モバイルdポイントカードを解説|登録方法から使えない時の対処法

  • 2021年1月30日
  • by.Iris777

dポイントクラブ

ahamo・ドコモをお得に使うならdカード GOLD!ahamo×dカード GOLDなら5GB+最大300ptが毎月もらえます。ドコモでも税抜1,000円につき10%還元でお得。今なら入会特典で最大20,000ptもらえる!

ドコモユーザーをはじめとして、普段からdポイントを利用している人も多いのではないでしょうか?

dポイントカードには、一般的なプラスチックカード以外にもスマホにインストールして使う「モバイルdポイントカード」があります。

物理カードを持ち歩きたくない人などは、モバイルdポイントカードを利用するのが便利です。

しかし、モバイルdポイントカードに変更するとなると、本当に今まで通り使えるのか疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回はモバイルdポイントカードについて詳しく解説します。

登録方法から使い方、エラー発生時の対処法までみていくので、ぜひ参考にしてみてください!

モバイルdポイントカードの特徴
  • 基本的には今までのdポイントカードと同じように使える
  • 一部モバイルdポイントカード非対応のサービスがある
  • 機種変更時は新しいスマホで利用するための手続きが必要
  • プラスチックカードとモバイルdポイントカードの併用は可能

トップ画像引用元:dポイントクラブ[dPOINT CLUB/dポイントカード]| NTTドコモ

モバイルdポイントカードとは

モバイルdポイントカード

画像引用元:【dポイントクラブ】モバイルdポイントカード – dポイントカードとは – ご利用ガイド

そもそも、モバイルdポイントカードとはどのようなものなのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

既存のプラスチックカードと機能に違いがあるのか、加盟店ならどこでも利用できるのかは特に気になるポイントです。

モバイルdポイントカードの主な特徴をまとめると以下のとおりです。

モバイルdポイントカードの特徴
  • アプリ内に表示されるバーコードをスキャンして利用する
  • 物理カード(プラスチックカード)なしで利用可能
  • モバイルdポイントカード加盟店で使える
  • 事前に利用者情報登録が必要

基本的には、既存のdポイントカードをスマホに搭載したものといえるでしょう。

ポイントを貯めたり使ったりする仕組みも同等です。

対応しているスマホひとつでポイントを管理できるので、ポイントカードを忘れたり紛失したりするリスクを減らせます。

期間限定】今ならdカード GOLDで合計最大20,000ptもらえる!お得なキャンペーン続々のdカード・dカード GOLDの詳細はこちら。

モバイルdポイントカードのメリット

モバイルdポイントカード(おサイフケータイ)

画像引用元:【dポイントクラブ】モバイルdポイントカード – dポイントカードとは – ご利用ガイド

モバイルdポイントカードには、既存のプラスチックカードに比べて多くのメリットがあります。

主なメリットを挙げると次のとおりです。

モバイルdポイントカードのメリット
  • アプリ上で新規発行できる
  • ポイントカードをスマホにまとめられる
  • 紛失リスクを低くできる
  • おサイフケータイ/Google Pay/Apple Walletで利用できる

