【2022年】新型Galaxyの最新情報|発売予定の新機種・噂まとめ

Galaxyシリーズの最新情報まとめ!Galaxyはサムスンが発売している人気スマホブランドです。海外情報サイトやリーカーのSNSでは、新型Galaxyの噂が絶えません。この記事では、これから発売されると噂されている機種の発売日・スペック・価格などをまとめました。これからGalaxyに機種変更している人は、要チェックです。
  • 2022年12月4日
  • by.nuko

Galaxy S22 Ultra

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、2022年〜2023年冬春モデル以降に発売されそうなGalaxy新機種の情報についてまとめます。

2022年はハイエンドのGalaxy S22・S22 Ultraが発売され、さらにエントリー〜ミドルレンジモデルも充実しています。

また畳みタイプのGalaxy Fold 4・Galaxy Flip 4も発売され、2022年の最新モデルが勢揃いしました。

最新Galaxyを手に入れたい方は、ぜひ参考にしてください。

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

目次

Galaxy S23【2023年2月発表予想】

Galaxy S23のリーク画像

画像引用元:Digit

GalaxyシリーズのハイエンドモデルであるSシリーズは、例年1月〜2月に発表されます。

このことから、2023年モデルの『Galaxy S23』は、2023年2月に発表されると予想されます。

Galaxy S23の噂
  • Snapdragon 8 Gen 2搭載
  • 通常よりクロックアップされている?
  • カメラデザインが変更
  • 衛星通信が使えるようになる?

特別仕様のSnapdragon 8 Gen 2搭載か?

Galaxy S23には、2023年最新SoCの「Snapdragon 8 Gen 2」が搭載されると予想されています。

しかも、通常よりクロックアップした特別仕様になるとIce Universe氏(@UniverseIce)が報じています。

Galaxy S23を選ぶ方の多くはスペック重視のはずなので、処理能力が通常より高いことは大きなメリットになるでしょう。

カメラデザインが変更

海外テックメディア Digitによると、Galaxy S23のカメラは、Galaxy S22 Ultraと同じ縦並びになるようです。

一方で、Galaxy S23 Ultraは、Galaxy S22 Ultraのデザインを引き継ぎます。

以上のことから、Galaxy S23シリーズはデザインが統一されて、本体サイズやカメラ性能の違いで選ぶことになりそうです。

ソース:Digit

衛星通信が使えるようになる?

GSM Arenaによると、Galaxy S23シリーズは衛星通信に対応する可能性があるようです。

気になる通信内容に音声通話機能はなく、メッセージが画像が送信できるサービスになるとのことです。

ソース:Samsung Galaxy S23 family rumored to have satellite communication functions – GSMArena.com news

Galaxy S23 Ultra【2023年2月発表予想】

Galaxy S23 Ultraのリーク画像

画像引用元:Smartprix

Galaxy最上位シリーズの最新モデル『Galaxy S23 Ultra』も、Galaxy S23と同様2023年2月に発表されると予想されます。

Galaxy S23 Ultraの噂
  • Snapdragon 8 Gen 2搭載
  • 通常よりクロックアップされている?
  • 本体デザインはGalaxy S22 Ultraとほぼ同じ?
  • 側面の丸みが少なくなる?
  • ディスプレイの輝度が向上
  • 約2億画素のカメラに進化?

最高性能のSnapdragon 8 Gen 2搭載

Galaxy S23 Ultraには、Galaxy S23と同様にSnapdragon 8 Gen 2が搭載されるようです。

こちらも通常よりクロックアップされた特別仕様で、最高峰モデルに相応しいスペックとなりそうです。

なお、Geekbenchi 5に海外版のGalaxy S23 Ultraのものとされるベンチマークスコアが登録されています。

  • シングル:1,504
  • マルチ:4,580

公開されたスコアを見ると、処理能力としてはGalaxy S22 Ultraより圧倒的に高くなりますが、iPhone 14 Proには若干劣るスペックのようです。

画像引用元:Geekbench Browser

本体デザインはGalaxy S22 Ultraとほぼ同じ?

Galaxy S23 Ultraのデザインは、Galaxy S22 Ultraとほぼ同じになるとのことです。

ただ、Smartprixによると、側面の丸みが少なくなっているようです。

ソース:Samsung Galaxy S23 Ultra first look revealed – Smartprix

ディスプレイの輝度が向上

SAM MOBILEによると、Galaxy S23 Ultraはディスプレイの輝度が上がり、最大2,200ニトになるとのことです。

Galaxy S22 Ultraの最大1,750ニトでも十分な明るさでしたが、真夏の炎天下では流石に見えづらいこともあります。

営業職など外出先で利用することが多い方にとって、輝度が上がるのは嬉しい変更になりそうです。

ソース:Samsung Galaxy S23 could have crazy bright display, stronger glass protection – SamMobile

約2億画素のカメラに進化?

