ドコモで未成年が機種変更するために必要なものと手続きの流れ

  • 2019年8月29日
  • by.sunsun

スマホを持つ中学生・高校生

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

家族や友達への連絡手段として、未成年でもスマホをもっている子供は多いです。

スマホ利用者が未成年の場合、ドコモで機種変更をするときはもってくる必要書類に気をつけなければなりません。

そこで今回は、ドコモで未成年が機種変更するために必要なものと手続きの流れを解説します。

今回の記事の流れ
  • ドコモで未成年が機種変更するときの選択肢
  • スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の機種変更方法
  • スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の機種変更方法
  • ドコモで未成年が機種変更すときに必要なもの
  • ドコモで未成年が機種変更するときの流れ

必要書類が十分でないと、当日に機種変更できなかったというトラブルも発生します。

では、さっそくどのようなものが必要なのかをみていきましょう。

【2020年11月】ドコモ機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ドコモは契約者名義を誰にしているかで機種変更方法の選択肢が変わる

仲良しの家族

ドコモでは未成年者が使っているスマホの契約名義を誰にしているかで、機種変更方法の選択肢が変わります。

まずは、どのような方法を選ぶことができるのかをみていきましょう。

チェックポイント
  • ドコモでは12歳以上の中学生なら本人名義で契約ができる

中学や高校に進学するときに合わせて子供のスマホを契約する人も多いでしょう。

ドコモは中学生(12歳以上)から本人名義でスマホなどの契約が可能です。

12歳以下の小学生などは、契約者を親にしないとドコモのスマホはもてません。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の機種変更方法は2つ

  • ドコモオンラインショップ
  • 店舗

契約者を親の名義にしている場合は、ドコモオンラインショップで機種変更することも可能です。

待ち時間がなく比較的簡単にできます。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の機種変更方法は1つ

  • 店舗

契約者も未成年の子供の名義にしている場合は、ドコモオンラインショップでの機種変更はできません。

店舗に一度出向く必要があります。

次の項目から、ドコモで未成年の機種変更がスムーズにできるような順番で説明していきます。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の機種変更をドコモオンラインショップで

最初に解説するのは、スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の場合の機種変更方法です。

1番目の手続き方法、ドコモオンラインショップで機種変更する流れを紹介します。

チェックポイント
  • 契約者(親)がドコモオンラインショップにアクセスする

ドコモオンラインショップに、契約者(親)自身がアクセスして機種変更手続きをする必要があります。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の場合に用意するもの:ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップで機種変更するときに必要なものは主に4つです。

契約者(親)の現住所記載の本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカードなど

スマホ利用者(未成年の子供)の本人確認書類

  • 学生証
  • 健康保険証など

契約者(親)の場合、親の本人確認書類さえあれば必要ありません。

しかし、25歳未満を『利用者』として登録するとドコモの学割が適用されます。

利用者登録には未成年の子供の本人確認書類が必要になるので、用意しておくほうがおすすめです。

dアカウント

dアカウントのIDとパスワードが必要です。

まだ登録していない人は新規登録から行なってください。

クレジットカードまたは金融機関の口座番号がわかるもの

支払い情報を登録するときに必要です。

ドコモオンラインショップでの機種変更の流れは以下となります。

  1. ドコモオンラインショップの公式サイトへdアカウントでアクセス
  2. 機種変更したい商品を選択する
  3. 料金プランを決める
  4. 申し込み手続きをする(商品受け取り方法・料金プラン・支払い情報・キャンペーン、割引の入力)
  5. 本人と子供の確認書類をアップロードする
  6. 商品を宅配または店舗で受け取る
  7. 古いスマホから新しいスマホにデータを移行する
  8. 契約者(親)が『ご利用開始手続き』をする
ドコモの機種変更で必要なもの|オンラインと店舗の違いと未成年の場合

次の章では、スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の機種変更を店舗で行う場合について解説します。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の機種変更を店舗で

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の場合で、2番目に紹介するのは店舗に来店して機種変更する方法です。

チェックポイント
  • 契約者(親)のみで店舗へ行く
  • スマホ利用者(未成年の子供)と契約者(親)の両方で行く

契約者(親)同伴で店舗に出向くと、用意するものが少なくて済むのでおすすめです。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の場合に用意するもの:店舗

まずは、契約者(親)も同伴した場合に必要なものを紹介します。

契約者(親)同伴で必要なものは主に6つです。

契約者(親)の現住所記載の本人確認書類(コピー不可)

  • 運転免許証
  • マイナンバーカードなど

スマホ利用者(未成年の子供)の本人確認書類(コピー可)

  • 学生証
  • 健康保険証

ドコモの学割が適用される『利用者登録』の手続きに必要です。

契約事務手数料

  • 3,000円(税抜)

店舗によってクレジットカードなどで支払いも可能です。

新しいスマホの機種代金

一括払い以外も可能です。(分割払いやクレジットカード払いなど)

