格安SIMからahamoへ乗り換え(MNP)はあり?比較して分かった4つの弱点

  • 2021年5月27日
  • by.a-sato

格安SIMからahamoへ乗り換え

ahamoならスマホ料金が月額2,970円。さらにMNPなら最大7,000ptもらえるキャンペーンも実施中!ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップで購入しましょう。

格安SIMを使っている人の中にもahamoに乗り換え(MNP)を検討している人は多くいるのではないでしょうか。

そこで今回は、格安SIMとahamoのサービスや料金を比較し、ahamoに乗り換えると確実にお得になるのかどうか徹底的に検証してみました。

格安SIMとahamoのどちらを使おうか悩んでいる人も、是非参考にしてください。

ahamoを格安SIMと比較した結果
  • 20GB+5分通話かけ放題つきなら格安SIMよりも比較的安い
  • プランが1つしかないのでネット・電話ライトユーザーには不向き
  • 通信速度が速く安定しているので快適にネットを使いたい人におすすめ
  • ドコモ・ahamo以外の端末に対する保証サービスがないのがネック

※本記事の価格は全て総額表示

格安SIMからahamoへの乗り換えはあり?

ahamo

画像引用元:ahamo | アハモ

格安SIMでも充分安いのに、ahamoに乗り換える意味はあるのでしょうか?

きっと多くの人が悩んでいるポイントだと思います。

そこでまずは、ahamoと格安SIM別におすすめな人の特徴について解説していきます。

ahamoがおすすめな人

ahamoがおすすめな人は下記の通りです。

ahamoがおすすめな人
  • アプリやゲーム、動画でネットをたくさん使う人
  • 通信品質を重視したい人
  • 通話をよく使う人

ahamoのプランは20GBの大容量プランしかありません。

5分かけ放題もプラン料金に組み込まれているので、通話をよく使う人にもおすすめです。

また、ahamoはドコモのサブブランドで通信品質も非常に高いので、格安SIMの通信品質に不満がある人もahamoでの契約を検討する価値はあるでしょう。

格安SIMがおすすめな人

次に、格安SIMがおすすめな人の特徴は下記の通りです。

格安SIMがおすすめな人
  • あまりネットや通話を使わない人
  • 通信品質にこだわりがない人
  • 何よりもコストを重視したい人

格安SIMでも最近は20GBなどの大容量プランが登場していますが、メジャーなのは5GBや3GBといった小容量プランです。

通話かけ放題も任意での加入となっており別料金なので、ネットも電話もそこまで使わない人に適しています。

そして、格安SIMは大手キャリアと比べて通信速度や品質が不安定なので、通信品質にこだわりがない人に向いています。

\MNPで最大7,000ptもらえる/

格安SIMとahamoを「料金プラン」で比較

アハモ

画像引用元:ahamo

まず、格安SIMとahamoの料金プランを比較してみました。

項目通信量月額料金
ahamo20GB2,970円
UQモバイル3~25GB1,628円~
3,828円
ワイモバイル3~25GB2,178円~
4,158円
mineo1~20GB1,298円~
2,178円
OCN モバイル ONE1~10GB770円~
1,760円
BIGLOBEモバイル1~30GB1,078円~
8,195円

今回は、取り扱われている通信容量と料金をまとめました。

ahamoは20GBのプラン1つのみですが、格安SIMは1GBや3GBから30GBまで複数のプランを取り扱っています

通信容量も価格もさまざまなので、より幅広いユーザーのニーズに応えられるといえるでしょう。

格安SIMとahamoを「通信速度」で比較

アハモ

画像引用元:ahamo

格安SIMとahamoの通信速度を比較しました。数値が大きいほど速度が速いことを表しています。

項目9時12時18時
ahamo下り:59.12
上り:18.21
下り:61.70
上り:22.31
下り:41.93
上り:18.34
UQモバイル下り:28.13
上り:13.94
下り:12.71
上り:4.32
下り:16.20
上り:14.20
ワイモバイル下り:37.66
上り:9.08
下り:26.46
上り:6.71
下り:25.25
上り:10.34
mineo
(ドコモ)
下り:1.50
上り:0.30
下り:11.40
上り:4.32
下り:23.27
上り:16.07
OCN モバイル ONE下り:38.38
上り:7.30
下り:24.76
上り:7.62
下り:25.48
上り:8.20
BIGLOBEモバイル
(ドコモ)
下り:48.77
上り:8.88
下り:0.51
上り:7.27
下り:1.36
上り:9.95
※単位:Mbps

