モナWiFiと比較|お得なポケットWi-Fi・SIMプランを紹介!

  • 2020年8月22日
  • by.a-sato

モナWiFi

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

昨今の新型コロナウイルスの影響で、テレワークの需要が高まり自宅で使えるWiFiサービスの契約を考えている人も多いのではないでしょうか。

ポケットWi-FiやSIMカードのサービスは、工事が不要ですぐに使えるというメリットがあり人気です。

そこで今回はポケットWi-Fiサービスのひとつ、モナWiFiについて調べてみました。

現在モナWiFiは新規契約の受付を停止していますが、モナWiFiよりもお得なレンタルWiFi・SIMサービスと比較して詳しく解説します。

モナWiFiと比較してお得なポケットWiFi・SIMプラン

※本記事中の価格は全て税込み表示

トップ画像引用元:超大容量SIMのモナWi-Fi|格安で回線を100GB使い放題

モナWiFiとは

モナWiFi

画像引用元:超大容量SIMのモナWi-Fi|格安で回線を100GB使い放題

モナWiFiとは、株式会社リンクアップが運営しているWiFi・SIMレンタルサービスです。

モナWiFi
月額料金
(レンタルSIMプラン:100GB)
3,850円
月割料金
(WiFiルータ付きレンタルプラン:50GBプラン)
3,828円
月割料金
(WiFiルータ付きレンタルプラン:超大容量プラン※)
6,028円
海外料金(1day500MB)-
端末の最大通信速度(下り)非公開
SIMの最大通信速度(下り)非公開
機器補償サービス(補償オプション)550円
契約期間縛りなし
初期費用5,500円
解約金-
詳細モナWiFi 公式サイトへどこよりもWiFi

※データ容量については特に制限の明記はありませんが100GB程度といわれています。

データ通信容量が大容量で契約期間がなく解約金がないという点が魅力です。

ただし、WiFiルータープランの超大容量プランについては、「短期間での過剰利用」「不正利用の可能性」と判断された場合は月末まで通信速度128kbpsになります。

モナWiFiは新規受付停止中

モナWiFi

画像引用元:超大容量SIMのモナWi-Fi|格安で回線を100GB使い放題

モナWiFiは、新型コロナウイルスの影響で現在新規受付を停止しています。

需要が一気に高まったため、契約者が殺到し安定した品質のサービス提供が困難になったことが原因かと考えられます。

ネットで口コミを調べていると、そのような旨のメールを運営側から受け取っている人もいました。

そのため、現在モナWiFiは新規で契約することができません。

モナWiFiの3つの料金プラン

パソコンを見る女性

新規受付停止となったモナWiFiですが、ここでモナWiFiが取り扱っている3つの料金プランについて見ていきましょう。

モナWiFiでは現在3つの料金プランがあり、それぞれのプランについて詳しく解説していきます。

WiFiルーター付きレンタルプラン(50GBプラン)

WiFiルーター付きレンタルプラン(50GB)は、50GBまで使えるWiFi端末が付属されたレンタルプランです。

月額料金は3,828円と、同じレンタルサービスを取り扱うギガWi-Fi(100GBで最安3,575円)やFUJI Wifi(50GBで最安3,190円)と比べるとやや割高な印象があります。

ちなみに、どんなWiFi端末が付属されるかは公式サイトに記載がありませんでした。

毎月50GBまで使うことができ、WiMAXのような3日間での制限はありません。

50GBを超えると通信速度が128Kbpsに低速化します。

WiFiルーター付きレンタルプラン(超大容量プラン)

WiFiルーター付きレンタルプラン(超大容量プラン)は、公式サイトによると原則100GBまでとなっているようです。

ただ、ユーザーのトラフィック次第で100GB使っても制限がかからない場合と、かかる場合があるそうです。

そして月額料金は6,028円と、他社と比べるとかなり高額なことがわかります。

モナWiFiと他社の料金比較(ルーター付きプラン)

項目月額料金データ容量
モナWiFi6,028円100GB
ギガWiFi最安3,575円100GB
どこよりもWiFi3,718円国内無制限
Fuji WiFi最安4,290円100GB

上記を見てもわかる通り、かなりモナWiFiの料金が高いですよね。

使い放題でたくさんネットを使いたいという人にとって、モナWiFiを申し込むメリットはあまりないように思えます。

SIMレンタルプラン

SIMレンタルプランとは、SIMカードだけを利用できるWiFiレンタルサービスです。

SIMカードだけ渡されるので、手元にSIMフリーまたはSIMロック解除端末があれば利用することができます。

解約済みのWiFiルーターやスマホ、タブレットを有効活用できます。

こちらも具体的な通信量の記載が公式サイトにはありませんでしたが、100GBまでとなっているようです。

なお月額料金は3,850円です。

FUJI WifiのSIMプラン(100GB)の最安3,740円と比べると、やはりこちらのプランも他社と比べて割高です。

モナWiFiの概要
  • SIMカードのみとWiFiルーター付きのレンタルプランが利用できる
  • 2020年8月現在新規受付停止中
  • 大容量・使い放題という記載があるが原則100GBまで
  • 他社(ギガWi-Fi・FUJI Wifi)と比べると料金がやや割高

