新型iPhoneを格安SIMで使いたい|お得なおすすめMVNOとその理由

新型iPhoneを格安SIMで使いたい|お得なおすすめMVNOとその理由

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナー

2018年も、また新型iPhone発表の季節がやってきました。

「ドコモ」「au」「ソフトバンク」といった国内3キャリアでの取り扱いは濃厚です。

しかし、今回はSIMフリーのiPhoneを買って、格安SIMで安く利用しようと考えている方もいるかと思います。

そこで今回は新型iPhoneを格安SIM(MVNO)で利用する際のおすすめの格安SIMとその理由について詳しく解説していきます。

1 MVNOって何?

まずは、「MVNO」とはそもそもどういった通信事業者なのかという点について解説します。

MVNOは、キャリアが設置・管理している通信のインフラを借りてプロバイダ事業者やその他通信事業者がモバイル通信サービスを提供しています。

そのため、理論上はキャリアと変わらない通信品質でモバイル通信を行うことが出来ます。

キャリアが回線サービスの卸売りを開始してから格安SIMを提供するMVNOは次々と数が多くなり、今では数10社もMVNOが存在しています。

MVNOの例:

  • UQ mobile
  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • mineo(マイネオ)
  • IIJmio

1-1 格安SIMを活用するメリット

格安SIMを活用する上での大きなメリットは、インターネット上で全ての手続きを完結できるという点です。

キャリアの場合、例えばソフトバンクで新型iPhoneを購入するのであれば、ソフトバンクショップに足を運んだりソフトバンクを取り扱う家電量販店に足を運ぶ必要があります。

ですが格安SIMなら、インターネット上だけの手続きで後日SIMカードが自宅に届き、簡単に格安でモバイル通信を利用できるようになります。

そのため、いつでもどこでもご自分の好きなタイミングで手続きをすることが出来ます。

またこれにより、キャリアのショップで発生する待ち時間がないというメリットもあります。

キャリアのショップに行くと、必ず待ち時間が発生して、さらに窓口での手続き時間まで取られるため、キャリアのショップに行くためには大きく時間を確保する必要があります。

ですが格安SIMの場合、待ち時間なく手続きを行えるため時間的コストを見てもお得です。

こうした点も、格安SIMを使う大きなメリットです。

格安SIMのメリット
  • インターネット上で全ての手続きを完結
  • いつ・どこでも手続きできる
  • ショップで発生する待ち時間がない
ドコモキャンペーンバナー

1-2 格安SIMのデメリット

優秀に見える格安SIMですが、デメリットも存在します。

それは、手続きがインターネット上だけで完結する反面、実店舗を構えたショップが存在するMVNOが少ないという点です。

格安SIMを使っていて、もし分からないことがあった場合や相談したいことが合った場合、直接スタッフに相談するということが出来ないことが多いです。

また、支払い方法はクレジットカードのみとなっている場合が多いです。

キャリアの場合は口座情報さえあれば新型iPhoneを契約してモバイル通信を使い始めることが出来ますが、格安SIMの場合はクレジットカードが必須となっていることが多いです。

そのため、クレジットカードを持っていない方にとってはデメリットとなってしまいます。

また、新型iPhoneが故障してしまった際や新型iPhoneが画面割れなどの破損をしてしまった場合、キャリアよりも格安SIMの方がサポートが薄いというデメリットがあります。

キャリアの場合は料金が発生するものの補償サービスがありますが、格安SIMにはそういったサービスがないケースが多いです。

サポートという面でも、格安SIMはデメリットがあります。

しかし、格安SIMはそれらを引き換えにしても月額料金が安くお得に利用できるという点で大きなメリットがあります。

格安SIMのデメリット
  • 実店舗が少ないため不明点の相談が難しい
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • 端末故障の際のサポートが薄い

1-3 格安SIMで毎月どれくらい安くなる?