それぞれのメリットをチェックしましょう。

アプリ上で新規発行できる

モバイルdポイントカードは、アプリ上から新規発行できます。

dポイントカードを使っておらず、これから使い始める人にも嬉しいポイントです。

dポイントカードを取りに行く必要はなく、簡単な手続きですぐに使い始められます。

ポイントカードをスマホにまとめられる

モバイルdポイントカードを利用すると、スマホでdポイントを貯めたり使ったりできるのが最大のメリットです。

QRコード決済と併用すれば、ポイントカード機能と決済機能の双方をスマホで利用できるので、より便利になるでしょう。

スマホひとつで便利に買い物したい人は、モバイルdポイントカードを使うのがおすすめです。

紛失リスクを低くできる

物理的なポイントカードを使っていると、いつの間にか紛失したり持っていくのを忘れたりするリスクがあります。

モバイルdポイントカードを使用することで、ポイントカードを紛失するリスクを減らせるのもメリットです。

スマホを紛失するリスクはありますが、ポイントカードよりスマホを紛失する可能性のほうが低いでしょう。

おサイフケータイ/Google Pay/Apple Walletで利用できる

モバイルdポイントカードは、ディスプレイにバーコードを表示してスキャンするのがメインの使い方です。

しかし、対応デバイスであらかじめ設定すれば、おサイフケータイ/Google Pay/Apple Walletでも利用できます。

これらに対応した加盟店なら、モバイルdポイントカードのアプリを起動しなくても機能を利用できて便利です。

モバイルdポイントカードのデメリット

モバイルdポイントカード

画像引用元:【dポイントクラブ】モバイルdポイントカード – dポイントカードとは – ご利用ガイド

モバイルdポイントカードにはいくつかデメリットがあるので、併せてチェックしましょう。

主なデメリットは以下のとおりです。

モバイルdポイントカードのデメリット
  • スマホのバッテリーが切れると使えない
  • 何らかの不具合が発生することがある
  • 使用できる加盟店が限られる

それぞれのデメリットについて詳しくチェックしましょう。

スマホのバッテリーが切れると使えない

モバイルdポイントカードは、アプリを起動してディスプレイにバーコードを表示するという性質上、スマホのバッテリーが切れると使用できません。

おサイフケータイの場合はチップを動かすために必要な電力があれば使えますが、バッテリー残量には十分に注意してください。

充電するのを忘れると使いたいときに使えなくなる可能性があります。

何らかの不具合が発生することがある

アプリの不具合によるクラッシュ、電波状況による通信エラーなど、スマホで利用することに伴う不具合が発生する可能性があります。

プラスチックカードであれば、加盟店やドコモ側に不具合が発生していなければ問題なく使用できるでしょう。

スマホに機能を搭載する以上、予期せぬトラブルに注意が必要です。

使用できる加盟店が制限される

モバイルdポイントカードは、すべてのdポイントカード加盟店で使えるわけではありません。

使えるのは「モバイルdポイントカード加盟店」に限られるので、使いたい店舗が対応しているかあらかじめ確認してください。

なお、おサイフケータイ/Google Pay/Apple Walletのモバイルdポイントカードを使用する場合は、さらに対応店舗が少なくなります。

モバイルdポイントカード加盟店でも、どのタイプのものに対応しているのか確認してから買い物しましょう。

なお、Apple Walletのdポイントカードを利用できるのはローソンに限られます。

モバイルdポイントカードの登録方法

dポイントカードとは

画像引用元:dポイントカードとは – ご利用ガイド

初めてdポイントカードを使うときは、あらかじめdポイントクラブアプリ上でポイントカードを発行しなければなりません。

ここでは、新規発行手続きについて詳しく解説します。

これからdポイントカードを使い始めようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

新規発行の手順は次のとおりです。

モバイルdポイントカードを登録する手順
  1. dポイントクラブアプリをダウンロード/インストールする
  2. ポイントカードのアイコンをタップする
  3. dアカウントでログインする
  4. 利用者情報を入力する
  5. dポイントカードを発行する

