Wi-Fi契約するなら今おすすめの回線別モバイルWiFi6社をご紹介

  • 2019年12月21日
  • by 
Wi-Fi契約するなら今おすすめの回線別モバイルWiFi6社をご紹介

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

今回は、これからWi-Fiを契約するならおすすめのモバイルWi-Fiを回線別に6社紹介します。

最近は家の固定回線は契約せず、家でも外でもモバイルWi-Fiルーター1つで済ませる方が増えています。

モバイルWi-Fiルーターは工事が不要で、かつスマホのデータ容量を多くするよりもお得に使えるメリットがあります。

そんなモバイルWi-Fiも様々な回線があり、いざWiFiを契約する前は迷ってしまいますよね。

2019年12月現在、回線別のおすすめWi-Fiは次の通りです。

回線別おすすめWi-Fiルーターはこれ!

ここであなたにぴったりなモバイルWi-Fiルーターを見つけて、ぜひお得に契約してください!

トップ画像引用元:おうちの高速WiFi ネットはWiMAX|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

【2020年】今契約するならおすすめのモバイルWi-Fi6選

それでは早速、おすすめのモバイルWi-Fiルーターを回線別に紹介していきます!

【クラウドSIM】どんなときもWiFi

どんなときもWiFi 国内・海外どこでも使える!データ容量無制限!

どんなときもWiFiは、ネット広告でよく見かけるようになり知名度が一気に上がったポケットWi-Fiです。

ドコモ・au・ソフトバンクの回線が利用場所に応じて自動的に切り替わり、さらに月間データ容量も3日間制限も一切ない完全無制限を実現!

どんなときもWiFiが繋がらない場所は、他のポケットWi-Fiやスマホも繋がらない場所ということになります。

つまり、どんなときもWiFiは、利用場所もデータ容量も一切気にせずたっぷり使いたい方にぴったりということですね!

また、料金プランもシンプルに1つだけで迷うことが無いのもポイントですね。

ただ、2年縛りがあり、途中解約の解約金が少し高いことに注意しましょう。

どんなときもWiFiの料金プラン

項目支払い方法月額料金
(1~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
初期手数料
データ放題
プラン
クレジットカード払い3,480円3,980円3,000円
口座振替
払い
3,980円4,410円3,000円
通信量無制限
回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間2年契約

どんなときもWiFiの解約金

契約期間解約金
0〜12ヶ月目19,000円
13〜24ヶ月目14,000円
25ヶ月目(更新月)無料
26ヶ月目以降9,500円

どんなときもWiFiの速度

どんなときもWiFi

画像引用元:【公式】どんなときもWiFi | 通信制限無しモバイルWi-Fi

どんなときもWiFiを契約すると提供される端末「D1」は、下り最大150Mbpsです。

完全無制限で利用できるという強力なメリットがある反面、速度にはそこまで期待しない方がいいでしょう。

どんなときもWiFiの端末

端末下り速度上り速度
D1最大150Mbps最大50Mbps

実効速度は10Mbps〜30Mbps程となり決して速いと言える速度ではありませんが、検索や動画視聴は問題なく利用できます。

→どんなときもWiFi公式サイトを見る

どんなときもWiFiの契約に必要なもの

どんなときもWiFiはクレジットカード払いと口座振替のどちらを選ぶかによって、契約時に必要になるものが異なります。

クレジットカード払いの場合
  • 支払いに利用するクレジットカード登録
  • 免許等の本人確認書類の提出は不要
口座振替の場合
  • 支払いに利用する口座登録
  • 免許・パスポート・保険証等の本人確認書類

