携帯乗り換え(MNP)手続きに必要な物|事前準備と手順と注意点

携帯乗り換え(MNP)時の手続きに必要な物と手順について解説します。持ち込みで乗り換える場合、スマホのSIMロックやデータのバックアップ・転入先の対応バンドについても調べておきましょう。また、MNP予約番号は無料で再発行できますが、有効期限を考慮すると直前の発行がおすすめです。

携帯乗り換え(MNP)手続きに必要な物|事前準備と手順と注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)を利用してキャリアを乗り換えるのはますます一般化しています。

とはいえ、読者の中には一度も乗り換え(MNP)を利用したことがない人もいるのではないでしょうか。

実はMNPするとお得に契約できることも多々あるので、実際に利用している方も多いです。

そこでこの記事では、MNPの方法について詳しくみていきます。

乗り換え前に行っておくべき準備と手順、注意点をチェックしますのでぜひ、参考にしてみてください。

この記事でチェックすること
  • MNP予約番号の発行方法
  • MNPする際に必要なもの
  • MNPを利用する場合の手続方法
  • MNPの注意事項と行っておきたい事前準備

トップ画像引用元:楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)

乗り換えの際は取得必須!MNP予約番号の発行方法をチェック

ドコモMNP

画像引用元:ドコモ公式サイト

MNPを利用する場合、乗り換え前に必ず現在利用中のキャリアから「MNP予約番号」を発行する必要があります。

これがないとMNPを利用することができませんので絶対に忘れないようにしましょう。

なお、MNP予約番号の発行方法はキャリアごとに異なるのでここで詳しくみていきます。

発行手続きは基本的に「ショップ」、「電話」、「オンライン」で発行手続きができます。(ただし、一部のキャリアはオンライン手続きができない場合があります。)

キャリアショップでMNP予約番号を発行する

キャリアショップでMNP予約番号を発行する場合、近くのキャリアショップを訪問して店員にMNP予約番号を取りに来たと伝えましょう。

その後は順番待ちをし、自分の順番になったら手続きを行ってください。

キャリアショップは待ち時間が長いことがある

キャリアショップでMNP予約番号を発行する場合、ショップによっては待ち時間が長いことがあるので注意してください。

ショップによっては数時間待ちになることがあるので、待たされたくない場合は電話やオンラインでの手続きを利用してください。

また、ショップによって営業時間が異なりますのであらかじめ確認してから訪問することをオススメします。

切断型MNPをする場合はショップのみの対応

通常の維持型MNPの場合はこの後で紹介する電話やオンラインでの手続きも利用できますが、切断型MNPをする場合はショップのみの対応になっていますので注意してください。

切断型MNPをしたい場合は必ずショップに行き、手続きを行いましょう。

電話でMNP予約番号を発行する

ショップでの待たされたくない時に使える方法の一つが各キャリアのインフォメーションセンターに電話してMNP予約番号を発行することです。

なお、各キャリアのインフォメーションセンターの電話番号と営業時間、対応状況は次の通りです。

キャリア電話番号営業時間維持型MNP切断型MNP
ドコモ151(自社回線から)
0120-800-000
9:00~20:00
年中無休
対応非対応
au157(自社回線から)
0077-7-111
9:00~20:00
年中無休
対応非対応
ソフトバンク157(自社回線から)
0800-170-0336
9:00~20:00
年中無休
対応非対応

いずれのキャリアも電話が繋がると音声ガイダンスが流れるので「携帯番号ポータビリティ」の窓口に繋ぎましょう。

その後は重要事項の説明などがあり、問題なければMNP予約番号が発行されます。

電話を掛ける前にメモを準備しよう

インフォメーションセンターで手続きする場合、全ての手続きが電話で完了し、MNP予約番号も口頭で伝えられます。

そのため、あらかじめメモの準備をしておき、いつでもメモができるようにしておきましょう。
MNP予約番号をメモする際には間違えないように十分注意してください。

オンラインでMNP予約番号を取得する

最も早く、最も簡単にMNP予約番号を取得できるのがこちらのオンライン手続きです。

ただし、ドコモではスマホやPCでオンライン手続きができますが、auとソフトバンクではフィーチャーフォンユーザーのみ利用できるという謎仕様になっています。

各キャリアのオンライン手続きの対応状況は次の通りです。

キャリア受付窓口PCスマホフィーチャーフォン
ドコモドコモオンライン手続き利用可利用可利用可
auEZweb利用不可利用不可利用可
ソフトバンクMy Softbank利用不可利用不可利用可

ドコモを利用している場合はオンラインで手続きできますのでこちらが最もオススメの方法です。
PCでドコモオンライン手続きにアクセスし、携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)に進んでください。

その後に表示されたページに書かれている指示に従って手続きを行えばMNP予約番号が発行されます。
番号はメールでも送信されますが、念の為表示されたらメモを取っておきましょう。

MVNO事業者を利用している場合はどうする?