モナWiFiのメリット・デメリット

モナWiFi

画像引用元:超大容量SIMのモナWi-Fi|格安で回線を100GB使い放題

次に、モナWiFiを利用する上でのメリット・デメリットについて解説していきます。

モナWiFiは現在新規受付停止中ですが、新型コロナウイルスの影響が落ち着いた時にはまた受付を再開すると思われます。

その時に契約するべきかどうか判断できるように、メリット・デメリットについてぜひ把握しておきましょう。

メリット:モナWiFiは契約期間の縛りなし・違約金なし

レンタルWiFi・SIMサービスに中には、契約期間が2年~3年あるものが多く、契約期間内に解約をすると高額な違約金が発生します。

違約金は解約するタイミングによって金額が変化する場合が多く、短期で解約すればするほど違約金が高くなります。

短期で使いたいと考えている人にはかなり損ですよね。

しかし、モナWiFiは契約期間の縛りが一切なく、違約金も当然ありません

そのため、年単位ではなく、たった数ヶ月程度使いたいという場合にも、高額な違約金を支払うことなく、必要な間だけ無駄なく利用できます。

短期での利用を予定している人や契約期間に縛られたくないという人にはモナWiFiはおすすめです。

メリット:SIMプランがある

レンタルでWiFiが使えるようになるサービスの多くは、必ずWiFiルーター端末が付属されるケースが多く、機種が不要だという人も会社が指定する機種を使う必要があります。

それらの機種は利用中に故障や紛失してしまった場合、約2万円の弁済金が発生することがあります。

そのため利用中は気を遣ってWiFiルーターを利用しなければいけません。

しかしモナWiFiにはSIMプランがあり、手元にSIMフリーやSIMロック解除済みのWiFiルーター、スマホ、タブレットなどがあれば差し込んで利用することができます。

わざわざルーター端末をレンタルする必要はありません。

弁済金が発生するかもしれないというリスクもないので、手元にそれらの端末がある人はSIMプランの契約をおすすめします。

デメリット:月額料金が高め

プラン料金を解説した章でも述べた通り、他社のレンタルWiFi・SIMサービスと比べても料金が割高な印象があります。

ただ、モナWiFiの契約期間・違約金などの縛りがないというメリットを考えると、多少割高でも許容範囲ではないかと思われます。

一方で、同じ契約期間・違約金の縛りがないFUJI Wifiと比べても料金が高いので、正直あまり契約するメリットがありません。

通信品質に関しても、口コミを調べる限り他社とあまり変わりません。

同じ品質ならよりリーズナブルでお得なサービスを見つけるべきでしょう。

デメリット:初期費用が高い

ほとんどのレンタルWiFi・SIMサービスでは、契約時の事務手数料として3,300円かかります。

スマホを取り扱う大手キャリアや格安SIMも同じ金額なので、通信業界で一律なのかと思いきや、モナWiFiは他社と比べて若干初期費用が高い傾向にあります。

モナWiFiの初期費用は5,500円なので、他社と比べて2,200円高くなります。

これで月額料金が安い・通信品質が良いなどのメリットがあれば良いのですが、前述の通り他社と比べて料金は割高ですし、通信品質もあまり変わりません。

モナWiFiはコスト・クオリティ共に他社と比較して優れているわけではないため、残念ながら、特に「契約した方が良い」と思える理由がないように思えます。

モナWiFiのメリット・デメリット
  • メリット:契約期間・違約金なし
  • メリット:SIMプランがある
  • デメリット:月額料金が他社と比べてやや高め
  • デメリット:初期費用が高い
違約金なし/解約金なし/契約期間なし/おすすめポケットWiFi[2020年最新]

モナWiFiよりもっとよいポケットWi-Fiがある?

考える女性

モナWiFiは、他社と比べて月額料金と初期費用が高く、口コミを見ても特別通信品質が優れているわけではないということがわかりました。

「他社と比べてここが良い!」という点が正直ないですし、そもそも新規受付を停止している状態なので、モナWiFiに拘る必要はありません。

もっとお得で良いサービスを見つけることをおすすめします。

そこで次の章では、モナWiFiとの比較対象として前章でも触れてきた「ギガWi-Fi」・「どこよりもWiFi」・「FUJI Wifi」の3つのサービスについて詳しく紹介していきます。

結論:もっとお得なポケットWi-Fi・SIMプランを選ぶべき

モナWiFiのサービス内容とメリット・デメリット、そして新規受付を停止しているという現状を考慮し、もっとお得なWiFiルーター・SIMプランを選ぶべきという結論に至りました。