Galaxy S23 Ultraでは、広角カメラの画素数が2億画素にアップするようです。

Galaxyシリーズのリーク情報でお馴染みのIce Universe氏(@UniverseIce)が、Weiboに比較画像を投稿しています。

撮影した写真を加工したり拡大・切り抜きすることが多いなら、約2億画素の高画質撮影できることは嬉しい進化になるでしょう。

ソース:某两亿像素放大16倍… – @i冰宇宙的微博 – 微博

Galaxy Z Fold 4【2022年9月29日発売】

Galaxy Z Fold4トップ画像

画像引用元: Galaxy Z Fold 4|Galaxy公式(日本)

Galaxy Z Fold 4は、2022年8月26日に海外版が、2022年9月29日に国内版がドコモとauから発売されました。

Galaxy Z Fold 4のスペック

Galaxy Z Fold4
ディスプレイメイン:7.6インチ
カバー:6.2インチ
サイズ
(開いた状態)
高さ:155mm
幅:130mm
厚さ:6.3~9.1mm
サイズ
(閉じた状態)
高さ:155mm
幅:67mm
厚さ:14.2~15.8mm
重量263g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約5,000万画素
望遠:約1,000万画素
インカメラ約400万画素
カバーカメラ約1,000万画素
バッテリー4,400mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 8+ Gen 1
認証指紋/顔
防水IPX8
カラーグレイグリーン
Galaxy Z Fold 4のポイント
  • Snapdragon 8+ Gen 1搭載
  • 前モデルより薄くて軽い
  • Gorilla® Glass Victus®+採用で耐久性アップ
  • 1〜120Hzのリフレッシュレートで省電力
  • 5,000万画素のカメラや光学3倍ズーム搭載
  • Android 12L搭載でマルチタスクがより便利に
  • Sペン収納はなし

Snapdragon 8+ Gen 1搭載

Galaxy Z Fold 4には、最新のハイエンド用SoC「Snapdragon 8+ Gen1」が搭載されています。

前モデルGalaxy Z Fold 3 5Gと比較すると、処理能力もGPU性能もそれぞれ約10%向上しました。

また、AnTuTuベンチマークを見ると、総合で100万点弱と非常に優秀な処理能力です。

超大画面で動画もゲームもサクサク楽しみたい方に、Galaxy Z Fold 4は最高の1台となるでしょう。

前モデルより薄くて軽い

Galaxy Z Fold 4は、主にヒンジ周りが省スペース化され、Galaxy Z Fold 3 5Gより若干薄くなりました。

それに伴い、重量も約8g軽くなっています。

動画やゲームで長時間持つ可能性が高いモデルので、少しでも軽くなったことは嬉しい進化と言っていいでしょう。

Gorilla® Glass Victus®+採用で耐久性アップ

Galaxy Z Fold 4のディスプレイには、Galaxy S22と同様に「Gorilla® Glass Victus®+」が採用されました。

前モデルに採用のGorilla® Glass Victus®より割れに強く、細かな傷も付きにくくなっています。

ディスプレイを閉じる時にうっかり物を挟んでも、傷が付きにくいのは利便性向上にも繋がります。

1〜120Hzのリフレッシュレートで省電力

さらに、Galaxy Z Fold4のディスプレイはリフレッシュレートが1〜120Hzに進化しました。

最大120Hzは前モデル同様で、ゲームや動画など動きに激しいシーンも滑らかで、反応速度もバッチリです。

一方で、最低駆動が1Hzからになったことで、ホーム画面のまま放置する場合など、動きのない時の消費電力がグッと抑えられます。

5,000万画素のカメラや光学3倍ズーム搭載

Galaxy Z Fold 4では、カメラも大幅に強化されました。

広角カメラは、前モデルの1,200万画素・ピクセルサイズ1.8μmから5,000万画素・ピクセルサイズ2.0μmへと大幅強化されました。

F値は1.8と変更ありませんが、高画素数になったことでより明るい写真が撮れます。

一方、望遠カメラは光学2倍ズームから3倍ズームに強化され、さらに8K動画撮影にも対応しました。

Galaxy Sシリーズには劣りますが、写真・動画撮影が多い方も満足できるカメラに進化しています。

Android 12L搭載でマルチタスクがより便利に

Galaxy Z Fold 4のOSには、大画面端末でのマルチタスクが強化された「Android 12L」が採用されています。

これまでのAndroid OSでは、大画面だろうがスマホとやっていることは変わりませんでした。

しかし、Galaxy Z Fold 4では、対応アプリを3アプリ同時に表示させたり、パソコンの様なメールアプリの表示をさせたりと、より便利に使える挙動になります。

