Moto G6レビュー|インカメラのスペックがヤバイ!高コスパスマホ

Moto G6レビュー|インカメラのスペックがヤバイ!高コスパスマホ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

老舗スマホメーカーの一つとして知られるMOTOROLAはコストパフォーマンスに優れたスマホをリリースしています。

今回はその中から「Moto G6」に注目します。このスマホはインカメラのスペックが素晴らしいと話題です。

カメラにこだわる人なら絶対に見逃せないスマホ「Moto G6」について詳しくレビューしますので必見です!

もちろん、日常利用に必要なスペックをしっかり備えているのでストレスなく利用できます。

Moto G6に注目している人はぜひ、しっかり性能やスペックをチェックしておきましょう!

この記事のチェックポイント

  • Moto G6のスペック
  • Moto G6の特徴
  • Moto G6を購入する方法

トップ画像引用元:Moto G6 | モトローラ公式オンラインストア

1 MOTOROLA Moto G6のスペックに注目!


画像引用元:Moto G6 | モトローラ公式オンラインストア

まずはじめに注目しておきたいのはスペックです。

今回はせっかくですので上位機種の「Moto G6 plus」と比較しながらみていきます。

Moto G6スペック比較表

内容moto g6moto g6 plus
CPUSnapdragon 450Snapdragon 630
OSバージョンAndroid 8.0(Oreo)Android 8.0(Oreo)
RAM容量3GB4GB
ROM容量64GB(SD利用可)64GB(SD利用可)
ディスプレイ2,160x1,080
5.7インチ
2,160x1,080
5.93インチ
アウトカメラ12メガピクセル+5メガピクセル
デュアルレンズ
12メガピクセル+5メガピクセル
デュアルレンズ
インカメラ16メガピクセル16メガピクセル
価格(MOTOROLA直販)31,104 JPY41,907 JPY

このようにスペック表をみて比較した場合、Moto G6はCPUの性能とRAM容量、ディスプレイサイズがダウングレードされていることがわかります。

その分価格が10,000円ほど安くなっています。コストパフォーマンスに優れたスマホといえるでしょう。

スペック表で最も注目したいのはインカメラです。

Moto G6は上位機種のMoto G6 plusとともに16メガピクセルのインカメラを搭載しています。

2018年6月時点では、Galaxy S9+などのハイエンドスマホでもインカメラは8メガピクセル前後のものが多くなっています。

そのことを考えるとMoto G6の16メガピクセルは特筆すべきポイントです。

セルフィーなどをよくSNSに投稿している人などにオススメのスマホといえるかもしれません。

もちろん、CPUやRAMなどのスペックも充分なのでストレスなく利用できるでしょう。

ただし、ハイエンドスマホではないので動作の重い3Dゲームをプレイする場合はスペック不足を感じるかもしれません。

Moto G6の特徴

  • Moto G6はミドルレンジに位置するコストパフォーマンスに優れたスマホ!
  • 16メガピクセルのインカメラは必見!
  • 日常利用に必要なスペックはしっかり備えているスマホ!

