【2022年最新】オフライン再生ができる音楽アプリ6選|無料で聴く方法も

この記事では、オフラインで再生ができる音楽アプリを6つご紹介します。「Apple Music」 「Amazon Music Unlimited」などを無料で使う方法や、それぞれのサービスの特徴や料金プランを詳しく解説しました。メリット・デメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
  • 2022年10月7日
  • by.haru_11

spotify

音楽アプリならApple Musicがおすすめ!
9,000万曲以上が聴き放題で、1ヶ月の無料トライアルも実施中!

一度契約すれば定額で音楽が聴き放題になるのが音楽アプリのメリットです。

読者の中にも、音楽を聴くのに利用している人がいるのではないでしょうか?

「MUSIC FM」などストリーミング再生ができる無料アプリもありますが、ストリーミング再生はスマホの通信量が多くなってしまいます。

そのようなときに活用できる機能が「オフライン再生」です。

そこでこの記事では、オフラインで再生に対応している音楽アプリを紹介していきます。

無料トライアル期間のあるアプリも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

音楽アプリはどれが一番いいのか気になりますよね。 この記事では、音楽アプリおすすめ人気ランキングを無料で聴き放題のサービス・有料のサービスに分けて解説します。 総務省が発表した『情報通信白書令和3年版』によると、グローバル市場に[…]

音楽アプリ
オフラインで再生できるおすすめ音楽アプリ
  • Apple Music
    9,000万曲以上が聴き放題
  • Amazon Music Unlimite
    9,000万曲以上の楽曲を配信していて高音質で聴ける
  • Spotify
    ジャンルが豊富で音楽以外も配信
  • AWA
    7,000万曲以上と豊富
  • LINE MUSIC
    カラオケやLINEとの連携機能が充実
  • dヒッツ
    J-POPに強い