大画面で動画やゲームを楽しむだけでなく、時には仕事用ツールとしても使うなら、マルチタスクの強化は大きなメリットとなるでしょう。

Galaxy Z Fold 4の価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ249,700円148,060円公式サイトを見る
au249,960円149,040円公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラムの場合

Galxy Z Fold 4はドコモとauから発売され、通常価格は約25万円と高額です。

しかし、キャリアの購入プログラムを利用すれば、実質約15万円まで安くなるので上手に活用しましょう。

Galaxy Z Flip 4【2022年9月29日発売】

Galaxy Z Flip 4

画像引用元:Galaxy Z Flip 4|Galaxy公式(日本)

Galaxy Z Flip 4もFold 4同様に、2022年9月29日にドコモとauから発売されました。

Galaxy Z Flip 4のスペック

Galaxy Z Flip4
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ
(開いた状態)
高さ:165mm
幅:72mm
厚さ:6.9mm
本体サイズ
(閉じた状態)
高さ:85mm
幅:72mm
厚さ:15.9mm
重さ187g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー容量3,700mAh
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 8+ Gen 1
認証指紋/顔
防水IPX8
カラーグラファイト
ボラパープル
ピンクゴールド
Galaxy Z Flip 4のポイント
  • 前モデルから全体的にスペックアップ
  • Snapdragon 8+ Gen 1搭載
  • ディスプレイの耐久性アップ
  • カメラは僅かにスペックアップ
  • バッテリーは増量したが少なめ

Snapdragon 8+ Gen 1搭載

Galaxy Z Flip 4には、Snapdragon 8+ Gen 1が搭載されています。

前モデルGalaxy Z Flip 3 5Gと比較して、処理能力もGPU性能も約10%向上しました。

Galaxy Z Fold 4と同様に、現行最高峰の性能で、重いゲームをプレイしたい方も安心して選べます。

ディスプレイの耐久性アップ

Galaxy Z Flip 4のディスプレイには、「Gorilla® Glass Victus®+」が採用されました。

前モデルの「Gorilla® Glass Victus®」より割れに強くなり、生活傷など細かな傷も付きにくくなっています。

なお、メインディスプレイだけでなく、カバーディスプレイも同様に「Gorilla® Glass Victus®+」です。

折り畳んで持ち運ぶことが多いので、カバーディスプレイの耐久力が高いことは1つのメリットと言っていいでしょう。

カメラは僅かにスペックアップ

カメラ性能は、前モデルとスペック表で比較しても、わかりやすい変更はありません。

しかし、ピクセルサイズが1.4μm→1.8μmへ大型化されてるため、より多くの光が取り込めます。

Galaxy Z Flip 4のカメラは、若干高性能になったと見ていいでしょう。

バッテリーは増量したが少なめ

Galaxy Z Flip 4のバッテリーは3,700mAhと、前モデルより300mAhも増量しています。

しかし、最近のスマホは4,000〜5,000mAhのスマホが多く、3,700mAhのバッテリー容量は決して多くありません。

Snapdragon 8+ Gen 1は消費電力を抑えた設計ですが、使い方によってはモバイルバッテリーが必須かも知れません。

Galaxy Z Flip 4の価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ154,000円86,680円公式サイトを見る
au159,870円93,150円公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラムの場合

