家計簿アプリ「マネーフォワード」の使い方と有料版と無料版の違い

家計簿アプリ「マネーフォワード」の使い方と有料版と無料版の違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今や色々な家計簿アプリ・サービス提供されていますが、利用者800万人突破したという人気の「マネーフォワード」をご存知でしょうか。

「家計簿を付けても長続きしない」「記録するだけで精いっぱいで収支の分析までできない」と、お悩みの方にピッタリなのが、マネーフォワードです。

マネーフォワードには収支の記録を手軽に付けられる機能が豊富な上、記帳した後はグラフで収支の状態を把握することもできます。

更に、基本的な機能は無料で使えるので、続けられるか自信がないという方でも気軽に始められます。

当記事ではマネーフォワードの基本的な使い方と、有料版・無料版の違いを解説します。

トップ画像引用元:無料家計簿・お金の見える化アプリ│マネーフォワード ME

家計簿アプリ「マネーフォワード」とは

マネーフォワードは、基本無料で使える資産管理・家計簿アプリです。

マネーフォワードの主な特徴は次の通りです。

マネーフォワードの特徴
  • 2,600以上の金融機関・クレジットカードと連携して自動で家計簿を作成
  • レシート撮影で簡単に出金を記録できる
  • 収支をグラフ化してくれる
  • 基本的な機能は無料で利用可

マネーフォワードを使うメリットは、家計簿を付ける手間を大幅に減らせることです。

金融機関やクレジットカード、ポイントカードと連携すれば、それらの入出金情報を基に「食費」「光熱費」などを自動で分類し、家計簿を作成してくれます。

クレジットカード払いや口座振替払いが多い方なら、よく使う金融機関・クレジットカードをマネーフォワードに連係しておくだけで収支が楽々把握できるようになります。

しかも、マネーフォワードの連携先は2,600以上と、同じ機能がある家計簿アプリの中でも最多の数を誇ります。

マネーフォワードなら移動系ICカードやポイントカード、AmazonなどのECサイト、証券・株式などの残高・収支も一括で管理できますよ。

更に、撮影によるレシート読み取り機能もあるので、現金での支払い内容も簡単に記録できます。

マネーフォワードの使い方

ここからは、アカウントの登録からレシートの入力方法、更に金融機関・クレジットカードの連携方法など、マネーフォワードの基本的な使い方を解説します。

マネーフォワードにアカウントを登録する

マネーフォワード MoneyForward アプリ アイコン

画像引用元:「家計簿 マネーフォワード ME – 人気の家計簿アプリ」をApp Storeで

マネーフォワードは、次の3つのステップで始められます。

  1. アプリのインストール
  2. アカウント情報の登録
  3. メール認証(メールアドレスで登録した場合)

まずは、App StoreまたはGoogle Playストアからマネーフォワードの公式アプリをインストールしましょう。

※パソコン(ブラウザ版)では、マネーフォワード公式サイトから登録できます。

アプリを起動したら、下記のいずれかでマネーフォワードのアカウントを作成します。

  • メールアドレス
  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント

アカウント作成後は、簡単なプロフィール情報(画像左)を入力します。

マネーフォワード 登録

更に、大手金融機関・クレジットカードを使っている方は、ここで連携させることもできます。(スキップ可)

プロフィール入力と金融機関との連携が終わってマネーフォワードのホーム画面が表示されたら、アカウント作成完了です。

マネーフォワードの登録

最後に、メールアドレスで登録した方は登録したメールアドレス宛に「【マネーフォワード ME】メールアドレス認証のお願い」というタイトルでメールが届いています。

メール内の「メールアドレスを認証する」ボタンから認証を行います。

マネーフォワードの登録

この認証を行わないとパスワードを忘れた時の再発行など一部の機能が使えないため、忘れずに行っておきましょう。

アップルストア グーグルプレイ

金融機関・クレジットカードと連携する

続いて、クレジットカードや金融機関と連携し、残高や収支を自動で反映させる手順を解説します。

現金だけしか使わない方も、初めて利用する際はここで「現金(財布を作成)」で現在の手元にある残高を登録しておくと、残高を把握しやすくなります。

連携する手順

実際に金融機関やクレジットカードなどと連携する手順を紹介します。

  1. ホーム画面で「口座」をタップ
  2. 「連携先を追加」をタップ
  3. ジャンルをタップするか、検索窓にサービス名を入力して連携したいサービスを探す
  4. 案内に従って連携に必要な情報を入力する
  5. 登録が完了すると、一覧に残高や利用額が表示される

下の画像は「現金(財布を作成)」を選択した時の登録画面ですが、入力する内容は連携先ごとに異なります。

マネーフォワードの登録

なお、金融機関やクレジットカードとマネーフォワードと連携する場合は、連携先サービスのオンラインバンキングやWeb明細サービスのIDやパスワードが必要になります。

連携したいサービスのオンラインバンキングやWeb明細サービスに未加入の方は、先にそれらのサービスに加入しておきましょう。

マネーフォワードで連携できるサービスは?

マネーフォワードでは、2019年7月末時点では2,678のサービスと連携できます。

主な連携先の種類は次の6つです。

  • 銀行
  • クレジットカード
  • 電子マネー・プリペイドカード
  • 通販サイト
  • ポイント
  • 証券

この他にも、一部の携帯電話料金や確定拠出年金、仮想通貨なども連携可能です。

次のページでは、収支を手入力する方法を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
yuu5yoshikawa
yuu5yoshikawa
関西在住のお茶をこよなく愛するライター。得意ジャンルはWebサービス・ガジェット・アプリのレビュー、日常のお役立ち情報など。長年タブレット+ガラケー2台持ちだったが、ようやくスマホ(ZenFone 5)を購入を決意。買ったからにはとことん役立てようと探求中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