2019年の新型iPhoneも予約必須!?名前・発売日・色・価格を大胆予想

2019年の新型iPhoneも予約必須!?名前・発売日・色・価格を大胆予想

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 11のスペック予想

ここからは、iPhone 11シリーズの各端末のスペックを予想していきます。

まずは、メイン端末となる「iPhone 11」からです。

iPhone 11のスペック
SoCA13 Bionicチップ
メモリ6GB
ストレージ64GB
256GB
512GB
ディスプレイ5.8インチ
有機ELディスプレイ
(OLED)
カメラデュアルレンズ:広角+望遠
画素数:1200万画素
カラーゴールド、スペースグレイ、シルバー
その他の機能リバース・ワイヤレス充電
顔認証・指紋認証

基本性能の予想

これまでも、iPhoneは新型が出る度に進化してきたスマホです。

特に、iPhone 4~iPhone 7までの進化は目覚ましいものがあり、常に大きな進化が見られました。

しかし、iPhone 8以降は、はっきり言ってしまうとそこまで大きな進化はありません。

しかも、現在の最新機種であるiPhone XSの時点で、スマホとしてはすでに驚異的な速さです。

そのスピードはパソコンと比べてもほとんど変わらないほど。

iPhone 11もスペックは進化するでしょう。

しかし、実際の使い心地は今とそれほど変わらないことが予想されます。

iPhone 11のカメラはデュアルレンズ!

リーク情報や各方面への取材内容を総合すると、3機種のうち1機種には、トリプル背面カメラが採用される可能性が非常に高いとのことです。

3機種中、最も高価なのはiPhone 11 Max。

よって、iPhone 11のカメラは、iPhone XSと同じくデュアルレンズになる可能性が濃厚です。

レンズはメインとなる広角レンズと、ズームに利用する望遠レンズ。

また、カメラの画素数も、iPhone XSと同じ1,200万画素になることが予想されます。

iPhone 11のディスプレイは有機ELディスプレイ、サイズは据え置きと予想

2019年1月22日に、ウォールストリートジャーナルが以下のように報じました。

  • Appleは2020年に発売する全端末において、有機ELディスプレイ(OLED)を採用する
  • 2019年は有機ELディスプレイの生産体制が間に合わない

この情報から、次のことが予想できます。

iPhone 11シリーズのディスプレイ
  • フラッグシップモデルであるiPhone 11とiPhone 11 Maxのディスプレイは、有機ELディスプレイ
  • 廉価版であるiPhone 11Rは、液晶ディスプレイ

これは、2018年のiPhone XSシリーズと同じ構成です。

XSの時点ですでに有機ELディスプレイだったのですから、これを液晶に戻すのはさすがにあり得ません。

一方、XRは液晶でした。

よって、有機ELディスプレイの生産不足の穴を埋めるのなら、XR相当の端末であるiPhone 11Rを液晶にするのが妥当でしょう。

iPhone 11のデザインに大きな変更はなし?

画像引用元:iPhone XR | iPhone | NTTドコモ

iPhone 11では、デザインは変更されるものの、大幅な変化はないと予想されます。

現在の丸みを帯びたデザインはiPhone 6から始まっていますが、これ以降は大幅なデザイン変更がありません。

「iPhone 5以前のシャープなフォルムが良い」という声はこの頃からずっと続いていますが、Appleはこの丸みのあるデザインを採用し続けています。

たとえこの先、シャープなフォルムのiPhoneを発売するとしても、iPhone SEのような別端末での販売となるでしょう。

よって、iPhone 11も丸みを帯びたデザインとなり、これまでと大きな変化はないことが予想されます。

認証方法は指紋認証が復活すると予想

リーク情報によれば、Appleが2019年に出願した特許申請書に、指紋認証に利用する画面内蔵式のTouch IDを、Face IDと併用する技術が記載されていたそうです。

これが本当であれば、iPhone 11にはこれまでの顔認証に加えて、画面内指紋認証が追加されることになります。

リバース・ワイヤレス充電に対応する?

iPhone 11には、リバース・ワイヤレス充電が搭載されると予想されています。

リバース・ワイヤレス充電は、ワイヤレスで自身を充電できるだけでなく、自分のバッテリーを使って、他のスマホもワイヤレス充電できるシステムです。

iPhone 11シリーズは、バッテリー容量を増やしているとの報道が2019年5月にあったばかりですから、この機能が搭載される可能性は高いと言えるでしょう。

iPhone 11は5G通信には対応しない可能性が高い

現在の4G通信(LTE通信)の次世代通信と言われる5G通信。

日本でも、大手3キャリアが2020年夏のサービス開始に向けて、積極的に準備を進めているところです。

しかし、バークレイズの有名アナリストによれば、「5G通信対応のiPhoneについては、2020年まで発表しない」と予測しています。

そのため、2019年モデルは5G通信に対応しない可能性が高いでしょう。

iPhone 11 Maxのスペック予想

次は、最も高価なiPhone 11 Maxのスペック予想です。

iPhone 11 Maxのスペック
SoCA13 Bionicチップ
メモリ6GB
ストレージ64GB
256GB
512GB
ディスプレイ6.5インチ
有機ELディスプレイ
(OLED)
カメラトリプルレンズ:広角+超広角+望遠
画素数:1200万画素
カラーゴールド、スペースグレイ、シルバー
その他の機能リバース・ワイヤレス充電
顔認証・指紋認証

iPhone 11と最も違う点はカメラ

上でも書きましたが、新型iPhoneのラインナップのうち、1つはトリプルカメラになることが予想されています。

よって、トリプルカメラが搭載されるのは、最も高価なiPhone 11 Maxが妥当であると言えるでしょう。

スマホ本体のサイズがiPhone 11よりも大きいため、この点から見ても相応しいと考えられます。

レンズは超広角レンズ、広角レンズ、ズームレンズの3種類が濃厚です。

すでにトリプルカメラを取り入れているスマホでも、これら3つのレンズが主流となっています。

その他の点はiPhone 11とほぼ同じ

現行のiPhone XSとiPhone XS Maxの違いは、本体サイズとディスプレイサイズ、バッテリー容量です。

iPhone 11シリーズでは、そこにカメラシステムの違いが加わります。

しかし、それ以外のスペックはiPhone 11とそれほど変わらないでしょう。

iPhoneサイズ一覧|一緒の大きさならスマホケースも同じのが使えるか

次のページでは、iPhone 11Rのスペックについて予想していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