Galaxy Z Flip 4は、ドコモとauから発売されています。

通常価格は15万円弱と高額な機種ですが、購入プログラムを利用することで10万円以下で購入可能です。

他ハイエンドモデルは割引後でも10万円以上する機種が多いので、Galaxy Z Flip 4は比較的購入しやすい機種ではないでしょうか。

Galaxy A53 5G【2022年5月27日発売】

Galaxy a52

画像引用元:Galaxy A52 5G SC-53B

ドコモとau・UQモバイルから2022年5月27日に発売されました。

SAMSUNG独自のExynos1280を搭載したミドルレンジモデルです。

Galaxy A53 5Gのスペック

Galaxy A53 5G
画面サイズ約6.5インチ
本体サイズ高さ:約159.6mm
幅:約74.8mm
厚さ:約8.1mm
重さ約189g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:1,200万画素
マクロ:500万画素
深度測位カメラ
インカメラ約3,200万画素
バッテリー5,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUExynos 1280
認証指紋・顔
防水IP68
カラーオーサムブルー
オーサムホワイト
オーサムブラック
詳細Galaxy A53 5G 評価レビュー
Galaxy A52 5Gのポイント
  • 最新ミドルレンジスマホ
  • ドコモ・au・UQモバイルから発売
  • サムスンの新SoC搭載
  • アウトカメラに4眼レンズ搭載
  • 120Hzの高駆動ディスプレイ搭載
  • Galaxy S22似のデザイン
  • 5,000mAhの大容量バッテリー搭載

ミドルレンジモデルとして標準的な処理能力

Galaxy A53 5Gに搭載されているExynos 1280は、国内モデルに多いSnapdragonではありません。

しかし、スペック面では2022年のミドルレンジモデルとしては一般的な処理能力があります。

AnTuTuベンチマークでも総合スコアが38万点弱と、価格の割に優秀な1台となっています。

3D映像の重いゲームはたまにカクつくことはありますが、体感で不満を感じることはそうそうありません。

機能も充実している

また、4眼のアウトカメラや120Hzの有機ELディスプレイに5,000mAhのバッテリー搭載と、機能面までこだわり抜いています。

デザインもGalaxy S22に寄せているため、スペック重視で選ぶのでなければ、Galaxy A53 5Gは大満足の1台となるでしょう。

Galaxy A53 5Gの価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ59,400円34,320円公式サイトを見る
au59,835円34,155円公式サイトを見る
UQモバイル59,835円37,835円公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、UQモバイルは乗り換えかつ増量オプションII加入の場合

Galaxy A53 5Gはドコモとau・UQモバイルが取り扱っています。

通常価格は約6万円ですが、購入プログラムや割引適用で3万円台とお手頃です。

価格と性能のバランスが取れているため、多くの方におすすめの1台となっています。

Galaxy S22【2022年4月21日発売】

Galaxy S22

画像引用元:Galaxy S22 | S22+ (ギャラクシーS22 & S22+)|Galaxy公式(日本)

Galaxy S22は、2022年2月25日に海外版が、2022年4月21日に国内版がドコモ・auから発売されました。

Galaxy S22のスペック

Galaxy S22
SoCSnapdragon 8 Gen 1
またはExynos 2200
5G対応
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146mm
幅:70.6mm
厚さ:7.6mm
重さ168g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,600万画素
メモリ8GB
ストレージ256GB
バッテリー容量3,700mAh
SIMカードnanoSIM
カラーファントムホワイト
ファントムブラック
ピンクゴールド
詳細Galaxy S22 の評価レビュー
Galaxy S22のポイント
  • 国内モデルはSnapdragon 8 Gen 1搭載
  • 前モデルより小型・軽量化
  • Gorilla® Glass Victus®+やアーマーアルミフレームで耐久性UP
  • カメラのイメージセンサーが23%大型化
  • 視認性を向上させるVision Boosterを搭載
  • 5G対応はだミリ波にも対応!

