新型iPhoneの価格を徹底比較|ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー

  • 2018年10月1日
  • by.a-sato

apple-iphonexr5

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone XSの発売に伴い、各キャリアで続々と購入価格が掲示されています。

同じiPhoneですが各キャリア毎にiPhone本体の価格は異なっているため、今回の新型iPhoneの価格が気になっている方も非常に多いと思います。

そこで今回は、新型iPhoneのiPhone XSの価格を各キャリアとAppleのSIMフリー版で徹底的に比較をしたいと思います。

併せて、月々の利用料金のシミュレーションをするので、iPhone XSの購入を検討中の方は是非参考にしてください。

iPhone比較|値段/サイズ/スペックで歴代モデルを比べてみた【2020年】

トップ画像引用元:iPhone XR – 仕様 – Apple(日本)

新型iPhone『iPhone XS』の価格は各社で異なる

画像引用元:iPhone XS – カメラ – Apple(日本)

ついに新型iPhone『iPhone XS』の予約が始まり、9月21日に発売が開始されました。

iPhoneが発売になって気になるのは各キャリアのiPhoneの本体価格ではないでしょうか。

実はiPhoneの価格は全社共通ではなく、各社毎に若干の差があります。

その理由は、キャリア毎にある程度自由に価格を決めることができるという背景があるからです。

48回分割が普及しているので注意が必要

最近のキャリアの動向としては、いかに価格を安く見せようという動きがかなりあります。

そのため、通常は5,000円程度月々かかる本体価格を48回分割にして半額にさせるという動きが増えています。

4年間使うというのであれば問題はありませんが、要は10万円程度のスマホのローンを4年間で組むということになります。

支払いが遅れでもすれば信用情報に傷が残る可能性もあり、今後のクレジットやローンの申込みに支障を来たす恐れもあります。

ショップでも、48回支払い前提で見積もりを出してくることが多くなっているので、見積もりには十分注意をするようにしてください。

ドコモのiPhone XSの価格

画像引用元:ドコモ公式サイト

まず、ドコモのiPhone XSシリーズの本体価格を簡単に表にしてみました。

モデル64GB256GB512GB
iPhone XS128,952円147,096円171,720円
iPhone XS Max141,912円160,056円184,680円
購入ドコモ公式ショップ

※価格は全て税込

ドコモでは、毎月決まった金額を割引するという月々サポートが適用されます。

そのため、実質的な機種代金は表に記載のある価格よりも約半額近くになります

しかし、注意して欲しいのは、月々サポートは機種代金から直接割引されるわけではないという点です。

基本料金やオプション料金から差し引かれる割引なので、機種代金は素の価格で発生していると思ってください。

そのため、途中で解約した場合には割引された実質的な機種代金が請求されるのではなく、満額の機種代金の残りが請求されます。

2-1 ドコモで最安値でiPhone XSを持つなら

次に、ドコモで最安値でiPhone XSを購入する場合の価格を見積もってみました。

今回は、1人で使う場合と家族4人で使う場合の2通りのシチュエーションで見積もりを出しています。

1人で使う場合

画像引用元:ドコモ公式サイト

この見積もりには下記の料金プラン等が含まれています。

  • iPhone XS 64GB
  • 24回の分割支払い
  • ベーシックパック1GBまで
  • シンプルプラン(通話した分だけ通話料がかかる)
  • 契約は乗り換え

ドコモで最安値で使う場合、1人あたり毎月7,430円かかります

ベーシックパックというのは従量制のプランで、上限20GBまで使うことができ、データ通信を使ったら使った分だけ料金が発生するという仕組みです。

通話もした分だけ料金が上がるというプランなので、使ったら使った分だけ高くなると思ってください。

5GB以上使うならウルトラデータLパックにするべき

ベーシックパックの場合、5GBで既に5,000円に到達してしまいます。

一方で、ウルトラデータLパックは6,000円で20GB使うことができます

月終わりギリギリで5GBに到達する程度であれば問題ありませんが、月途中で既に5GB使ってしまうという方は、ウルトラデータLパックの方がお得です。

家族4人で使う場合

画像引用元:ドコモ公式サイト

次に、家族4人で使う場合の最安値を算出しました。

この見積もりには下記のプランが組み込まれています。

  • iPhone XS 64GBが4台
  • 24回分割
  • ベーシックシェアパック5GBまで
  • 通話はシンプルプラン(通話しただけ料金がかかる)
  • 主回線以外の3台は家族シェアに加入
  • 乗り換え契約