※本記事中の価格は税込表示

トップ画像引用元:spotify公式サイト

オフライン再生とは

Amazon Music Unlimited

画像引用元:Amazon.co.jp: Amazon Music Unlimited

オフライン再生の定義は、「事前にダウンロードすることで、インターネットに接続せずに音楽を再生できるシステム」です。

したがって、オフライン再生を利用するには、事前に聴きたい音楽をアプリでダウンロードしておかなければなりません。

事前に準備する手間がかかりますが、一度ダウンロードしておけば圏外でも音楽アプリを使用できます。

通信量を削減したい人や、山間部や海上などの電波状況が悪いエリアに行く人におすすめです。

オフライン再生ができる音楽アプリの選び方

LINE MUSIC

画像引用元:LINE MUSIC

自分にマッチした音楽アプリを選ぶときは、以下のポイントに注目するのがおすすめです。

音楽アプリの選び方
  • 配信楽曲数とジャンル
  • 料金
  • オプション機能

それぞれの注目ポイントを簡単にチェックしていきましょう。

配信楽曲数とジャンル

音楽アプリによって、配信楽曲数や強みがあるジャンルは異なります。

配信楽曲数が多い音楽アプリなら、自分が気に入った音楽に出会える可能性が高くなるでしょう。

また、自分が好きなジャンルに強い音楽アプリもおすすめです。

ほとんどの音楽アプリが無料体験を実施しているので、実際に利用して特徴を確かめることをおすすめします。

料金

オフライン再生に対応した音楽アプリは有料サービスのため、料金は選ぶときに重要なポイントです。

一般的な個人プランであれば、1,000円以下で利用できます。

ファミリープランであれば1,000円台中盤で利用できますが、サービスによって最大同時視聴数や最大人数が異なるため、事前にチェックしておくといいでしょう。

オプション機能

歌詞表示機能やカラオケ機能、ロスレスオーディオなど、音楽アプリによってオプションとして提供している機能が異なります。

音楽以外にMVをはじめとした映像を配信しているサービスも存在するため、一度チェックしてみるのがいいでしょう。

自分の好みにマッチしたコンテンツを配信しているサービスを選ぶと、より楽しく音楽アプリを利用できます。

【2022年最新】オフライン再生ができる音楽アプリ6選

Apple Music

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

はじめに、オフラインで聴ける人気の高いアプリ6つを紹介します。

Apple MusicやSpotify、Amazon Musicなどの有名かつ人気の音楽アプリはほとんどオフライン再生が可能です。

ここでは以下の6サービスをピックアップし、それぞれの特徴について詳しく解説します。

Apple Music

Apple Music

画像引用元:‎「Apple Music」をApp Storeで

Apple Musicは、9,000万曲以上の音楽が楽しめるアプリです。

iPhoneだけでなくApple WatchやiPad、Macなど、他のApple製品との相性がバツグンです。

もちろん、Windows PCなどのApple製品以外でも使用できます。CarPlayを使うことで、車の中でも音楽を聴けるのもメリットです。

Apple Musicの特徴
  • 歌詞を見ながら聴ける
  • Apple Watchに音楽をダウンロードできる
  • Siriで曲が探せる
  • レコメンド機能の精度が高い
  • iPadやMacなどApple製品との相性がいい

Apple Musicの料金プラン

Apple Musicでは、下記のプランが用意されています。

プラン月額料金
個人プラン980円
ファミリープラン1,480円
学生プラン580円
※2022年10月時点

個人プラン

Apple Musicの有料プランのなかで一番ベーシックなプランです。

月額980円で全てのコンテンツを利用できます。

ファミリープラン

家族向けに用意されたプランで、最大6人まで利用できます。

それぞれがプライベートアカウントを持てるため、同じApple IDでログインする必要はありません。

個人プランを2つ契約した場合は、月額1,960円かかります。

一方で、Apple Musicのファミリープランなら2人でも月額1,480円なので、2人以上が契約するならお得になります。

ミュージックライブラリを共有できるため、家族のお気に入りの曲をシェアして楽しむことも可能です。

学生プラン

大学生や専門学生向けに用意されたプランで、最長48ヶ月間利用できます。

個人プランと同じサービスを半額以下で利用できるので、大変お得なプランです。

またApple Musicの学生プランなら、Apple MusicだけでなくApple TV+も利用できます。

音楽だけではなく、テレビ番組や映画もセットで楽しめるでしょう。

1ヶ月の無料トライアル実施中!

Amazon Music Unlimited

画像引用元:‎「Amazon Music: Songs & Podcasts」をApp Storeで

Amazon Music Unlimitedは、9,000万曲以上の音楽を配信しており、ロスレスオーディオにも対応しています。

多数の楽曲をより高音質で聴きたいと考えている人におすすめです。

Amazon Prime会員であればよりお得に利用できるため、普段からAmazonを利用している人にとっては見逃せません。

Amazon Music Unlimitedの特徴
  • ハイレゾオーディオ・ロスレスオーディオに対応
  • プレイリスト機能・ラジオ機能が使いやすい
  • レコメンド機能が優秀
  • 一部の楽曲は歌詞表示に対応

Amazon Music Unlimitedの料金プラン

Amazon Music Unlimitedの料金プランは以下のとおりです。

プラン月額料金
個人プラン980円
個人プラン
※Amazon Prime会員
880円
※年額8,800円プランあり
ファミリープラン1,480円
※年額14,800円プランあり
ワンデバイスプラン480円
学生プラン580円
※2022年10月時点

