携帯乗り換え(MNP)で11万円以上得するテクニックと手順・注意点

携帯の乗り換えで11万円以上得する手順を大公開!MNPキャンペーンやベストなタイミングや時期を理解して、ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMでお得にスマホを使おう。現金キャッシュバックはもらえるか、注意点はあるか、など気になる疑問も全て解決します。

携帯乗り換え(MNP)で11万円以上得するテクニックと手順・注意点

高額キャッシュバックをもらってお得に携帯を乗り換える方はこちら!

今回は携帯乗り換えキャンペーンをフル活用して、ドコモ、au、ソフトバンクや格安SIMへお得にMNPで乗り換えするテクニックや手順を紹介しています。

MNPなら店舗で申込む以外に方法があるの?と、思うかもしれませんが実はちょっとしたテクニックを駆使するだけで11万円以上もお得に契約できることもあります。

中には今ではすっかり受け取れなくなった現金キャッシュバックを受け取れる方法もあるので、これからMNPを考えている方は是非参考にしてみてください。

携帯乗り換え(MNP)で11万円以上得するテクニックとは?
  • お得な乗り換え場所でMNPを申込む
  • キャリアのオンラインショップ・Web代理店がお得
  • 料金プランの見直し
  • 下取りキャンペーンを利用
  • キャリア発行のクレジットカードで還元を受ける

トップ画像引用元:ソフトバンクに乗り換え(MNP)・機種変更でお得なキャッシュバック|おとくケータイ.net

※本記事中の価格は税込み表示

【2020年】携帯乗り換えをお得にする方法

ソフトバンクとワイモバイルの併設ショップ

先にMNPでお得に乗り換える方法は下記4つをいくら実行できるかが鍵になります。

MNPでお得に乗り換えるポイント
  • お得な乗り換え場所でMNPを申込む
  • 現在契約している料金プランを、移転先で自分にあった料金プランに契約し直す
  • 今使っている携帯電話を移転先で下取りしてもらう
  • キャリアが発行しているクレジットカードを契約する

この中で「お得な乗り換え場所でMNPを申込む」以外は、ユーザーの契約状況に左右されるので、一概に誰でも10万円を超すお得を受け取れる訳ではありません。

しかし、言い換えれば「誰でもお得な契約先で乗り換えできればMNPで損をすることはない」ことになります。

ポイント①お得な乗り換え場所でMNPを申込む

まず、お得に携帯を乗り換える重要なポイントはお得な乗り換え場所を選ぶということです。

キャリア毎のお得な乗り換え場所
  • ソフトバンク・auへの乗り換えならWeb代理店
  • ドコモへの乗り換え・キャリア内機種変更ならドコモオンラインショップ
  • SIMフリースマホへの乗り換えなら家電量販店のオンラインショップ

携帯の乗り換えというと、各携帯ショップの実店舗で乗り換えることを想像する方が多いかと思いますが、お得に乗り換えるには「オンライン」がポイントです。

下記を参考に移転先でお得な乗り換え先を選びましょう。

店舗キャッシュバック目安と店舗の特徴
おとくケータイ.net
公式サイト
最大20,000
※時期による・要問合せ
現金キャッシュバック
(最大20,000円)
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
スマホ乗り換え.com
公式サイト
最大20,000
※時期による・要問合せ
当店(スマホ乗り換え.com)独自キャッシュバック
(最大20,000円)
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
ドコモ オンラインショップ
公式サイト
2020年4月現在未実施
下取りプログラム
スマホおかえしプログラム
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
auオンラインショップ
公式サイト
2020年5月現在未実施
※地域により異なる
下取りプログラム
かえトクプログラム
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
ソフトバンク オンラインショップ
公式サイト
2020年5月現在未実施
下取りプログラム(のりかえ)
トクするサポート+
【オンライン限定】web割
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
大型家電量販店
(ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・ジョーシンなど)
2020年5月現在未実施
※地域により異なる
ポイント還元

ソフトバンク・auに乗り換える人は、オンラインショップ含む直営店や全国の店舗を利用するよりWeb代理店を介した方がお得になります。

ソフトバンクはWeb代理店を介するとキャッシュバックが受け取れます。

また、auはWeb代理店を経由で機種代金がau Online Shopよりも安くなる為です。

ドコモはWeb代理店が無いので、頭金不要・待ち時間無し24時間営業中とメリット盛りだくさんのドコモオンラインショップから申込みましょう。

格安SIMフリーに乗り換えの際は、Webサイトから申込むよりも、格安SIMを取り扱っている家電量販店の方が、量販店のポイントが貯まる・使用できるケースもあるのでおすすめです。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ポイント②料金プランの見直しで約6万円安くすることも可能

MNPで乗り換えする際に、現在と似たような料金プランを契約するのではなく、自分に合った料金プランに契約し直すのがおすすめです。

料金プランを見直しする
  • 今は各社それぞれで料金プランが違う
  • 年間5万5千円近く安くなることも
  • 有料オプションサービスの見直しが大事
  • 家族でキャリアをまとめて家族割を狙おう
  • 光回線とのセット割もお得

少し前まではドコモ、au、ソフトバンク3社の料金プランに違いはほとんどありませんでしたが、2020年現在ではどこも料金面でも差別化されています。

例を挙げると「契約当初にデータをたっぷり使用できるプランを契約したが、Wi-Fiを開通してから月間データ使用量が下がったユーザー」は、下記のように年間5万5千円近く安くなることもあるのです。

料金プラン乗り換え前:
auデータMaxプラン Pro
乗り換え後:
ソフトバンク ミニフィットプラン
月額料金
(通話オプション・割引無し)
8,228円
(2年契約有)
3,278円
(6ヶ月目からは4,378円)
1年間のトータル料金98,736円45,936円

