moto g52j 5G 評価レビュー|価格・発売日・スペックを解説

  • 2022年7月29日
  • by.affiprecious

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、モトローラ社の最新スマホmoto g52j 5Gの評価レビューを行っています。

モトローラ社製のスマホはまだ日本ではそれほど広まっていません。

しかし、約3万円という価格で120Hzディスプレイなどを搭載しているmoto g52j 5Gは、コスパに優れたミドルレンジスマホといえます。

moto g52j 5Gのスペックについても詳しく解説していますので、購入を迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

moto g52j 5Gの評価レビュー
  • 発売日は2022年6月3日
  • 格安SIM4社で購入可能
  • 価格はIIJmioが最安で29,800円
  • Snapdragon 695 5G搭載のミドルレンジスマホ
  • 防水・防塵対応・おサイフケータイ対応
  • ミドルレンジで120Hzディスプレイ搭載

トップ画像引用元:モトローラ公式オンラインストア

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

moto g52j 5Gの発売日

moto g52j 5G

画像引用元:moto g52j 5G | 格安スマホセット | OCN モバイル ONE

販売キャリア等発売日
OCNモバイルONE2022年6月3日
イオンモバイル2022年6月3日
IIJmio2022年6月3日
QTモバイル2022年6月3日

moto g52j 5Gは、2022年6月3日に発売されました。

公式オンラインストアや家電量販店、ECサイトなどで販売されています。

また、格安SIM4社でも取り扱っています。

moto g52j 5GはSIMフリーモデルのため、端末を購入すれば大手キャリアや取扱いのない格安SIMでも利用が可能です。

参考:モトローラ初、FeliCa機能とIP68相当の防水・防塵性能を搭載した 5Gスマートフォン「moto g52j 5G」発表

moto g52j 5Gの価格

moto g52j 5Gの価格

moto g52j 5Gの価格
モトローラ公式39,800円公式サイトを見る
OCN モバイル ONE 36,500円ocn mobile one公式サイトを見る
IIJmio34,800円公式サイトを見るIIJmio
イオンモバイル39,380円公式サイトを見る
QTモバイル39,600円公式サイトを見る

moto g52j 5Gの販売価格は、上表のとおりです。

最も安いのはIIJmioの29,800円

4万円近い価格設定もある中でも29,800円ですので、かなりお買い得な価格と言えるでしょう。

moto g52j 5Gのスペック

moto g52j 5G

画像引用元:モトローラ公式オンラインストア

moto g52j 5Gのスペックについて解説していきます。

moto g52j 5G
画面サイズ約6.8インチ
本体サイズ高さ:約171.0mm
幅:76.8mm
厚さ:9.1mm
重さ約206g
アウトカメラ広角:50MP
超広角:8MP
マクロ:2MP
インカメラ13MP
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ストレージ128GB
SoCQualcomm Snapdragon 695 5G
防水IP68
カラーインクブラック
パールホワイト
詳細moto g52j 5G 評価レビュー

