができない(auのみ)
  • 未成年の契約手続きができない

オンラインショップのデメリットは上記の通りです。

実機のチェックはできないものの、予約購入の場合はそもそもチェックできないので大きなデメリットとはならないでしょう。

iPhone 11が発売された後に遅れて購入する場合、実機チェックをしたいならApple Storeなどに行くことをオススメします。

その後、購入を決めたらオンラインショップで契約手続きをしましょう。

トップ画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone 11に高額キャッシュバックをもらって乗り換える方法まとめ

この記事では、2019年9月時点で使えるiPhone 11にキャッシュバックをもらって乗り換える方法を紹介しました。

特に重要なポイントをまとめて振り返ると以下の通りです。

キャッシュバックをもらってMNPする方法

  • Web代理店を利用してソフトバンクに乗り換える
  • 下取りプログラムを利用する

高額キャッシュバックが規制されているため、2019年9月時点で高額キャッシュバックキャンペーンを行っているのはWeb販売店だけとなりました。

さらに、そのWeb販売店はソフトバンクしか取り扱っていないため、ドコモやau、MVNOなどからソフトバンクにMNPする際にしか使えません。

もし、この条件に該当する場合はぜひ活用してみてください。
直接ソフトバンクと契約するより時間がかかるものの、かなりお得になるので必見です!

ドコモやauに乗り換える際に使える方法

  • 公式オンラインショップで手続きしよう
  • 下取りプログラムの併用も忘れずに

ドコモやauにMNPする人は、公式オンラインショップで契約するのが最もお得だといえるでしょう。

ドコモの場合は事務手数料が無料になるので、特にお得です。

Web販売店のキャッシュバックキャンペーンや、下取りプログラムを始めとする各種キャンペーンを利用すればお得にiPhone 11を購入できるので、ぜひ参考にしてください!

ソフトバンクに乗り換えるなら高額キャッシュバックをもらわにゃ損!

高額キャッシュバックをもらってお得に携帯を乗り換える方はこちら!

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