※ミニフィットプランは~1GBの料金

極端な例ですが料金プランを見直すだけで約5万5千円安くなるケースもあるので、MNPでお得に乗り換えたい人は、料金プラン含む契約内容の見直しも行いましょう。

特に今使っている携帯電話の料金プランが「特に意識しないまま店員さんにおすすめされたプランを契約」した人ほど、料金プランの見直しは有効です。

通話オプション含む有料オプションサービスを見直す

料金プランの見直しを図ると同時に、各種有料オプションを継続するか否か見直すのも、MNPでお得に乗り換える秘訣です。

例えば多くのユーザーが契約しているような通話定額オプションや、動画視聴サイトには以下のような物があり、1ヶ月単位では大きな金額ではありませんが、年間を通してみると決して馬鹿に出来ない金額になります。

項目月額
通話オプションを外す1,800円
Hulu1,026円
Netflix880円
ニコニコ動画プレミアム
(クレジットカード払い)
550円
その他月額有料サービス330円

ソフトバンクの通話定額オプションは、国内通話が24時間無料になるオプションですが、1年単位で23,760円(税込)がかかる高額なオプションです。

「携帯電話の通話はLINEの無料通話しか使っていない」「そもそも通話機能自体滅多に使わない」そんな人には通話定額オプションを付ける意味は薄いので解約しましょう。

通話オプション・月額有料サービス1つ・Hulu等の有料動画配信も解約すれば、それだけで毎月約4,000円近い節約になり、1年間では48,000円の削減と通信費をかなり安く出来ます。

MNPで乗り換える際はもう使わない有料オプションをリストアップ・解約を併せて行いましょう。

家族でキャリアをまとめて家族割を組む

御家庭で契約しているキャリアが全員バラバラになっている場合は、いっそのこと統一して家族割を組むのもおすすめです。

ドコモ、au、ソフトバンク3社共に契約する家族数に応じて、月額料金を割引してくれるのでバラバラで契約するより統一した方が安くなります。

ソフトバンクなら「みんなで家族割+」で、家族4人で契約すると2,000円/月安くなる(データプランミニフィットは対象外)ので、自分1人だけでも年間24,000円安くなります。

4人家族全員が割引されると年間96,000円安くなる計算になるので、1世帯の通信費を大幅に安くできるので、MNPの乗り換え先に迷った時は、家族で統一して家族割を狙ってみるのも良いでしょう。

光回線提供元のキャリアに乗り換えて1,000円安くする

ドコモ、au、ソフトバンクは固定回線とスマホを契約すると、スマホの毎月の月額料金が安くなるキャンペーンを行っています。

キャリア対象
ドコモドコモ光セット割
ドコモ光を詳しく見る
auauスマートバリュー
スマートバリューmine
auひかりを詳しく見る
ソフトバンクおうち割 光セット
ソフトバンク光を詳しく見る

割引金額は概ね500円~1,000円程なので、年間トータルでは6,000円~12,000円程と、こちらも軽視できない割引額です。

前述の家族割とも併用可能なので、最もお得に乗り換えたいなら「家族全員が固定回線と同じキャリアに乗り換える」と良いでしょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ポイント③下取りキャンペーンを利用する

乗り換え時に現在使っているスマホから新しい携帯電話に変える時は、乗り換え先のキャリアで下取りしてもらうと、よりお得に契約出来ます。

「他社のスマホでも下取りしてくれるの?」と思うかもしれませんが、ドコモ、au、ソフトバンク3社共にMNP時に使える下取りキャンペーンを随時行っています。

お得な下取りキャンペーン
  • ドコモ・au・ソフトバンク3社とも行っている
  • 4万円近い価格で下取りしてくれる場合も
  • AndroidよりiPhoneの方が高い
  • 破損品こそ積極的に下取りに出すべき

スマホによっては4万円近い価格で下取りしてくれるキャリアもあるので、乗り換え後に今のスマホを使う予定が無いなら積極的に下取りに出しましょう。

余談ですが、下取りの値段はAndroidよりiPhoneの方が高いので、iPhoneユーザーはより積極的に下取りに出した方がお得です。

破損品こそ積極的に下取りに出すべき

破損品を下取りに出しても引き取ってもらえるか分からない、自分で廃棄しようと考えている方も少なくありませんが、破損品こそ積極的に下取りに出すべきです。

何らかの事情があって持ち続けるならともかく、破損したスマホを持ち続けても処理に困るだけなので、下取りで引き取ってもらった方が精神的にも楽になります。

破損品でも安定して動作するなら引き取ってもらえますし、どの基準で通常品と破損品になるかはキャリアのホームページで公開しています。

破損品の下取り価格は安くなりますが、それでも受けられる特典は少しでも受け取った方がお得なので下取りは是非活用しましょう。

ポイント④キャリア発行のクレジットカードで還元を受ける

乗り換え先がドコモまたはauの人は、乗り換え時にキャリアが発行している下記クレジットカードを発行するのがおすすめです。

キャリア発行のクレジットカード
  • ドコモ:dカードGOLD
  • au:au WALLETゴールドカード

どちらもゴールドと名付けられているから察せるように、発行元のキャリアでお得な特典が盛りだくさんのクレジットカードです。

毎月のポイント還元率もグンと上がるので、クレジットカードに抵抗がある人もお得に利用したいなら発行だけでもしておいた方がおすすめです。

なおソフトバンクは自社発行のクレジットカードはありませんが、傘下企業が発行するYahoo!JapanカードでTポイントやPayPayボーナスライトを受け取る事が出来ます。

dカード GOLDは初年度13,000円還元を受けられる(10,000円/月利用時)

dカード GOLDは年会費10,000円かかるものの、実は還元されるdポイントで充分元が取れるお得なクレジットカードです。

項目/内容dカード GOLDdカード
年会費(税込)11,000円無料
ポイント
(ドコモ料金)
約9.09%
(税込金額1,100円で100ポイント)
約0.9%
(税込金額1,100円で10ポイント)
ポイント
(買い物)
1%(税込金額100円で1ポイント)
特約店は2%〜5%
ブランドVISA/MasterCard
電子マネーiD
家族カード年会費
(税込)
1枚目: 無料
2枚目以降: 1,100円
無料
ETCカード無料無料(前年に1回以上利用)
550円(利用なし)
締め日
支払い日
15日締め・翌10日払い
支払い方法一括払い
分割払い
リボ払い
申込dカード GOLDdカード