CPU

moto g52j 5Gは、Snapdragon 695 5Gを搭載したミドルレンジモデル。

ハイエンドモデルほど高性能とはいえませんが、普段使いで使用するなら十分快適に操作できる処理能力を持っています。

スマホで使用するのが、動画視聴やSNSへのアップロード、電話、Webサイトの閲覧などが中心という人にマッチしやすいでしょう。

ゲームプレイについても、暇つぶし程度に楽しみむのであれば、問題なく操作が可能です。

RAMも6GBと大容量なので、複数のアプリを同時に起動してもスムーズに動かせますよ。

ただし、ゲームに特化したスマホではないため、高負荷なゲームの場合はフリーズしたり動作が不安定になったりする可能性があります。

ゲームのパフォーマンス性を重視する人には不向きです。

5G対応

moto g52j 5Gは、5G対応です。

対応エリア内では、高速・大容量通信を行うことができます。

音楽や動画のデータも高速でダウンロードできますよ。

ただし、ミリ波には非対応です。

5,000mAhの大容量バッテリー

バッテリーは、5,000mAhと大容量。

最大40時間の電池持ちで、1日たっぷり使うことができます。

バッテリーの消費が激しい動画やゲームも、充電を気にせず楽しめます。

急速充電に対応しているのもポイントです。

短時間で充電できるので、充電し忘れてしまったときも安心です。

防水・防塵性能

moto g52j 5Gは、IP68等級の防水・防塵性能を備えています。

耐久検査では、1.5mの深さの真水で30分間の耐水性能が確認されました。

水や雨に濡れても故障の心配がないので、屋外や水回りでも快適に使えますよ。

おサイフケータイ対応

Felica対応なのも、moto g52j 5Gの魅力です。

格安価格の中華系スマホはコストを下げるためにFelica非対応のものが多いですが、moto g52j 5Gはユーザーのニーズに応えてくれました。

おサイフケータイが使えるので、電子マネー決済やモバイルSuicaを利用することができますよ。

キャッシュレス決済をよく利用する人にも安心のスマホです。

デュアルSIM対応

moto g52j 5Gは、nanoSMとeSIMのデュアルSIMに対応しています。

1台で2回線の番号を使うことができます。

ビジネス用とプライベート用で番号を分けたい人や、通信障害対策で複数の事業者の回線を利用したい人におすすめです。

対応バンド

moto g52j 5Gの対応バンドは以下の通りです。

moto g52j 5Gの対応バンド
  • 5G:n3/n28/n77/n78
  • 4G LTE:FDD LTE:1/2/3/8/18/19/28/38/41/42