それぞれの手順を具体先にチェックしましょう。

手順1: dポイントクラブアプリをダウンロード/インストールする

dポイントクラブアプリ - Google Play Store

最初に、Google Play/App Storeにアクセスしてdポイントクラブアプリをダウンロードしてください。

モバイルdポイントカードの発行/使用はすべてこのアプリから行います。

すでにアプリを利用している人は、そのまま次に進みましょう。

アプリダウンロードはこちら
グーグルプレイアップルストア

手順2: ポイントカードのアイコンをタップする

dポイントクラブアプリのトップページ

続いてdポイントクラブアプリを起動しましょう。

起動するとトップページが表示されるので、最下部にあるポイントカードのアイコンをタップしてください。

設定していない場合はボタンが灰色ですが、そのままタップして問題ありません。

手順3: dアカウントでログインする

dアカウントでログインする

ポイントカードのアイコンをタップすると、dアカウントのログインページが表示されます。

普段利用しているdアカウントでログインしてください。

IDを入力して「次へ」とタップすると、パスワードおよび2FAの認証コードを入力するページが表示されます。

指示通りに入力すれば正常にログインできるでしょう。

手順4: 利用者情報を入力する

利用者情報登録

ログインすると利用者情報を入力するページが開くので、指示通りに必要事項を入力してください。

情報を入力したら、最下部にある「登録」ボタンをタップします。

手順5: dポイントカードを発行する

dポイントを発行する

必要事項を入力するとdポイントカードが発行されるので、正常に発行されたことを確認してください。

登録メールアドレス宛に手続き完了メールも送付されてくるので、あわせて確認しましょう。

発行手続きが完了すれば、以降はスマホでdポイントカードを使用できます。

モバイルdポイントカードの使い方

dポイントカードを発行したら、実際に使ってみましょう。

モバイルdポイントカードを使う手順は以下のとおりです。

モバイルdポイントカードの使い方
  1. dポイントクラブアプリを起動する
  2. ポイントカードのアイコンをタップする
  3. 表示されるバーコードをスキャンする

手順1: dポイントクラブアプリを起動する

dポイントクラブアプリを起動する

最初に、dポイントクラブアプリを起動してください。

モバイルdポイントカードに関する操作は、すべてdポイントクラブアプリから行います。

手順2: ポイントカードのアイコンをタップする

ポイントカードアイコンをタップする

アプリが起動したら、トップページ下部のアイコンをタップしてください。

登録が完了していると、アイコンが赤色に変わります。

手順3: 表示されるバーコードをスキャンする

ポイントカードのアイコンをタップするとバーコードが表示されるので、店舗のスキャナ等でスキャンしてください。

支払い前にポイントカードが正常にスキャンされたことを確認しましょう。

モバイルdポイントカードが使えない時の対処法

モバイルdポイントカードの初期登録

画像引用元:【dポイントクラブ】モバイルdポイントカード – dポイントカードとは – ご利用ガイド

モバイルdポイントカードを使おうとしたときに、なんらかの理由で使えなくなることがあります。

突然使えなくなると焦ってしまうので、あらかじめ対処法をチェックしておきましょう。

よくあるトラブルは以下のとおりです。

モバイルdポイントカード利用時によくあるトラブル
  • Loppiで使えない
  • dポイントを貯められるのに使えない
  • d払いと併用できない
  • ローソンアプリでモバイルdポイントカードを利用できない
  • ローソンで使用するとなぜかモバイルPonta扱いになる

これらの現象の対処法を解説するので、困っている人はぜひ参考にしてみてください。

対処法1:Loppiではdポイントカードを使用する

モバイルdポイントカードはローソン店頭では使えますが、Loppiでは使用できません。

Loppiでdポイント関連の手続きをするときは、プラスチックカードが必要なのであらかじめ準備しておきましょう。

対処法2: dポイントの利用者情報を登録する

dポイントを貯められるのに使えない場合は、dポイントカードの利用者情報が登録されていない可能性があります。

前述した登録方法を参考にし、利用者情報を登録してください。

登録が完了したら再度dポイントを使えるか試しましょう。

対処法3: d払いと併用できない

d払いとモバイルdポイントカードは併用可能です。

モバイルdポイントカードのバーコード画面の右下に表示されている「d払いを起動する」をタップすると、d払いアプリに移動します。

d払いが使えないケースでは、d払いのバーコードと間違えてモバイルdポイントカードのバーコードをスキャンしているケースがあるので注意しましょう。

また、d払いに不具合が発生している可能性もあるので、以下のページもあわせて参考にしてください。

d払いが使えない時の原因と7つの解決方法|エラーコード一覧も

対処法4: ローソンIDにモバイルdポイントカードを登録する

ローソンアプリにもモバイルdポイントカード機能がついています。

この機能を利用するためには、ローソンIDにモバイルdポイントカードを登録する必要があるので注意してください。

dポイントクラブアプリにすでに登録している人も、ローソンアプリから再度登録する必要があります。

ローソンアプリに登録してから正常に使用できるか確認してください。

対処法5: おサイフケータイからモバイルPontaを削除する

おサイフケータイにモバイルdポイントとモバイルPontaの双方が登録されている場合、ローソンではモバイルPontaが優先されます。

これを解消したい人は、おサイフケータイからモバイルPontaを削除してください。

また、ローソンではバーコードタイプのモバイルdポイントカードを使用する方法もあります。

機種変更した場合に必要な設定

iPhone 12 miniレビュー

スマホを機種変更し、新たなスマホでモバイルdポイントカードを使用したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