MVNOは、格安SIMと言われているようにキャリアと比較するとかなりお安い金額で利用することが出来るようになります。

例えばデータ容量が5GB以上で音声SIMを契約した場合、キャリアの場合はおおよそ10,000円前後の料金が発生します。

ですが、格安SIMの場合は同じ条件でも5,000円ほどで利用することが可能です。

半額近くも差が開いていますが、理論上は格安SIMもキャリアも同じインフラを使っているため同じ品質で通信を行うことが出来ます。

何故このように料金に差が生まれるのかと言うと、格安SIMの場合は基地局の設置や管理、またそれに携わる人件費などが削減できるからです。

そのため、MVNOは格安でモバイル通信をユーザーに届けることが出来るのです。

格安SIMの特徴
  • 待ち時間がなく契約できる
  • インターネット上だけで手続きが完結する
  • クレジットカードが必須なことが多い
  • サポートはキャリアの方が手厚い

2 格安SIMで新型iPhoneを使う際の注意点

続いて、格安SIMで新型iPhoneを使う際の注意点を3つにピックアップして紹介します。

新型iPhoneはまだ発表されていないため、新型iPhoneだからこその注意点はまだ挙げられないのが正直なところです。

そのため、新型iPhoneに限らずiPhoneを格安SIMを使う際の注意点を見ていきましょう。

2-1 新型iPhoneはSIMフリーモデルを購入しよう

新型iPhoneを格安SIMで利用する際は、SIMフリーモデルを購入するようにしましょう。

SIMフリーモデルとは、どの通信事業者のSIMカードでも使用することが出来る万能なモデルのことを指します。

通常、キャリアで新型iPhoneを契約するとSIMロックというそのキャリア以外のSIMカードを使うことが出来ない制限がかけられていますが、SIMフリーモデルではそういった制限がありません。

またSIMフリーモデルであれば2年間の縛りも無いため、安心して新型iPhoneを使用することが出来ます。

ですが、新型iPhoneの場合はMVNOで中々動作確認済み端末にならないという危険性があります。

格安SIMでiPhoneを使用する際は、動作確認済みのiPhoneでないと動作の保証が出来ません。

理論的には動作可能ですが、MVNOが動作確認を行っていない新型iPhoneを格安SIMで運用するのはリスクが高いです。

SIMフリーiPhoneとは?SIMロック解除の方法とメリット

2-1-1 SIMフリーのiPhoneはどこで買える?

SIMフリーモデルの新型iPhoneは、Appleのオンラインストアかお近くのAppleストアで購入することが出来ます。

SIMフリーモデルの方がキャリアで取り扱われているモデルよりも高額な傾向がありますが、通信事業者を自由に選べるというメリットは大きいです。

新型iPhoneの本体価格が高額だとしても、月々の料金が格安SIMによってお得になれば結果的に格安SIMの方がお得でお安く使えるということになります。

2-2 キャリアで購入した場合はSIMロック解除が必要

MVNOで取り扱っているiPhoneは、数世代前のモデルが主流となっています。

そのため、新型iPhoneが発売されてからいち早くモバイル通信が可能な形で利用したいという方は、キャリアで購入する方も多いです。

その場合、必ずSIMロック解除が必要となります。

ですが、キャリアで購入する場合、例えばドコモの場合は100日以上継続利用していないとSIMロック解除の手続きを行うことが出来ません。

そのため、キャリアで購入した場合はおよそ3ヶ月はキャリアを継続利用する必要があります。

しかしながらキャリアの場合は、SIMロック解除を行えたとしても2年縛りが存在します。

2年が経過した2ヶ月間の更新月でないと税込みおよそ10,260円の解約金が発生します。

SIMロックの解除方法→ドコモauソフトバンク

2-3 初期設定は自身で行う必要がある

格安SIMを利用する場合は、モバイル通信を使い始めるための初期設定をご自分で行う必要があります。

あまりスマホを使い慣れていないという方は、この点でつまずいてしまうことがあるため、事前に設定方法をよく確認した方が良いです。

格安SIMで新型Phoneを使う際の注意点まとめ
  • SIMフリーiPhoneがオススメだけど動作確認済み端末でないことがある
  • キャリアで購入した場合はSIMロック解除が必要
  • SIMロック解除をするには最低利用期間がある
  • 初期設定はご自分で行う必要がある

3 お得でおすすめな4つの格安SIM

それでは、新型iPhoneを使用する際におすすめ出来るお得な格安SIMをご紹介します。

お得な格安SIMは数多く存在しますが、その中でも特にお得でおすすめな格安SIM4社にピックアップして見ていきましょう。

3-1 UQモバイル


画像引用元:UQモバイル:トップページ

初めにご紹介するUQモバイルは、auを運営するKDDIのサブブランドでもあるau回線の格安SIMであるため、通信の安定性や通信速度の評価が高いです。

モバイルWi-Fiルーターも提供しているUQコミュニケーションズが手がけているUQモバイルは、数々の部門で顧客満足度1位を獲得しています。

UQモバイルの大きな特徴は、節約モードと高速通信モードに切り替えて利用できるという点です。

節約モードでは通信速度が300Kbpsという制限になりますが、節約モードであればFacebookやTwitterなどのSNSの利用がデータ消費ゼロで使うことが出来ます