個人プラン

Amazon Prime会員であれば月額880円で利用できるため、お得にハイクオリティな音楽を楽しみたい人におすすめです。

年間契約すれば、10ヶ月分の料金で1年間利用できるため、さらにお得に利用できるでしょう。

聴ける音楽に制限はありません。

ファミリープラン

ファミリープランは、最大10台のデバイスを登録できて6台まで同時再生できるプランです。

1契約で最大6アカウントを使用できるため、2人以上の家族で利用するならこちらを選んだほうがお得になるでしょう。

個人プランの場合と同様に、年間契約することで10ヶ月分の料金で1年間利用できます。

ワンデバイスプラン

1台のAmazon Echo搭載デバイスもしくはFire TVのみで利用できるプランとして、ワンデバイスプランが用意されています。

使用できるデバイスが限られている反面、月額480円という安価な料金で利用できるのがメリットです。

自宅のスマートスピーカーでしか音楽を聞かない人は、このプランがお得なので検討してみてもいいでしょう。

学生プラン

Amazon Music Unlimitedには、学生向けとして月額480円で利用できるプランを用意しています。

現役学生でAmazon Music Unlimitedを利用したいと考えている人は、ぜひこちらを検討してみてください。

利用できるサービスは個人プランと同じです。

そのため、学生で利用するのであれば、ワンデバイスプランを選択する必要はありません。

Spotify

Spotify

画像引用元:‎「Spotify: お気に入りの音楽やアーティストを発見しよう」をApp Storeで

Spotifyは7,000万曲以上の音楽が楽しめるアプリです。

邦楽だけでなく洋楽やK-POPも配信されていて、ポップ・ジャズ・クラシック・レゲェ・パンクなどジャンルも様々です。

さらにポッドキャストや映画・アニメのサウンドトラックも聴けます。

Amazon Music Unlimitedほどではありませんが、配信楽曲数が多いため一度チェックしてみてもいいでしょう。

Spotifyの特徴
  • プランが充実している
  • プレイリストを共有できる
  • スマホやゲーム機など多くのデバイスに対応
  • SNSシェアしやすい
アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

Spotifyの料金プラン

Spotifyでは、下記のプランが用意されています。

どのプランにも1ヶ月無料体験が適用されます。

プラン月額料金
Standard980円
Duo1,280円
Family1,480円
Student480円
※2022年10月時点

Standardプラン

Spotifyの有料プランのなかで一番ベーシックなプランです。

月額980円で全てのコンテンツを利用できます。

自分ひとりで利用するなら、これを選べば問題ないでしょう。

Duoプラン

カップルなど一緒に暮らす2人向けに用意されたプランです。

それぞれがStandardプランのアカウントを所有できます。

Standardプランを2つ契約すると月額1,960円かかるため、Duoプランは680円お得になります。

さらにDuoプランでは、2人の好みに合わせたプレイリスト「DuoMix」を作って音楽をシェアすることが可能です。

2人家族で利用する場合は、個別契約よりこちらを選ぶのがおすすめです。

Familyプラン

家族向けに用意されたプランで、最大6人まで利用できます。

12歳までの子供には「キッズアカウント」が用意されていて、親アカウントでは子供アカウントに流したくない音楽をブロックすることが可能です。

Duoプランと同じように家族でプレイリストを共有できるので、家族で車で出かける時などに活用できます。

Studentプラン

大学生向けに用意されたプランで、最長4年間利用できます。

登録日あるいは最後に大学在籍を確認した日から12ヶ月間は利用できるため、4年生の途中で登録しても1年間は学割プランが使えます。

広告による中断がないため、勉強しながら音楽を聴きたいときにぴったりです。

有料プランと無料プランの違い

Spotifyは有料プランだけでなく、無料プランも用意されています。

有料プランと無料プランの違いを見ていきましょう。

機能有料プラン無料プラン
オフライン再生
バックグランド再生
シャッフル再生
オンデマンド再生無制限にできる数十秒できる
スキップ再生回数無制限1時間に6回まで
広告再生されない再生される

無料プランでもバックグラウンド再生の機能はありますが、オフライン再生ができるのは有料プランのみです。

有料プランではオンデマンド再生やスキップ再生も無制限にできて広告が入らないため、ストレスなく音楽を楽しめます。

AWA

AWA

画像引用元:‎AWA Music on the App Store

AWAは7,000万曲以上の音楽が楽しめるアプリです。

アプリをダウンロードすると登録無しですぐに始められます。

AWAの特徴
  • 曲数が多い
  • AWAエディターが厳選したプレイリストで聴ける
  • 気分やシチュエーションからも音楽を検索できる
  • AWAオリジナル特典もある
アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

