携帯乗り換え(MNP)で17万円得するテクニックと6つのポイント

携帯乗り換え(MNP)で17万円得するテクニックと6つのポイント

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

携帯乗り換え(MNP)すると得をする、というのは多くの人がすでに理解していると思います。

でも面倒くさい!これまでドコモ・au・ソフトバンクを使っていて他社に乗り換えると得なのはわかるけど手間が…

同意です。携帯乗り換えは得だとわかっていても、面倒だとね…メールアドレスとかもね。

でも時期やタイミング次第で17万円得するとしたらどうですか!?重い腰も2センチくらい上がりませんか?

ポイント① ソフトバンクにMNPするならWEB販売店を利用して4万円以上得する

現在、ドコモやauを利用していてソフトバンクに乗り換える場合は有無を言わずWEB販売店がお得です。

理由はソフトバンクに乗り換えるだけで高額なキャッシュバックがある点。

WEB販売店ってなに?

画像引用元:ソフトバンクに乗り換え(MNP)でおとくなキャッシュバック|おとくケータイ.net

さて、WEB販売店とはどういった店舗のことでしょうか?

WEB販売店とは店舗を持たずに、全てネットで乗り換えMNPを行っている業者です。

WEB販売店で有名なのは『おとくケータイ.net』『SMARTPHONE STORE』などです。

特に「おとくケータイ.net」は、ソフトバンク携帯のネットでの販売代理店の中でも最大手の会社です。

ソフトバンクの正規代理店なので、安心して利用することができます。

キャッシュバックはソフトバンクへのMNPのみ

  • 「おとくケータイ.net」などのWEB販売店で高額なキャッシュバックがもらえるのはソフトバンクへの乗り換えMNPのみです。

WEB販売店でもらえるキャッシュバックは4万5,000円以上!?

画像引用元:ソフトバンクに乗り換え(MNP)でおとくなキャッシュバック|おとくケータイ.net

ソフトバンクへの乗り換えMNPする場合にWEB販売店で高額のキャッシュバックをもらうことがお得であることは説明しました。

最も気になるのはそのキャッシュバック金額。

キャッシュバックは乗り換える機種によってことなります。

また乗り換える時期によっても日々変動しているのでサイト上で具体的な金額を知ることはできません。

キャッシュバックの金額を確実に知るためには『おとくケータイ.net』へ電話で確認することが可能です。

ほとんどの機種が4万5,000円前後のキャッシュバックが!?

画像引用元:ソフトバンクに乗り換え(MNP)でおとくなキャッシュバック|おとくケータイ.net

以前に確認した際のキャッシュバック金額はどの機種でも4万5,000円前後はもらえるとのこと。

※現在のキャッシュバック金額ではないので参考までに。

  • iPhone 8、iPhone 8 PlusへのMNP
  • iPhone X
  • iPhone 7、iPhone 7 PlusへのMNP
  • Galaxy 9へのMNP
  • Xperia XZ2へのMNP
  • AQUOS CRYSTAL XxへのMNP
  • DignoUへのMNP(スマ放題:30GBの場合)
  • DignoUへのMNP(スマ放題:5GBの場合)
  • Xperia Z3へのMNP
  • MNP以外(新規契約or機種変更)

まだまだ現役バリバリのiPhone Xでも45,000円ほどのキャシュバックがあるのは驚きです。

WEB販売店を利用することで、乗り換えMNPを断然お得にすることが可能です!

新型iPhoneのiPhone XS/XS Max/XRもキャッシュバックの対象に!?

画像引用元:Apple(日本)

なんとWEB販売店では新型iPhoneであるiPhone XS/XS Max/XRもキャシュバック対象とのこと。

キャッシュバック金額は2万円以上との報告もあるので、電話やメールで確認してみる価値はあります!

少しでも安く新型iPhoneを手に入れたい場合、ソフトバンクへ乗り換えMNPしてお得にゲットすることを推奨します。

以下は有名どころのWEB販売店ですので参考にしてみてください。

店舗キャッシュバック目安と店舗の特徴
おとくケータイ.net
公式サイト
10,000~
50,000

※時期による・要問合せ
乗換え下取りプログラム
(最大26,400円)
総額30万円キャンペーン
(抽選・100,000円×3名)
おうち割 光セット
(月額500~2,000円割引)
故障端末買取キャンペーン
(100~9,000Tポイント還元)
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
スマホ乗り換え.com
公式サイト
10,000~
50,000

※時期による・要問合せ
乗換え下取りプログラム
(最大40,800円)
複数台契約で賞品プレゼントあり
インターネット回線加入割引
(最大20,000円の割引)
他店対抗でプレゼントキャンペーンを実施
キャリアの公式キャンペーンとの併用可能
ドコモ オンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
乗換え下取りプログラム
購入半額サポート
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
auオンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
※地域により異なる
乗換え下取りプログラム
auデビュープログラム
(10,000円分の還元)
AndroidMNPau購入サポート
(16,000~59,400円割引)
ソフトバンク オンラインショップ
公式サイト
2018年3月現在未実施
乗換え下取りプログラム
購入半額サポート
端末にMNP特別価格設定(一部機種)
大型家電量販店
(ヨドバシカメラ・ヤマダ電機・ジョーシンなど)
2018年3月現在未実施
※地域により異なる
ポイント還元

ポイント② 契約プランを見直して3万5,000円得する

契約プランをきちんと把握している方って案外少ないです。

それもそのはずでプランを意識するのなんて契約の時だけ。その契約が2年に1回くらいだったら覚えてられるはずないですね。

でも2年もあると携帯会社のプランは結構変わります。面倒ですが見なおしてみるとバカにならないくらい節約になります。

通話プランを見直す

一般的イメージで、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は割高で、格安SIMはその名の通り割安だと思っていませんか?