機種変更前に口座振替やクレジットカード払いを利用中なら、引き続き同じ口座振替やクレジットカード払いでスマホの機種代金を支払えます。

現在使用しているスマホとドコモのUIMカード

現在使用しているスマホも機種変更当日に店舗で使用する出番があります。

スマホを起動させるときに必要な下記のようなドコモUIMカードを、スマホ内部に挿した状態でもっていきましょう。

  • ドコモUIMカード
  • ドコモminiUIMカード
  • ドコモnanoUIMカード

ネットワーク暗証番号

ネットワーク暗証番号とはスマホを新規契約したときに、本人が設定する4桁の暗証番号です。

本人確認を行う際やオプションサービスの設定・変更をするときに必要になるので、あらかじめ思い出しておきましょう。

ネットワーク暗証番号を忘れた場合

ネットワーク暗証番号を忘れた場合は店舗かドコモインフォメーションセンターのどちらかで手続きできます。

  • 店舗

本人確認書類(運転免許など)を持参すると、ネットワーク暗証番号の変更手続きができます。

  • ドコモインフォメーションセンター

現在設定しているネットワーク暗証番号を郵送で連絡されます。

郵送連絡はネットワーク暗証番号が本人の手元に届くまで数日かかるので、早めに手続きしておきましょう。

ドコモインフォメーションセンターの問い合わせ番号

  • ドコモの携帯電話:局番なしの151(無料)
  • 一般電話:0120-800-000(無料)

※受付時間9:00〜20:00(年中無休)

スマホ利用者(未成年の子供)のみで機種変更できるのか?

契約者(親)の場合でも、スマホ利用者(未成年の子供)だけで機種変更手続きはできます

しかし、契約者(親)同伴のときに必要な書類にプラスして下記の書類が必要です。

また、注意することがいくつかあります。

契約者(親)の現住所記載の本人確認書類の原本が必要

スマホ利用者(未成年の子供)だけで店舗にて機種変更する場合、契約者(親)の本人確認書類の原本が必要となります。

契約者(親)の委任状が必要

契約者(親)が記入した委任状も必要です。

ドコモ公式サイトからダンロードすることもできます。

家族であることが確認できる書類が必要

戸籍謄本やマイナンバーの印字がない住民票などを持参する必要があります。

未成年の子供だけで機種変更手続きする場合、必要なものを用意する手間が増えます。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の場合は、ドコモオンラインショップの利用が簡単でおすすめです。

店舗来店前に事前に準備しておいたほうが良いこと

店舗来店前に準備しておいたほうが良いことも説明します。

データのバックアップ

使用中のスマホから新しいスマホに機種変更する場合、内部のデータを移行する必要があります。

この手続きをあらかじめ自分で行っておくと、店舗での手続きがスムーズになります。

店舗の来店予約

ドコモでは待ち時間を削減するため来店予約を推奨しています。

来店する日時をあらかじめ指定しておくことで優先的に手続きを案内してくれます。

  • ドコモマイショップまたはドコモウェブサイトで来店する店舗を指定する
  • 来店希望の日時を設定する
ドコモショップ予約方法|来店時に必要なものと予約なしとの比較

ドコモのウェブサイトで料金プランの確認をしておく

来店する日まで時間がある場合は、ドコモのウェブサイトで料金プランの確認をしておくと当日がスムーズになります。

ドコモなどの大手キャリアはたびたび料金プランの内容を変更します。

前回、新規契約または機種変更したときにはなかった料金プランも登場している可能性があります。

ドコモのウェブサイトでは料金プランのシミュレーションもできるので、機種変更したときに月額料金がいくらになるのかを把握しておきましょう。

店舗での機種変更の流れは以下となります。

  1. 店舗に来店する(来店予約済みの人は店員に伝える)
  2. 機種変更したい旨を店員に伝える
  3. 店員の案内にしたがって手続きを開始する(本人確認書類などを提出、ネットワーク暗証番号の入力)
  4. 現在販売中のスマホから変更したいスマホを選ぶ(店舗に在庫がない場合は、別のものを選ぶか再入荷してもらう必要がある)
  5. ドコモの料金プランを選ぶ(店員から説明をしてもらうことも可能)
  6. 機種変更するスマホと申し込み内容の確認をする
  7. 新しいスマホを受け取って手続き完了

次の章では、未成年の子供の機種変更を店舗で行う場合について解説します。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の機種変更を店舗で

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の場合は、ドコモオンラインショップの利用ができません。

店舗による機種変更手続きを選ぶ必要があります。

チェックポイント
  • 親と一緒に手続きする

契約者(未成年の子供)と親が一緒に店舗へ行くと、用意するものが少なくて済みおすすめです。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の場合に用意するもの:店舗

スマホを利用する中学生

まずは、親と一緒に来店した場合に必要なものを紹介します。

機種変更時に必要なものは主に6つです。

契約者(未成年の子供)の現住所記載の本人確認書類(コピー不可)

