新型iPhoneが出てもiPhone SEは買いか?小さいスマホの需要はまだある?

  • 2018年9月8日
  • by 
新型iPhoneが出てもiPhone SEは買いか?小さいスマホの需要はまだある?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Appleは2017年のiPhone Xに次いで、2018年にも新型iPhoneを発売することが、公式からもアナウンスされました。

Phone Xの廉価版、大型版など新機種のスペックに関してさまざまなうわさが飛び交っています。

そんな中、多くの人が気になってやまないのが、Appleで最も小さいスマホ「iPhone SE」の後継機種が発売されるかどうかではないでしょうか。

今回は、まず新型iPhoneのサイズを確認し、iPhone SEのような小さいスマホが発売されるかどうかをチェックします。

そして、小さいスマホのメリット・デメリット、将来発売される可能性はあるのか、という今後の行く末についても考えてみたいと思います。

トップ画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

1 2018年秋、新型iPhone発売予定!

2018年、Appleから新たに3種類の新機種が発売されるのではないかという噂が囁かれ、機種の性能や発売時期に関して真偽不明なリーク情報が多く出回るようになりました。

そして、8月31日についに「9月12日(日本時間の13日午後2時)」に新機種の発表が行われることが公式にアナウンスされたのです。

機種名についてはまだ未定ですが、3種類が発売され、以下のような内容になるということはほぼ確実のようです。

  • iPhone XS(仮称):iPhone Xの進化版で、2018年のフラッグシップモデル
  • iPhone XS Plus(仮称): iPhone XSの大型版
  • iPhone 9(仮称): iPhone Xの廉価版
新型iPhoneの名前は「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」で決まり!

1-1 新型iPhoneのサイズ感は?

デザインや機能など、新型iPhoneのスペックに関してはさまざまな噂がありますが、多くの人が気になるのはその「サイズ」です。

現在、スマホのサイズは多様化していて、液晶サイズは4インチの小型サイズから10インチのタブレットのようなものまで揃っています。

新型iPhoneのサイズに関してもさまざまな噂が飛び交っていましたが、8月31日の公式発表で、

  • 5.8インチのOLED(有機EL)モデル
  • 6.5インチのOLEDモデル
  • 6.1インチのLCD(液晶)モデル

の3種類となることが分かりました。

これは以前からスマホケースメーカーの「Olixar(オリクサー)」が流していたリーク情報とぴったり一致しています。

小さいスマホは発売しない?!

結局、4インチ台の小型iPhoneが発売されないのは確実のようです。

これは、AppleがiPhone SEのようなコンパクトな機種の需要が少ないと判断したということでしょうか。

だとしたら、今後もiPhone SEのような小型スマホが発売される可能性は低いということになってしまいます。

iPhone以外でもコンパクトなスマホの開発・販売は行われていますが、人気機種となっているものはなかなかありません。

iPhone SE2は発売されない線が濃厚?新型iPhoneの噂から可能性を考察

次のページでは、小さいスマホのメリット・デメリットを確認しながら、小型機種の需要の有無について考えていきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
yairo
yairo
関東出身、東京、四国を経て関西へ。小学生時代親のPCでポケモン掲示板に入り浸っていたのがインターネット世界への入り口。携帯落としがちなのでとにかく頑丈なG'zOneを長年愛用していたが、結局今はiPhone SEに。スマホも荷物も小さく身軽にしたい派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