新型iPad AirとiPad mini登場!3キャリアの予約・発売日と価格を解説

  • 2019年3月19日
  • by 
新型iPad AirとiPad mini登場!3キャリアの予約・発売日と価格を解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

大きな進化はCPU!

A12

画像引用元:iPad – モデルを比較する – Apple(日本)

スペック表からみてわかるのは、新型iPad Air、iPad miniとiPadの大きな違いはCPUでしょう。

  • 新型iPad Air、iPad mini:A12
  • iPad:A10

今回の新型iPad Air、iPad miniに搭載されたCPUはNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップです。

このA12 BionicはiPhone XSに搭載されたものです。難しいことは考えず、iPhone XSと同じようにサクサク動く!でいいでしょう。

一方のiPadはA10 FusionチップでiPhone 7に搭載されたもの。

そう聞くとちょっと古い気がしますね。

ちなみにiPad ProはA12X BionicチップですのでiPhone XSよりもさらに上!
別次元なので比較するのはやめましょう。

ちなみに公式サイトでは以下のように説明しています。

Neural Engineを搭載したA12 Bionicチップは、まったく新しいレベルのパワーとインテリジェンスの源です。

なんだか凄いことは分かります。

ディスプレイは向上、さらに軽く薄く

iPad Airディスプレイ

画像引用元:iPad Air – Apple(日本)

iPadシリーズのサイズ

  • 新型iPad Air:10.5インチ 456g 6.1mm
  • iPad mini:7.9インチ 300.5g 6.1mm 
  • iPad:9.7インチ 469g 7.5mm

iPad Air2の9.7インチから10.5インチと画面サイズが向上しました。そして薄さは6.1mmを維持

iPadと比べても軽くて薄くて画面は大きいという、正の連鎖が起こっています。

またiPad miniは300.5gとかなり軽量です。

実は前モデルであるiPad mini4の重さは298.8gですら少しだけ重くなっているのです。
機能やスペックがこれだけ向上していて2g増加ならば褒め称えるところですね。

また解像度はどれも264ppiで同じです。

ディスプレイは少しだけ違っていて、新型iPad Air、iPad miniはラミネーションディスプレイとTrue Toneディスプレイとの表記があります。

True Toneってなに?

  • 周囲の光に合わせてホワイトバランスを調整するディスプレイです。シーンによって自然で目に優しい色合いを表現します。

Apple Pencil使えます!

Apple Pencil

画像引用元:iPad Air – Apple(日本)

今回の大きな進化のひとつにApple Pencil対応があげられます。

iPadでも利用できることで話題になりましたが、新型iPad Air、iPad miniでも当然Apple Pencil使えます。

ただし第1世代のApple Pencilのみ利用できます。

Smart Keyboardに対応したのは新型iPad Airのみ

Smart Keyboard

画像引用元:iPad Air – Apple(日本)

Smart Keyboardも利用できるようになりました。

ただし、こちらは新型iPad Airのみです。

フルサイズのキーボードでレポート書きたい!プレゼンテーションの資料を作りたい!といったニーズにしっかりと答えてくれます。

キーボードに関してはiPad miniでもサードパーティ製から発売されるでしょうが、公式でサポートされた製品はとても使いやすいんですよね。

これも嬉しい進化でしょう。

指紋認証でLightningケーブルでした!

lightening

画像引用元:iPad Air – 仕様 – Apple(日本)

指紋認証とLightningケーブルを搭載しています。iPad Proは顔認証でホームボタンがないタイプでしたが、こちらは旧式です。

正直、指紋の方が好きな人も多いですし、iPhoneもまだLightningケーブルです。
ですから現状維持でも不満は少ないところでしょう。

ちなみに3.5mmヘッドフォンジャックもあります。

結局、どのiPadを買えば幸せになれるのか?3つのポイント

iPad買い方

画像引用元:iPad – モデルを比較する – Apple(日本)

ここからは、iPad選びのポイントを3つに絞って解説します。

iPad選びのポイント1:価格と容量で選べ!

iPadを選ぶポイント、というかデバイスを購入するときに価格は最重要です。

アップル製品の良いところは、どこで買っても価格差はほぼないということ。
ですから定価で比較して自分のお財布と相談するのが良いでしょう。

価格で選ぶ

  • とにかく安いものが欲しい人:iPad(32GB)
  • 容量はそこそこで安いものを:iPad mini(64GB)・iPad Air(64GB)

とにかく安ければいい!という人は迷わずiPad(32GB)37,800円を購入しましょう。

ただし32GBはOSを含めての容量ですから、動画を保存して楽しみたい人には不向きです。
映画1本で4GBほどありますので、数本しか保存できません。

そこでおすすめなのがiPad mini(64GB)・iPad Air(64GB)でしょう。

特にiPad mini(64GB)45,800円がコスパ的にも最強です。

iPad選びのポイント2:サイズで選べ!

常に持ち運ぶタブレット。
重さやサイズが気になる!という方はすごく簡単に選べます。

iPadをサイズで選ぶ

  • とにかく小さく軽いものが欲しい人:iPad mini(7.9インチ)
  • 大きくて軽いものが欲しい人:iPad Air(12.9インチ)
  • とにかく大きいディスプレイ:iPad Pro(12.9インチ)

ここは特に問題ないでしょう。
特にiPad miniは移動中に読書したい!というkindle的な使い方ではiOS唯一無二の存在です。

iPad AirはiPadよりもディスプレイは大きいのに重量は軽いですからおすすめです。

iPad選びのポイント3:スペックで選べ!

せっかく買うなら高スペックのものが欲しい方も選び方は簡単です。

iPadをスペックで選ぶ

  • しっかりとしたスペックを:iPad mini・iPad Air
  • もっと高スペックを:iPad Pro

iPad mini・iPad Air両方ともにA12と最新のチップを搭載していますのでパフォーマンス面で困ることはないでしょう。

選んで失敗することはありません。
A10搭載のiPadは今後が少し心配ですね。

とにかく高スペック!という方はiPad Pro一択です。

A12X Bionicチップ・12メガピクセルカメラのフロントカメラ・ベゼルレスディスプレイ・Face ID。

さらに第2世代のApple Pencil対応と一歩先を行くスペックです。

新型iPad AirとiPad miniのまとめ

iPadまとめ

画像引用元:iPad Air – Apple(日本)

ひっそりと登場した新型 iPad AirとiPad mini。

アップルはたまにこういった登場のさせ方をします。驚かせるのが大好きですね。

そういうところもアップルの良さです。
今回の新型 iPad AirとiPad miniは価格・性能ともにバランスのとれた端末ではないでしょうか。

ただし、ラインナップが増えることでユーザーは混乱しそうです。

この記事を参考にiPadのラインナップを把握して、自分にあったiPadを購入してみてください。

最後に筆者として今後のiPadに求めるもの、それはただ1つだけ…。

それは、防水機能です!!

今はiPhone XRをお風呂に持ち込んでNetflixを楽しんでいますが、できればiPadの大画面で楽しみたい…。

どうか次のiPadは防水になりますように。

新iPad Proや新Macbook Air、新Mac miniが登場!アップル発表会を最速チェック

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