ahamoはドコモのサブブランドなので、ドコモの回線を全く同じように使えます。

そのため、他の格安SIMと比べても圧倒的に通信速度が速く、ahamoは時間帯にかかわらず安定しています。

格安SIMは借り物の回線なので、時間帯によって通信速度が不安定になったり遅くなることが多く、そのことに対し不満を持っているユーザーも少なくありません。

格安SIMとahamoを「エリア」で比較

ahamo

画像引用元:ahamo | アハモ

格安SIMとahamoのエリアを比較しました。

項目エリア
ahamoドコモ
UQモバイルau
ワイモバイルソフトバンク
mineoドコモ・au・ソフトバンク
OCN モバイル ONEドコモ
BIGLOBEモバイルドコモ・au

格安SIMにはmineoやBIGLOBEモバイルのように複数のキャリア回線を扱っている場合と、その他の会社のように1つのキャリア回線のみ扱っている場合があります。

基本的には対応しているキャリア回線のエリアを、大手キャリアと同じように利用することが可能です。

格安SIMの場合、通信速度や品質は不安定になる傾向にありますが、繋がる場所は大手キャリアと全く同じです。

格安SIMとahamoを「対応機種」で比較

iphone-12

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 miniを購入 – Apple(日本)

格安SIMとahamoの対応機種について比較していきます。

項目SIMロック解除不要SIMロック解除必要
ahamo・ドコモスマホ
・SIMフリー
ドコモ以外の他社スマホ
UQモバイル・auスマホ
・SIMフリー
au以外の他社スマホ
ワイモバイル・SIMフリー全キャリアのSIMロックスマホ
mineo・契約プランと一致しているキャリアスマホ
・SIMフリー
プランの回線キャリアと異なる他社スマホ
OCN モバイル ONE・ドコモスマホ
・SIMフリー
ドコモ以外の他社スマホ
BIGLOBEモバイル・契約プランと一致しているキャリアスマホ
・SIMフリー
プランの回線キャリアと異なる他社スマホ

※あくまで目安なので、実際に契約する際は「動作確認済み端末一覧」を確認した上で手続きしてください。

基本的に契約するプランの回線キャリアと、スマホの購入先のキャリアが一致していれば、SIMロック解除なしで利用することができます。

しかし、ワイモバイルのようにソフトバンク回線を扱っていながら、ソフトバンクのスマホのSIMロック解除が必要なケースもあります。

対応機種に関しては、格安SIMとahamoであまり違いはありません。

ahamoの対応機種(iPhone/Android)一覧|おすすめスマホランキングも

格安SIMとahamoを「手続き方法」で比較

アハモ

画像引用元:ahamo

次に、格安SIMとahamoの手続き方法で比較しました。

項目手続き方法
ahamoオンライン
※有料店頭サポートあり
UQモバイル・ショップ
・オンライン
・家電量販店
ワイモバイル
mineo
OCN モバイル ONE・オンライン
・家電量販店
BIGLOBEモバイル