家族4人で最安値で使う場合、月額24,968円となりました。

ベーシックシェアパックとは、家族でデータ通信量を共有できるプランです。

従量制となっており、5GBスタートから30GBまで使うことができます

シンプルプランは家族同士の通話は無料になるため、家族同士の通話がメインという方はシンプルプランで十分だと思われます。

家族全員でキャリアをまとめたいというのであれば、家族シェアプランのあるドコモがおすすめです。

2-2 ドコモでiPhone XSに適用できるキャンペーン

画像引用元:ドコモ公式サイト

現在、ドコモでiPhone XSに適用できるキャンペーンは、オンラインショップ限定の5,184円還元キャンペーンのみとなっています。

このキャンペーンは、新規・乗り換え契約の場合5,184円を機種代金から減額します。

機種変更の場合は5,184円相当のdポイントが付与され、機種変更時の機種代金に充てることが可能です。

ただでさえ高いiPhone XSですから、5,184円の割引があるのは嬉しいですよね。

ただしオンライン限定特典になっているので注意しましょう。

auのiPhone XSの価格

画像引用元:au公式サイト

次に、auのiPhone XSの本体代金を簡単にまとめました。

モデル64GB256GB512GB
iPhone XS128,640円146,880円171,840円
iPhone XS Max141,600円159,840円184,800円
購入au公式ショップ

ここから割引が入ると大体半額になるというケースもドコモと同じです。

ただし、auは本体代金を48回の分割にして契約をすることを推奨しているので、見積もりの価格には注意が必要です。

また、auはドコモやソフトバンクといったキャリアと比べると1番iPhoneの料金プランに力を入れているかもしれません。

2018年9月14日から開始されたiPhoneギガトクキャンペーンは、20GBまたは30GBのプランをかなり安く使うことができるキャンペーンです。

auが『iPhoneギガトクキャンペーン』を開始!適用条件や対象機種は?

そんなauで最安値でiPhone XSを持った場合の料金をそれぞれのシチュエーションで見積もりを出してみたので、是非参考にしてください。

3-1 auで最安値でiPhone XSを持つなら

auで最安値でiPhone XSを持つとどのくらいの金額になるのか、1人で使う場合と家族4人で使う場合の2通りのシチュエーションで見積もりを出してみました。

1人で使う場合

画像引用元:au公式サイト

これの見積もりに含まれているiPhone XSの容量とプランは下記の通りです。

  • iPhone XS 64GB
  • 支払いは24回の分割支払い
  • ピタットプラン1GBまで
  • シンプルプラン(通話した分だけ料金がかかる)
  • 契約は乗り換え
  • 機種変更前提の割引等は一切入っていません

1人あたり月々8,578円となります。

ピタットプランは従量制のプランであり、1GBを満たない場合は最安値1,980円の基本料金で利用できるプランで算出しました。

また、通話のシンプルプランは通話した分だけ料金がかかるので、30秒あたり約20円の通話料金が発生します。

3GB以上使う人ならiPhoneギガトクキャンペーン適用でフラットプラン20に

3GB以下のデータ利用であればピタットプランでも問題ありませんが、3GB以上使うのであれば、iPhoneギガトクキャンペーンで最安値3,480円で20GB使えるプランにするべきです。

ピタットプランの場合、3GBで既に3,480円に到達してしまうので、20GBを3,480円で使えるiPhoneギガトクキャンペーンと比較するとどちらがお得なのかすぐにわかります。

