新型iPhoneに機種変更した時のLINEデータを引き継ぐ方法と復元手順

  • 2020年7月1日
  • by.nuko

ja_2016_01

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は新型iPhoneに機種変更した時の、LINEデータ引き継ぎ方法と新しいiPhoneでの復元手順について解説します。

多くの方はiPhoneに機種変更して真っ先にするのがLINEの引き継ぎですよね。

LINEの引き継ぎをするためには、機種変更元のスマホでの準備とトーク履歴のバックアップが必要です。

うっかり機種変更後にLINEが引き継げずに困ることの無いように、ここでLINEの引き継ぎ方法をしっかりチェックしてくださいね!

LINEで引き継ぎできるデータ

LINE

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINEで引き継ぎできるデータの内容は、機種変更元にどのOSを利用していたかによって異なります。

iPhone同士の機種変更ならほとんどのデータが引き継ぎできますが、AndroidからiPhoneへの機種変更では引き継ぎできないデータが多くなるので注意しましょう。

OS別の引き継ぎ可否

引き継ぎ項目iPhone
→iPhone
Android
→iPhone
自分のプロフィール
友だちリスト
グループ
ステータスメッセージ
アルバム・ノート
タイムライン
Keepに保存中のデータ
LINE連動アプリ×
LINEコイン残高×
LINE Pay・LINEポイント
LINE Outのクレジット×
トーク履歴○※×
通知音××
トークルームの通知設定××
※アカウント引き継ぎとは別にトーク履歴の引き継ぎが必要

こうして見ると、iPhone同士の機種変更なら通知音やトークルームの通知以外は引き継げます。

引き継げないものも後から設定し直せるので、機種変更後に困ることはまずないでしょう。

一方、AndroidからiPhoneへの機種変更では、チャージしたLINEコイン残高やトーク履歴が引き継ぎできません。

特にLINEコイン残高は後から取り戻せないので、引き継ぎ前に使い切った方がいいですね。

LINE引き継ぎ設定の基本は電話番号登録

LINE引き継ぎ設定の基本は電話番号登録

画像引用元:LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINE

2019年9月現在の最新バージョンのLINEアプリでは、新しいiPhoneでアカウントを引き継ぐのに電話番号を利用します。

LINE最新バージョンの引き継ぎ優先度
  1. 電話番号とパスワードでのアカウント引き継ぎ
  2. メールアドレス・パスワードでのアカウント引き継ぎ
  3. Facebook連携とパスワード、アカウント引き継ぎ設定を併用

そのため、LINEアカウントの引き継ぎ準備の段階で、電話番号の登録は間違いないかしっかりチェックしておきましょう。

LINEの電話番号登録・変更手順

  1. LINEを開き「友だち」タブ左上の歯車マークをタップ
    LINEを開き「友だち」タブ左上の歯車マークをタップ
  2. 「アカウント」→「電話番号」をタップ
    「アカウント」→「電話番号」をタップ
  3. 画面の指示に従って登録・変更する電話番号を入力して「番号認証」をタップ
    画面の指示に従って登録・変更する電話番号を入力
  4. SMSで届く認証コードをLINEに入力する
    SMSで届く認証コードをLINEに入力する

画像引用元:LINE公式引き継ぎガイド

これでLINEに電話番号が登録・変更できました。

もし新しいiPhoneで電話番号が変わる場合にも、ここで登録されている電話番号は必要になるので忘れないようにしましょうね!

メールアドレス・パスワードを登録を登録しよう

メールアドレス・パスワードを登録を登録しよう

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINEアカウントの引き継ぎには、機種変更前にLINEにメールアドレス・パスワードを登録しておきましょう。

もし、この2つを登録する前に機種変更をして、LINEにログイン中の端末が無くなると引き継ぎできなくなってしまいます。

アップグレードプログラムDXや半額サポート+など、機種変更時に端末返却をする方は十分注意してくださいね。

LINEにメールアドレスとパスワードを登録する手順

  1. LINEの「友達」→歯車マーク(設定)→「アカウント」→「メールアドレス」と進みます。
    LINEの「友達」→歯車マーク(設定)→「アカウント」→「メールアドレス」
  2. ご自身のメールアドレスと任意のパスワードを入力し、「確認」をタップします。
  3. 登録したメールアドレスへLINEからメールが届きます。そこに記載されている「認証番号」をLINEの画面に入力します。
  4. 登録が完了したら「確認」をタップします。

これでLINEにメールアドレスが登録できました。

登録したメールアドレスやパスワードは、後から何度でも変更できます。

万が一パスワードを忘れた時はメールで再設定手続きを行うので、メールアドレスが変わったら忘れずに最新のものに変更しましょう。

Facebook連携するのもあり

Facebook連携するのもあり

画像引用元:Facebook – ログインまたは登録

LINEの引き継ぎは、電話番号だけではなくFacebook連携でも行えます。

ただし、Facebook連携で引き継ぎをするためにはアカウント引き継ぎ設定をオンにする必要があります。

アカウント引き継ぎ設定を行う前に故障等で操作不能になると、LINEの引き継ぎができないことに十分注意しましょう。

Facebookに連携する手順

  1. LINEの「友だち」→歯車マーク(設定)→「アカウント」→「Facebook」と進みます。
  2. 「連携する」をタップしてFacebookにログインすれば連携完了です。
    「連携する」をタップしてFacebookにログインすれば連携完了です。

