ムーミンムーヴ|新たなAR位置情報ゲームアプリはポケモンGOと何が違う?

  • 2019年3月14日
  • by 
ムーミンムーヴ|新たなAR位置情報ゲームアプリはポケモンGOと何が違う?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2 2019年3月~4月はムーミン祭り到来!

ムーミンバレーパーク アスレチック

2019年3月~4月は、ムーミンに関するイベントが盛りだくさんです。

2-1 ムーミンショップ二子玉川店がリニューアルオープン

MOOMIN SHOP 二子玉川店

画像引用元:MOOMIN SHOP二子玉川店リニューアルOPEN|ベネリック株式会社

2019年3月14日、ムーミンショップ1号店である「MOOMIN SHOP二子玉川店」がリニューアルオープン。

ムーミンショップは全国に7ヶ所ありますが、広々としたつくりが特徴の二子玉川店では、ベビーカーを引きながらショッピングを楽しむことができます。

また、3月14日(木)~24日(日)まで、埼玉県のムーミンバレーパークオープンを記念し「ムーミンバレーパーク ミニギャラリー」を開催。

新しくなったムーミンショップをぜひチェックしてみましょう!

MOOMIN SHOP二子玉川店
〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-23-1
二子玉川ライズ ドッグウッドプラザ2F

2-2 ムーミンバレーパーク、埼玉県飯能市にオープン

ムーミンバレーパーク

2019年3月16日、「ムーミンバレーパーク」が埼玉県飯能市にオープンします。ムーミンバレーパークには様々なアトラクションがあり、ムーミンの世界観を体験可能です。

ムーミン一家やその仲間たちが住むムーミン屋敷にお邪魔したり、彼らが演じるライブエンターテイメントを劇場で見たりすることができます。

また、アスレチックハウスでは子どもを全力で遊ばせることも可能です。

ムーミンの世界を忠実に再現した建物やジオラマもあるので、ムーミンファンなら必見のスポットでしょう。

ムーミンバレーパーク
所在地:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
入園料:おとな(中学生以上)1,500円(税込)、こども(4歳以上小学生以下)1,000円(同)
※3歳以下は入園料無料。

2-3 ムーミンのアニメ放送開始

ムーミンバレーパーク

2019年4月4日、アニメ新シリーズ「ムーミンバレーの仲間たち」の放送がスタートします。人気キャラクターのスナフキンの声優に、俳優の高橋一生さんを採用していることでも話題です。

フル4KのCGアニメーションで作成されており、まるで映画を見ているかのような美しい映像が特徴。監督は第78回アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞した、スティーブ・ボックス氏です。

第1シーズンは13話構成です。2020年1月には第2シーズンの放映も既に決定しています。

番組名:ムーミン谷の仲間たち
放映日:2019年4月4日(木)19:30~
チャンネル:NHK BS4K

2-4 ムーミンの原画展を開催

画像引用元: 来館のご案内 | 六本木ヒルズ ミュージアム・展望台 – ROPPONGI HILLS MUSEUM / OBSERVATORY

2019年4月9日~6月16日まで、森アーツセンターギャラリーにて「ムーミン展」が開催されます。

見どころはムーミンの小説や絵本の挿絵、原画など。また、キリストの復活をお祝いするイースターカードや、クリスマスまでの日数を数える際に使われる、アドベントカレンダーに使われたイラストも展示。

わたしたちがこれまでに目にしたことのない、様々な表情のムーミンを見ることができます。

また、フィンランドと日本の外交関係樹立100周年である2019年を記念し、日本とフィンランドについてのコーナーも設置。

可愛いグッズもたくさんあるとのことです。

会期:2019年4月9日~6月16日
開館時間:10時~20時 ※火曜は17時まで
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
住所:東京都港区六本木6-10-1

3 ムーミンムーブでムーミンの仲間と仲良くなろう!

ムーミンバレーパーク

AR機能を搭載したゲームアプリ「ムーミンムーブ」。

現実の世界を歩き回ってムーミンの仲間たちと出会い、依頼されたアイテムを収集して、彼らとの信頼関係を築いていくゲームです。

レアアイテムやレアキャラクターもいますので、ぜひコレクションしてみてくださいね。

ムーミンバレーパークでのプレイもおすすめですよ!

※ただし、小さなお子さんも多い場所なので、まわりの状況にしっかりと配慮して楽しみましょう!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
iton
iton
大学1年生で初めて携帯をもつ。白黒液晶の子機タイプから始まり、J-SH02⇒NOKIA6630⇒iPhone3G⇒iPhone6s⇒iPhone7と今に至る。IT系の法人営業を12年努めたあと、ライターに。関心事は5Gと自動運転、ブロックチェーン。夫にはスマホ依存症と言われる。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