moto g100の評価レビュー|日本版の価格やスペック、対応バンドは?

  • 2021年6月1日
  • by.sekai

moto g100

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

moto g100がSIMフリースマホが5月28日(金)に日本版として発売開始されました。

ミドルレンジのスマホに位置しますが、低価格でスペックが高くコストパフォーマンスに優れた新機種です。

moto g100の評価や日本版の価格、スペックから特徴、対応バンドまで徹底解説します。

moto g100の購入を検討している方は、参考にしてください。

moto g100の特徴
  • 発売日:5月28日(金)
  • 価格:58,800円
  • CPUはSnapdragon 870と高性能
  • RAM8GB・ROM128GBの大容量ストレージ
  • 最大約6,400万画素の3眼カメラ搭載

トップ画像引用元:モトローラ公式オンラインストア

moto g100の価格

moto g100

画像引用元:moto g100 | モトローラ公式オンラインストア

moto g100の価格は公式WebショップMotoストアでは58,800円です。

5万円台としては申し分のないスペックを兼ね備えています。

moto g100の58,800円という価格は、iPhone12 Proと比べても約6万円、iPhone12と比較しても約4万円安い価格設定です。

スペック的にはハイミッドレンジですから、コスパはとても良いことがわかります。

moto g100のスペック

moto g100

画像引用元:moto g100 | モトローラ公式オンラインストア

moto g100はミドルレンジモデルであるmoto gシリーズ史上最もパワフルな端末です。

moto g100のスペックは、以下の通りです。

moto g100のスペック

moto g100
ディスプレイ6.7インチ
本体サイズ高さ:約168.38mm
幅:約73.97mm
厚さ:約9.69mm(最薄部)
重さ約215g
アウトカメラメイン:6,400万画素
超広角:1,600万画素
深度:200万画素
インカメラメイン:1,600万画素
超広角:800万画素
バッテリー5,000mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 870
OSAndroid 11
認証指紋
カラーイリディセントスカイ

moto g100は6.7インチシネマビジョン90Hzディスプレイを搭載しています。

映画で使用されているのと同じ21:9画面なため、臨場感あふれる美しい映像が楽しめます。

moto g100のスペック
  • Qualcomm Snapdragon 870プロセッサー採用
  • 5G高速通信対応
  • 8GBのRAM
  • 128GBのストレージ

Qualcomm Snapdragon 870プロセッサー採用

moto g100はQualcomm Snapdragon 870プロセッサーを採用しているため、タイムラグのないスムーズな操作が可能です。

Snapdragon 870 AnTuTuスコア
  • AnTuTuスコア:68万点
  • 865+よりも10〜15%も処理性能が向上

さらに8GBのRAM、128GBのストレージが搭載されています。

足りない場合は外部ストレージmicroSDXCカードスロット最大1TBに対応しているので、安心です。

5G高速通信対応SIMフリースマートフォン

moto g100は5G高速通信にも対応しています。

さらにDSDS(5G+4GデュアルSIMデュアルスタンバイ)にて2枚のSIMを挿入し、同時待ち受けが可能です。

moto g100の機能

moto g100

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

moto g100の機能として新機能「Ready For」があげられます。

Ready Forはスマートフォンの機能をテレビやモニターに拡張することができます。

USB-C ケーブルまたは USB-C-to-HDMIを使ってスマートフォンと外部ディスプレイを接続することで、各種アプリ・ビデオ通話・動画視聴・ゲームなどを快適に使用することできます。

また、急速充電への対応やカメラの充実、ディスプレイの滑らかさなど優れた機能が揃っています。

3.5mmイヤホンジャックを搭載しており、顔認証だけでなく電源キーには指紋認証が備わっているのも嬉しいポイント。

ただし防水やおサイフケータイには対応していません。

moto g100の機能
  • Ready Forでテレビやモニターにスマホ機能を拡張
  • 急速充電に対応
  • イヤホンジャック搭載
  • 電源キーに指紋センサー
  • 防水・おサイフケータイには非対応

moto g100のカメラ

moto g100 カメラ

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

moto g100の外カメラは3種類のカメラで構成されています。

約6400万画素CMOS/広角レンズ、約1600万画素CMOS/超広角・マクロレンズ、約200万画素CMOS/深度カメラです。

超広角レンズでは広い範囲を鮮やかな画質で写すことが可能です。

さらにマクロレンズでは標準レンズの4倍の接写が出来ます。

moto g100のカメラ
  • 約6400万画素CMOS/広角レンズ
  • 約1600万画素CMOS/超広角レンズ・マクロ
  • 約200万画素CMOS/深度カメラ
  • インカメラも高性能で超広角と広角の2眼