格安SIMの多くは、オンラインと家電量販店の「格安SIMコーナー」で契約することができます。

また、ワイモバイルやmineoのように、大手の格安SIMだと専門のショップが運営されていることもあります。

UQモバイルのように、親会社のauのショップに併設されている場合もあります。

一方でahamoはオンライン手続きのみであり、ドコモショップのスタッフに操作方法を教えてもらえる店頭サポートが利用できます。

店頭サポートはショップのスタッフに手続きを担当してもらえるわけではないので、オンライン手続きに慣れていない人にはややハードルが高いでしょう。

ahamoの店頭サポートはいつから?料金・対象店舗・サポート内容を解説

格安SIMとahamoを「オプション」で比較

ワイモバイルのかけ放題

画像引用元:スーパーだれとでも定額|オプションサービス|料金|Y!mobile

次に、格安SIMとahamoのオプションを比較しました。

項目取り扱いオプション月額料金
ahamo5分かけ放題無料
かけ放題1,100円
ケータイ補償サービス825円
AppleCare+ for iPhone770円
UQモバイル60分/月かけ放題550円
10分かけ放題770円
かけ放題1,870円
AppleCare+ for iPhone403円
端末補償サービス(Android)418円
端末補償サービス(au Certified)550円
つながる端末保証550円
ワイモバイル10分かけ放題770円
かけ放題1,870円
故障安心パックプラス759円
mineoアプリで通話料半額無料
10分かけ放題935円
30分/月かけ放題924円
60分/月かけ放題1,848円
mineo端末安心保証605円
mineo端末安心保証 for iPhone550円~
1,100円
持ち込み端末安心保証サービス550円
OCN モバイル ONEアプリで通話料半額無料
10分かけ放題935円
トップ3かけ放題
(通話料上位3名が無料)
935円
かけ放題1,430円
あんしん補償550円
BIGLOBEモバイルアプリで通話料半額無料
3分かけ放題660円
10分かけ放題913円
60分/月かけ放題660円
90分/月かけ放題913円
BIGLOBE端末あんしんサービス418円~814円
BIGLOBE SIM端末保証サービス550円

ahamoでは5分かけ放題のオプションが無料で使えます。

格安SIMの多くは、専用の通話アプリを使うことで通話料が半額になります。

通話をあまり使わない人はこれで充分でしょう。

また、格安SIMのオプションで特に魅力的なのが、他社で購入した持ち込み端末が壊れた時に適用できる保証サービスがあるという点です。

ahamoではドコモやahamoで購入したスマホで適用できる保証サービスしかないので、他社からスマホを持ち込んだ時に心許ないのがネックです。

アハモのケータイ補償サービス・AppleCare+ for iPhoneの料金や補償内容

比較して分かったahamoの4つの弱点

ここまで比較してわかったahamoの弱点についてまとめていきます。

ahamoの弱点
  • プラン数が少ない
  • 通話定額が必ずついてくる
  • ドコモ・ahamo以外で購入したスマホ向け保証サービスがない
  • 店頭サポートは操作の方法をスタッフが教えてくれるだけ

下記にて詳しく見ていきましょう。

プラン数が少ない

1GBや3GBの小容量プランから複数プランを取り扱っている格安SIMと比べて、ahamoのプランは1つだけです。

良く言えばシンプルで覚えやすいですが、悪く言えば一部のニーズにしか対応することができません

格安SIMの小容量プランはahamoの料金よりも圧倒的に安いので、20GBもネットを使わない人にとっては確実に格安SIMの方がお得です。

通話定額が必ずついてくる

ahamoの料金プランには5分かけ放題がついています。

ahamoと同じキャリアのサブブランドであるpovoやLINEMOには通話かけ放題が組み込まれておらず、ahamoよりも安く使うことができます。

5分かけ放題を使うのであればahamoの方がお得ですが、通話をあまり使わない人にとっては損になるでしょう。

格安SIMもかけ放題は基本的に任意での加入となるので、通話を使わない人も損なく利用できます。

ドコモ・ahamo以外で購入したスマホ向け保証サービスがない

格安SIMには持ち込み端末でも適用できる保証サービスがありますが、ahamoにはそのような保証サービスはありません。

ahamoの保証サービスはドコモやahamoで購入したスマホにのみ適用可能であり、他社から持ち込んだスマホに適用できるものがないので、持ち込み端末に保証をつけたい人には不便でしょう。

