携帯乗り換え(MNP)で16万円得するテクニックと5つのポイント

携帯乗り換え(MNP)で16万円得するテクニックと5つのポイント

携帯のメールアドレスが変わるのが嫌で、他社に機種変更(MNP)するのを躊躇っていた人も、最近はLINEなどメッセージアプリでのやり取りが主流になり、メアドの足かせはなくなってきています。

そうなると、やはり気になるのは少しでもお得になるかどうか!携帯会社を乗り換えると良いのか、そのままが良いのか?
工夫次第では16万円得することも!知っていると得をすること間違いなしの5つのポイントを伝授します。

ポイント① 契約プランを見直して得する

通話プランを見直す

一般的イメージで、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は割高で、格安SIMはその名の通り割安だと思っていませんか?
確かに基本的にはその通りなのですが、全てがそうとは限らないのです。
その代表的なものが『通話プラン』。

キャリアでは話し放題プランがあるのに対して、格安SIMでは通話し放題とあっても5分以内など時間制限付き。例えば、恋人や友達などと長電話をする人など格安SIMのほうが高くなる場合も。

また、キャリア間のMNPだとしても、あまり電話はしない(LINEなどIP電話ばかり)のに、高額の話し放題プランにしていませんか?

ドコモの場合

  • カケホーダイプラン(時間無制限話し放題)2,700円
  • カケホーダイライトプラン(5分以内話し放題)1,700円
  • シンプルプラン(従量制)980円

と通話プランはあります。ドコモショップなどでは特段何もいわないと利益率の高いカケホーダイプランを勧められることが多く、あまり電話をしないのに話し放題でも意味ないですよね。

例えば、ビジネス上の電話ばかりで基本5分以内で通話が終わるのであれば、カケホーダイライトプランに変更しましょう。また、LINE通話などばかりで1か月で数回程度しか電話をしない人ならシンプルプランで十分だと思います。

カケホーダイプラン2,700円→シンプルプラン980円(差額:1720円/月=20,640円/年)
と、年間で2万円も得することになります。

パケットプランを見直す

キャリアにせよ、格安SIMにせよ、スマホ代で節約するには、やはり金額の大部分を占めているパケット代の節約が重要になってきます。

auの場合(※ピタッとプラン)

  • 1GB 1,980円
  • 2GB 2,980円
  • 3GB 3,480円
  • 5GB 4,480円
  • 20GB  5480円

楽天モバイルの場合(※通話SIM)

  • 3.1GB 1,600円
  • 5GB 2,150円
  • 10GB  2,980円
  • 20GB  4,750円
  • 30GB  6,150円

となっており、他のキャリアや格安SIMも多少の金額差はあれど、ほぼ同じくらいです。
料金だけを見ると、格安SIMにMNPしたらお得になりそうですが、レンタル回線なので、繁華街やイベント会場、お昼や夕方などの込み合う時間帯はあまり速度を期待できないデメリットはあります。

大手キャリアの大きなメリットは、ファミレスや駅などを網羅しているキャリアの無料Wi-Fiサービス。
auならauと契約している人しか使用できないので、自分のライフスタイルのなかでよく利用するスポットにはどこのWi-Fiがあるかチェックしましょう。

また、自宅が既にネット環境がある人は自宅のネットサービスは基本使い放題ですので、これも無線LANなどを使いスマホをWi-Fi接続しないともったいないです。

例えば、Wi-Fiを駆使して、今まで20GBを月々使っていた人が3GBに抑えた場合、24,000円もお得になります。
20GB 5,480円→3GB 3,480円(差額2,000円/月=24,000円/年)

オプションサービスで見直す

例えば留守電やキャッチホンなど全く使っていない人も、そのままオプションサービスで加入していませんか?
また、オンラインではなくショップで機種変更などを行った場合、エンタメコンテンツサービス(dTV、dヒッツ、auスマートパス、DAZNなど)を勧められた人は多いのではないでしょうか?

スマホに機種変更したときは、あれもこれも楽しみたいと加入はしてみたものの、結局ほとんど使わずじまいなんて人も多いはずです。これら不要と思われるオプションサービスの見直しもしっかり行いましょう。

(例)ドコモオプションパック(留守電など)400円/月、dTV500円/月を解約=900円/月=10,800円/年

ドコモのいちおしパックって必要?内容と費用と解約する方法

次のページではポイント② キャンペーンで得するについて説明します。

あなたにおすすめ

ZenFone Max Plusレビュー|大容量バッテリーがウリの高コスパスマホ... ZenFone Max Plusは、ハイエンドスマホでありながら価格設定が抑えられているモデルです。 しかし、「ハイエンド」と謳われているだけのことはあり、まさに最先端ともいえる高い機能が備わっています。 この記事ではZenFo...
「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」を徹底比較|どちらが買いか?... 大人気のAndroidスマホXperiaシリーズの最新モデルが各キャリアから発表されましたね! 今回もスタンダードなXperia XZ2と、映像美を追求したXperia XZ2 Premiumが発売されます。 Xperia XZ...
Xperia XZ2 Premiumレビュー|最高スペックの世界初4K HDR対応スマホ... Xperiaシリーズは常に最新鋭のスペックを備えて最高のAndroidスマホとして大人気です。 そんなXperia最新機種Xperia XZ2 Premiumがお目見えしました! 全てのキャリアでXperia XZ2が発売され、...
AQUOS R2レビュー|動画専用カメラを搭載した高スペックスマホの評価... 各キャリアから2018年夏モデルとしてAQUOS R2が発表されました! 高性能なAndroidというとXperiaやGalaxyを思い浮かべる方もいますが、AQUOS R2はこの2大機種に全く引けを取らない高性能機種です。 A...