国内モデルはSnapdragon 8 Gen 1搭載

海外版のGalaxy S22には、Snapdragon 8 Gen 1とExynos 2200を搭載したモデルがリリースされています。

しかし、Exynos2200搭載モデルは海外販売のみで、国内版はSnapdragon 8 Gen 1搭載モデルが採用されました。

Snapdragon 8 Gen 1を搭載したスマホは、AnTuTuベンチマークでも高いスコアを出しています。

ゲームや高画質動画の撮影・視聴など、スマホのスペックに妥協したくない方にとって、Galaxy S22は最高の1台になるでしょう。

Galaxy S21より小型・軽量化

Galaxy S22はディスプレイサイズは6.1インチと、Galaxy S21の6.2インチより若干小さくなりました。

数値の上では0.1インチの違いですが、本体デザインは高さがかなり低くなった印象です。

ディスプレイサイズと本体サイズの比較

サイズS22S21
ディスプレイ6.1インチ6.2インチ
高さ146mm151.7mm
70.6mm71.2mm
厚さ7.6mm7.9mm
重さ167g171g

6インチ台でも高さが低くなったことで、前モデルより使い勝手が良くなることに期待できます。

Gorilla® Glass Victus®+で耐久性UP

Galaxy S22の前面・背面はガラス素材ですが、新たにGorilla® Glass Victus®+を採用しています。

今までもGorilla® Glass Victus®が採用されていましたが、より割れや生活傷に強くなりました。

特にケースやフィルムを付けないで使う方にとって、耐久性アップは嬉しいアップデートでしょう。

カメラのイメージセンサーが23%大型化

Galaxy S22は前モデルと同様のカメラ構成ですが、イメージセンサーが23%も大型化しています。

低ノイズ処理機能も搭載されていて、暗い場所でもクリアな写真が撮れます。

また、メインカメラには独自の超低反射ナノコーティングが施され、レンズフレアを抑えられます。

Galaxy S21より、暗い場所での撮影がより快適になりますね!

視認性を向上させるVision Boosterを搭載

Galaxy S22シリーズには、視認性を向上させるVision Boosterが搭載されました。

Vision Boosterは、ピクセル単位で色調やコントラストを強め、日差しが強い屋外でも見やすい画面を提供してくれます。

5Gはミリ波にも対応

Galaxy S22は当然5Gにも対応しています。

これまでの国内5Gスマホの多くはSub6のみの対応でしたが、Galaxy S22はミリ波にもしっかり対応しています!

国内のミリ波普及状況はまだまだこれからですが、より高速な周波数に対応していることで、長期的に利用しても性能面で困ることはないでしょう。

Galaxy S22の価格

項目機種代金割引適用時詳細
ドコモ127,512円73,392円公式サイトを見る
au125,030円71,990円公式サイトを見る

Galaxy S22は通常価格で購入すると、約12万円です。

ハイエンドモデルとしては一般的な価格帯で販売されていますが、キャリアの購入プログラムで実質約7万円まで安くなるので活用しましょう。

Galaxy S22 Ultra【2022年4月21日発売】

Galaxy S22 Ultra

画像引用元:Galaxy S22 Ultra|Galaxy公式 (日本)

Galaxy S22 Ultraは、2022年4月21日発売のGalaxy S22シリーズ最上位モデルです。

搭載チップやカメラのイメージセンサー大型化など、基本性能はGalaxy S22/S22+と同様に向上しています。

Galaxy S22 Ultraのスペック

Galaxy S22 Ultra
SoCSnapdragon 8 Gen 1
5G対応
画面サイズ6.8インチ
本体サイズ高さ:163.3mm
幅:77.9mm
厚さ:8.9mm
重さ229g
アウトカメラ広角:1億800万画素
超広角:1,200万画素
望遠(10倍光学):1,000万画素
望遠(3倍光学):1,000万画素
インカメラ4,000万画素
メモリ12GB
ストレージ256GB
バッテリー容量5,000mAh
SIMカードnanoSIM
カラーバーガンディ・ファントムブラック
詳細Galaxy S22 Ultra 評価レビュー

シリーズ最上位モデルとなるGalaxy S22 Ultraには、Sペンが内蔵されています。

前作のGalaxy S21 Ultraには収納ポケットがなく、専用ケースを購入する必要がありましたが、Galaxy S22 Ultraでは本体にSペンが収納できます。

また、ペンの反応速度が9ms→28nsに短縮され、より快適な書き心地になるでしょう。

Galaxy S22 Ultraのポイント
  • Galaxy Noteシリーズと同様のデザインに変更
  • 画面サイズは引き続き6.8インチ
  • AI技術活用でSペンの反応が約3倍に向上
  • Sペンが収納できる
  • 45Wの高速充電
  • 明るい場所でも見やすいディスプレイ
  • カメラ性能が向上

Galaxy Noteシリーズと同様のデザインに変更

Galaxy S22 Ultraは前モデルからデザインが変更され、Galaxy Noteシリーズと同じような外観になりました。

画面サイズは変わらず6.8インチですが、Galaxy S21 Ultraより若干横幅が広がっています。

また、Galaxy S22 UltraにはSペン収納スペースがあるので、前モデルより持ち運びが便利になりました!