故障や紛失が怖いという人は、ahamoでは外部のスマホ保証サービスを使うしか方法がありません。

店頭サポートは操作の方法をスタッフが教えてくれるだけ

ahamoではオンラインでしか手続きできませんが、ドコモショップの店頭サポートを利用すれば、手続き時の操作方法などを案内するサービスが利用できます。

しかし、このサービスには手数料が3,300円かかり、ユーザーがスマホの操作をしているのをスタッフが見ながら説明するだけのものです。

プランや契約に関する説明責任もないため、スタッフに相談できるわけでもありません。

格安SIMのように店頭で契約の申し込みができるわけではないので、やはりオンライン手続きがネックという人にはハードルが高いでしょう。

格安SIMからahamoへ乗り換える3つのメリット

次に、比較してわかったahamoのメリットについてまとめていきます。

ahamoへ乗り換えるメリット
  • 通信品質が改善する可能性あり
  • 20GB・通話を使うのであれば他社よりもお得
  • 故障した時にドコモショップへ行ける

下記にて詳しく見ていきましょう。

通信品質が改善する

通信速度の比較の章でも解説したように、ahamoの通信速度は圧倒的に速いです。

また、多くの格安SIMのように時間帯によって通信速度が大幅に下がることもありません。

格安SIMで通信品質の不安定さに不満を持つ人も多いと思いますが、ahamoに乗り換えることで大きく改善することが期待できるでしょう。

通話・20GBを使う前提だと他社格安SIMより安い

小容量プランがあり、より安く運用できるのが格安SIMだと前述しましたが、20GBでかけ放題つきと考えると少し結果が変わります。

今回比較した6社で、なるべくahamoの20GB+5分かけ放題の条件に合うようにプラン料金を算出し、それぞれ比較してみました。

項目通信量通話月額料金
ahamo20GB5分かけ放題2,970円
UQモバイル25GB10分かけ放題4,598円
ワイモバイル25GB10分かけ放題4,928円
mineo20GB10分かけ放題3,113円
OCN モバイル ONE10GB10分かけ放題2,695円
BIGLOBEモバイル20GB3分かけ放題5,930円

多少データ量や通話時間に差はありますが、ahamoがかなり安く利用できることがわかると思います。

あくまで格安SIMがお得なのは小容量プランであり、ahamoと同じ通信量・かけ放題のプランを使うとなると、料金はあまり変わらないどころか格安SIMの方が高くなる可能性もあります。

ネットを20GB利用する可能性が高く、通話もある程度使う予定であるなら、ahamoの方がお得に運用できるでしょう。

故障した時にドコモショップへ行ける

店頭サポートがあると言いましたが、ドコモやahamoで購入したスマホやSIMカードに何らかのトラブルがあった時にも、ドコモショップに行くことができます。

故障の場合は、受付時に手数料の3,300円を支払う必要はありませんが、故障の内容によっては別途修理費がかかる可能性があります。

故障した時に、すぐに店舗数の多いドコモショップへ駆け込めるというのは嬉しいポイントですね。

ahamoならスマホ料金が月額2,970円!5分以内の国内通話が無料で5Gにも対応。また、ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップで購入しましょう。

格安SIMからahamoへの乗り換え(MNP)方法

次に、格安SIMからahamoへ乗り換える時の手順について紹介します。

  1. MNP予約番号を取得
  2. ahamoにアクセスして乗り換えの手続き
  3. SIMカードが到着したら開通手続きを行い、SIMカードをスマホに差し込む
  4. APN設定を行う
  5. 完了

下記にてそれぞれの手順について詳しく解説していくので、是非チェックしてください。

MNP予約番号を取得

まず、MNP予約番号を取得する必要があります。

契約中の格安SIMの案内に従って番号を発行してください。(大体オンラインか電話による手続きになります)