月10,000円利用すれば還元されるdポイントでお釣りが来ますし、更に空港利用時のラウンジ利用や各種保証オプションの充実といった特典もあります。

これからドコモを契約する人は勿論、現在ドコモを契約しているユーザーにもおすすめの1枚です。

dカード GOLDを最大限利用したら年間8万円以上もお得になる話

au WALLETゴールドカードは料金プラン次第では初年度22,704円還元される

auが乗り換え先の人はau WALLETゴールドカードを発行するのがおすすめです。

カード名au WALLETゴールドカード
年会費10,000円
au WALLETゴールドカードの還元au料金のプランに応じて最大11%還元
200円につき2ポイント(特約店なら更に増加)
その他特典Wowmaクーポンが毎月1,000円分もらえる
空港ラウンジ利用可能
保険・補償制度あり

au WALLETゴールドカードは特約店で使用時の還元されるポイントが高く、例を挙げるとセブンイレブンで利用時に200円で3ポイントが貯まります。

平日に1,000円利用する人なら1,000円×24×12×0.05=14,400au WALLETポイント/年が還元されるので、これだけで年会費分以上の還元がされています。

貯まったau WALLETポイントは、1ポイント1円で月額料金の充当にも利用できるので、これからauを契約する人はau WALLETゴールドカードを契約しましょう。

Yahoo!JapanカードはTポイントやPayPayライトで還元される

ソフトバンクに乗り換えたユーザーの月額料金が安くなる訳ではありませんが、ソフトバンク傘下のYahoo!Japanカードの発行もおすすめです。

Yahoo!Japanカードを使ってYahoo!ショッピングやLOHACOを利用すると、通常の決済に比べてTポイントやPayPayボーナスライトが貯まります。

更にソフトバンクユーザーはYahoo!ショッピングを始め、Yahoo!Japanの有料サービスYahoo!プレミアムを利用できるので、Yahoo!Japanを利用する人ほど恩恵が大きいのです。

もちろん通常のクレジットカードとして使えば100円につき1ポイント還元されるので、これからソフトバンクに乗り換える人なら持っておいて損は無いクレジットカードと言えるでしょう。

携帯乗り換えをお得にするなら
  • お得な乗り換え場所でMNPを申込む
  • 移転先で自分にあった料金プランに契約し直す
  • 今使っている携帯電話を移転先で下取りしてもらう
  • キャリアが発行しているクレジットカードを契約する

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクに携帯を乗り換えると11万円お得

ソフトバンクショップ
これからソフトバンクに乗り換えた時、最もお得に契約できるケースだと約11万円お得に乗り換えが可能です。

項目金額
Web代理店でのキャッシュバック20,000円
(現金)
ヤフーのPayPayボーナス10,000円相当
(PayPay)
下取り価格40,800円(最大/PayPayボーナス)
半年おトク割毎月1,000円割引(6ヶ月間)
計6,000円割引
みんな家族割+毎月2,000円割引(4人契約+対象料金プラン時)
計24,000円割引
おうち割光セット適用毎月1,000円割引
計12,000円割引
合計112,800円相当

ソフトバンクは他のキャリアと違い、Web代理店を利用すると現金によるキャッシュバックを受けられるのが特徴です。

おとくケータイ.netやスマホ乗り換え.comのような、正規Web代理店を利用するだけでも20,000円キャッシュバックがもらえるので、店舗ではなくWeb代理店経由で乗り換えましょう。

また下取りもAndroid・iPhone問わず行っており、スマホ決済できるPayPayボーナスで還元されるので、下取りも積極的に利用するのがおすすめです。

対象機種一例正常品破損品
iPhone XS Max40,800円相当12,240円相当
iPhone XS34,800円相当10,440円相当
iPhone XR28,800円相当8,640円相当
iPhone X24,000円相当7,200円相当
iPhone 8 Plus19,200円相当5,760円相当
iPhone 814,400円相当4,320円相当
iPhone 7 Plus14,400円相当4,320円相当
iPhone 79,600円相当2,880円相当
Androidスマホ
(Aグループ)
9,600円相当2,880円相当
Androidスマホ
(Bグループ)
4,800円相当1,440円相当
Androidスマホ
(Cグループ)
2,400円相当720円相当
上記以外のスマホ1,200円相当360円相当
ケータイ一部機種2,400円相当720円相当

ソフトバンクに乗り換える時におすすめのWeb代理店2つを紹介

ソフトバンクに乗り換える時はWeb代理店がおすすめ…と、記載しましたが「Web代理店なんて利用した事が無い」「どこを利用した方が良いか分からない」という方も少なくありません。

どのWeb代理店が良いか迷ったら、ソフトバンクから正式に業務委託を請け負っている正式のWeb代理店を選ぶのがおすすめです。

今回は数あるWeb代理店の中でも、特におすすめの業者を2つ紹介します。

ソフトバンクへ乗り換えでおすすめな代理店
  • おとくケータイ.net
  • スマホ乗り換え.com

事前にプラン・料金・費用を相談できる初心者向けのおとくケータイ.net

おとくケータイ.net

画像引用元:ソフトバンクのスマホ・ケータイに乗り換え(MNP)は「おとくケータイ.net」で♪

Web代理店を初めて利用してソフトバンクに乗り換える人、事前にしっかりプラン含めて相談したい人、そんな人には「おとくケータイ.netおとくケータイドットネット」がおすすめです。

「通話は滅多にしない」「○○のオプションを希望」といった内容を事前に相談して、最適な料金プランを案内してくれます。

今まで他社で使っていてソフトバンクの料金プランは詳しくない…そんな方は、幾多の乗り換えを担当してノウハウを蓄積してきたおとくケータイ.netに任せてみるのも良いでしょう。

おとくケータイ.netの口コミ

男性

【45歳・男性・auからの乗り換え】

満足度:★★★★★

少し前までは、乗り換えを対象とした割引キャンペーンなどが多数あり、お得な切り替え方法などを見つけることが比較的楽でしたが、何かの制度改正か新たな取り決めにより現在は正直見つけにくい状態でした。
ですが、「おとくケータイ.net」は、いまでも乗り換えに高額なキャッシュバックを提供してくれており、手続きもオンラインで完了出来るため、大変有用だと思っております。

