iPhone SE(第2世代)は第1世代ユーザーは100%買いな理由!例外は無い?

  • 2020年5月10日
  • by.haru.10

iPhone SE(第2世代)

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

先日発表・発売されたiPhone SE(第2世代)はiPhone SE(第1世代)よりコスパも機能性も十分な機種だと分かりました。

特に、iPhone SE(第1世代)ユーザーはオンラインでの購入を本気でおすすめします!

今回はiPhone SE(第2世代)の特長や買うべき理由を解説します。

iPhone SE(第2世代)をおすすめする5つの理由
  • コスパがダントツに良い
  • CPUとカメラのスペックが向上
  • バッテリーが大きく改善
  • ホームボタン付きでiPhone SEの使いやすさはそのまま
  • eSIMと物理SIMのデュアルSIMに対応

※本記事中の価格は税込み表示

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)とiPhone SE(第1世代)の基本情報

UQモバイルのiPhone SE

画像引用元:iPhone SE|格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

まずは、今回新たにリリースされたiPhone SE(第2世代)の基本情報をお伝えします。

発売日

iPhone SE発売日
第1世代2016年3月31日
第2世代2020年4月24日(Apple)
2020年5月11日
(ドコモ・au・ソフトバンク)

iPhone SE(第2世代)は2020年4月24日にAppleから発売されています。

ドコモ・au・ソフトバンクからの発売は5月11日です。

iPhone SE(第1世代)は2016年3月31日に発売されているので、約4年ぶりの新機種の発売となりました。

現在の価格

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
ドコモ通常57,024円62,568円75,240円
スマホおかえしプログラム38,016円41,712円50,160円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常55,270円61,250円75,215円
かえトクプログラム28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常57,600円64,080円78,480円
トクするサポート+(特典A)28,800円32,040円39,240円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
Apple通常49,280円54,780円66,800円
詳細Apple 公式サイトを見る

iPhone SE(第2世代)の64GBは49,280円となっており、5万円以下で購入することができます。

またドコモ・au・ソフトバンクで購入すると割引サービスで最大半額の価格でiPhone SE(第2世代)が購入できるので、ぜひ自分の使っている携帯キャリアをチェックしてみましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)とiPhone SE(第1世代)のスペック

iPhone SE(第2世代)

画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)のスペックはiPhone SE(第1世代)と比べて、どれほど進化したのでしょうか。

では、それぞれのスペックについて見ていきましょう。

スペック

iPhone SE第1世代第2世代
ディスプレイサイズ4.0インチ4.7インチ
本体サイズ約58.6×123.8×7.6mm約67.3×138.4×7.3mm
重量約113g約148g
チップセットA9A13 Bionic
ストレージ16/32/64/128GB64/128/256GB
カメラ1,200万画素1,200万画素
ポートレート
ワイヤレス充電非対応対応
耐水防塵非対応IP67
Apple Pay(FeliCa)非対応対応

iPhoneSE(第1世代)と(第2世代)のスペックの主な違い、ポイントをまとめました。

iPhone SE(第2世代)のポイント
  • チップセットがA9からA13 Bionicに進化
  • 耐水対応になった
  • サイズがひと回り大きくなった
  • ワイヤレス充電やApple Pay(FeliCa)に対応

チップセットがA9からA13 Bionicに進化

iPhone SE(第2世代)では、2020年5月現在最新のチップセットであるA13 Bionicが搭載されています。

チップセットとはスマホの脳にあたる部分で、計算や画像の処理に必要な機能を1つのチップにまとめた部品です。

Apple社は新機種が発売されるごとに、より処理性能の高いチップセットを開発して搭載しています。

iPhone SE(第2世代)に搭載されているA13 Bionicは、最新のiPhone 11 Proなどに搭載されているものと同じです。

iPhone SE(第1世代)では負荷の高いスマホゲームなど動作にストレスを感じることもあります。

しかし、iPhone SE(第2世代)ならほとんどのアプリをサクサクと快適に動かすことができるでしょう。

耐水防塵にも対応

今ではiPhoneでも当たり前になった耐水防塵性能ですが、iPhone SE(第1世代)は非対応でした。

iPhone SE(第2世代)ではiPhone8と同等のIP67に対応しており、多少の水濡れには耐えられます。

サイズがひと回り大きくなった

大きな違いが、ディスプレイのサイズです。

iPhone SE(第2世代)は4.7インチでiPhone8と同じサイズで、iPhone SE(第1世代)の4.0インチと比べるとひと回り大きくなっています。

第1世代のような小型のiPhone SEの発売を期待していた人にとっては残念な点かもしれません。

しかし、現在では5.5インチ~6インチのスマホが主流のため、4.7インチはコンパクトなサイズと言えます。

最新機種と同等のスペックを備えながら、コンパクトなサイズのiPhone SE(第2世代)は旧機種からの買い替えには最適でしょう。

ワイヤレス充電やFelica決済対応

ワイヤレス充電やFelicaを使ったApple Payの店頭決済にも対応しています。

iPhone SE(第1世代)のユーザーの中にもApple Payが使えず不便に思っていたという方がいらっしゃると思います。

iPhone SE(第1世代)発売以降にiPhoneに搭載された新たな機能が使えることも、iPhone SE(第2世代)が進化したポイントの1つです。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)をおすすめする5つの理由