大手キャリアが提供する主要なバンドに対応しているため、どこの事業者でも利用できます。

ただし、事業者の対応状況によっては接続できない場合があります。

購入前に、利用する事業者の対応状況を確認しておくようにしましょう。

moto g52j 5Gのカメラ

moto g52j 5G

画像引用元:モトローラ公式オンラインストア

moto g52j 5Gのカメラは、広角・超広角・マクロのトリプルカメラ構成です。

メインで使用する広角カメラの有効画素数は約5,000万画素と高く、高精細な写真や動画を撮影することができます。

逆に、マクロレンズの解像度は約200万画素とかなり低いのは残念なポイントですね。

ただし、便利なのが広角レンズとマクロレンズの切り替えです。

広角レンズで撮影していても、被写体に近づくことでマクロレンズへの切り替え案内が自動で表示されます。

その表示をタップすればマクロレンズに切り替わるため、被写体との距離に最適なレンズを撮影しながら選択が可能。

わざわざ設定を開いてレンズを切り替える必要がなく撮影に集中できるため、非常に便利な機能です。

moto g52j 5Gのディスプレイ

moto g52j 5G

画像引用元:モトローラ公式オンラインストア

moto g52j 5Gのディスプレイは約6.8インチと大型であり、リフレッシュレートも120Hzと通常の倍。

この価格帯で120Hzは非常に珍しく、映像コンテンツを存分に楽しむ事ができます。

映画やゲームを大画面で楽しみたい方には、非常におすすめできるスマホですよ。

moto g52j 5Gのメリット

メリット
moto g52j 5Gはどんな人におすすめなのか、moto g52j 5Gのメリットについてまとめました。

moto g52j 5Gのメリット
  • コスパが良い
  • ディスプレイが大きい
  • 便利機能をしっかり備えている
  • 高性能トリプルカメラ搭載

コスパが良い

moto g52j 5Gは、3万円台の格安価格で購入できるコスパが良いスマホです。

低価格にもかかわらず性能が良く、サクサク快適に操作できます。

日常生活で使用するなら十分なスペックを持っているので、安くて性能が良いスマホが欲しい人にぴったりです。

ディスプレイが大きい

6.8インチの大型ディスプレイを搭載しているのも魅力です。

大画面で動画やゲームを楽しめます。

解像度もフルHD+(2,460×1080)と高精細で、美しい映像を映し出すことができます。

また、リフレッシュレートは120Hzに対応。

映像はなめらかに動き、画面スクロールもヌルヌル動いて快適です。

便利機能をしっかり備えている

moto g52j 5Gは、防水性能やおサイフケータイなどの便利機能をしっかり備えています。

水や雨に濡れても故障する心配がありませんし、スマホ1つで買い物ができて便利です。

イヤホンジャックを搭載しているのもうれしいポイント。

ワイヤレスイヤホンだと音が遅延することがあり、ゲームや動画視聴に不向きです。

有線なら遅延することがないので、外出先や移動中も快適に動画やゲームを楽しめますよ。

高性能トリプルカメラ搭載

moto g52j 5Gは、5,000万画素のメインカメラや超広角カメラ、マクロカメラを搭載。

あらゆるシーンに対応でき、誰でも簡単に美しい写真を撮影できます。

2つのカメラで同時に撮影できるデュアル撮影機能を搭載しているため、思い出を1枚の写真で残すことができますよ。

カメラ性能を重視する人にもマッチしやすいスマホといえるでしょう。

moto g52j 5Gのデメリット

デメリット
一方、moto g52j 5Gにはデメリットもあります。

moto g52j 5Gのデメリット
  • 高負荷なゲームプレイには向かない
  • スピーカーの性能がいまひとつ
  • 本体サイズが大きい

詳しく見ていきましょう。

高負荷なゲームプレイには向かない

moto g52j 5Gはミドルレンジモデルのため、ハイエンドモデルと比べると性能が劣ります。

高負荷なゲームでは処理が追いつかず、動作が遅くなってしまう恐れがあります。

また、ゲーミングスマホのようなゲームに特化した機能も備えていません。

ゲームでハイスコアを狙いたい人には不向きです。

スピーカーの性能がいまひとつ

moto g52j 5Gのスピーカーは、モノラルスピーカーを搭載しています。

ステレオスピーカーと比べて音質が悪く、迫力は感じられません。

音質を重視する人は購入を控えたほうがよいでしょう。

本体サイズが大きい

moto g52j 5Gの本体サイズは、高さ171mm×幅76.8mm×厚さ9.1mmとかなり大型です。

ポケットのサイズによってはスマホが収まらず、持ち運びしにくいでしょう。

また、重量も206gと重ためなのもネック。

長時間操作していると手首が疲れてしまいます。

moto g52j 5Gの評判・口コミ

口コミを調査
最後に、moto g52j 5Gの評判について解説していきます。

実際にmoto g52j 5Gを購入した人の口コミを調査しました。

ネットの口コミでは、「サクサク動く」「コスパが良い」といった声が多く見受けられました。

防水性能やおサイフケータイに対応している点も好評で、日常使いにぴったりなスマホといえます。

一方、サイズが大きすぎるという声もありました。

大画面で動画を楽しみたい人にはおすすめですが、持ち運びやすさを重視する人はよく検討してから購入するようにしましょう。

moto g52j 5Gは5G対応の最新格安スマホ

moto g52j 5G

画像引用元:moto g52j 5G | motorola JP

本記事では、moto g52j 5Gについて解説しました。

moto g52j 5Gの評価レビュー
  • 発売日は2022年6月3日
  • 格安SIM4社で購入可能
  • 価格はIIJmioが最安で29,800円
  • Snapdragon 695 5G搭載のミドルレンジスマホ
  • 防水・防塵対応・おサイフケータイ対応
  • ミドルレンジで120Hzディスプレイ搭載

moto g52j 5GはSnapdragon 695 5G搭載のミドルレンジモデルであり、防水・防塵・おサイフケータイ対応。

この価格帯としては非常に珍しい120Hzディスプレイを搭載しており、映像コンテンツが快適に視聴できます。

基本性能もこの価格帯ではわずかですが優れているのもポイントですね。

これらの内容がIIJmioなら29,800円で入手できるため、コスパは非常に高いです。

普段使いのお買い得なスマホが欲しい人は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。