過去には多くのキャリアでキャッシュバックキャンペーンを行っておりましたが、今では法改正の結果ほとんど行われていません。

そんな中、おとくケータイ.netはソフトバンク正規代理店でキャッシュバックを行っている非常に貴重な存在です。

ソフトバンクへの乗り換え時にはぜひ活用しましょう。

即日キャッシュバック受け取り可能なスマホ乗り換え.com

スマホ乗り換え.com

画像引用元:【公式】スマホ乗り換え.com | 特典&キャンペーン目白押し!のソフトバンク取扱店

「なるべく早く、可能なら今すぐキャッシュバックを受け取りたい!」という方は、スマホ乗り換え.comを利用してソフトバンクに乗り換えるのがおすすめです。

ネット手続きなら翌週振込、来店して申込めばその場でキャッシュバックを受けられる数少ない業者なので、すぐにキャッシュバックが欲しい人に向いています。

店舗は東京の池袋、大阪の難波にあるので、近くに所用がある人や在住の方は是非利用して即日キャッシュバックを受け取ってお得に契約しましょう。

スマホ乗り換え.comの口コミ

女性

【37歳・女性・OCNモバイルONEからの乗り換え】

満足度:★★★☆☆

スマホ乗り換えcomを利用しました。操作方法はとても簡単で、ホームページの案内通り進んでいきます。機種や料金案内など分かりやすく、セット割キャンペーンなども見やすく表示されております。
OCNで利用していた時は、ネット環境があまりよくなく、ソフトバンクのキャリアに変えようか悩み、スマホ乗り換えcomを見たところ、とても分かりやすく手続きも簡単だったので、こちらにしました。
月2000円ほど安くなりました。利用してよかったです。

男性

【40歳・男性・ドコモからの乗り換え】

満足度:★★★☆☆

スマホ乗り換え.comでMNP手続きをしましたが、インターネットのみで手続きが完了し簡単でした。
またキャッシュバックもあり、スマートフォン代金全体だと15000円弱お得になったと感じています。
ただ欲しかった機種の在庫が少なく待ちが発生したことが少々厳しかったです。とはいえ1週間程度で手続きは完了したと思います。

ソフトバンクへの乗り換えはスマホ乗り換え.comもおすすめです。

ソフトバンクへ変えることで月額料金が安くなる可能性があり、また現金キャッシュバックにより機種代金もお得になります。

サイトも使いやすいとのことなので、迷わずMNP手続きができそうです。

ドコモに携帯を乗り換えると9万円お得

ドコモショップ実店舗
ドコモは他キャリアと違いWeb代理店は無いので、ドコモオンラインショップの申込みと下取りを利用するのがお得に乗り換えるポイントです。

ドコモ乗り換えで最大9万円お得
  • 下取り…最大74,700円(iPhone XS Max 512GB)
  • dカード GOLD…約22,000円分のdポイント(新規加入特典+10,000円/月利用時)
  • ドコモオンラインショップの契約事務手数料が通常3,000円なのが0円

お得になる金額は最大99,700円とau、ソフトバンクよりやや下がったものの、下取り・ドコモオンラインショップは誰でも利用できるので、お得に乗り換えしやすいキャリアです。

ドコモオンラインショップはドコモ公式なので製品の品質が高く、頭金も契約事務手数料も無料で24時間年中無休と忙しい人でも申込みやすいのも魅力。

更に下取り価格は下記表のようになっており、3キャリアで最も高額な下取りを行っています。

モデル良品画面割れ品
iPhone XS64GB36,300円
47,800円
56,200円
10,900円
14,300円
16,900円
256GB
512GB
iPhone XS Max64GB46,100円
57,500円
66,900円
13,800円
17,300円
20,100円
256GB
512GB
iPhone XR64GB22,800円
34,000円
40,700円
6,800円
10,200円
12,200円
128GB
256GB
iPhone X64GB31,700円
36,000円
9,500円
10,800円
256GB
iPhone 8 Plus64GB28,900円
33,500円
8,700円
10,100円
256GB
iPhone 864GB12,300円
26,300円
3,700円
7,900円
256GB
iPhone 7 Plus32GB16,500円
19,500円
22,000円
5,000円
5,900円
6,600円
128GB
256GB
iPhone 732GB11,000円
12,500円
14,500円
3,300円
3,800円
4,400円
128GB
256GB
Xperia 1 SO-03L38,300円11,500円
Xperia XZ1 SO-01K8,000円2,400円
Galaxy Note9 SC-01L34,400円10,300円
Galaxy S10 SC-03L33,200円10,000円
Galaxy S8 SC-02J8,000円2,400円
Galaxy Feel SC-04J3,500円1,100円
Google Pixel 322,000円6,600円
AQUOS R3 SH-04L27,500円8,300円
AQUOS sense SH-01K3,200円1,000円
HUAWEI P30 Pro HW-02L31,200円9,400円
HUAWEI P20 Pro HW-01K20,100円6,000円
arrows Be3 F-02L7,000円2,100円
arrows Be F-04K5,000円1,500円
V30+ L-01K15,600円4,700円
LG style L-03K5,100円1,500円

ドコモ発行のクレジットカード「dカード GOLD」を利用すれば、毎月の料金の10%が還元されるので、実質9割負担になるのもメリットなのも見逃せません。

au、ソフトバンクと比較すると特典をフルに受けられる難易度は低めなので、ドコモに乗り換えの際は下取り・オンラインショップ・dカード GOLD発行は可能な限り行っておきましょう。

auに携帯を乗り換えると11万円お得

auショップ実店舗
乗り換え先がauの人は機種代金の割引や下取り、au WALLETゴールドカードの利用で約11万円近くお得になります。

au乗り換えで最大11万円お得
  • 機種代金(Galaxy A30 SCV43) 28,180円→3,980円で差額24,200円お得
  • 下取り(MNP)…最大67,100円
  • au WALLETゴールドカード…約22,704円分還元

auのお得の秘訣はLexus Planningという正規Web代理店で購入すると、公式のau Online Shopより安くなる機種代金の存在が挙げられます。

上記のGalaxy A30 SCV43のように、購入する携帯電話次第では28,180円から3,980円と大幅に減額される物もあるので、乗り換え+Android購入ならauが最もおすすめです。

