ドコモの機種変更で必要なもの|オンラインと店舗の違いと未成年の場合

ドコモの機種変更で必要なもの|オンラインと店舗の違いと未成年の場合

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモをはじめとするケータイショップでは、個人情報の管理と本人確認が厳しく徹底されています。

取り扱っている商品がスマホやケータイという電話番号など重要な個人情報であるため、本人確認は特にしっかりと行わなければいけません。

そのため、ケータイショップで新規契約や機種変更などの契約を行う時には、顧客側が必要な書類を用意して店舗に行く必要があります。

そして、書類が足りないなどの不備があった場合は契約することができません

ドコモの機種変更で必要なもの
  • 店舗の場合は今契約しているドコモのスマホやケータイが必要
  • ネットワーク暗証番号で本人確認することができる
  • オンラインの場合はdアカウントと支払い先の情報があれば問題ない
  • 店舗なら未成年の契約は可能だがオンラインは不可

今回は、ドコモの機種変更で必要なものをまとめました。

ドコモの店舗・オンライン別にまとめたので、機種変更を検討中の人は是非参考にしてください。

せっかく店舗に来たのに、書類が足りなくて契約できない・もう一度書類を取りに家に戻らないといけないということがないようにしましょう。

ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ドコモの機種変更で必要なもの【店舗】

ドコモ

画像引用元:キャンペーン・特典 一覧

まず、ドコモの店舗で機種変更する時に必要なものについてまとめました。

どのキャリアショップでも共通していますが、機種変更の場合は新規契約やMNPよりも用意するものが少ない傾向にあります。

それは、既にキャリアに契約のデータがあるからです。

契約時に決めた暗証番号で認証をすれば、本人確認の書類がなくても本人確認が可能な場合もあります。

そして、契約者本人以外は契約できない新規契約やMNPと異なり、代理人が機種変更することも可能です。

ただし、代理人の機種変更にはいくつかの条件があるので、しっかりと確認してください。

契約者本人が機種変更する場合

まず、契約者本人が機種変更する場合に必要なものを紹介します。

  • 利用中のドコモのスマホやケータイ
  • スマホ等を購入するための代金

たったこれだけです。

利用中のドコモのスマホやケータイがあれば、本人確認書類を掲示する必要はありません

スマホ等を購入するための代金は、充電器やスマホの端末代金を現金で購入する場合です。

もちろん、分割で組むことも可能です。

店舗では頭金を求められることも多いので、ある程度の現金を持って行くことをおすすめします。

本人確認する方法

それでは、機種変更の時にどのように本人確認をするのでしょうか。

  • ネットワーク暗証番号の入力
  • 本人確認書類の掲示
  • 利用中のスマホ等の画面で「電話機購入時確認画面」を掲示

ネットワーク暗証番号とは、契約時に決めた4桁の暗証番号のことです。

ネットワーク暗証番号さえ覚えていれば、簡単に本人確認ができます

また、ドコモのスマホ等の画面で「電話機購入時確認画面」を掲示しても本人確認ができます。

運転免許証や健康保険証を財布に入れている人がほとんどだと思うので、本人確認書類での本人確認ももちろん可能です。

代理人が機種変更する場合

代理人が機種変更する場合は下記の通りです。

  • 契約者本人の本人確認書類
  • 委任状
  • 代理人の本人確認書類

契約者本人の本人確認書類が必要になります。

コピーではなく原本が必要になるので気をつけてください。

また、委任状が必要になるので、ドコモの公式サイトから印刷するか、事前にドコモの店舗でもらうようにしましょう。

代理人の本人確認書類ももちろん必要になります。

運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどを持参しましょう。

新しい機種を分割で契約する場合は家族以外の代理人NG

機種変更する機種を分割で契約する場合は、家族以外の代理人で申込むことはできません。

家族の代理人が分割で契約する場合は、家族であるという証明も必要になります。

家族の場合に必要な書類は下記の通りです。

  • 契約者本人の本人確認書類
  • 委任状
  • 代理人の本人確認書類
  • 家族であることを証明できる書類(戸籍謄本やマイナンバーの印字なしの住民票)

家族であることを証明できる書類は、戸籍謄本やマイナンバーの印字がない住民票になります。

戸籍謄本はもらうのも手間がかかりますし手数料もかかるので、住民票を用意する方が簡単です。

未成年が機種変更する場合(未成年が契約者)

ドコモ

画像引用元:オンラインショップのメリット紹介

未成年が機種変更をする場合は下記の通りです。

  • 利用中のドコモのスマホやケータイ
  • スマホ等を購入するための代金

成人の契約者が機種変更する場合と同じです。

利用中のドコモのスマホやケータイがあれば問題ありません。

また、スマホの端末代金や充電器などを購入する場合は、必要なだけお金を持っていく必要があります。

頭金がかかる可能性も高いので、余裕を持ってお金を用意しましょう。

本人確認する方法は同じ

本人確認の方法も同じです。

  • ネットワーク暗証番号の入力
  • 本人確認書類の掲示
  • 利用中のスマホ等の画面で「電話機購入時確認画面」を掲示

ネットワーク暗証番号がわかる、またはドコモのスマホ等の画面で「電話機購入時確認画面」を掲示すれば本人確認ができます。

ただし、ここまでは機種変更するスマホの端末代金を一括支払いする場合のみです。

分割で契約する場合は別途親権者の同意書が必要

機種変更するスマホの端末代金を分割で契約する場合は、別途親権者の同意書が必要になります。

親権者の同意書は、ドコモの公式サイトから印刷するか、ドコモの店舗で直接受け取ることで手に入れることができます。

保護者に書いてもらった後、ドコモの店舗で掲示をするとスタッフから保護者へ電話確認があります。

保護者であるという確認と、未成年の契約者が高額なスマホの購入と契約をすることに対する確認と了承を得るためのものとなります。

そのため、もしも代筆で未成年の契約者が親権者の同意書を書いたとしても、保護者に電話確認した時点で確実にバレます。

本人確認書類の補助書類は不要

新規契約では、健康保険証や住民基本台帳カードの場合は、クレジットカードまたは住民票などの住所を証明するための補助書類が必要となります。

しかし、機種変更では本人確認書類の補助書類は不要です。

そのため、わざわざ住民票などを用意する必要はありません。

ドコモの機種変更で必要なもの【店舗】
  • ドコモで契約しているスマホやケータイ
  • ネットワーク暗証番号や本人確認書類
  • 代理人の場合は委任状と契約者本人の本人確認書類も必要
  • 家族の代理人が分割契約する場合は家族証明ができるものが必要
  • 未成年で分割契約する場合は親権者の同意書が必要
ドコモの利用料金やプランの契約内容の確認・変更はマイドコモが便利

次のページでは、ドコモの機種変更で必要なもの【オンライン】編を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • 還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