インカメラは2種類のカメラで構成されており、約1600万画素CMOS/広角レンズと約800万画素CMOS/超広角レンズです。

インカメラでも超広角が使えるのは嬉しいポイント。

また、ポートレートモードにももちろん対応しています。

moto g100のデザイン・カラー

moto g100 デザイン

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

moto g100のデザインは滑らかにカーブした3D デザインを採用し、21:9 のアスペクト比のため縦長です。

横幅が狭いため片手での操作がしやすいように設計されているのはメリットですね。

moto g100のカラーはイリディセントスカイの1色。イリディセントとは玉虫色、虹色のことです。

本体の画面占有率は85%で、背面パネルは防滴のプラスチック製で質感に優れています。

moto g100のサイズ・重さ

moto g100

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

moto g100の本体サイズは高さ168.38mm x 幅73.97mm x 厚さ約9.69mmです。

アスペクト比9:21の縦長なフォルムとなっており、重さは約215gと重めになっています。

moto g100は大型スマホに分類されますね。

200g超えはかなり重い部類なので、もう少し軽ければ…と言わざるを得ません。

moto g100のサイズ・重さ
  • ディスプレイサイズ:約6.7インチ
  • 本体サイズ:高さ168.38mm x 幅73.97mm x 厚さ9.69mm
  • アスペクト比:9:21の縦長なフォルム
  • 重さ:約215g

moto g100のディスプレイ

moto g100 ディスプレイ

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

moto g100のディスプレイは6.7インチ、解像度は2,520 x 1,080(FHD+) と、とても綺麗です。

さらに、90Hzのリフレッシュレート(1秒間に90回更新)に対応しています。

iPhoneのリフレッシュレートは60Hzですから、moto g100はより滑らかなアクションを再現してくれます。

moto g100のディスプレイ
  • 解像度は2,520 x 1,080(FHD+)
  • 90Hzのリフレッシュレートに対応
  • 滑らかなアクション

moto g100のサウンド

moto g100には3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

iPhoneなどのハイスペックモデルでは、イヤホンジャックが搭載されなくなったため、今となってはとても貴重です。

お好みに応じて、ワイヤレスイヤホンで聴くこともできます。

moto g100のバッテリー持ち

moto g100のバッテリー容量は5000mAhと大容量です。

20W TurboPowerチャージャーが同梱されているため、すぐに急速充電ができるのもメリットです。

moto g100のバッテリー持ち
  • 大容量5000mAh
  • 20W TurboPowerチャージャー同梱
  • 急速充電にも対応

moto g100の対応バンド

moto g100 対応バンド

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

5GはSub 6での通信に対応しており、国内ではn77とn78のバンドを利用できます。

ドコモ、au、ソフトバンクのネットワークには対応していることになります。

4Gを含めて楽天モバイル公式サイトでは対応端末に入っていないため、注意が必要です。

moto g100の対応バンド(5G 4Gのみ記述)
  • 5G
    band n1/n3/n5/n7/n8/n28/n38/n41/n66/n77/n78
  • 4G
    band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/34/38/39/40/41/42/43/66

moto g100がおすすめな人

moto g100

画像引用元:moto g100 – Android スマートフォン | motorola JP

moto g100の1番の魅力は、ミドルスペックモデルの中では高性能・高機能を誇る点でしょう。

にもかかわらず、価格が5万円台と安く抑えられている点が最大の特徴です。

moto g100は、価格を抑えつつできるだけ質の高いスマートフォンを使い方にオススメです。

Android好きでコストを抑えたい方や、2台目のスマホとして検討しても良いでしょう。

moto g100がおすすめな人
  • コスパの良いAndroidが欲しい方
  • 高性能スマホが欲しいが価格を抑えたい方
  • 大きいなスマホが欲しい方
  • 人と違うスマホが欲しい方
  • モトローラのスマホが好きな方
  • iPone持ちで2台目にはAndroidを検討している方

moto g100は高スペックかつ良価格!

日本で発売されたばかりの新機種moto g100のスペックや価格などみていきました。

最大約6,400万画素の高性能3眼カメラを搭載、高リフレッシュレートに対応したディスプレイ、5,000mAhの大容量バッテリーが魅力です。

5万円台という安価な価格ながら、Snapdragon 870、RAM8GB、ROM128GBとハイエンドモデルに迫る性能です。

高スペックで価格の安いスマホを使いたい方は、moto g100を購入してみてはいかがでしょうか。

moto g100の特徴
  • 発売日:5月28日(金)
  • 価格:58,800円
  • CPU:Snapdragon 870
  • RAM8GB・ROM128GB
  • 最大約6400万画素の3眼カメラ
  • 90Hzの高リフレッシュレート
  • 3.5mmイヤホンジャック搭載
  • 大容量バッテリー5,000mAh
  • 5G対応
MOTOROLA(モトローラ)スマホを比較|最新おすすめ機種を紹介【2021年】

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
sekai
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。