AI技術活用でSペンの反応が約3倍に向上

Galaxy S22 UltraのSペンは、AIによる座標予測やWACOM製ICの搭載で、反応速度が約70%向上しました。

Galaxy S21 Ultraでもほとんど遅延は感じませんでしたが、より紙とペンに近い使い勝手になったと言えるでしょう。

Galaxy S22 Ultraの価格

項目価格割引適用時※詳細
ドコモ183,744円105,864円公式サイトを見る
au178,820円107,180円公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム適用の場合

Galaxy S22 Ultraは通常価格が約17万円と高額なモデルです。

ドコモもauも購入プログラムで約10万円まで安くなるので、購入する際はぜひ活用してください。

Galaxy S22+【日本未発売】

Galaxy S22+

画像引用元:Galaxy S22 | S22+ (ギャラクシーS22 & S22+)|Galaxy公式(日本)

Galaxy S22+はGalaxy S22と同じく、2022年2月25日に海外版が発売されました。

基本的な性能はGalaxy S22と同等ですが、ディスプレイやバッテリー性能はS22+の方が優秀です。

Galaxy S22より大画面で、前作のGalaxy S21+と比べると縦方向が少しコンパクトになります。

auが取り扱わなかったことで、2022年11月現在、国内版の発売はありません。

Galaxy S22+のスペック

Galaxy S22+
SoCSnapdragon 8 Gen 1
またはExynos 2200
5G対応
画面サイズ6.55インチ
本体サイズ高さ:157.4mm
幅:75.8mm
厚さ:7.6mm
重さ195g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
インカメラ1,600万画素
メモリ8GB|12GB
ストレージ128GB|256GB
バッテリー容量4,500mAh
SIMカードnanoSIM
カラーブラック・グリーン・ピンクゴールド・ホワイト
Galaxy S22+のポイント
  • Galaxy S22の大型化モデル
  • Galaxy S22 Ultraと同じ1,750nitの画面輝度
  • 45W超急速充電で短時間フル充電

Galaxy S22の大型化モデル

Galaxy S22+は、スペックや機能はGalaxy S22とほぼ同等です。

純粋に本体サイズ・画面サイズがGalaxy S22より大きいので、動画視聴やゲームに最適です。

Galaxy S22/S22+のサイズ比較

サイズS22+S22
ディスプレイ6.6インチ6.1インチ
高さ157.4mm146mm
75.8mm70.6mm
厚さ7.6mm7.6mm
重さ196g167g

Galaxy S22 Ultraと同じ1,750nitの画面輝度

Galaxy S22+は基本的にGalaxy S22と同等とお伝えしましたが、画面輝度はGalaxy S22 Ultraと同じ最大1,750nitを有します。

新機能Vision Boosterもあるので、屋外での利用でも今まで以上に見やすい画面となっています。

屋外や通勤・通学中に動画やゲームを楽しみたいなら、画面が見やすいGalaxy S22+がぴったりでしょう。

輸入品は割高

Galaxy S22+は、海外版の価格は999ドル(約137,500円)ですが、国内での入手は個人輸入や並行輸入品となります。

しかし、11月初頭に円安は多少改善されたとはいえ、為替の影響で輸入品は割高です。

無理に並行輸入品を購入するより、国内で正規販売されているGalaxy S22やGalaxy S22 Ultraを購入した方がいいでしょう。

Galaxy A23 5G【2022年10月27日発売】

Galaxy A23 5Gの機種画像

画像引用元:Galaxy A23 5G SC-56C

Galaxy A23 5Gは、2022年10月27日発売のエントリーモデルです。

前モデルはドコモの専売でしたが、本機はauや楽天モバイルでも発売されています。

Galaxy A23 5Gのスペック

Galaxy A23 5Gのスペック
サイズ高さ:約150mm
幅:約71mm
厚さ:約9.0mm
重量約168g
ディスプレイ約 5.8 インチ/HD+,Infinity-V
メインカメラ約5,000万画素(F値1.8)
サブカメラ約500万画素(F値2.0)
バッテリー容量4,000mAh
OSAndroid 12
CPUDimensity 700/2.2GHz + 2.0GHz オクタコア
RAM4GB
ROM64GB
外部メモリmicro SD(最大1TB)
5G対応○(sub6)
生体認証指紋、顔
Felica/NFC○/○
防水IPX5/IPX8
防塵IP6X
カラーホワイト
ブラック
詳細Galaxy A23 5G 実機レビュー
Galaxy A23 5Gのポイント
  • エントリーモデル
  • 5G対応
  • 指紋認証・顔認証対応
  • FeliCa対応や防水対応
  • メインカメラ5,000万画素
  • 格安の5G対応スマホ