iPhone SE au

画像引用元:iPhone SE(第2世代)| iPhone | au

新しく発売されたiPhone SE(第2世代)は、第1世代のユーザーはもちろん機種変更を考えてる全ての方におすすめのiPhoneです。

ここからはiPhone SE(第2世代)への買い替えをおすすめする5つの理由を解説します。

iPhone SE(第2世代)の乗り換えをおすすめする理由
  • コスパが良い
  • CPUやカメラのスペックが向上
  • バッテリーも改善
  • ホームボタン付きで操作感はそのまま
  • eSIMとのデュアルSIMに対応

理由①コスパが良い

iPhone SE(第2世代)の最大の特徴はコスパの高さです。

ほとんどのスマホは高額で、iPhone 11などの低価格モデルでも価格が安いとは言えませんでした。

しかしiPhone SE(第2世代)は64GBモデルで49,280円と、他のiPhoneと比べてとても安く購入できます。

参考までに、iPhone SE(第2世代)とiPhone 11シリーズの価格を比較するとこのようになります。

機種iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 11 Pro
64GB49,280円82,280円117,480円
128GB54,780円87,780円-
256GB66,880円99,880円135,080円

最新のiPhoneは高くて手が出しにくいという方でも、iPhone SE(第2世代)ならiPhone 11 Proの半額以下で買えます。

手が届きやすい価格設定ですね。

iPhone SE(第1世代)ユーザーにはもちろんおすすめですが、iPhoneの買い替えを考えている人にはぜひ検討して欲しいです。

理由②CPUやカメラのスペックが向上

カメラの画素数だけを比較すると、第1世代も第2世代も1,200万画素と変わりません。

ただ、iPhone SE(第2世代)ではスマートHDR技術に対応していることで、より綺麗で明るい写真を撮影することができます。

スマートHDR技術は1枚の写真を撮るときに、複数の写真を重ね合わせることで自然な色味の写真に仕上げられるものです。

またiPhone SE(第2世代)はシングルレンズのカメラながら、ポートレート機能に対応しているのも進化したポイントです。

ポートレート撮影では、カメラで人物にピント合わせて背景をぼかした、プロのような写真撮影ができます。

なおポートレート機能は、モノの撮影には使えませんので注意が必要です。

理由③バッテリーも改善する

iPhone SE(第2世代)はバッテリー持ちの良さが向上しています。

バッテリー容量は公表されていませんが、iPhone SE(第2世代)はiPhone SE(第1世代)に比べて約2.5時間長く使えるようになりました。

搭載されているチップセット、A13 Bionicがバッテリーを効率よくコントロールすることによって、バッテリー持ちが良くなっています。

理由④ホームボタン付きで操作感はそのまま

iPhone SE(第2世代)にはホームボタンが搭載されており、こちらもiPhone8の発売以来となります。

ホームボタンがあるという点では、iPhone SE(第1世代)とも変わらない操作感を実現しています。

ここ2年間で発売されたiPhoneは全てホームボタン非搭載のフルディスプレイモデルでした。

ホームボタンが廃止されたモノと思われていましたが、iPhone SE(第2世代)でホームボタンが復活しています。

なおiPhone SE(第2世代)ではTouch IDによる生体認証に対応しており、iPhone 11などにあるFace IDには対応していません。

そのため、iPhone SE(第2世代)はホームボタンを使った操作に慣れ親しんでいる方や、Face IDが使いにくいと感じる人にもおすすめです。

理由⑤eSIMとのデュアルSIMに対応

iPhone SE(第2世代)ではeSIMにも対応しており、通常のSIMカードと併用することで2つの電話番号を同時使えます。

eSIMとは従来のSIMカードのように差し替えをしなくても、WEB上で契約を書き換えるだけで回線を切り替えられるSIMの形態です。

日本国内ではeSIMで契約のできる事業者は少ないですが、海外旅行の際にはiPhoneから現地の通信事業者のeSIMの契約ができるので非常に便利です。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)をおすすめできない人はいる?

iphonese

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)は現行のiPhoneの中でもコスパが最強で、全iPhoneユーザーにおすすめできる機種ですが、一部おすすめできないという例外もあります。

ここでは、どんな方にiPhone SE(第2世代)がおすすめできないのか、理由を解説します。

iPhone SE(第2世代)をおすすめできない人
  • 4インチiPhoneを求めている人
  • スマホに目新しさを求めている人
  • 5G対応スマホが欲しい人

ユーザーによっては持ちにくい大きさかも?