口座振替の場合は本人確認書類をメールかFAXで提出する必要があります。

申込み後に提出した書類が確認されるまで端末が発送されないので手続き後に提出を忘れないようにしましょうね。

【制限なし】どんなときもWiFiは本当にお得?メリット5つとデメリット2つ

【ドコモ回線】限界突破WiFi

限界突破WiFi

画像引用元:【公式】エックスモバイル – X-mobile_限界突破WiFi

限界突破WiFiは、最近ネット広告も見かける完全無制限のモバイルWi-Fiルーターです。

スマホタイプのクラウドSIM端末が利用でき、ルーター単独でGoogle Mapや翻訳アプリが利用できる特徴があります。

ドコモ回線として紹介していますが、実は限界突破WiFiもクラウドSIMのモバイルWi-Fiルーターなので正確にはトリプルキャリア対応です。

ずっと利用料金が3,500円から変わらない強力なメリットがあるので、どんなときもWiFiの料金が上がるのが気になる方におすすめです。

限界突破WiFiの料金プラン

項目料金
本体代金0円
月額料金3,500円
詳細限界突破WiFi公式サイト

この料金が変わらない特徴から、1回契約したら定期的に見直すのが面倒という方には限界突破WiFiがピッタリかも知れませんね!

なお、限界突破WiFiは初回2年契約ですが、それ以降は1年自動更新契約になります。

契約更新月以外に解約すると解約金が必要になり、2年目までは結構高いので注意しましょう。

限界突破WiFiの解約金

利用期間解約金
1〜24ヶ月目18,000円
25〜27ヶ月目
(更新月)
0円
28〜36ヶ月目5,000円

限界突破WiFiの速度

jetfon

画像引用元:【公式】エックスモバイル – X-mobile_限界突破WiFi

限界突破WiFiで提供される端末「jetfon P6」は、下り最大150Mbpsです。

通信速度はどんなときもWiFiと変わらないので、検索や普通画質の動画くらいの用途なら全く問題なく使えますね!

限界突破WiFiの端末

端末下り速度上り速度
jetfon P6最大150Mbps最大50Mbps

ただ、端末に関しての口コミを見ると、スペックが低いために少々動作が不安定になることがあるようです。

データ容量の多い通信を利用したり長時間利用した後は、再起動等の一手間が必要かも知れませんね。

このデメリットに目を瞑れば、長期的に見るとどんなときもWiFiよりコスパの良いサービスになりますね!

限界突破WiFiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

【au回線】GMOとくとくBB


GMOとくとくBBのWiMAX 2+は、auのLTE回線を利用するLTEオプション利用料が0円です。

au公式のデータ通信端末を契約しても、結局WiMAX 2+を利用することになります。

さらに、au公式ではLTEエリアで利用すると月額1,005円が必要です。

そのため、常にau LTE回線も利用するなら、GMOとくとくBBで契約する方がお得になりますね。

auとGMOとくとくBBの料金比較

プランau※GMOとくとくBB
月額料金4,880円・1〜2ヶ月目
→3,609円
・3ヶ月目以降
→4,263円
LTE利用料1,005円0円
合計5,885円・1〜2ヶ月目
→3,609円
・3ヶ月目以降
→4,263円
詳細au公式ショップGMOとくとくBB
公式サイト

※:WiMAX 2+フラットfor DATA EXの場合

また、GMOとくとくBBは高額キャッシュバックキャンペーンがあるため、au公式サイトでデータ通信端末を契約するより圧倒的に有利です。

キャッシュバック金額は選ぶ端末によって異なることがありますが、2019年12月時点では全端末34,700円キャッシュバックです。

毎月お得にau回線のモバイルWi-Fiルーターを利用するなら、ぜひGMOとくとくBBを検討してくださいね!

なお、GMOとくとくBBは3年自動更新契約です。

途中解約には所定の契約解除料がかかるので注意してくださいね。

GMOとくとくBBの解約金

利用期間解約金
1〜12ヶ月目19,000円
13〜24ヶ月目14,000円
25ヶ月目以降9,500円
更新月0円

GMOとくとくBBの速度

GMO tokutokuBB W06端末

画像引用元:【公式】GMOとくとくBB | Speed Wi-Fi NEXT W06スペック詳細

GMOとくとくBBのWiMAX 2+の通信速度は、契約する端末のスペックに左右されます。

GMOとくとくBBの端末

端末下り速度上り速度
W06最大1.2Gbps最大75Mbps
WX05最大440Mbps最大75Mbps
L02最大1.0Gbps最大75Mbps
WiMAX HOME01最大440Mbps最大75Mbps