学生証
健康保険証など

親権者の本人確認書類(コピー不可)

運転免許証
マイナンバーカードなど

契約事務手数料

3,000円(税抜)
店舗によってクレジットカードでの支払も可能です。

新しいスマホの機種代金

一括払い以外も可能です。(分割払いやクレジットカード払いなど)

機種変更前に口座振替やクレジットカード払いを利用中なら、引き続き同じ口座振替やクレジットカード払いでスマホの機種代金を支払えます。

現在使用しているスマホとドコモのUIMカード

現在使用しているスマホも機種変更当日に店舗で使用する出番があります。

スマホを起動させるときに必要な、

  • ドコモUIMカード
  • ドコモminiUIMカード
  • ドコモnanoUIMカード

の上記いずれかを内部に挿した状態でもっていきましょう。

ネットワーク暗証番号

ネットワーク暗証番号とはスマホを新規契約したときに、本人が設定する4桁の暗証番号です。

本人確認を行う際やオプションサービスの設定・変更をするときに必要になるので、あらかじめ思い出しておきましょう。

ネットワーク暗証番号を忘れた場合については、【スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の場合に用意するもの:店舗】の項目で詳しく説明しています。

そちらを参考にしてください。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)のみで機種変更できるのか

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の場合、契約者の未成年の子供だけでも店舗に出向いて機種変更手続きをすることが可能です。

しかし、親同伴のときに必要な書類にプラスして下記の書類が必要になり、注意することもいくつか発生します。

親権者の同意書が必要

親権者が記入することが必要です。

ドコモ公式サイトから6つの言語でダンロードが可能です。

店舗でももらえますが、当日ではなく事前にもらって書いておくか、ドコモ公式サイトからダウンロードし、記入してあらかじめ用意しておきましょう。

親権者の現住所が記載されている本人確認書類の原本が必要

運転免許証やマイナンバーカードなどが該当します。

親権者の本人確認書類はコピーを提示することは認められていません。

未成年の子供だけが店舗で機種変更する場合、親権者の本人確認書類の原本を持ち歩かなければなりません。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の場合は、親など親権者と一緒に来店する方がおすすめです。

店舗来店前に事前に準備しておいたほうが良いこと

データのバックアップ・店舗の来店予約・料金プランの確認などを事前に準備しておくと、機種変更当日の手続きがスムーズに進みます。

【スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の機種変更:店舗】で詳しく説明しているので、気になる人はチェックしてみてください。

店舗での機種変更の流れは以下となります。

  1. 店舗に来店する(来店予約済みの人は店員に伝える)
  2. 機種変更したい旨を店員に伝える
  3. 店員の案内したがって手続きを開始する(本人確認書類・親権者の同意書などを提出、ネットワーク暗証番号の入力)
  4. 現在販売中のスマホから変更したいスマホを選ぶ(店舗に在庫がない場合は、別のものを選ぶか再入荷してもらう必要がある)
  5. ドコモの料金プランを選ぶ(店員から説明をしてもらうことも可能)
  6. 機種変更するスマホと申し込み内容の確認をする
  7. 新しいスマホを受け取って手続き完了

提出する書類に不備がなければ、一般的な機種変更とそれほど変わりはありません。

ドコモで未成年が機種変更するときに必要なものを入念に確認しておきましょう。

ドコモで未成年が機種変更するためには必要書類が多い

今回は、ドコモで未成年が機種変更するために必要なものと手続きの流れを解説しました。

もう一度ポイントをまとめます。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の場合
  • ドコモオンラインショップと店舗の2つで手続きできる
  • 店舗で未成年の子供だけで手続きするなら⇒契約者(親)の本人確認書類の原本・契約者(親)の委任状・家族であることが確認できる書類(戸籍謄本など)を持参する必要がある
スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の場合
  • 店舗で手続きできる
  • 店舗で未成年の子供だけで手続きするなら⇒親権者の同意書・親権者の本人確認書類の原本を持参する必要がある

ドコモでは未成年の子供だけで機種変更手続きする場合、必要書類が増えます。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(親)の場合は、ドコモオンラインショップで契約者(親)が機種変更手続きする方が簡単です。

スマホ利用者(未成年の子供)・契約者(未成年の子供)の場合は、親などの親権者と一緒に店舗に来店した方がスムーズに手続きできるでしょう。

また、当日になって書類に不備があり機種変更できないというトラブルを発生させないために、必要なものや手続きの流れを事前に確認しておきましょう。

ドコモオンラインショップの問い合わせ先|電話・メール・チャット

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
sunsun
sunsun
高校の頃からdocomoユーザー。スマホは電子マネーが使えるSHARP、SONYと渡り歩き、現在は片手で持てるSONYのXperia Compactシリーズを愛用。なのにPCはMacBook Airを活用しているのでスマホとPCに互換性がなく、接続時のトラブルによく遭遇している。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