iPhone SE(第2世代)の発表前の段階では、第1世代のようなコンパクト4.0インチのなiPhoneを期待しているユーザーが多く見られました。

しかしながら、実際には4.7インチとiPhone8と変わらないサイズとして発売されることになりました。

iPhone8のような4.7インチのiPhoneだと片手で使いにくいからと、4.0インチのコンパクトなiPhoneの発売を待っていた人にとっては残念な点でもあります。

確かにiPhone SE(第2世代)のサイズでは、手の小さい女性などは片手で使うには少し不便なサイズ感と言えるでしょう。

サイズの関係でiPhone SE(第1世代)を使い続けてきた人にとっては、iPhone SE(第2世代)はあまりおすすめできません。

インパクトのある目新しさはない

iPhone SE(第2世代)の特徴は、必要十分な機能を備えたコスパの良い機種であるという点ですが、裏を返せば特に目新しい機能が追加されたわけではありません。

第1世代も同様ですが、iPhone SEシリーズは廉価モデルという位置付けなので、特に目立った新機能のないiPhoneになります。

斬新な機能を搭載したiPhoneを期待するなら、次の秋の新モデルの発表まで待つ方が良いでしょう。

5Gに対応していない

日本の大手キャリアでも5Gサービスが開始され、対応Androidスマホが続々と市場に投入されています。

しかし、iPhoneの5G対応モデルはまだ発売されていません。

よってiPhone SE(第2世代)も5G非対応となっています。

5G対応のiPhoneは今のところいつ発売されるのかわかりませんが、遠くない将来での発売が予想されます。

5Gで使えるiPhoneの購入を検討しているなら、今のタイミングでiPhone SE(第2世代)を購入するメリットはあまりないでしょう。

ただ、日本国内で5Gのサービスは始まったもののエリアは限定的で、普及までには期間がかかると予想されます。

iPhone SE(第2世代)はオンラインストアで購入しよう

予約・購入手順

画像引用元:Apple(日本)

iPhone SE(第2世代)を購入するなら、Appleやドコモ・au・ソフトバンクでのオンラインストアでの購入がお得でおすすめです。

店頭で購入する時のような待ち時間もなく、WEBで購入手続きをするだけで自宅で端末を受け取ることができます。

また、Appleで購入したiPhoneは全てSIMフリーとなるので、格安SIMを使っている人はもちろん大手キャリアを使っている人でも利用することができます。

5月6日現在では新型コロナウィする感染の拡大防止からApple Storeは営業休止、各キャリアの店舗も営業時間の短縮を行っているところがほとんどです。

今後、緩和や解除の方向に動くようですが、自身や廻りへの感染拡大防止の観点からオンラインストアを利用した方がよいでしょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)の購入手順

ここでは例として、Appleオンラインストアからの購入手順を紹介します。

Apple オンラインストアでの購入はとても簡単
  1. Appleの公式サイトにアクセスする
  2. 色・容量の選択支払い方法・住所の入力して注文完了!

Appleの公式サイトにアクセスする

まずは、Apple公式サイトにアクセスし、iPhone SE(第2世代)の専用ページを開きます。

画面の右上に「購入」ボタンが表示されるので、ボタンを押して購入手続きを進めます。

①色・容量の選択

Apple Storeオンラインでの購入

画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

次に購入するiPhone SE(第2世代)の色と、ストレージを選択します。

AppleCare+の保証に加入する場合は、ここで保証を追加しておく必要があります。

選択が完了したら、「バックに追加」を押して、次の画面でケースなどセットで購入できるものが表示されます。

②バッグを確認

Apple Storeオンラインでの購入

画像引用元:iPhoneアクセサリ – Apple(日本)

必要なものを選び終えたら画面上部の「バックを確認」を押します。

内容に誤りがなければ、注文手続きに進みます。

③発送先を入力・支払いで注文完了

注文手続きでは、支払い方法や発送先住所の入力を順番に行います。

すべて入力が完了すれば注文は完了です。

あとは、自宅にiPhone SE(第2世代)が届くのを待つだけです。

また支払いにはApple Storeギフトカードも適用できます。

iPhone SE(第2世代)はコスパ最強でおすすめ

iPhone SE au

画像引用元:iPhone SE(第2世代)| iPhone | au

iPhone SE(第2世代)をおすすめする5つの理由
  • コスパがダントツに良い
  • CPUとカメラのスペックが向上
  • バッテリーが大きく改善
  • ホームボタン付きでiPhone SEの使いやすさはそのまま
  • eSIMと物理SIMのデュアルSIMに対応

iPhone SE(第2世代)は現行のiPhoneの中でもコスパが最強で、第1世代を使っている人だけでなく幅広いユーザーにとって買い替えの選択肢に入ります。

コスパ重視の方や、コンパクトなiPhoneを使いたい人には特におすすめの機種です。

ぜひこの機会に、iPhone SE(第2世代)に機種変更してみてはいかがでしょうか?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