AWAの料金プラン

AWAでは、下記のプランが用意されています。

一般プランと学生プランには1ヶ月の無料体験が適用されます。

プラン月額料金年額料金
一般プラン980円9,800円
学生プラン480円なし
アーティストプラン270円~なし

一般プラン

AWAの有料プランのなかで一番ベーシックなプランです。

年額料金は月額料金で払うより、2ヶ月分がお得になります。

一般的な利用であれば、これを選べば問題ありません。

学生プラン

中学生以上の学生向けに用意されたプランです。

個人プランと同じサービスを半額以下で受けられます。

他アプリでは大学生以上でないと学割のプランが無いものもありますが、AWAでは中学生から学割プランを利用可能です。

学生であればこちらがお得なため、ぜひ検討してみてください。

アーティストプラン

月額270円から好きなアーティストの楽曲が聴き放題となるプランです。

最大3組のアーティストを選ぶことができます。

それぞれの料金は以下のとおりです。

項目月額
1アーティスト270円
2アーティスト540円
3アーティスト810円

プランに加入するとAWAオリジナル特典もあり、これは一般プランでも利用可能です。

AWAのオリジナル特典
  • ライブチケットの先行予約販売
  • AWA限定のオリジナルヴォイスメッセージ
  • ライブ音源の特別公開
  • 発売前の楽曲を先行配信
  • ライブのセットリストや本人が選曲した特別なプレイリスト
  • AWAオリジナルグッズのプレゼント

有料プランと無料プランの違い

AWAは有料プランだけでなく、無料プランも用意されています。

有料プランと無料プランの違いを見ていきましょう。

機能有料プラン無料プラン
オフライン再生
フル尺再生
オンデマンド再生
プレイリストの作成・公開
歌詞表示
ハイライト再生
再生時間制限なし月20時間まで
広告表示されない表示されない

無料プランでもオンデマンド再生や広告非表示の機能はありますが、オフライン再生ができるのは有料プランのみです。

再生時間に制限がないのも有料プランだけなので、快適に音楽を楽しみたい場合は有料プランに加入しましょう。

LINE MUSIC

画像引用元:‎「LINE MUSIC」をApp Storeで

LINE MUSICは9,000万曲以上の楽曲を配信しており、Amazon Music Unlimitedと並んで配信楽曲数が多いサービスです。

さまざまな音楽を楽しみたい人は、ぜひ検討してみてください。

また、高画質配信のMVやLINE MUSICのオリジナルコンテンツも配信されています。

一般的な音楽アプリとは異なるユニークなサービスが魅力的なので、ぜひチェックしてみてください。

LINE MUSICの特徴
  • 配信楽曲数がトップクラス
  • オリジナルコンテンツも充実
  • カラオケ機能を搭載
  • LINEのプロフィールにMVを設定可能