機種変更するときは、新しいスマホでdポイントクラブアプリをダウンロードし、新規登録するだけで問題ありません。

dポイントはアカウントに紐ついており、同じアカウントで利用すればこれまでのポイントをそのまま引き継げます。

ただし、ポイントカードの番号が変わるのでキャンペーンへの応募などに番号を使用している人は注意してください。

例外として、おサイフケータイでモバイルdポイントカードを使用している人は手続きが必要です。

おサイフケータイで使用している人が必要な手続き

旧スマホの手続き
  1. dポイントクラブアプリを起動する
  2. メニューを開いて「設定」をタップする
  3. 「おサイフケータイ設定」をタップする
  4. 「設定済みのカードを確認する/クリアする」をタップする
  5. 「フォルダを見る」をタップする
  6. 「整理」をタップする
  7. 「削除」をタップして完了
新スマホの手続き
  1. dポイントクラブアプリを起動する
  2. おサイフケータイ設定ページにアクセスする
  3. dアカウントでログインする(これまでと同じアカウント)
  4. カード番号を確認して「次へ」をタップする
  5. 完了画面が表示されたら設定完了

上記の手続きを行うと、今まで通り新しいスマホでモバイルdポイントカードを使用できます。

Google Payで使用している人は、バーコードタイプと同様に新たなスマホで新規登録の手続きをするだけでOKです。

物理カードは捨てても大丈夫?

dポイント

画像引用元:dポイントクラブ[dPOINT CLUB/dポイントカード]| NTTドコモ

モバイルdポイントカードを使い始めると、プラスチックカードを処分してもいいのか疑問に思うものです。

しかし、以下の理由からプラスチックカードを処分するのはおすすめできません。

プラスチックカードを処分しないほうがいい理由
  • Loppiで使用できない
  • 一部の加盟店がモバイルdポイントカードに対応していない
  • バッテリー切れや不具合で利用できない可能性がある

1つのdアカウントにはdポイントカード3枚・モバイルdポイントカード1枚の合計4枚まで登録できます。

上限オーバーしていない限り、プラスチックカードの番号を削除する必要性は低いでしょう。

なんらかの理由でモバイルdポイントカードを利用できなくなるケースがあることを考えると、そのまま持っておくのがおすすめです。

モバイルdポイントカードを活用して便利にポイントを貯めよう!

モバイルdポイントカードは、スマホ1つでdポイントを貯めたり使ったりできる便利なものです。

d払いやQRコード決済などと併用すれば、決済もスマホだけで行えるでしょう。

普段の買い物を便利にしてくれるツールなので、積極的に活用することをおすすめします。

モバイルdポイントカードのメリット/デメリットを振り返ると以下のとおりです。

モバイルdポイントカードのメリット
  • スマホ1つでポイントを貯めたり使ったりできる
  • アプリ上でdポイントカードを新規発行できる
  • 紛失リスクを低減できる
  • おサイフケータイ/Google Pay/Apple Walletでも使える
モバイルdポイントカードのデメリット
  • スマホのバッテリーが切れると使えない
  • アプリやスマホに不具合が発生して使えないケースがある
  • 使用できる加盟店が限られる

これらのメリット/デメリットを理解した上で利用すれば、より便利に使えるでしょう。

万が一使えないときに備えて、プラスチックカードを併用すればポイントを貰いそびれることはありません。

モバイルdポイントカードはメリットが非常に多いので、ぜひ積極的に活用してください!

特にドコモユーザーにとっては見逃せません!

dポイントカードを紛失!再発行にかかる日数と手数料と手続きの流れ

今人気急上昇中の「dカード」は、d払いでポイント2重取り、Amazonやマクドナルドでポイントがおトク!さらに「dカード GOLD」はドコモ利用料の1,000円(税抜)で10%ポイント還元です!

※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

この記事を書いた人
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。