価格の割に多機能

Galaxy A23 5Gは、通常価格が3万円台、割引利用で1〜2万円台で購入できる格安モデルです。

しかし、5,000万画素のカメラや指紋・顔認証に大容量バッテリーと、必要な機能は一通り搭載しています。

シニア向けの「かんたんモード」や子供の見守り機能など、初スマホで選びやすい機能が充実しています。

スペックは価格相応

豊富な機能のGalaxy A23 5Gですが、スペック的には2〜3万円台相応のスペックです。

AnTuTuベンチマーク総合が30万スコアを切っているため、ゲームやクリエイティブな作業はしない、連絡ツールとして使えれば十分という初スマホ層のための1台と格安スマホです。

Galaxy A23 5Gの価格

項目価格割引適用時※ 
ドコモ33,440円21,560円公式サイトを見る
au36,960円22,080円公式サイトを見る
UQモバイル36,960円14,960円公式サイトを見る
J:COMモバイル28,800円-公式サイトを見る
楽天モバイル32,800円24,800円公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、UQモバイルは乗り換えかつ増量オプション加入、楽天モバイルはプラン申し込み特典のポイント還元適用の場合

Galaxy S21 FE 5G【日本未発売】

GalaxyS21FE5G

画像引用元:Samsung

2022年1月11日に海外向けに発売された新機種です。

日本での発売予定はありません。

Galaxy S21 FE 5Gのスペック

Galaxy S21 FE 5G
SoCSnapdragon 888 5G
5G対応
画面サイズ6.4インチ
本体サイズ高さ:155.7 mm
幅:74.5 mm
厚さ:7.9 mm
重さ177g
アウトカメラ超広角:1200万画素
広角:1200万画素
望遠:800万画素
インカメラ3200万画素
RAM8GB・6GB
ROM256GB・128GB
バッテリー容量4500mAh
防水IP68
カラーオリーブ・ラベンダー・ホワイト・グラファイト
Galaxy S21 FE 5Gのポイント
  • アッパーミドルレンジモデル
  • Snapdragon 888搭載
  • 5G対応
  • Dynamic AMOLED 2Xディスプレイ搭載
  • 3眼アウトカメラ
  • 30分で50%以上の充電が可能
  • 25Wの有線充電対応
  • 15Wのワイヤレス充電をサポート
  • 円安が解消したら高コスパになる可能性あり

海外で購入するなら高コスパ

Galaxy S21 FEは、アッパーミドルレンジがさらに充実化した機種です。

海外での発売価格は699.99ドルと、高コスパなスマホと言えるでしょう。

日本国内での正規販売はありませんが、個人輸入できる海外ショップや並行輸入品を販売するショップで購入できます。

国内購入は高すぎる

海外版では割と高コスパなGalaxy S21 FEですが、円安の影響で国内購入は決して安くありません。

699.99ドルは円換算で約95,500円と、最新のハイエンドモデルに迫る価格となっています。

ここに輸入業者の利益が載るので、国内で買おうとすると11〜12万円です。

現在Galaxy S22の通常価格が約12万円、キャリアの購入プログラム利用で約7万円で発売中です。

円安の影響と個人輸入や並行輸入品で増加するコストも考慮すると、今買うならGalaxy S22の方がお得です。

為替相場が落ち着いて発売当時の約75,000円と同等、あるいは下回れば、検討する価値がある高コスパ機種に返り咲くでしょう。

Galaxy Z Fold3【2021年10月6日発売】

Galaxy Z Fold3 5G

画像引用元:Galaxy Z Fold3 5G Folding Smartphone | Samsung US

ドコモとauから2021年10月6日に発売されました。

次期モデルのGalaxy Z Fold 4が発売済みですが、両キャリアで継続販売されています。

Snapdragon 888を搭載したハイエンドモデルですが、ドコモだと237,600円、auだと237,565円と、通常価格は非常に高額です。

購入プログラムを利用しても最新のGalaxy Z Fold 4と大差ない価格なので、何かしらの割引施策がない限りはGalaxy Z Fold 4を選んでください。

Galaxy Z Fold3のスペック

Galaxy Z Fold3 5G
サイズ高さ:158.2mm
幅:128.1mm
厚さ:6.4mm
サイズ
(折りたたみ時)
高さ:158.2mm
幅:67.1mm
厚さ:14.4~16.0mm
重量271g
メインディスプレイ7.6インチ
カバーディスプレイ6.2インチ
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ約400万画素
バッテリー4,400mAh
RAM12GB
ROM256GB
CPUSnapdragon 888
認証指紋
カラーファントムブラック(ドコモ・au)・ファントムシルバー(日本取扱無し)・
ファントムグリーン(au)
詳細Galaxy Z Fold3 5Gのレビュー
Galaxy Z Fold3のポイント
  • ハイエンドモデル
  • Snapdragon 888搭載
  • 5G対応
  • 顔認証対応
  • 指紋認証対応
  • FeliCa対応
  • 防水対応
  • ワイヤレス充電対応
  • 7.6インチの超大画面