上記のポイントを押さえるとMoto G6は予算30,000円程度でカメラにこだわってスマホを探している人にオススメといえそうです。

Moto G6の基本的なスペックをチェック

ここまででスペック表と概要をみていきました。続いて基本的なスペックを詳しくチェックしていきましょう。

CPU


画像引用元:Qualcomm® Snapdragon™ | Qualcomm

Moto G6のCPUにはQualcomm社がリリースした「Snapdragon 450」が搭載されています。

Snapdragon 4xxシリーズは基本的にエントリーモデルのスマホに搭載されるCPUです。

しかし、前代より性能がアップしているのでミッドレンジモデル用CPUとして知られるSnapdragon 625と同等の性能になっています。

これを簡単に説明すると、エントリーモデル向けCPUを搭載していながらミッドレンジモデルのスマホに匹敵する性能を持っているといえます。

動作のかなり重い3Dゲームをプレイするためのスマホとしては向いていないかもしれませんが、そこまで重くないゲームなら問題なく動作するでしょう。

もちろん、テキストメッセージの送信やWeb閲覧、ビデオ通話など一般的な利用でストレスを感じることはありません。

特にライトユーザーなら充分に満足できるスマホといえます。

RAM

RAMは3GBと2018年のスマホとしては少なめです。

一例として、2014年に発売されたGalaxy Note 4などもRAMが3GBです。

そのため、多数のアプリをバックグラウンドで起動させながら使うなど、マルチタスク性能が求められるような使い方には向いていないといえます。

ディスプレイ

ディスプレイサイズは5.7インチで、解像度は2160×1080です。

最近のスマホでは普通になった18:9ディスプレイを搭載しています。

安価なモデルではありますが、ディスプレイ解像度が低いということもないのでストレスなく利用できるでしょう。

また、縦長ディスプレイはスマホ向けサイトを閲覧する場合、スクロールを減らせるのでみやすく感じられます。

基本的なスペックをまとめると以下の通りです。

  • Snapdragon 450搭載でミッドレンジモデルに匹敵する性能
  • RAM容量が少なめなのでマルチタスク性能は低い
  • 18:9ディスプレイ搭載でスマホサイトを快適に閲覧できる

特に、カメラ性能にはこだわりたいけどスマホの利用はSNSなどがメインという人にとって長く付き合えるスマホに仕上がっています。

Moto G6のデザインをチェック!


画像引用元:Moto G6 | モトローラ公式オンラインストア

次にデザイン面を少しみていきましょう。

スマホは直線主体のデザインのものが多くなっていますが、Moto G6は四隅が丸くなっています。

これによってどこか柔らかい印象です。全体のデザインはシンプルですので長期間飽きずに利用できそうです。

ピュアOSを搭載


画像引用元:Android – 8.0 Oreo

Moto G6は2018年6月時点で最新バージョンであるAndroid 8.0を搭載しています。

Android 8.0搭載スマホはたくさんありますが、基本的にメーカーのカスタマイズが入っていて余計なアプリ(ブロートウェア)がてんこ盛りになっていることもあります。

しかし、Moto G6は「ピュアOS」にこだわっており、アクション操作関連のアプリ以外の余計なアプリがインストールされていません。

ピュアOSを楽しめるスマホにはGoogleが発売しているPixelシリーズなどがありますが、かなり高価なスマホとなっています。

リーズナブルな価格でピュアOSを利用できるのはとても嬉しいポイントの一つです。

ここまででMoto G6のスペックやデザインについてみていきました。

次のページではMoto G6の特徴を詳しくみていきます!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

HUAWEI nova 3レビュー|高いデザイン性と高コスパのSIMフリースマホ... SIMフリースマホを多くリリースし、格安SIM事業者での取り扱い機種も多くユーザー数も多いHUAWEI。 HUAWEIの人気から、「P」シリーズがキャリアでも取り扱われるようになりました。 その中でも「HUAWEI P20 Pr...
HUAWEI Mate 20の実力は?スペック・価格・発売日を予想... 国内でも人気のHUAWEI Mateシリーズの新モデル『HUAWEI Mate 20』のリーク情報が多くなってきました。 HUAWEI Mate 20では2018年8月末~9月頭に開催されたIFA 2018で発表された新Soc『Kir...
6インチ以上の大画面スマホ最新おすすめランキング【2018年秋版】... 最近のスマホは大型化が進み6インチを超える大画面のモデルも増えつつあります。 6インチを超える大画面スマホを敬遠する理由として、携帯性が損なわれるから、という方は多いでしょう。 しかしそれも担保するために、ベゼルレスというデザイ...
【Xperia XZ2 Premium VS HTC U12+】キャリアとSIMフリーの最高Andr... Xperiaの最上位機種に位置するXperia XZ2 Premiumが先日発売になり注目を集めています。 最も目を引く点としてはXperiaでは初となる、デュアルレンズカメラを搭載したところです。 Xperia XZ2 Pre...