どの端末を選んでも通信速度は快適ですが、速度重視ならW06一択ですね。

【GMOとくとくBB VS Broad WiMAX】徹底比較|どっちがいい?その理由

【ソフトバンク回線】ExWi-Fi


ExWi-Fiは、毎月たっぷり50GBが利用できて料金が安いモバイルWi-Fiルーターです。

月間データ容量の制限はありますが、3日間10GB制限なく利用できます。

最近は月間データ容量が無制限のサービスも増えていますが、実際には月々50GB以上も必要ないという方も多いですよね。

月50GBあれば…
  • YouTube(320p):1日約5時間
  • Google Play Music(標準品質):1日約15時間
  • LINE音声通話:1日約4時間

こうして見ると、月50GBでもかなりヘビーに使えることがわかります。

完全無制限Wi-Fiより月額料金も安いので、毎月50GBに収まる方はExWi-Fiがぴったりなサービスになりそうですね!

ExWi-Fiの月額料金

項目36ヶ月目まで37ヶ月目以降
通信料5,800円5,800円
端末分割払い1,000円0円
3年割3,820円2,820円
合計2,980円2,980円
詳細ExWi-fi 公式サイト

初めの3年間は端末の分割払いがありますが、丸ごと割引されて実質0円です。

それ以降もずっと月額2,980円で使えるので、長く利用する方も安心ですね。

なお、ExWi-Fiは3年自動更新となり、途中解約に契約解除料が発生します。

ExWi-Fiの解約費用

項目料金
解約金9,500円
端末残債1,000円×残月数

初めの3年間は端末代金の分割払い残債も発生するので、短期解約には注意した方がいいですね。

ExWi-Fiの速度

ExWi-Fi FS030W

画像引用元:【公式】ExWi-Fi | 業界最安級モバイルWifi 月額2,980円 50GB

ExWi-Fiで提供されるモバイルWi-Fiルーターは「FS030W」です。

ExWi-Fiの端末

端末下り速度上り速度
FS030W最大150Mbps最大50Mbps

最大速度は150Mbpsの端末になるので、どんなときもWiFiなどの完全無制限Wi-Fiと速度は同等です。

決して速いとは言えませんが、相当大きなデータの送受信をしない限りは問題なく使えるでしょう。

ExWi-Fiの全て|速度、評判、料金解説とメリット・デメリット

【ワイモバイル回線】ワイモバイル

Y!mobile ロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルは高速通信かつ月間データ容量無制限にできるモバイルWi-Fiルーターです。

利用料金は他サービスより少々高めですが、高速モデルが多く料金プランの縛りがありません。

端末を分割払いにする場合は36回払いの契約になりますが、端末価格自体が10,800円なので一括払いで買ってしまってもいいかもしれませんね。

また、基本となるPocket WiFiプラン2(ベーシック)は月々7GBの総容量制限があります。

月間データ容量を無制限にするには、別途アドバンスオプションへの加入が必要になることに注意しましょう。

ワイモバイルの料金プラン

項目月額料金
月額料金3,696円
アドバンスオプション684円
合計4,380円
詳細Y!mobile公式ショップ

ワイモバイルの速度

Y!mobile 803ZT

画像引用元:Pocket WiFi 803ZT|Pocket WiFi|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルの端末は「803ZT」「801HW」いずれかを選んで契約することになります。

選んだ端末で最大速度が若干異なりますが、どちらも超高速と言っていいスペックです。

ワイモバイルの端末

端末下り速度上り速度
803ZT最大988Mbps最大37.5Mbps
801HW最大972Mbps最大37.5Mbps

正直、この通信速度の差だと体感では全く同じですね。

そのため、少しでも軽い方がいいなら801HW、電池持ち重視なら803ZTを選べばいいでしょう。

料金より速度・安定性を重視するなら、ぜひワイモバイルを候補に入れてくださいね!