有効期限は発行日から15日間ですが、ahamoでは10日以上有効期間が残っていないと契約することができません

発行するタイミングにも充分気をつけましょう。

ahamoにアクセスして乗り換えの手続き

次に、ahamoにアクセスして乗り換えの手続きを行います。

今回は、筆者が実際に申し込み直前まで操作してみました。

  1. ahamo公式サイトへアクセスし「申し込み」を選択
    ahamo乗り換え手順
  2. 契約形態を選ぶ※今回はドコモ未契約でSIMのみ購入を選択
    ahamo乗り換え手順
  3. 「他社からの乗り換え(MNP)」を選択
    ahamo乗り換え手順
  4. かけ放題オプションを選ぶ
    ahamo乗り換え手順
  5. 支払い額を確認して「次へ」
    ahamo乗り換え手順
  6. 「対応端末を確認」をタップしてahamoで使う予定の端末が対応しているかチェック
    ahamo乗り換え手順
  7. 対応していることを確認したらチェックを入れて「手続きへ」
    ahamo乗り換え手順
  8. dアカウントの有無を選択しメールアドレスを入力※今回は「dアカウントを持っていない」を選択
    ahamo乗り換え手順
  9. メールに送付されているワンタイムキーを入力
    ahamo乗り換え手順
  10. MNP予約番号を入力
    ahamo乗り換え手順
  11. 本人確認書類を選択
    ahamo乗り換え手順
  12. 受け取り方法を選択する※今回は「自宅で本人が受け取る」を選択
    ahamo乗り換え手順
  13. 本人確認書類の画像をアップロード
    ahamo乗り換え手順
  14. 契約者情報を入力
    ahamo乗り換え手順
  15. ネットワーク暗証番号を設定
    ahamo乗り換え手順
  16. 受け取り日時の設定を
    ahamo乗り換え手順
  17. 契約申し込み書の確認方法を選択し、利用者を設定
    ahamo乗り換え手順
  18. 支払い方法を選択し、支払い先の情報を入力して「次へ」
    ahamo乗り換え手順
  19. 注意事項を確認して同意ボックスにチェックを入れる
    ahamo乗り換え手順
  20. その他の重要事項を確認の上同意ボックスにチェックし「次へ」
    ahamo乗り換え手順
  21. 入力内容を確認して「注文を確定する」を選択
    ahamo乗り換え手順
  22. 完了

SIMカードが到着したら開通手続きを行いスマホにSIMカードを差し込む

契約が完了すると自宅にSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、まず開通手続きを行ってください。

ネットまたは電話で手続きが可能です。

手続きが済んだら、次にSIMカードを利用するスマホの中に差し込みます。

故障や不具合の原因となるので、必ずスマホの電源を切った状態で行いましょう。

APN設定を行う

開通手続きとSIMカードの差し込みが終わったら、スマホの電源を入れてAPN設定を行います。

APN設定を行わないとahamoの回線でネットを使用することができないので、忘れずに行いましょう。

APN設定の手順はiPhoneとAndroidスマホで大きく異なります

APN設定の手順
  • iPhone:専用のプロファイルをインストール
  • Androidスマホ:APN情報を直接入力する

APNの情報は同梱されているマニュアルや公式サイトを確認しましょう。

\MNPで最大7,000ptもらえる/

価格重視の人は格安SIM│品質重視の人はahamoがおすすめ

最後に、ahamoを格安SIMと比較した結果についてまとめます。

ahamoを格安SIMと比較した結果
  • 20GB+5分通話かけ放題つきなら格安SIMよりも比較的安い
  • プランが1つしかないのでネット・電話ライトユーザーには不向き
  • 通信速度が速く安定しているので快適にネットを使いたい人におすすめ
  • ドコモ・ahamo以外の端末に対する保証サービスがないのがネック

ahamoは確かに通信品質も良く、20GBと5分かけ放題を格安で使えるので魅力的なサービスではありますが、格安SIMと比べてニーズが限られているというのがわかりました。

ネットや電話をあまり使わない人は、ahamoよりも格安SIMの方がお得に運用できるでしょう。

ahamoはネットや通話をたくさん使いたい人や、通信品質を重視している人におすすめです。

ahamo(アハモ)の評判・口コミ|通信速度やエリアで悪いレビューある?

ahamoならスマホ料金が月額2,970円!5分以内の国内通話が無料で5Gにも対応。また、dカード GOLDとセットなら月のデータ容量が+5GB増量でお得。

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB、2021年9月~)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

※ahamoはオンライン限定サービス(有償の店頭サポートあり)です。
※キャリアメールは非対応。
※dカードボーナスパケット特典は2021年9月開始予定です。
ahamo申し込み時の注意点についてはこちら

この記事を書いた人
a-sato
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。