iPhone/iPadのホーム画面のアイコンを移動する方法|複数まとめても可能

iPhone/iPadのホーム画面のアイコンを移動する方法|複数まとめても可能

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone/iPadのホーム画面上のアプリが増えてくるとアイコンを整理する必要が出てきます。

使わないアプリのアイコンを削除するのはもちろん、フォルダなどにまとめたり、わかりやすいように移動したい人も多いと思います。

そこで今回は、iPhoneとiPadのホーム画面にあるアプリのアイコンを移動する方法について解説していきます。

初めてiPhoneやiPadを使う人にもわかりやすく紹介するので、iPhoneやiPadデビューをした人も是非参考にしてください。

iPhoneとiPadのホーム画面でアイコンを移動させることはできるの?
  • アイコンを長押しすることで移動することが可能
  • iPhoneとiPadの操作方法は全く同じ
  • iOS 11からアイコンを複数まとめて移動することも可能に
  • 操作方法はとてもシンプルで簡単

9月に入り、新型iPhoneであるiPhone 11シリーズが発売されました。

また、新作のiPadも発売予定となっています。

これからiPhoneやiPadを使う人だけでなく、既にiPhoneやiPadを使っている人も再確認のために是非チェックしてください。

iPhoneとiPadのホーム画面でアプリのアイコンを移動する方法

iPhone11シリーズ

画像引用元:Apple(日本)

まず、iPhoneとiPadのホーム画面でアイコンを移動する方法について解説します。

  1. アイコンを長押しする
  2. 全てのアイコンに✕印が表示される
  3. 移動したいアイコンを指で押さえながら移動させたい場所に動かす
  4. 完了

アイコンの移動方法は、iPhoneやiPadだけでなく、Androidスマホも同じような方法で移動することができます。

そのため、これまでAndroidスマホを使っていた人も、今までとほぼ同じように使うことができるでしょう。

まず、どのアイコンでも構わないので長押しをします。

すると、下記の画像のようにアイコンの左上に✕印が表示され、波打つように動くと思います。

アイコンを移動できる状態になりました。

iPhoneの画面

次に、移動したいアイコンを指で押さえます。

そのまま指を離さないようにして、移動したい場所へ動かします。

iPhoneの画面

上記画像のように、ブックのアイコンは移動していている途中です。

ちなみに、iPhoneやiPadではAndroidスマホのように好きな場所にアプリ・アイコンを配置することはできません

非公式のアプリ・アイコンを使えば可能になるケースもあるようですが、基本的に上から順番にアプリ・アイコンが並びます。

他のページに移動したい場合

次に、アイコンを移動する時に他のページに移動したい場合の方法について解説します。

  1. アイコンを長押しする
  2. 全てのアイコンに✕印が表示される
  3. 移動したいアイコンを指で押さえ続ける
  4. 移動したいページまで移動させる
  5. 移動したいページに切り替わり、アイコンを配置
  6. 完了

アイコンを移動できる状態にするまでは、前述の方法と全く同じです。

次に、ページを移動したい場合は、下記画像のように移動したいページがある方向の端側にアイコンを動かします。

iPhoneの画面

前ページに移動したい→左端、次ページに移動→右端となります。

それぞれの方向の端側にアイコンを動かすと、自動的にページが移るので、配置したいページまで同様の手順で動かします。

iPhoneの画面

後は、前述で解説した通りの方法で配置すれば完了となります。

この方法はAndroidスマホも同様となります。

iPhoneとiPadのホーム画面でフォルダを作りたい場合

スマホを触る女性

次に、iPhoneとiPadのホーム画面でフォルダを作りたい場合の方法について解説します。

  1. アイコンを長押しする
  2. 全てのアイコンに✕印が表示される
  3. フォルダにまとめたいアイコンをタップする
  4. 同じフォルダにまとめたいアイコンを重ねる
  5. 完了

まず、アイコンを長押しします。

削除や移動、フォルダ作成は、最初にアイコンを長押し、✕印が表示されてアイコンが波打っていることが必要となりす。

これでホーム画面のアイコンを編集できる状態になります。

iPhoneの画面

まず、フォルダにまとめたいアイコンをタップします。

前章のアイコンを移動させる要領で、同じフォルダにまとめたいアイコンに重ねるように動かしてください。

iPhoneの画面

すると、このように自動的にフォルダが作成されます。

このままフォルダ内にアイコンを入れるように動かし、配置してください。

既にあるフォルダにアイコンを追加する方法

次に、既にあるフォルダにアイコンを追加する方法です。

  1. アイコンを長押しする
  2. 全てのアイコンに✕印が表示される
  3. 移動したいアイコンを押さえる
  4. 押さえたまま追加したいフォルダに移動させる
  5. 完了

手順はすごく簡単です。

アイコンを移動させる要領で、入れたいフォルダにアイコンをそのまま動かします。

アイコンをフォルダに移動させると、フォルダが少し動きます。

すると、フォルダが画面に大きく表示され、フォルダ内の好きな場所に移動させることが可能になります。

フォルダの名前も変えることができる

次に、フォルダの名前を変える方法です。

新しく作ったフォルダは、

  • 「フォルダ」という名前のまま
  • まとめるアプリのジャンルや傾向によって自動的に名前がつけられる

のどちらかです。

自動で付けられた名前が適していればそのままでOKですが、変更することも可能です。

  1. 適当なアイコンを長押しする
  2. アイコンの横に✕印が表示される
  3. 名前を変えたいフォルダをタップ
  4. 名前の横の✕印をタップするとフォルダ名が削除される
  5. フォルダ名を入力する
  6. 完了

フォルダの編集や管理も、適当なアイコンを長押しすることで操作できる状態となります。

アイコンやフォルダが波打って✕印が表示されたら、名前を変えたいフォルダをタップします。

すると、下記のような画像になります。

この状態であれば、フォルダ内のアイコンを移動したり、不要なアイコンの削除を行うことができます。

iPhoneの画面

名前の横の✕印をタップすれば、フォルダ名が削除されます。

その後に、自分の好きなフォルダ名を入力してください。

尚、一部を変更したい場合は、フォルダ名をタップすれば1字ずつ削除できるようになります。

サービスやアイコンの種類によってフォルダ分けすると便利

今回、解説で使っている画像は、筆者が実際に使っているiPhone XRの画像です。

iPhoneの画面

興味のあるアプリをどんどんインストールすれば、ホーム画面がアイコンだらけになり、必要なアプリがどこにあるのかわかりにくくなります。

そのため、前述のフォルダ作成と名前の編集を行い、サービスや種類ごとにフォルダ分けして整理することができます。

すると、ホーム画面もスッキリしますし、フォルダ名でどのアプリのアイコンがあるのか、わかりやすくなります。

アイコンがたくさんある人はこの方法で整理してみてください。

iPhoneとiPadのホーム画面でアプリ・アイコンを移動させる方法
  • アイコンを長押しする
  • アイコンが波打って、✕印が表示されれば移動可能
  • 移動したいアイコンを長押ししながら移動したい場所に動かす
  • ページを移動したい場合は画面の右端または左端にアイコンを動かす
iPhoneホーム画面の整理術|おしゃれと実用性を考えた配置のコツ

次のページでは、複数まとめて移動せる方法を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