au発行のクレジットカードはau WALLETゴールドカードの方が最大11%還元されて、他特典も多いので、申込むならゴールドカードの方が良いでしょう。

Lexus Planningの取扱いスマホと価格一覧(2020年3月16日時点)

auの乗り換えでお得なWeb代理店Lexus Planningは2020年3月時点で下記スマホを取り扱っています。

機種名参考価格Lexus Planning
の販売価格
差額
Xperia 5 SOV4181,400円56,840円24,560円
Xperia 8 SOV4244,645円20,445円24,200円
Galaxy A20 SCV4622,000円3,300円18,700円
Galaxy Note10+ SCV45109,505円85,305円24,200円
TORQUE G0481,360円57,160円24,200円
Galaxy A30 SCV4328,180円3,980円24,200円
Galaxy S10 SCV4188,165円63,965円24,200円
URBANO V0459,040円34,840円24,200円

※参考価格:au公式ホームページの価格

Lexus Planningはau Online Shopと異なり一括払いで受け付けているので、契約後も機種代金がかかることがありません。

「何ヶ月も延々と機種代金を払い続けたくない」「後から機種代金を一括精算申込みするのが面倒」な人にはLexus Planningは向いているでしょう。

auのiPhoneに乗り換えたい人はau Online Shopを利用しよう

Lexus Planningは乗り換え時にお得なAndroidを多数用意していますが、iPhoneシリーズは取り扱っていないのが玉にキズです。

もし、auのiPhoneに乗り換えたいなら、au公式のWebショップau Online Shopで申込めば頭金0円・送料無料で申込めるのでおすすめです。

2020年4月現在、au Online Shop限定のau Online Shopお得割を開催しています。

最新のiPhone SE(第2世代)やiPhone 11シリーズが22,000円割引で購入できるので、ぜひチェックしてみましょう。

格安SIMに携帯を乗り換えるメリット

mineoショップ

画像引用元:店舗でできること|店舗|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアから格安SIMに乗り換えるメリットももちろんあります。

格安SIMに乗り換えるメリット
  • 大手よりも月額料金が安いと噂されているように毎月のトータルコストが安い
  • 2年縛りが無い料金プランが多い

積極的に他社に乗り換えてお得な時期が過ぎたら乗り換える…そんなフットワークが軽めの人には、2年縛りない格安SIMへ乗り換えると良いでしょう。

格安SIMに乗り換える際は家電量販店のオンラインショップでSIMフリースマホを購入→格安SIMへ持ち込み新規契約の流れが下記3点の理由でおすすめです。

  • 格安SIMで直接申込むより家電量販店で購入した方が、家電量販店のポイントが付くのでお得
  • 家電量販店は度々セールを開催しており、定価購入が基本の格安SIMより安い時がある
  • SIMフリースマホを中古で購入するとジャンク品を掴まされる可能性があるが、家電量販店なら品質が高く信頼性が高い

家電量販店では格安SIMの契約を行っていない店舗がほとんどですが、中にはビックカメラのBIC SIMのように家電量販店が販売・運営する格安SIMも存在します。

どこの格安SIMを契約するか迷っている人は、下記記事を参考に自分にぴったりな格安SIMを見つけましょう。

【2020年7月】格安SIMおすすめランキング|人気10社を料金と速度で徹底比較!

携帯乗り換えがお得になるタイミング・時期

携帯電話の乗り換え(MNP)は年中同じ還元額という訳では無く、特定のタイミングを狙うとよりお得に契約出来ます。

特に人気機種のiPhoneは各社でMNPキャンペーンの対象になりやすいので、毎年最新モデルが発売される9~10月は狙い目です。

他にも乗り換えがお得になるタイミングは下記が挙げられるので、狙い目の時期が来たら乗り換えを行ってみましょう。

携帯乗り換えのおすすめ時期
  • 2月~3月が一番アツい
  • 学割ユーザーは2月~5月も狙い目
  • 月内なら月末が良い
  • 自分の契約更新月がおすすめの解約タイミング

2月~3月の年度末はキャリアにとって最後のユーザー引き抜きチャンスなので狙い目

毎年2~3月の年度末は、その年に発表される決算状況を決めるので、キャリアが他社のユーザーを引き抜こうと乗り換えを推進する季節なので狙い目です。

2~3月は決算前の時期に学割が始まる時期というシナジーが重なるので、1年の中でも最も乗り換えのホットスポットになります。

店舗側もキャリアから支給される販売奨励金(インセンティブ)を受ける為に、少しでも契約を取りたい面もあり、キャッシュバック含む特典の交渉に応じる可能性も高くなっています。

毎年2~3月は乗り換えが熱い時期なので、是非この時期に乗り換えましょう。

2月~5月の学割期間中は学割ユーザーの引き抜きが盛んなので狙い目

毎年2~5月は学割が始まりますが、キャリアにとっての学生は新たな長期契約が見込めるユーザーであり、親からの伝手で加入が見込める一石二鳥の美味しいユーザーです。

その為、学割が申込める毎年2~5月は他社からの学割ユーザーを引き抜こうとキャリアの動きが活発化します。

前述のように2~3月は年度末という状況も重なりますが、3月以降も5月近くまで学割を申込めるので、4月からゴールデンウィークまでは乗り換えの狙い目と言えるでしょう。