【WiMAX回線】Broad WiMAX

ブロードワイマックス
Broad WiMAXは、人気の高いWiMAX 2+の中でも月額料金が安いプロバイダです。

WiMAXプロバイダは高額キャッシュバックを売りにしているところが多いですよね。

ただ、高額キャッシュバックは受取りまで半年〜1年利用しないといけないので、うっかり受取り忘れてしまう方も。

一方、Broad WiMAXはキャッシュバックがない代わりに月額料金を大幅に割引してくれます!

確実にお得に利用できるので、WiMAXを安く使いたい方はBroad WiMAX一択でいいでしょう。

Broad WiMAXの月額料金

プラン名月額料金
(1〜2
ヶ月目)
月額料金
(3~24
ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目
以降)
ギガ放題プラン2,726円3,411円4,011円
ライトプラン
(7GB)
2,726円2,726円3,326円
詳細Broad WiMAX公式サイト

Broad WiMAXの料金プランは、月間データ容量が無制限のギガ放題プランと、7GBまでのライトプランが用意されています。

ただ、ライトプランではすぐ速度制限になってしまうので、Broad WiMAXを契約するならギガ放題プランを選びましょうね!

Broad WiMAXの速度

W06

画像引用元:【公式】Broad WiMAX | 工事不要で最短申込当日から使えるWiMAX

Broad WiMAXの速度は、契約する端末のスペックによって決まります。

Broad WiMAXの端末

端末下り速度上り速度
W06最大1.2Gbps最大75Mbps
WX05最大440Mbps最大75Mbps
L02最大1.0Gbps最大75Mbps
WiMAX HOME01最大440Mbps最大75Mbps

通信速度重視ならW06を選べば間違いないですね!

なお、Broad WiMAXも他のWiMAXプロバイダと同様に、3日間で10GBの制限があります。

この制限に引っかかると、翌日18時〜翌々日2時までの混雑時間帯に概ね1Mbpsに速度が落とされます。

通常速度と比べてしまうとかなり遅く感じますが、スマホで普通画質の動画視聴なら問題なく使える速度ですね。

そのため、使い方によっては速度制限はそこまで気にしなくてもいいかもしれません。

通信速度重視かつ料金も出来るだけ安くモバイルWi-Fiルーターを選ぶなら、Broad WiMAXは有力な候補になりますよ!

BroadWiMAX お申込みはコチラBroad WiMAX

次の章では、モバイルWi-Fiルーターを選ぶ時の注意点を解説します。

モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に注意すべきこと

続いてモバイルWI-Fiルーターを選ぶ時に注意したいポイントをチェックしましょう。

注意点1:各回線の対応エリアは絶対に確認!

どんなときもWiFi D1

画像引用元:D1|【公式】どんなときもWiFi

モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際、真っ先に気にするべきは対応エリアです。

対応していないエリアではインターネットに繋げませんので、自分の生活圏がそのモバイルWi-Fiルーターの対応エリアかは必ず確認しましょう。

モバイルWiFiの通信は、以下の6種類の回線に分かれます。

モバイルWi-Fiルーターの回線
  • 複数キャリア対応のクラウドSIM
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • UQ WiMAX
  • ワイモバイル

どの業者と契約したとしても、絶対に上のどれかに属しています。

例えば、ドコモの通信をするモバイルWi-Fiルーターであれば、ドコモの対応エリア=モバイルWi-Fiルーターの対応エリアとなるのです。

通信の対応エリアは各サービスの公式サイトを確認したり、問い合わせたりすることで確認できます。

心配な方はご自身の住所などをスタッフに伝え、調べてもらってもいいでしょう。

また、すでにドコモのスマホが通信できている場所なら、ドコモのモバイルWi-Fiルーターも通信できると判断していいですね。

いくら最大速度が速いモバイルWi-Fiルーターを契約しても、使いたい場所で電波が弱い・圏外では話になりません。

月額の安さやキャンペーンをチェックする前に、必ず提供エリアはチェックしましょうね!