Facebookの連携はいつでも解除・変更できるので、有効なアカウントを連携しておくといいでしょう。

LINEアカウント引き継ぎ設定をオンにする

LINEアカウント引き継ぎ設定をオンにする

LINEを新しいiPhoneに引き継ぐ時、一定の条件下では事前にLINEアカウントの引き継ぎ設定をオンにする必要があります。

引き継ぎ設定をオンにする必要があるのは…
  • 電話番号が変更になる場合
  • Facebook連携で引き継ぐ場合

上記の2つに当てはまる方は、忘れずにLINEアカウントの引き継ぎ設定を行いましょう。

アカウント引き継ぎ設定をオンにする手順

  1. LINEの「友だち」→歯車マーク(設定)→「アカウント引き継ぎ」と進んでください。
  2. 「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。
    「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。

LINEのアカウント引き継ぎ設定は、「アカウントを引き継ぐ」をオンにしてから36時間の時間制限があることに注意しましょう。

また、アカウント引き継ぎ設定が不要な方がオンにしても特に問題はありません。

設定が必要か判断に悩む方は、新しいiPhoneでLINEを開く前にアカウント引き継ぎ設定をオンにしておけば間違い無いでしょう。

ここまでの解説でLINEアカウントは引き継いでも、トーク履歴を引き継がないと困ることもありますよね。

LINEのトーク履歴のバックアップを忘れずに!

LINEのトーク履歴のバックアップを忘れずに!

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

前ページでの解説で、新しいiPhoneにLINEアカウントを引き継ぐ準備はOKです。

ただ、LINEのトーク履歴はアカウント引き継ぎだけでは移行できません。

さらに、新しいiPhoneでLINEにログインすると、前の端末からは全てのデータが削除されてしまいます。

過去のトークを残しておきたい方は、トーク履歴のバックアップを忘れないようにしましょう。

なお、記事の冒頭でもお伝えした通り、トーク履歴が引き継げるのは「iPhone→iPhoneの機種変更」のみです。

iPhoneのトーク履歴バックアップ手順

「友だち」→歯車マーク(設定)→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」の順にタップ

「友だち」→歯車マーク(設定)→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」の順にタップ

LINEトークのバックアップはiCloud Drive内に保存されます。

iCloudにログインしていない状態やiCloud Driveが無効になっているとバックアップできません。

LINEトークのバックアップ前には、iCloudの設定をチェックしておきましょうね!

iTunesでデータ移行する場合もLINEトークのバックアップ推奨

iTunes

画像引用元:iTunes – Apple(日本)

iPhone同士の機種変更をする、かつパソコンを持っている方は、iTunesにバックアップしてデータ移行をしますよね。

iTunesを利用したデータ移行では、iPhoneのデータだけでなくアプリ内のデータもほぼ100%移行できて便利です。

LINEトークも例外ではなく、間違いなく設定していればトーク履歴もばっちりデータ移行できます。

ただ、LINEトークをiTunesで移行するためには、「バックアップの暗号化」が必須です。

万が一、暗号化を忘れたりパスワードを失念したりすると、バックアップデータからトークの復元ができないので要注意ですね。

iTunesでデータ移行する方も、LINEトークに大切な内容があるなら、別途LINEアプリでトークのバックアップを取っておきましょうね!

AndroidからiPhoneへはトーク履歴を引き継げない

AndroidからiPhoneへはトーク履歴を引き継げない

先にお伝えした通り、トーク履歴の引き継ぎができるのはiOS間のみで、AndroidからiPhoneへのトーク履歴の引き継ぎはできません。

どうしても残しておきたいトークのある方は、スクリーンショットやテキストメモで保存するようにしましょう。

AndroidのLINEには、トーク履歴をテキストで書き出す機能もあります。

一部だけでなくトーク全体を書き出したい方は、テキスト書き出し機能も活用してくださいね。

トークをテキストに書き出す手順

保存したいトークを開き「v」マーク→「トーク設定」→「トーク履歴をバックアップ」→「テキストでバックアップ」の順にタップします。

AndroidのLINEトーク

バックアップ先にはGmailやGoogle Driveを選んでトーク履歴を保存しましょう。

新iPhoneへLINEデータを引き継ぎ復元する方法

新iPhoneへLINEデータを引き継ぐ方法

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

今までLINEを利用していた端末でデータ引き継ぎの準備が整ったら、いよいよ新しいiPhoneにLINEデータの引き継ぎ復元を実行しましょう。

旧端末で行う準備おさらい
  • 電話番号を登録する
  • メールアドレス・パスワードのの登録やFacebook連携
  • アカウント引き継ぎ設定をオンにする
  • トーク履歴のバックアップ

新iPhoneへの引き継ぎ復元手順

  1. LINEアプリをインストール
    App
  2. LINEを起動して「はじめる」を選択しましょう。
    LINEを起動して「はじめる」を選択しましょう。
  3. ここでは新しいiPhoneの電話番号を入力し、SMSで届いた認証番号を入力しましょう。
    Facebook連携で引き継ぐ方は、ここで「Facebookログイン」をタップして進めます。
    ここでは新しいiPhoneの電話番号を入力し、SMSで届いた認証番号を入力しましょう。
  4. 「おかえりなさい」の後に表示された名前が引き継ぎしたいアカウントかを確認します。
    電話番号に変更が無い場合は「はい、私のアカウントです」を選びましょう。
    電話番号に変更が無い場合は「はい、私のアカウントです」を選びましょう。
    もし電話番号が変更になっている場合は「いいえ、違います」を選び、元の電話番号かメールアドレスを入力します。
  5. LINEに登録しているパスワードを入力しましょう。

    パスワード入力が完了して先に進めた段階で、元のスマホはLINEから強制的にログアウトされます。
  6. 友だち追加設定や年齢確認は画面に指示に従って任意の項目を選びましょう。
  7. 最後にトーク履歴を復元するか選びます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