家族4人で使う場合

家族4人で使う場合は、純粋に上記の金額を4倍にするだけ、つまり、家族4人で月々34,312円となります。

auにはドコモのように家族シェアプランがありません。

あくまで最低料金なので、データ通信を使ったら使った分だけ料金がかかります。

子どものネットの使う頻度や量はしっかりと把握しておかないと翌月の請求でとんでもないことになるかもしれませんね。

3-2 auでiPhone XSに適用できるキャンペーン

画像引用元:au公式サイト

  • iPhoneギガトクキャンペーン
  • スマホ応援割
  • iPhone交換プログラム

現在auでiPhone XSに適用できるキャンペーンです。

iPhoneギガトクキャンペーンは上記で解説した通りです。

スマホ応援割は、対象のプランに加入することで1年間1,000円の割引が毎月適用されるキャンペーンです。

ちなみに上記のプランに関しては通話プランがシンプルプランなので対象外となっています。

iPhone交換プログラムは、今使っているiPhoneをauで下取りに出すことで機種代金に充てることができるポイントが貰えるというものです。

iPhoneのモデルや状態によっては最大で70,000円分近いポイントがもらえるので、今現在iPhoneを持っている方は是非見積もりを出してもらうようにしましょう。

ソフトバンクのiPhone XSの価格

画像引用元:ソフトバンク公式サイト

ソフトバンクのiPhone XSの本体価格は下記の通りです。

モデル64GB256GB512GB
iPhone XS136,800円155,040円180,000円
iPhone XS Max149,760円168,000円192,960円
購入ソフトバンク公式ショップ

ソフトバンクは1番価格が高いです。

しかし、他のキャリアと同様に、25ヶ月後に機種変更する前提で契約することで機種代金を半額にすることができます

その代わり、25ヶ月後に機種変更する前提なので、注意してください。

4-1 ソフトバンクでiPhone XSを最安値で持った場合

画像引用元:ソフトバンク公式サイト

次に、ソフトバンクでiPhone XSを最安値で持った場合の価格を計算してみました。

ソフトバンクの公式サイトでは、iPhone XSのシミュレーションができなかったので、筆者個人が計算したために金額が異なる場合がありますので、予めご了承ください。

料金1人で使う場合家族4人で使う場合
iPhone XS 64GB6,240円(24回)6,240円(24回)
ミニモンスター1GBまで3,218円3,218円
ウェブ利用料324円324円
通話基本プラン(通話しただけ料金がかかる)1,296円1,296円
家族まとめて割(4人)0円-2,000円
1年おトク割-1,000円-1,000円
1年目の価格10,078円38,312円
2年目の価格11,078円42,312円

1人で使う場合

機種代金が1番高いということもあり、1人で使う場合も3キャリアの中で1番高いという結果になりました。

ソフトバンクの場合は、25ヶ月で機種変更するサポートに加入して契約をする、または48回の分割契約をする前提なのでしょう

家族4人で使う場合

家族4人で使う場合は、家族まとめて割で2,000円の割引が発生します。

そのため1年目はかなりリーズナブルになりますが、2年後は1台あたり1,000円高くなるのでかなり高額になる気がしますが、1人あたりの価格を考えると2年目の金額が妥当です。

機種変更する前提、または4年使う前提で半額の機種代金で契約をするのが1番リーズナブルです。

4-2 ソフトバンクでiPhone XSに適用できるキャンペーン

画像引用元:ソフトバンク公式サイト

  • ガラケ→スマホ割
  • 1年おトク割
  • 半額サポート

ソフトバンクでは現在、3つのキャンペーンがiPhone XSに適用できます。

まず、ガラケ→スマホ割はガラケーからスマホにする方向けのキャンペーンであり、1年間なんと1,980円の割引が毎月発生します。

ミニモンスターの最低料金が1,980円なので、1年間は実質基本料が無料になるといっても過言ではありません。

また、1年おトク割は1年間1,000円の割引が適用されます。

1年おトク割とガラケ→スマホ割は併用できないので注意しましょう。

そして、半額サポートは機種代金を半額にできるサービスですが、25ヶ月目に今まで使っていたスマホを返して新たに機種変更する前提のサービスです。

2年のスパンでスマホを変えるという方にはおすすめです。

SIMフリーのiPhone XSの価格

画像引用元:iPhone XS – 仕様 – Apple(日本)

Appleで販売されるSIMフリーのiPhone XSの価格をまとめました。

モデル64GB256GB512GB
iPhone XS121,824円140,184円165,024円
iPhone XS Max134,784円153,144円177,984円
購入Apple Store