LINE MUSICの料金プラン

LINE MUSICには、以下の3プランが用意されています。

いずれのプランを契約した場合でも、1ヶ月間の無料体験期間が付与されます。

プラン月額料金年額料金
一般プラン980円9,600円
学生プラン480円なし
ファミリープラン1,480円14,800円

一般プラン

1人でLINE MUSICを利用するのであれば、一般プランを契約するのがおすすめです。

月額980円もしくは年額9,800円で利用でき、すべての音楽を聴き放題で楽しめます。

歌詞表示やカラオケ。LINEへの設定などもすべて利用できるため、困ることはないでしょう。

学生プラン

中学生以上の学生であれば、学生プランを利用できます。

月額480円で一般プランと同じサービスを利用できるため、お得といえるでしょう。

利用条件を満たしているのであれば、学生プランを使うのがおすすめです。

ファミリープラン

最大6人の家族で利用できるプランが、ファミリープランです。

家族全員でLINE MUSICを利用する人は、ぜひこちらを検討してみてください、

一般プランと同様に年間契約にも対応しており、10ヶ月分の料金で1年間利用できます。

dヒッツ

dヒッツ

画像引用元:‎‎「dヒッツ 音楽聴き放題アプリ」をApp Storeで

dヒッツは邦楽を中心に6,000以上のプレイリストが用意されている音楽アプリです。

ジャンルや年代などで選曲されたプレイリストを楽しめます。

dヒッツは基本的にストリーミング再生で音楽を楽しむサービスですが、「myヒッツ」機能を使うことで圏外でも音楽が聴けるようになります。

NTTドコモが扱っているdヒッツですが、ドコモユーザーでなくても使用可能です。

dヒッツの特徴
  • 邦楽が充実している
  • 料金が安い
  • スマートスピーカーにも対応
  • スマホやパソコンに取り入れている音楽を再生できる
アプリダウンロードはこちら
アップルストア グーグルプレイ

dヒッツの料金プラン

dヒッツでは、下記のプランが用意されています。

どちらのプランにも31日間無料体験が適用されます。

項目月額料金使える機能
500円プラン550円プレイリスト再生とmyヒッツ
300円プラン330円聴き放題のみ

500円プラン

dヒッツの有料プランで、最もベーシックなプランです。

プレイリスト再生とmyヒッツの再生ができます。

myヒッツとは、毎月10曲ずつ好きな曲をdヒッツに保存できる機能です。

myヒッツを利用することで、気に入った曲だけを選んで聴くことが可能になります。

300円プラン

プレイリストの曲を聴き放題で利用できるプランです。

myヒッツの利用はできないため、好きな曲のみ聴きたい場合は500円プランに加入する必要があります。

有料プランと無料プランの違い

dヒッツは有料プランだけでなく、無料プランも用意されています。

有料プランと無料プランの違いを見ていきましょう。

プラン500円プラン300円プラン無料
楽曲再生フル再生フル再生30秒のみ
myヒッツ機能
バックグラウンド再生

無料プランでも、楽曲検索して30秒間だけ聴くことができます。

30秒だと曲のほんの一部になってしまうため、音楽をフル再生で楽しみたい方は有料プランがおすすめです。

無料でオフライン再生ができる音楽アプリを使う方法

Apple Music

画像引用元:Apple Music

オフラインで聴くためには、どのアプリも有料プランに加入しなければいけません。

しかし、有料プランでは無料トライアル期間が用意されているものもあり、それらを駆使すれば一定期間無料で音楽アプリを使うことも可能です。

無料で体験してみてから、有料プランに加入し続けるかどうか決められます。

音楽アプリでは、基本的に初回契約を締結すると定められた期間の無料体験を利用できるのが通常です。

無料体験期間中は、料金を支払わずに有料プランと同等のサービスを利用できます。

その中にはオフライン再生も含まれるため、この機会に試してみてください。

オフラインで音楽アプリを使うメリット

Spotify Premium

画像引用元:Spotify

ここからは、オフラインで音楽アプリを使うメリットを紹介していきます。

オフラインで音楽アプリを使うメリット
  • 通信量を抑えられる
  • 通信できない環境で音楽が聴ける
  • 格安で音楽を楽しめる
  • さまざまなジャンルの曲を聴ける