さらに「UQあんしんパック」という月額500円のサポートサービスに加入することで、UQモバイルを使っていて分からないことがあった場合でもすぐにお電話で相談することが出来ます。

UQあんしんパックに含まれている「UQあんしんサポート」では、お電話での相談だけでなくスマホの画面を共有して遠隔操作を行ってくれるリモートサポートにも対応しています。

サポートという面で一歩及ばない格安SIMですが、UQモバイルならかゆいところに手が届くサポートを手がけています。

そのため、新型iPhoneで初めて格安SIMデビューをする方にとっても安心です。

3-1-1 UQモバイルの月額料金を見てみよう

2019年11月11日追記
  • おしゃべりプラン・ぴったりプランは新規受付が終了しております

UQモバイルの月額料金は、1回あたり5分以内の通話であれば国内通話どこでもかけ放題になる「おしゃべりプラン」と、かけ放題サービスの無い代わりに無料通話が付いている「ぴったりプラン」に分けられています。

どちらのプランもデータ容量は「2GB」「6GB」「14GB」から選べるようになっていて、通話に関しても気配りがされています。

通話料金に関しては、無料通話を超過した場合や5分間のかけ放題時間を超過した場合30秒あたり20円の通話料金が発生します。

月額料金はどのプランもリーズナブルで、まさに格安SIMと言える料金体系となっています。

以下に料金表をまとめます。

UQモバイルの「端末補償サービス」は必要?故障から修理までの手順

UQモバイル:おしゃべりプラン
料金プランおしゃべりプランSおしゃべりプランMおしゃべりプランL
月額料金1,980円/月2,980円/月4,980円/月
データ容量2GB4GB14GB
通話5分以内の通話であれば何回でも国内通話かけ放題
UQモバイル:ぴったりプラン
料金プランぴったりプランSぴったりプランMぴったりプランL
月額料金1,980円/月2,980円/月4,980円/月
データ容量2GB4GB14GB
通話無料通話60分無料通話120分無料通話180分

3-2 OCNモバイルONE

画像引用元:OCNモバイルONE:トップページ

続いてご紹介するOCNモバイルONEは、ドコモ回線の格安SIMです。

動作確認済みのスマホの種類も多いことから、新型iPhoneの動作確認もいち早く行われることが期待できます。

OCNモバイルONEの大きな特徴は、ドコモを運営しているNTTコミュニケーションズが手がけている格安SIMであるという点です。

UQモバイルはau回線のフラッグシップ格安SIMですが、OCNモバイルONEはドコモ回線のフラッグシップと言って良いです。

そのため、UQモバイルと同様にサポート体制もしっかりとしていて、さらに通信品質についてもかなり期待できる格安SIMです。

3-2-1 OCNモバイルONEの月額料金を見てみよう

OCNモバイルONEの料金プランは、通話に関する料金プランとデータに関する料金プランを合わせた料金プランとなっています。

そのため、ご自分の利用スタイルに合わせて料金プランの組み合わせを自由に変えることが出来ます。

よりご自分に合った料金プランの組み合わせを作り上げることが出来るため、最適で格安な料金を実現できます。

中でも通話プランは数多く存在する格安SIMの中でも細かく設定することが出来ます。

OCNモバイルONEの「ベーシックプラン」

無料通話やかけ放題が付かない代わりに料金が安い。

OCNモバイルONEの「10かけ放題プラン」

10分以内の国内通話であれば何回でもかけ放題となる。

OCNモバイルONEの「トップ3かけ放題プラン」

当月の通話料金の上位3番号が通話料金0円となる。

OCNモバイルONEの「かけ放題ダブルプラン」

「10分かけ放題プラン」と「トップ3かけ放題プラン」のサービスを合わせたサービス。

このように細かく分けられているため、通話時間によってプランを組み換えるとお得にOCNモバイルONEを利用できます。

通話料金に関しては、UQモバイルと同様に30秒あたり20円となっています。

以下に料金プランを表でまとめます。

OCNモバイルONE:通話プラン
料金プランベーシック10分かけ放題トップ3かけ放題かけ放題ダブル
月額料金700円/月1,550円/月1,550円/月2,000円/月
OCNモバイルONE:データプラン
データ容量3GB6GB10GB20GB30GB
月額料金1,100円/月1,450円/月2,300円/月4,150円/月6,050円/月