ドコモ・au・ソフトバンクに比べてかなり安いということがわかります。

以前までは一括購入をしなければいけませんでしたが、Appleの提示する条件を満たすことで分割支払いも可能になったそうです

より一層SIMフリーのiPhoneが手に入りやすくなりました。

5-1 SIMフリー版が1番安い

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

SIMフリーのiPhone XSは各キャリアと比べても1番安い価格で購入することができます。

ただし、キャリアのように月々の料金に毎月決まった割引が適用されるわけではないので、実質ほぼ半額になるキャリアと異なって全額実費となります。

純粋な価格自体は1番安いですが、キャリアのように割引が月々入るわけではないのでSIMフリーのスマホが欲しい方や、購入後格安SIMを使う予定のある方におすすめです。

Apple Careに加入できる

AppleではApple Careの取り扱いもあるので、万が一壊れてしまった時の保証もしっかりと備わっています。

ただ一点異なる点が、AppleでiPhoneを購入しApple Careを申込んだ場合、Apple Careは一括購入となり、約12,000円程度となります

キャリアの場合は月額料金に分割で組み込むことができますが、Appleで購入する場合は一括購入のみとなります。

ちなみにキャリアで入っていなかった方でも後日加入することは可能なので、やっぱりApple Careに入りたいと思ったらApple Storeに行きましょう。

AppleCare+て必要?保証内容と修理費用と無償サポートの範囲を解説

5-2 格安SIM契約などで通信費を抑えることは可能

画像引用元:iPhone XS – 仕様 – Apple(日本)

Appleで購入するiPhoneは回線契約が伴っていません。

そのため、Appleで購入後別途自分で回線契約を行う必要があります

SIMフリーなので、今まで使っていたスマホに入っているSIMそのまま挿して使うのも良いですが、この機会に格安SIMに乗り換えてみるのもおすすめです。

毎月の利用料金が平均7,000円以上のキャリアと比べて、格安SIMは平均2,000円程度で利用することが可能です。

もちろんキャリアと比べて通信品質が安定しないなどのネックはありますが、最近ではそれが気にならないほど高い品質を保つ格安SIMも増えています。

毎月の通信費でキャリアとの本体価格の差を埋める

前述の通り、AppleでSIMフリーのiPhone XSを購入する場合、毎月の割引等がないのでキャリアよりも実質的な本体価格は高くなります

その価格差を埋めるには、毎月の通信費を抑えることが1番有効な手段です。

割引ありきで分割契約したキャリアよりも、AppleでiPhoneを購入して格安SIMを挿して使った方が年間の総額で安くなる可能性があります。

目先の出費や負担に捉われるのではなく、将来的に安く持つという意味ではSIMフリーのiPhoneが適しているかもしれません。

格安SIMでiPhoneを使う方法|SIMフリー以外の持ち込みは回線に注意

新型iPhoneの価格を比較した結果

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

新型iPhoneの価格を比較した結果
  • 本体価格だけ見るとSIMフリーが1番安い
  • キャリアのiPhone XSは割引などで実質約半額になる可能性がある
  • キャリアで契約するなら48回の分割支払いには注意すること
  • Appleで購入して格安SIMを挿して使うのもおすすめ

素のままのiPhone XSの価格だけを見たらAppleが1番安く、ソフトバンクが1番高い傾向にあります。

しかし、キャリアの場合は割引によってそこから実質約半額程度まで価格が安くなります。

一方で、実質半額になるには月々の割引だけでなく、25ヶ月目に機種変更する前提で契約した場合などの条件があるので注意しましょう。

また、機種代金の分割支払い額が2,500円程度で見積もりが出されている場合は、

  • 48回の分割になっている
  • 25ヶ月目に機種変更をする前提のオプションが組まれている

かのどちらかなので注意が必要です。

割引等が適用された場合、1番高くなるのはAppleのiPhone XSとなりますが、格安SIMを挿して安い通信料を払うことでキャリアで購入するよりも、機種代金・毎月の通信費の総額が安くなる可能性もあります。

どの使い方が一番安くなるのか、家族構成やデータ通信量を確認しながら是非皆さんも比較してみてください。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