現在MVNO(格安SIM)を利用している人でMNPを考えている場合は契約しているMVNOからMNP予約番号を取得してください。

MVNOによって手続き方法が多少異なりますが、基本的にオンラインで取得できますのでそんなに時間はかからないでしょう。

次の章ではMNPする際に必要なものと手続方法を紹介します。

MNPする際に必要なものをチェック!

乗り換え(MNP)

画像引用元:MNPについて|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

ここまで、MNP予約番号の発行方法を詳しくみていきました。

実際にMNPで乗り換える場合、他にも必要なものがあるのでチェックしておきましょう。

MNPする際に必要なもの
  • MNP予約番号
  • クレジットカード又はキャッシュカード
  • 本人確認書類

MNP予約番号

先程取得したMNP予約番号です。

こちらは有効期間が15日間と決まっていますので期限切れにならないように注意してください。

なお、転入先の事業者によって残っていなければならない日数が異なりますのであらかじめ確認することをオススメします。

基本的に、MNP予約番号は転入する直前に取得することをオススメします。

料金支払いに必要なクレジットカードやキャッシュカード

利用料金の支払方法によって異なるものの、必要なものがありますのでしっかり押さえておきましょう。

基本的に、

  • クレジットカード払いをする場合はクレジットカード
  • 口座振替をする場合はキャッシュカード

が必要です。

これを忘れると契約手続きができないので必ず準備しておきましょう。なお、MVNOと契約する場合は基本的にクレジットカード払いのみとなります。

本人確認書類

新たな事業者と契約する場合、

  • パスポートや自動車運転免許証
  • 個人番号カード

本人確認書類が必要です。

持参する書類によっては補助書類を求められることがあるため、契約する事業者のサイトなどで何が必要かを確認しておきましょう。

MNPで他社に乗り換える場合、特殊な書類が必要になることはないのであらかじめ準備し、円滑に契約できるようにしておきましょう。

MNPを利用して他社に乗り換える場合の契約手続きの方法

UQモバイルへMNP

画像引用元:格安スマホとは? | 格安スマホ・格安SIM | UQ mobile(UQモバイル)

続いてMNPを利用した場合の契約手続きの方法をみていきましょう。

基本的に大手キャリアに転入する場合もMVNO事業者に転入する場合も手続きは同じです。

なお、大手キャリアに転入する場合はキャリアショップ手続きとオンライン手続きが利用できますが、待ち時間が短いオンライン手続きをオススメします。

オンラインショップでの契約手続きの手順

早速契約手続きの方法をチェックしていきましょう。

今回はドコモを例にして紹介しますが、他のキャリアでも基本は同じで次の通りです。

  1. ドコモオンラインショップにアクセスする
  2. 購入したいスマホを選ぶ
  3. 他社からの乗り換え(MNP)を選択する
  4. 端末代金の支払い方法、同時購入するオプションアイテムなどを選択する
  5. 「注文手続き」を選択する
  6. 契約者情報、MNP予約番号を入力する
  7. 本人確認書類をスキャナでスキャンし、画像データをアップロードして提出する
  8. 支払い方法を選択し、必要事項を入力する
  9. 加入する料金プランを選択する
  10. 内容を確認し、確定させる
  11. スマホとSIMが届いたら回線切替を行う
  12. 開通したら契約完了

オンラインショップの契約ページは動線がわかりやすいように作られているので迷わずに進められるでしょう。

ショップに出向いて契約する方法に比べて時間を短縮できるのでとてもオススメの方法です。

持ち込み契約はできる?

今あるスマホをそのまま転入先で利用したいという人もいるかもしれません。そのような場合は「持ち込み契約」を行います。

ただし、大手3キャリアはオンラインショップでの持ち込み契約を受け付けていないため、必ずキャリアショップに出向く必要があります。

多少手間がかかるので注意してください。

MVNOと契約する場合は?