3-3 LINEモバイル

画像引用元:LINEモバイル:トップページ

次にご紹介するLINEモバイルは、今ではメール以上にレスポンスの速いコミュニケーションアプリとしてすっかりスタンダードとなったLINEが手がけている格安SIMです。

LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線のどちらかを選んで利用することが出来ます。

そのため、以前ソフトバンクのスマホを利用していた方でも、動作確認済みのスマホであればそのままLINEモバイルを利用することが出来ます。

多くの格安SIMがドコモ回線かau回線である中、ソフトバンク回線が利用できるというのは大きなアドバンテージです。

3-3-1 LINEモバイルの月額料金を見てみよう

LINEモバイルの特徴は、ユニークな料金体系にあります。

通話料金に関しては30秒あたり20円となっていますが、料金プランは大きく分けると3つの料金プランから成り立っています。

LINEモバイルの「LINEフリープラン」

LINEの使用であればデータ容量を消費することがない。

LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」

FacebookやTwitterやInstagramといったSNSの利用もデータ容量を消費することがない。

LINEモバイルの「MUSIC+プラン」

FacebookやTwitterやInstagramといったSNSの他にLINE MUSICの利用もデータ消費カウントフリーとなるがある。

「LINEフリープラン」に関してはデータ容量が1GBのみの展開となっていて、月額料金は音声SIMで1,200円となっています。

それ以外の「コミュニケーションフリープラン」と「MUSIC+プラン」に関してはデータ容量に幅があるため、以下の表で料金プランをまとめます。

LINEモバイル:コミュニケーションフリープラン
データ容量3GB5GB7GB10GB
月額料金1,690円/月2,220円/月2,880円/月3,220円/月
LINEモバイル:MUSIC+プラン
データ容量3GB5GB7GB10GB
月額料金2,390円/月2,720円/月3,280円/月3,520円/月

3-4 楽天モバイル

画像引用元:楽天モバイル:トップページ

最後にご紹介する楽天モバイルは、大物芸能人を起用したテレビCMや動画広告でもおなじみの格安SIMです。

楽天モバイル、楽天市場や楽天カードというクレジットカードも手がけている楽天が運営をしていて、楽天スーパーポイントという1ポイント1円で利用できるポイントが貯まります。

楽天モバイルの利用でももちろんポイントを貯めることが出来て、さらに楽天モバイルの月額料金支払いにポイントを充てることも出来ます。

楽天カードの利用や楽天市場の利用でポイントが貯まり、貯まったポイントを楽天モバイルの支払いに充てることが出来るため、日常生活で楽天のサービスを使うとかなりお得に格安SIMを運用できます。

こうしたお得な点は、楽天モバイルの大きな特徴です。

3-4-1 楽天モバイルの月額料金を見てみよう

楽天モバイルの料金プランは、これまでご紹介してきた格安SIMと同様に通話料金が30秒あたり20円という通話料金は変わらないものの、かけ放題があるものとないものの2つに分けられます。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」

10分以内の国内通話であれば何度でもかけ放題となり、さらにデータ容量を使い切っても1Mbpsという比較的高速な通信制限が発生する。

楽天モバイルの「組み合わせプラン」

好みのデータ容量からご自分に合ったものを選ぶ。

これらの料金プランを以下の表でまとめます。

楽天モバイル:スーパーホーダイ
料金プランプランSプランMプランLプランLL
データ容量2GB6GB14GB24GB
通話10以内の通話であれば何回でも国内通話かけ放題
月額料金1,480円/月2,480円/月4,480円/月5,480円/月
楽天モバイル:組み合わせプラン
データ容量3.1GB5GB10GB20GB30GB
月額料金1,600円/月2,150円/月2,960円/月4,750円/月6,150円

格安SIMで新型iPhoneをお得に使おう!

例年通りだと、9月に新型iPhoneの発表と予約受付が開始されることが想定されます。

いよいよ新型iPhoneの発表も間近と期待できる季節になりましたが、やはり使うのであればランニングコストは抑えて使いたいものです。

そこで格安SIMを活用すると、毎月の通信費を抑えて新型iPhoneを利用することが出来ます。

そのため、いち早く新型iPhoneが格安SIMの動作確認済み端末となることに期待が高まります。

今回こちらでおすすめした格安SIMはどれもおすすめで特徴的な格安SIMばかりです。

そのため、これを機会に国内3キャリアから格安SIMへ乗り換えを行うこともおすすめです。

新型iPhoneは、格安SIMを使ってお得に活用しましょう!

2018年新型iPhone予想まとめ|新機種のスペック・価格・発売日情報

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