なお、最近は複数のSIMを切り替えて利用する「クラウドSIM」対応サービスが増えています。

どんなときもWiFiなど、ドコモ・au・ソフトバンク対応のクラウドSIMなら、提供エリアに悩む必要がほぼないのでおすすめですよ!

注意点2:使えるデータ容量は無制限を選ぼう!

使えるデータ容量は無制限を選ぼう!

モバイルWi-Fiルーターのプランには、月5GBまでや7GBまでなど、使えるデータ容量が限られているものもあります。

そういったプランははっきり言っておすすめできません。

特に家のインターネットも含めてモバイルWiFiだけで済ませるのであれば、月間のデータ使用量が無制限であることは最低条件と言えるでしょう。

また、月間データ容量だけでなく、3日間10GB制限・2GB制限といった短期間制限のあるサービスも多いですね。

使い方によっては制限で困ることもあるので、しっかり用途にあったモバイルWi-Fiルーターを選んでくださいね!

無制限に使えるポケットWi-Fiを比較|料金プランと速度でおすすめランキング

注意点3:契約期間も意識しよう

契約期間も意識しよう

モバイルWiFiの契約はスマホと同じく、いわゆる「2年縛り」や「3年縛り」となることがほとんどです。

そのため、一時的に適用されるキャンペーンなどはあまり重視しないほうがいいでしょう。

本当にお得なものもあることは事実ですが、「今ならキャッシュバック!」という甘言に安易に飛びつくのはNGです。

思わぬ落とし穴にはまってしまい、後悔することになるかもしれません。

なお、1日から借りられる短期のレンタルモバイルWiFiもありますが、デイリープランの契約では結局高くなってしまいます。

料金プランやキャンペーンだけでなく、最低利用期間の期間は必ずチェックしておきましょうね!

注意点4:端末は買うタイプより借りるタイプのほうがいい!

縛りなしWiFi

画像引用元:縛りなしWiFi | 月額3,300円で契約期間縛りなし!初期費用なし!

モバイルWiFiには、モバイルルーターを買わなくてはいけないタイプと、借りるだけのタイプがあります。

例えば、どんなときもWiFiは借りるタイプ、ワイモバイルは買うタイプですね。

どちらかと言えば借りるタイプのほうがおすすめです。

モバイルルーターも高いものだと3万円以上します。

しかし、スマホのように毎年性能の進化した新しいモデルが出てくるのです。

モバイルルーター代をキャッシュバックなどで緩和する業者も多いですが、買わなくても済ませられるのであれば、それに越したことないでしょう。

借りるタイプなら機種代金を気にする必要はありません。

月々の料金だけを考えれば良いことになります。

そして、機種が古くなったら新しいものを借り直せばいいのです。

買うタイプは特典満載と思いきや……?

買うタイプのモバイルWiFiは、キャンペーンや特典によって、インパクトのある割引額などを掲げているものも少なくありません。

しかし、3年間契約した場合のひと月あたりの金額を考えると、キャンペーンや特典に頼らない借りるタイプの月々料金と同等か高いくらいになってしまうのです。

回線別のおすすめモバイルWi-Fiルーター6選まとめ

今回はモバイルWi-FIルーターを回線別に6社紹介しました。

モバイルWi-Fiルーターはスマホと同じように、提供エリア・電波状況が速度にも直結します。

快適に利用するためには、契約する回線が提供エリアかしっかりチェックするのが大切ですね。

今おすすめのモバイルWiFi

また、回線別のおすすめを見ると、月間データ容量が無制限・大容量なものしかありません。

最近はスマホでの通信量が爆発的に増えているので、昔からある7GB程度のデータ容量では全然足りなくなっているためですね。

このことから、モバイルWi-Fiルーターは次の基準で選べば間違えることはほぼ無いでしょう。

モバイルWi-Fiルーター選びのポイント
  • 利用する場所が提供エリアかしっかりチェック
  • データ容量無制限 or 50GB等の大容量プランを選ぶ

今回の解説と紹介したモバイルWi-Fiルーターを参考に、ぜひあなたの用途にあった1台を見つけてくださいね!

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