それでは、詳しく見ていきましょう。

通信量を抑えることができる

音楽の再生方法には、オフライン再生以外にも「ストリーミング再生」があります。

ストリーミング再生では事前にダウンロードする必要がなく、聴きたい音楽をアプリから直接聴けます。

ただし、再生中にデータ通信が発生するため、通信量が制限されているプランを契約している人にとってはデメリットになるでしょう。

一方のオフライン再生は音楽をダウンロードするため、再生するたびに通信量がかかることはありません

通信できない環境で音楽が聴ける

オフライン再生はスマホなどの端末に音楽を取り入れるため、圏外などの通信できない環境でも音楽を聴けます。

飛行機に搭乗するときや海上で利用するときなど、スマホでデータ通信ができない環境のときにおすすめです。

格安で音楽を楽しめる

音楽アプリは月額1,000円未満のものが多く、配信されている数千万曲の音楽が聴き放題です。

音楽には聴き放題以外にもダウンロード販売がありますが、それを利用すると1曲あたり数百円の支払いが発生します。

毎月たくさんの音楽を聴く人にとっては、リーズナブルなのが大きなメリットです。

ただし、聴き放題型の音楽アプリに配信されていない楽曲も存在します。

必要に応じてダウンロード販売と音楽アプリを併用しましょう。

さまざまなジャンルの曲を聴ける

音楽アプリではJ-POP、洋楽やジャズ、ロック、クラシックなど様々なジャンルの音楽を取り扱っています。

月額で聴き放題の場合、普段は聞かないようなジャンルの曲も気軽に聞けます。

ランダム再生で気に入った曲に出会うこともあるでしょう。

レコメンド機能が充実しているアプリも多く、音楽の幅を広げられます。

オフラインで音楽アプリを使うデメリット

AWA

画像引用元:AWA – 音楽ストリーミングサービス

ここからは、オフラインで音楽アプリを使うデメリットを紹介していきます。

特にアプリをたくさん使っていてスマホの容量が危うい人などは、注意が必要です。

それぞれ詳しく説明していきます。

オフラインで音楽アプリを使うデメリット
  • 聴きたい音楽がない場合がある
  • スマホの容量が圧迫される
  • 料金がかかる

聴きたい音楽がない場合がある

どの音楽アプリも、およそ数千万曲が用意されています。

ただしJ-POPが多めだったりC-POPに特化していたり、選曲に特徴があるケースも存在します。

自分の聴きたいジャンルやアーティストの曲があるかどうかは、契約前に確認しましょう。

また楽曲によってはダウンロードに対応していないケースもあります。

無料体験などを利用して、聴きたい音楽が問題なくオフライン再生できるかチェックしておきましょう。

スマホの容量が圧迫される

オフライン再生では、楽曲をスマホなどの端末にダウンロードします。

そのため、かなりの容量を専有する場合があります。

通信量がかからない分、スマホ本体の容量を気にしなければいけません。

内部ストレージの容量がいっぱいになる場合は、microSDカードやUSB-C接続のUSBメモリを併用するなどの対策が有効です。

料金がかかる

音楽アプリでオフライン再生するためには、基本的に有料プランに加入する必要があります。

そのため、無料でオフライン再生を利用し続けることはできません。

ただし、月額1,000円未満のプランが多く、短期間で解約することも可能です。

気になる音楽アプリがあったら、一度試してみてはいかがでしょうか?

状況に応じてオフライン再生を活用しよう!

AWA

画像引用元:AWA – 音楽ストリーミングサービス

オフライン再生は通信量の節約に役立ち、圏外で利用する場合にもおすすめです。

しかし、メリット・デメリットがあるため利用する前に一通りチェックしておいたほうがいいでしょう。

今回紹介した6つのオフライン再生対応アプリをまとめると、以下のとおりです。

オフラインで再生できるおすすめ音楽アプリ
  • Apple Music
    9,000万曲以上が聴き放題
  • Amazon Music Unlimite
    9,000万曲以上の楽曲を配信していて高音質で聴ける
  • Spotify
    ジャンルが豊富で音楽以外も配信
  • AWA
    7,000万曲以上と豊富
  • LINE MUSIC
    カラオケやLINEとの連携機能が充実
  • dヒッツ
    J-POPに強い

どのアプリもキャンペーンの有無で期間が異なりますが、無料トライアルが存在します。

まずは無料で試してみて、お気に入りのアプリを探してみてください。

通勤・通学中や勉強中、ドライブの時や家事をしている時などに、音楽があると日々の生活が変わる可能性もあります。

オフライン再生できる音楽アプリをぜひ試してみてください。

音楽アプリならApple Musicがおすすめ!
9,000万曲以上が聴き放題で、1ヶ月の無料トライアルも実施中!

この記事を書いた人
ライター歴3年のフリーランス。格安SIM・Wi-Fi・スマホ・アプリなどの記事を執筆。au歴18年からmineoに乗り換えて1年。スマホはXperia。パソコンはWindows派(FUJITSU・ASUS・DELL)。東京都出身の元システムエンジニア(応用情報技術者は取得済み)。