そこでこの章では、モナWiFiよりお得なWiFiルーター・SIMプランを取り扱うサービスについて詳しく紹介していきます。

WiFiよりもお得なポイントWiFi・SIMプラン
  • ギガWi-Fi
  • どこよりもWiFi
  • FUJI Wifi

それぞれのサービスの料金プランや月額料金、契約期間の縛りについて解説していきます。

ギガWi-Fi

ギガWi-Fi

画像引用元:【公式】ギガWi-Fi クラウドで世界中無制限級のポケットWiFi

ギガWi-Fiのサービスは下記の通りです。

ギガWi-Fi
月額料金(100GB※2020年8月契約分から)3,575円~3,838円
※機種で異なる
海外料金(1day500MB)990円/日
海外料金(1day1GB)1,320円/日
端末の最大通信速度(下り)150Mbps
Wi-Fi安心サービス(補償オプション)440円
契約期間2年間
※自動更新あり
初期費用3,300円
解約金4,950円
詳細ギガWi-Fi 公式サイトへギガWi-Fi

ギガWi-Fiも新型コロナウイルスの影響でテレワークの需要が高まっていることを受け、2020年8月よりプラン内容が国内無制限から100GB制限に変更となります。

※2020年7月以前に契約している人は変更ありません。

100GBで最安3,575円で利用できる月額料金を考えると、モナWiFiより遥かにお得です。

ただし、2年間の契約期間があり更新月以外に解約すると4,950円の違約金がかかります。

海外で利用する場合も、SIMカードの差し替え不要でそのまま使えますし、1日定額なので料金がどんどん高くなる心配もありません。

国内だけでなく、海外で使いたい人にもおすすめです。

どこよりもWiFi

どこよりもWi-Fi

画像引用元:【公式】どこよりもWiFi|無制限のWiFiルータ

どこよりもWiFiのサービス内容は下記の通りです。

どこよりもWiFi
月額料金
(20GB/100GB)
※縛りあり
国内無制限:3,718円
20GB:2,728円
月額料金
(20GB/50GB)
※縛りなし
20GB:3,278円
50GB:3,838円
海外料金(1day500MB)-
海外料金(1day1GB)
端末の最大通信速度(下り)150Mbps
機器補償サービス(補償オプション)440円
契約期間縛りなし、または
2年間 ※自動更新あり
初期費用3,300円
解約金10,450円
詳細どこよりもWiFi(公式サイト)を見るどこよりもWiFi

どこよりもWiFiでは、現在ギガWi-Fiのような100GB制限の告知はされていません。

ただ、今後の状況次第ではいつ変わるかわからないので注意してください。

どこよりもWiFiの大きなメリットは契約期間の縛りがあるプランとないプランの2種類があるということです。

無制限で使用する場合は2年間の契約期間と10,450円の違約金が発生しますが、20GBと50GBなら縛りなしのプランもあるので、短期で使いたい人にもおすすめです。

FUJI Wifi

FUJI Wifi

画像引用元:FUJI Wifi 公式サイト|モバイルWifiルーター、SIM

FUJI Wifiのサービス内容は下記の通りです。

Fuji WiFi
月額料金
(ルータープラン)
30GB:2,860円~
50GB:3,190円~
100GB:4,290円~
月割料金
(SIMプラン)
10GB:1,078円~
12GB:1,408円~
20GB:1,760円
30GB;2,310円~
50GB:2,640円~
100GB:3,740円~
海外料金(1day500MB)1,078円
端末の最大通信速度(下り)150Mbps
SIMの最大通信速度(下り)187.5Mbps
機器補償サービス(補償オプション)端末:275円/440円
SIM:330円
契約期間縛りなし
初期費用3,300円
解約金-
詳細FUJI Wifi 公式サイトへFUJI Wifi

FUJI WifiはSIMプランとルータープランの2種類があり、尚且つ契約期間の縛りがないということで、モナWiFiと非常に共通点の多いサービスです。

上記表の最安料金は、それぞれ「デポコミコース」と呼ばれる5,500円のデポジットを事前に支払い、毎月550円の割引が適用されている料金を記載しています。

デポジットは12ヶ月間利用すると返金され、その後割引も継続されます。

契約期間の縛りはありませんが、デポジットは12ヶ月未満の解約の場合返金されないので、月額料金を安くして1年未満の利用をすると実質5,500円の違約金がかかるということになります。

デポコミコースなしだとしてもモナWiFiより料金が安いので、契約期間に縛られたくないという人やSIMプランを利用したい人はFUJI Wifiがおすすめです。

モナWiFiよりもお得なWi-Fi・SIMサービスはたくさんある!

ギガWi-Fi

画像引用元:【公式】ギガWi-Fi クラウドで世界中無制限ポケットWiFi

最後に、モナWiFiと比較した結果よりお得なWiFiルーター・SIMプランを取り扱っている会社についてまとめます。

モナWiFiと比較してお得なWiFiルーター・SIMプラン

モナWiFiは、最大100GBも使えて契約期間や違約金の縛りが一切ないという点が大きなメリットです。

しかし、各プランの月額料金を確認すると、他社の方がよりお得な金額で利用できることがわかりました。

一方で、他社の場合2年契約など縛りがあることが多いので、最低でも2年は使う予定の人にぴったりです。

あくまで一時的に(回線工事までの繋ぎなど)レンタルWiFi・SIMサービスを利用したいのであれば、モナWiFiはおすすめです。

今回紹介したようなモナWiFiよりもお得に使えるレンタルサービスの中から、自分に合ったものを見つけていきましょう!

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