毎月の月末も店舗の追い込み時期なのでおすすめ

毎月の月末は店舗にとって最後の契約数を上げる機会、店舗側は多少強引にでも契約数を確保したい背景があるので、月末に乗り換えを申込むのも有効です。

店舗にとって契約数が少ないと売り上げの少なさに直結するので、挽回の余地がある月初・月半ばより、月末が近い方がお得に交渉できる傾向にあります。

毎月月末なので機会が少ない2~3月の年度末や学割期間中に比べるとやや還元額が少なめですが、その分申込みの頻度が高いと言えるでしょう。

契約解除料のかからない契約更新月もお得に乗り換えできる時期

現在契約している携帯電話をMNPで乗り換え・解約すると契約解除料が発生する人は契約解除料のかからない契約更新月まで待つのがお得です。

MNPは転出手数料や乗り換え先の契約事務手数料、更に同時購入の場合は機種代金もかかるので、実はお金がかかる手続きになります。

そこに契約解除料が上乗せされると、今の月額料金より安いプランを契約しても旨味が薄れてしまうので、契約更新月を待った方が良いでしょう。

契約解除料が安いプランなら敢えて解約するのも悪くない

契約解除料は契約している料金プランによっては、9,500円近くかかるプランもあれば1,000円のプランもあり千差万別です。

現在の自分の料金プランと契約解除料を調べて、契約解除料が1,000円程度なら契約更新月を待たずに契約するのも良いでしょう。

ただし、分割支払い中の機種代金は乗り換え後、翌月一括請求されるか分割が継続するかの違いはあれば他社の下取りに出しても継続する点は頭に入れておきましょう。

契約が落ち着く6~7月中旬は乗り換え自体が活発化しないので微妙…

お得に乗り換えできる季節がある分、逆に言えばお得でない時期もあり特に「ゴールデンウィーク後の6月から夏休みが始まる7月中旬」は微妙な時期です。

  • ゴールデンウィーク後から海の日まで祝日が無く販促キャンペーンを組みにくい
  • 学割という契約の目玉が終了
  • 夏モデルが出揃うまで携帯電話業界自体が落ち着いている
  • 次の書き入れ時がお盆と日が遠い

と、いった理由で乗り換えや機種変更の申込みが落ち着く閑散期なので、店舗も積極的に乗り換えを推進してきません。

もちろんこの状況を逆張りする店舗や家電量販店もありますが、傾向としては6~7月の乗り換えはお得かと言われると微妙な所です。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

料金プランがお得なのはどのキャリア?

MNPによる乗り換えの目的が「毎月の月額料金を安くしたい」という人は、現在契約中のキャリアから他社に移った時に、どれだけお得になるか?どのキャリアが最もお得なのか?計算しておきましょう。

ここでは、ドコモ・au・ソフトバンクの月額の携帯料金を比較していきます。

2020年3月時点で家族割や光回線との割引が無い状態の、各キャリアの月額料金は下記表のようになります。

0~7GBまでの料金プラン

料金プランドコモ
(ギガライト)
au
(新auピタットプラン N)
ソフトバンク
(ミニフィットプラン)
0~1GB3,278円3,278円4,378円
1~2GB4,378円4,928円6,578円
2~3GB4,378円4,928円8,228円
3~4GB5,478円4,928円8,228円
4~5GB5,478円6,528円8,228円
5~7GB6,578円6,528円8,228円

定額制の料金プラン

料金プランドコモ
(ギガホ)
au
(新auデータMax Pro)
ソフトバンク
(メリハリプラン)
定額制プラン7,678円8,228円8,480円

割引無しの状態で比較するとソフトバンクの月額料金が抜きんでて高くなっており、ドコモとauは利用するデータ量によって安くなるキャリアが変動します。

ではMNPで乗り換えて家族割と光回線との割引が適用できるようになった後の毎月の料金で比較してみましょう。

割引後の0~7GBまでの料金プラン

料金プランドコモ
(ギガライト)
au
(新ピタットプラン N)
ソフトバンク
(ミニフィットプラン)
0~1GB2,178円2,178円2,178円
1~2GB2,728円3,278円4,378円
2~3GB2,728円3,278円6,028円
3~4GB3,278円3,278円6,028円
4~5GB3,278円4,928円6,028円
5~7GB4,378円4,928円6,028円

割引後の定額制の料金プラン

料金プランドコモ
(ギガホ)
au
(新auデータMax Pro)
ソフトバンク
(メリハリプラン)
定額制プラン4,378円
※1
4,928円
※2
3,828円/月
※3

※1 同家族割グループ内にギガホが3回線以上
※2 6ヶ月後は6,028円
※3 6ヶ月後は4,928円

家族割・光回線との割引が適用出来れば、同じ料金プランでも月額料金は月1,000円以上安くなるので、家族や固定回線とキャリアをまとめるのは有効です。

料金を安くしたいならドコモかauがおすすめ

乗り換えで月額料金を安くしたいならドコモに乗り換えた時はギガライトを、auに乗り換えた時は新ピタットプラン Nがおすすめです。

月のデータ使用量が1GB未満なら家族割・光回線との割引を併用して2,178円に収まるので、1年間の月額料金が26,136円と大幅に安くなります。(機種代金・有料オプション料金は除外)

最終ステップ段階で一番安いのはドコモのギガライトですが、auのプランもドコモ並みに安く、ソフトバンクも1GB未満ならドコモと比肩する月額料金です。

どのキャリアに乗り換えても従量制料金プラン且つ月々のデータ容量を抑えるように使用出来れば、現在の料金プランより安くなると言えるでしょう。

ソフトバンクのメリハリプランもお得ポイントが

乗り換え先がソフトバンクで月額料金を安くしたいと考えている方は、ミニフィットプランではなくメリハリプランを選ぶのがおすすめです。

各種割引適用後のミニフィットプラン2GB~よりも安く、月間データ量はミニフィットプランより多いので余裕を持ってインターネットが楽しめる為です。

2GB未満に収められればミニフィットプランの方が安くなりますが、月間2GBはかなり節約しており動画もろくに視聴できません。

自宅にWi-Fiが無い人だと相当意識しないと月間2GBを超えてしまうのはザラなので、ソフトバンクに乗り換える時は、メリハリプランの方がストレスフリーで使えるのでおすすめです。

