カメラ無しスマホ・携帯の需要|機能を外すことのメリットって何?

カメラ無しスマホ・携帯の需要|機能を外すことのメリットって何?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2000年代初期の携帯電話にカメラ機能が付いてから、2019年のスマホに至るまで、カメラ付き携帯電話が主流になり、今では携帯電話=カメラと言っても過言ではありません。

そこまで携帯電話とカメラ機能が密着した中で、敢えてカメラ機能無しのスマホや携帯の需要や、カメラ機能を外すことのメリットについて考察していきます。

カメラ無しスマホ・携帯の需要とメリット・デメリット
  • カメラ無しスマホ・携帯は法人の方に需要がある
  • 機密情報を扱う場所でも使える携帯として、法人向けに販売されている
  • カメラ機能が使えなくなるデメリットから、個人の需要は少ない
  • カメラ無しiPhoneは一般販売されていない
  • SIMフリーカメラ無しAndroidは「SGINO 6」が有名

トップ画像引用元:SGiNO 6 Non Camera Smart Phone – SGiNO Mobile

カメラ無しスマホ・携帯電話の需要は法人にある!

電話をするビジネスマン

カメラ無しスマホ・携帯電話の需要は、個人利用では無くビジネスの現場で使われる法人向け携帯電話にあります。

一般ユーザーは目にする機会は中々ありませんが、実はドコモ、au、ソフトバンクでは法人向け携帯電話のホームページに、カメラ無し携帯電話の情報を記載しているのです。

何故、個人ではなく法人利用に需要があるのでしょうか。

これは2000年代初期の写メール時代から、年月が経過するにつれて情報流出に厳しくなった背景が関係しています。

情報セキュリティレベルが強固な場所でも使える携帯電話として需要がある

カメラ無しの携帯電話が法人に需要がある理由は、「情報セキュリティレベルが高い場所でも使える携帯電話が欲しい」という現場の声です。

個人情報や機密情報を保護する為に、カメラ付きの携帯電話を持込禁止、あるいは鍵をかけることのできる場所に保管するビジネスの現場は少なくありません。

ですが、携帯電話を完全持込禁止にすると、災害時や緊急時等に連絡が取れなくなる可能性があります。

従業員の安全性を高める為に、写真や動画撮影機能を無くした携帯電話が法人に需要があるのです。

個人ユーザーにはカメラ無しスマホ・携帯の需要は少ない

ビジネスの場所で利用する法人に需要がある一方で、カメラ無しスマホ・携帯は個人ユーザーには需要が少ないのが現状です。

個人ユーザーにとってカメラ機能を無くすことは、LINE等の各種SNSやコミュニケーションツールを活用出来なくなるためです。

総務省が発行した「平成29年版 情報通信白書」によると、2016年の時点で7割近いスマホユーザーがSNSを利用しています。

SNS利用に支障をきたすことと、普段から気になる光景や綺麗な景色が撮影出来なくなるので、個人ユーザーにとってはカメラ無しの携帯電話は魅力的ではない、という事です。

カメラ無しスマホ・携帯は法人向けユーザーに一定の需要がある

カメラ無しスマホ・携帯の需要は、情報セキュリティが強固なビジネスの場でも使える点で法人格のユーザーにあります。

逆にカメラ機能が削除されたことで、SNSや写真撮影等にデメリットが生じるので個人ユーザーにはカメラ無しスマホ・携帯の需要はほぼありません。

カメラ無しスマホ・携帯を販売している通信事業者も法人向けに販売しているので、カメラ無しスマホ・携帯の需要は法人のみにあると見て良いでしょう。

カメラ機能を外すことで期待できるメリットは3点

一般的なカメラ付き携帯電話からカメラ機能を外すことは、

  • 情報セキュリティの高い場所でも利用可能
  • 軽量・縮小化
  • カメラにシール張りが不要

の3点のメリットが期待できます。

カメラ機能は便利な機能ですが、一方でメールやテキストと異なり瞬時に情報を盗み出せるので悪意を持って情報流出しやすいのが欠点です。

ユーザーが意図しなくても、ウィルスに感染したスマホで撮影した写真が情報流出の原因にもなりますが、カメラ無しスマホなら撮影が出来ないので情報流出の経路を一つ潰すことが出来ます。

機密事項を取り扱う場所でも利用可能(場所による)

オフィス

カメラ無しスマホ・携帯は、機密事項・個人情報・極秘情報を取り扱っている場所でも利用可能なのが最大のメリットです。

カメラ機能が外されているので写真や動画撮影で情報流出の心配が無いので、特定のビジネス現場でカメラ無しスマホ・携帯を導入している企業もあります。

ただし、メモ帳やメール機能は健在なので、カメラ無しスマホ・携帯でも持ち込み禁止の場所も珍しくありません。

無用なトラブルを避ける為にも、カメラ無しスマホ・携帯を持ちこんで良いか確認しておき、場合によってはカメラ機能が無い事を責任者に証明してから持ち込んだ方がベターです。

カメラレンズにシールを貼らなくて良い

カメラ無しスマホ・携帯ではカメラ機能そのものが無いので、カメラレンズにシールを貼らなくても良いメリットがあります。

写真撮影が禁止されているビジネスの現場や研究所等では、スマホや携帯電話のカメラレンズにシールを貼ることが求められことも少なくありません。

シールを貼る手間が省けて、シールの糊でカメラレンズがベタつかないのもカメラ無しスマホ、携帯のメリットです。

スマホ・携帯電話の軽量・縮小化が期待できる

カメラ無しスマホ・携帯は、カメラ機能を取り外しているので一般的なスマホより軽量化、あるいはサイズの縮小化が期待出来ます。

機器によってはカードサイズまでコンパクトになっている携帯電話もあるので、持ち運びがしやすいのがメリットです。

ただし、カメラ機能を取り外した結果、他の機能も取り外されているモデルもあるので利用する前には使い方や機能をチェックしておきましょう。

カードケータイ KY-01Lレビュー|世界最薄・最軽量携帯のスペックと価格

次のページでは、カメラ機能を外すことのデメリットについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