MVNOと契約する場合はスマホをMVNO事業者で購入する場合も持ち込み契約する場合も基本的に全てオンラインで手続きします。

手続方法の詳細はMVNO事業者ごとに多少異なるので、利用したいMVNOの公式サイトなどで事前にチェックしておいてください。

なお、MVNO事業者に転入する場合はMNP予約番号の有効期間が10日以上残っていることを要求される場合が多いので必ず確認しておいてください。

MNP転入時の手続きのポイント
  • 契約手続きはオンラインショップが早くてオススメ!
  • 持ち込み契約をする場合はキャリアショップへ行く必要がある
  • MVNOと契約する場合は全てオンラインで契約可能
  • MNP予約番号の残り日数に注意

MNPする際の注意事項と行っておきたい事前準備をみてみよう

楽天モバイルへのMNP

画像引用元:楽天モバイル: MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)

MNPに必要なものと契約手続きについてチェックしていきましたが、実際にMNPする場合にはいくつか注意事項があるのでしっかり覚えておきましょう。

SIMロック解除が必要かどうかをチェックしておこう(持ち込み契約)

転入先でも同じスマホを利用しようと考えている場合はSIMロック解除が必要かどうかを必ず確認してください。

ドコモで販売されたスマホをauで利用する場合など、販売元のキャリアと利用先のキャリアが異なる場合は基本的にSIMロック解除が必要です。

この手続きは解約前に行わないと手間がかかるので注意しましょう。

なお、すでにSIMフリースマホを利用している場合などはこの手続きは必要ありません。

対応バンドを確認しよう(持ち込み契約)

持ち込み契約をする場合は転入先のキャリアが利用しているバンドに持っているスマホが対応しているかどうかをチェックしておきましょう。

特に、4Gのプラチナバンドに対応しているかどうかは極めて重要ですのでチェックを怠らないようにしてください。

ドコモの場合はBand 19、auの場合はBand 18、ソフトバンクの場合はBand 8です。

それに加えて3キャリア共通のBand 1などに対応しているかを確認しておきましょう。

また、auを利用する場合はCDMA2000に対応しているかを確認しておいてください。

これに対応していないと3Gが使えないので音声通話ができません。(VoLTE対応スマホを除く)

必要なデータのバックアップを取ろう(新規購入の場合)

MNPに合わせてスマホを買い換える場合は事前にバックアップを取っておきましょう。

そうすることによって新しいスマホが届いたらすぐにリストアして快適に利用できるようになります。

次の章ではMNPをする際の手続き方法、事前準備、注意事項などについてまとめます。

MNP手続きに必要な物、事前準備と手順と注意点まとめ


この記事ではMNPの手続方法や必要なもの、準備しておくべきものなどについて詳しく見ていきました。
最後に簡単にまとめて振り返ってみましょう。

MNP契約までの手順まとめ

MNPする際の手順
  • 転出元のキャリアでMNP予約番号を発行する
  • 転入先のキャリアでMNPを利用した新規契約の手続きをする
  • SIMが届いたら回線切替の手続きを行う
  • 無事に開通したら完了

MNPを利用して契約する場合、通常の新規契約の手続きに加えてMNP予約番号を取得する手続きが加わります。

MNP予約番号はドコモやMVNOを利用している場合はオンラインで取得でき、その他のキャリアを利用している場合は電話やショップで取得可能です。

一定以上の有効期限の残り日数を求められる場合がありますので、必ずMNPする直前に発行するようにしましょう。

なお、MNPをする場合は転入先のキャリアで回線切替の手続きを行った時点で転出元のキャリアとの契約が解除されます。

MNPの事前準備と注意事項まとめ

MNPの事前準備と注意事項
  • SIMロック解除が必要かを確認し、必要なら解約前に手続きする
  • 対応バンドが転入先で問題なく利用できる構成かを確認しておく
  • スマホを買い換える場合はバックアップを取っておく

持ち込み契約をする場合のSIMロック解除と対応バンドの確認は快適に利用する上で必ず確認しておく必要があります。

SIMロック解除が必要なのに忘れてしまうと利用できず、対応バンド構成に問題があると圏外になったり通信できなくなったりするためです。

MNP予約番号取得方法まとめ

MNP予約番号取得方法
  • MNPする場合は絶対に取得する必要がある
  • 有効期限は取得日から15日間
  • 取得方法はキャリアショップ、電話、オンラインがある
  • オンライン対応していないキャリアも多いので注意
  • 10日以上の残り期間を要求される場合があるので直前に取得しよう

MNP予約番号を取得する場合に最も大切なのは「直前に取得すること」です。

有効期限までの残り日数が足りないと契約できずにそのまま失効しますので注意してください。

もし、切断型で取得して日数不足になるとただの純解約になってしまうのできちんと計算する必要があります。

MNPを利用すれば、電話番号を変えずにキャリアを変更することができます。

これまでキャリアを変更したいと思っていた人は簡単な手続きで利用できますのでこの機会に変えてみるのはいかがでしょうか?

MNP特典などをうまく利用すればお得にスマホを購入できることもありますのでぜひ、活用してみてください!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