料金プランがお得なキャリア
  • ひたすら安く抑えたいならドコモかau
  • たくさん通信出来てお得なのはソフトバンク

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

3キャリアのお得なポイントサービス

乗り換え先で携帯電話をお得に利用するには、乗り換え先のポイントサービスを上手に利用するのも秘訣です。

ドコモ、au、ソフトバンク3社は自社ポイントサービスを提供しており、スマホ決済としてコンビニやスーパーで利用できます。

更に貯めたポイントを毎月の通信費に充てる事も出来るので、もらったポイントは失効させずに積極的に利用・貯めるのがおすすめです。

各社のポイントサービス
  • ドコモはdポイント
  • auはau WALLETポイント
  • ソフトバンクはPayPayボーナス・Tポイント

ドコモのdポイント

ドコモに乗り換えたユーザーはドコモ提供のポイントdポイントは以下の特徴があります。

  • 家族カードでdポイントを増やしたり、ETCカード・dカード特約店で更にためられる
  • ドコモ提供のスマホ決済サービスiDにdポイントをチャージして毎日のお買い物に使える
  • dカード GOLDを発行すると毎月の通信費の10%がdポイントとして還元される

ドコモ発行のクレジットカードdカード GOLDを発行していると、よりdポイントが貯まりやすいので、ドコモユーザーなら持ってて損はありません。

auのau WALLETポイント

auは自社ポイントサービスのau WALLETポイントを提供しており以下特徴があります。

  • スマホ決済のau Payで100ポイント100円からチャージして利用可能
  • au WALLETゴールドカードなら毎月の利用料につき最大11%還元される高還元率が特徴
  • 最近はau Payを使った高額キャッシュバックを行っており、auユーザー以外にも人気

au WALLETポイントも、ドコモと同じく自社発行のau WALLETゴールドカード発行で月額料金の最大11%が還元されるので、貯まるスピードが段違いになります。

もちろんクレジットカードで使った金額も一部au WALLETポイントとして還元されるので、au WALLETポイントを貯めてお得に利用したいならau WALLETゴールドカードは必須と言っても過言では無いでしょう。

ソフトバンクのPayPayボーナス

かつてソフトバンクはTポイントで還元していましたが、現在は自社傘下が提供しているPayPayで還元することも多く、以下の特徴があります。

  • 全国のコンビニやドラッグストア、飲食店などで使えるスマホ決済
  • ソフトバンクの長期継続特典でももらえる
  • 高額キャッシュバックキャンペーンが何度か行われており、人気の高い電子マネー

過去に○○還元キャンペーンと非常に高額なキャッシュバックを行っているので、ソフトバンクユーザー以外の利用者も少なくありません。

過去の傾向からキャンペーンからソフトバンクユーザーか否かで特典の大きさが変わってくるので、ソフトバンクをお得に使いたいならPayPayも使えるように設定しておきましょう。

ソフトバンクのTポイント

ソフトバンクはPayPayの他にもTポイントで還元しており、以下の特徴があります。

  • ソフトバンクの料金1,000円につき5ポイント還元される
  • Tポイント提携先でTカードを提示するだけでも貯まる
  • ソフトバンクカードにチャージしてVisa加盟店で使える
  • ソフトバンクの毎月の料金に充当することも可能

Tポイント提携先はファミリーマートのようなコンビニから、不動産店舗まで多岐に渡っており、Tカードを提示し続けていたらいつの間にかたくさんTポイントが貯まっていた…ことも珍しくありません。

毎月の携帯電話料金でも貯まりますが、Tカード番号登録が必要なのでソフトバンクに乗り換えたら必ず行っておきましょう。

キャッシュバックのあるWeb代理店で乗り換える手順

キャッシュバックのあるソフトバンク、キャッシュバックは無いが機種代金の割引があるauのWeb代理店で乗り換えを申込む手順もご案内します。

どちらもWeb代理店と分類されるように、Web上から申込むのが基本なので手持ちのスマホやパソコンから申込みましょう。

キャッシュバックのあるWeb代理店
  • おとくケータイ.net
  • スマホ乗り換え.com
  • Lexus Planning

おとくケータイ.netでソフトバンクに乗り換える手順

ソフトバンクの正規Web代理店の1つおとくケータイ.netおとくケータイドットネットでソフトバンクに乗り換えるには、下記4点を用意しましょう。

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • クレジットカードなど支払い手続きに必要なもの
  • 印鑑や本人のサイン

上記4点を用意したら下記手順で乗り換えを申込みます。

  1. おとくケータイ会員に登録
  2. 会員ページで申込みフォームを登録
  3. ソフトバンクの契約フォームの確認
  4. 本人確認書類をおとくケータイ.netにアップロード
  5. 契約に問題ないか審査
  6. 審査完了後、携帯電話を発送
  7. 携帯電話到着後、事前に送られたメールに従い開通手続き実施(この時点で移転元は解約)
  8. 開通確認後、希望の振込先に入金

MNPを申込む前におとくケータイ会員に登録する手間はありますが、基本的な流れは一般的なオンラインショップと大きく変わりません。

最短15日で20,000円のキャッシュバック(2020年3月時点)が受け取れます。

スマホ乗り換え.comでソフトバンクに乗り換える手順

ソフトバンクWeb正規代理店として有名な「スマホ乗り換え.com」で乗り換えるには下記3点が必要です。

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたは通帳orキャッシュカード+届出印

スマホ乗り換え.comはWeb代理店ですが東京は池袋、大阪は難波の店舗に直接来店して乗り換えを申込めるのが大きな特徴です。

来店時は即日キャッシュバックを受け取れるので、近くに店舗がある人は来店して申込んだ方が良いでしょう。

Webから申込む方法

スマホ乗り換え.comでWeb上で乗り換えを申込む方法は下記の通りです。

  1. お見積り・相談フォームにアクセスして問い合わせ
  2. 専用の手続きフォームがスマホ乗り換え.comから送信されるので受信
  3. 手続きフォームに必要事項を入力して送信
  4. 手続き完了後、商品が発送されるので受取
  5. 初期設定・データ移行を行う
  6. キャッシュバック特典を指定の口座へ振込される

Web経由の場合、スマホ乗り換え.comのキャッシュバックは約7営業日以内に振込みされる仕組みです。

来店して手続きする方法

池袋・難波の店舗に来店して乗り換える手順は下記の通りです。

  1. お見積り・相談フォームにアクセスして問い合わせ
  2. スマホ乗り換え.comの店舗(池袋・難波)に来店して乗り換え手続き
  3. 契約に問題なければ商品とキャッシュバック特典を渡して完了