横折りできるという個性抜群のスマホで、開いた状態なら7.6インチというタブレット並の大画面になります。

また今作から防水にも対応しました。

Galaxy Z Fold3の価格

キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ237,600円142,560円ドコモドコモ公式サイトを見る
au237,565円158,125円au公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム適用時の場合

Galaxy Z Flip3【2021年10月6日発売】

Galaxy Z Flip3 5G

画像引用元:Galaxy Z Flip3 5G Flip Smartphone | Samsung US

ドコモとauから2021年10月6日に発売されました。

次期モデルのGalaxy Z Flip 4が発売済みですが、両キャリアで継続販売されています。

Galaxy Z Flip3のスペック

Galaxy Z Flip3 5G
画面サイズメイン:約6.7インチ
カバー:約1.9インチ
本体サイズ
(閉じた状態)
高さ:86.4mm
幅:72.2mm
厚さ:17.1~15.9mm
本体サイズ
(開いた状態)
高さ:166mm
幅:72mm
厚さ:6.9mm
重さ183g
アウトカメラ超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
インカメラ約1,000万画素
バッテリー3,300mAh
(ワイヤレス充電可)
RAM8GB
ROM128GB
CPUQualcomm Snapdragon 888 オクタコア
認証顔・指紋
防水IPX8
カラーファントムブラック・クリーム
詳細Galaxy Z Flip3 5Gのレビュー

こちらは縦折りできるスマホです。

Galaxy Z Fold3と同様、今作から防水にも対応しました。

Galaxy Z Flip3のポイント
  • ハイエンドモデル
  • Snapdragon 888搭載
  • 5G対応
  • 顔認証対応
  • 指紋認証対応
  • FeliCa対応
  • 防水対応
  • ワイヤレス充電対応
  • 縦折りできる

ドコモオンラインショップで3万円台

ドコモはオンラインショップ限定の大幅割引を行い、実質3万円台で購入可能です。

在庫切れになったら販売終了するはずなので、値下げ狙いの方は在庫があるうちに手に入れましょう。

一方、auは現時点で大きな割引がなく価格差がさほどないため、最新のGalaxy Z Flip4を選んでください。

Galaxy Z Flip3の価格

キャリア機種代金割引適用時※1詳細
ドコモ93,896円※233,176円ドコモドコモ公式サイトを見る
au128,915円79,235円au公式サイトを見る

※1ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム適用の場合
※2ドコモオンラインショップで購入する場合の価格

2022年の主要なGalaxyは発売済み!

Galaxy S22 Ultraと純正アクセサリー

画像引用元:Galaxy S22 Ultra (ギャラクシーS22ウルトラ)|Galaxy公式 (日本)

以上、2022年最新のGalayx情報をお届けしました!

2023年春発売予想
  • Galaxy S23
    特別仕様の最新SoCと衛星通信を搭載と予想
  • Galaxy S23 Ultra
    特別仕様の最新SoCと約2億画素の高性能カメラ搭載と予想
2022年発売済み・購入可能Galaxy
  • Galaxy Z Fold 4
    最新スペックでカメラ・マルチタスクが強化された折りたたみスマホ
  • Galaxy Z Flip 4
    最新スペック&全体的にスペックアップした折りたたみスマホ
  • Galaxy S22
    ドコモ・auから発売のハイエンドモデル
  • Galaxy S22 Ultra
    Sペンが内蔵できる最新モデル
  • Galaxy A23 5G
    初スマホにおすすめのエントリーモデル
  • Galaxy A53 5G
    ドコモとau・UQモバイルから発売のミドルレンジモデル
  • Galaxy Z Fold3
    防水対応した横折りスマホ
  • Galaxy Z Flip3
    防水対応した縦折りスマホ

Galaxyは2022年4月21日にSシリーズ3機種を発売し、その後もミドルレンジのGalaxy A53 5Gを発売しました。

2022年9月29日には折りたたみスマホ2機種も発売され、2022年中に発売見込みのモデルは全て出揃いました。

そのため、最新Galaxyが欲しい方は、現在のラインナップから選んで問題ありません!

ただし、海外限定モデルは円安の間は避けた方が無難です。

ぜひ今回の記事を参考に、最新Galaxyに機種変更してみてください。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!
【2022年】おすすめスマホランキング