店舗に来店して乗り換えれば即日キャッシュバックが受け取れるので、振込を待ち続ける必要がないので、池袋や難波に近い人はキャッシュバックをすぐに受け取ると良いでしょう。

Lexus Planningでauに乗り換える手順

auに乗り換える人はLexus Planningでスマホを購入すると機種代金が安くなります。

  1. Lexus Planningの価格表にアクセス
  2. 価格表から購入する携帯電話と色を選んで注文ボタンをクリック
  3. 注文フォームが表示されるので入力して送信
  4. 正しく送信されると自動返信メールが届く
  5. 申込書一式がヤマト運輸クロネコDM便で届くので受け取る
  6. 申込書を正確に記入して同封の返信用封筒に入れて返信
  7. 支払い方法が銀行振込なら指定口座へ振り込みして携帯電話が発送・受け取り、代金引換の場合はドライバーに料金を支払って受け取り
  8. 受け取った携帯電話と内容物を確認して利用開始

Lexus PlanningはWeb経由で申込んでも、申込書の手書き入力が必要なのが他のWeb代理店との大きな違いです。

  • MNPの予約番号の有効期限があるので申込書は早めの記入・返信が必要
  • 商品出荷日から到着まで電話機が使用出来なくなる

上記2点がLexus Planningを利用する際の注意点で、特に利用出来ない期間が出てくるのはビジネスやプライベートで影響が出てくる人もいます。

商品出荷から到着までの日数を逆算して影響の少ない日に受け取るようにすると良いでしょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

交渉してキャッシュバック金額を引き上げる方法をチェック

MNPでお得に乗り換えるには、Webでも来店でも担当者からキャッシュバック金額や特典の上乗せを交渉するのも重要です。

しかし、代理店の担当者は何度も乗り換えさせてきた一級の交渉人ばかりで、生半な知識やテクニックでは、交渉してもキャッシュバック金額は上がりません。

しかし、いかに交渉人と言えどキャッシュバック金額を上げてでも契約したい時があるので、そこを狙うのがおすすめです。

「交渉は口下手だからちょっと苦手で…」という方も、以下3つの交渉術のポイントを押さえておけば心配ありません。

交渉のポイント
  • 複数のWeb代理店の価格を調査して競合させる
  • MNPを即決せずに一旦保留する
  • キャッシュバック金額が上がる期間を狙う

何より交渉する分にはお金はかからないので、ダメ元でも良いので是非試してみましょう。

複数のWeb代理店の価格を調査して競合させる

自動車や工事などでも用いられる方法ですが、複数の業者のキャッシュバック価格や特典を調査して、それを口実にキャッシュバックを上げる方法が基本です。

交渉の際には「××店舗だとキャッシュバックは○万円(特典は○○)だった」と、調査した詳細な金額や特典内容を伝えると説得力が増します。

更にホームページで「○○ 乗り換え」(例)で検索したら出てきたと情報のソース元を伝えれば、担当者も比較しやすいのでおすすめです。

MNPを即決せずに一旦保留する

交渉の際に魅力的なキャッシュバック・特典が提案されてもすぐに即決するのは避けて、一旦保留するのが有効です。

これは魅力的な提案をされたと他社と更に交渉してみると、別の会社は更に金額を上乗せしてくる可能性もあるからです。

このテクニックを利用する時に大事なポイントは2つあります。

  • 契約する・しないに関わらず返事は必ずすると約束して折り返し連絡をする
  • 折り返し先の電話番号と担当者の名前をメモしておき、折り返しの目安時間を伝える

要は乗り換えに前向きであるが、あと一押しが欲しいと担当者に思わせるのが重要で、冷やかしではなく本気で乗り換えを考えているアピール狙いです。

担当者の中には即決してほしいと言われる可能性もあるが「金額が高いので少し考えたい」「主人と一度話し合いたい(奥様の場合)」で時間を稼ぎましょう。

キャッシュバック金額が上がる期間を狙う

前述しましたが1年を通してみると、下記キャッシュバック金額が上がったり特典内容が充実する期間を狙って交渉するのもおすすめです。

  • 毎年2~3月の年度末
  • 2~5月の学割受付中
  • 毎年9月以降の新型iPhone発売時
  • 毎月の月末

特に2~3月は年度末・学割で多くのキャリアが他社からのユーザーを引き抜きにかかるので狙い目ですし。引き留めの際にも高額なポイント付与がされることもあります。

逆に上記シーズン以外では乗り換えが沈静化するので、キャッシュバックや特典の上乗せが一気に厳しくなってしまうので避けた方が無難です。

どうしても今すぐ乗り換えたい!という人は、月末近くになってから申込むだけでも交渉の余地は出てくるので、月初・月半ばは避けて申込みましょう。

携帯乗り換え(MNP)で11万円以上得する方法まとめ

最後に携帯電話をお得に乗り換える為の方法をまとめると下記のようになります。

携帯乗り換え(MNP)で11万円以上得する方法
  • ソフトバンク・auへの乗り換えならWeb代理店
  • ドコモへの乗り換え・キャリア内機種変更ならドコモオンラインショップ
  • SIMフリースマホへの乗り換えなら家電量販店のオンラインショップ
  • ソフトバンク・auならWeb代理店、ドコモならオンラインショップ等の乗り換え先に適した場所で乗り換えを申込む
  • 現在の利用状況とWi-Fiの有無等から料金プランを見直して最適なプランを選択・有料オプションやサービスの解約を行う
  • 乗り換え先の下取りサービスで現在使っているスマホを引き取ってもらい還元してもらう
  • 家族や自宅の固定回線と同一のキャリアに乗り換えて毎月の料金を割り引く

上記4点を全て利用できるユーザーは限られていますが、最適な購入場所で契約するのは誰でも利用可能です。

ソフトバンクならキャッシュバック、auなら機種代金割引、ドコモなら契約事務手数料・頭金無料というメリットがあるので、店舗に来店するよりお得になっています。

店舗で乗り換えるよりおすすめなので、この春に乗り換えを考えている人はまず乗り換えを申込む場所を調査すると良いでしょう。

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

高額キャッシュバックをもらってお得に携帯を乗り換える方はこちら!

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