確かに基本的にはその通りなのですが、全てがそうとは限らないのです。

その代表的なものが『通話プラン』。

キャリアでは話し放題プランがあるのに対して、格安SIMでは通話し放題とあっても5分以内など時間制限付き。

例えば、恋人や友達などと長電話をする人など格安SIMのほうが高くなる場合も。

また、キャリア間のMNPだとしても、あまり電話はしない(LINEなどIP電話ばかり)のに、高額の話し放題プランにしていませんか?

ドコモの通話プラン

  • カケホーダイプラン(時間無制限話し放題)2,700円
  • カケホーダイライトプラン(5分以内話し放題)1,700円
  • シンプルプラン(従量制)980円

と通話プランはあります。ドコモショップなどでは特段何もいわないと利益率の高いカケホーダイプランを勧められることが多く、あまり電話をしないのに話し放題でも意味ないですよね。

例えば、ビジネス上の電話ばかりで基本5分以内で通話が終わるのであれば、カケホーダイライトプランに変更しましょう。

また、LINE通話などばかりで1か月で数回程度しか電話をしない人ならシンプルプランで十分だと思います。

ドコモでプラン最適化すると

  • カケホーダイプラン2,700円→シンプルプラン980円
  • 差額:1720円/月=20,640円/年

と、年間で2万円も得することになります。

パケットプランを見直す

キャリアにせよ、格安SIMにせよ、スマホ代で節約するには、やはり金額の大部分を占めているパケット代の節約が重要になってきます。

auのパケットプラン(※ピタッとプラン)

  • 1GB 1,980円
  • 2GB 2,980円
  • 3GB 3,480円
  • 5GB 4,480円
  • 20GB  5480円

楽天モバイルのパケットプラン(※通話SIM)

  • 3.1GB 1,600円
  • 5GB 2,150円
  • 10GB  2,980円
  • 20GB  4,750円
  • 30GB  6,150円

となっており、他のキャリアや格安SIMも多少の金額差はあれど、ほぼ同じくらいです。

料金だけを見ると、格安SIMにMNPしたらお得になりそうですが、レンタル回線なので、繁華街やイベント会場、お昼や夕方などの込み合う時間帯はあまり速度を期待できないデメリットはあります。

大手キャリアの大きなメリットは、ファミレスや駅などを網羅しているキャリアの無料Wi-Fiサービス。

auならauと契約している人しか使用できないので、自分のライフスタイルのなかでよく利用するスポットにはどこのWi-Fiがあるかチェックしましょう。

また、自宅が既にネット環境がある人は自宅のネットサービスは基本使い放題ですので、これも無線LANなどを使いスマホをWi-Fi接続しないともったいないです。

例えば、Wi-Fiを駆使して、今まで20GBを月々使っていた人が3GBに抑えた場合、24,000円もお得になります。

Wi-Fiを駆使して最適化すると

  • 20GB 5,480円→3GB 3,480円
  • 差額:2,000円/月=24,000円/年

と、年間で24,000円もお得になります。

オプションサービスで見直す

例えば留守電やキャッチホンなど全く使っていない人も、そのままオプションサービスで加入していませんか?

特にエンタメコンテンツサービス(dTV、dヒッツ、auスマートパス、DAZNなど)を契約している人は多いのではないでしょうか。

スマホに機種変更したときは、あれもこれも楽しみたいと加入はしてみたものの、結局ほとんど使わずじまいなんて人も多いはずです。

これら不要と思われるオプションサービスの見直しもしっかり行いましょう。

ドコモのいちおしパックって必要?内容と費用と解約する方法

ドコモでオプションを最適化すると

  • ドコモオプションパック400円/月、dTV500円/月を解約
  • 差額:900円/月=10,800円/年

と、年間で10,800円もお得になります。

ポイント③ キャンペーン(下取り)で3万円以上得する

もしかしたら何かで使うかも!と思って前のスマホを持っていても意外と使い道がありません。

思い出は大事ですが心にしまって、前のスマホは下取りに出す、というのも手です。

例)ドコモの主要端末下取り価格

モデル通常品画面割れ
iPhone X55,000円16,500円
iPhone 8 Plus44,000円13,200円
iPhone 833,000円9,900円
iPhone 7 Plus28,000円8,400円
iPhone 722,000円6,600円
arrows NX F-01K24,000円7,200円
HUAWEI P20 Pro HW-01K30,000円9,000円
V30+ L-01K20,000円6,000円
Galaxy Note8 SC-01K24,000円7,200円
Galaxy S8 SC-02J22,000円6,600円
XperiaTM XZ1 SO-01K20,000円6,000円
XperiaTM XZ1 Compact SO-02K20,000円6,000円
XperiaTM XZ2 SO-03K30,000円9,000円
XperiaTM XZ2 Premium SO-04K35,000円10,500円
XperiaTM XZ2 Compact SO-05K30,000円9,000円

今は各社競争が激化しており、1人でも多くのユーザーを得るため、そして1人でも多くMNPで移動しないため、魅力的なキャンペーンを展開しています。

特に、新型iPhoneなど話題性の高い新機種が発売されるときなどは、携帯会社にとっては勝負の時。

より多くのキャンペーンが展開されることがほとんどです。

最も有名なのが現在の機種を買い取ってもらう「下取り」です。

上記はドコモの下取り金額ですが、iPhone 8ならば容量を問わず33,000円にもなります。

下取りサービス以外にも、キャリアごとに、「家族紹介キャンペーン」や「はじめのスマホキャンペーン」などそれぞれ展開中です。

自分が該当する魅力的なキャンペーンがある携帯会社はどこなのかもMNPの1つの判断基準となるでしょう。

ポイント④ 引き止めポイントで3万ポイント得する

喜ぶ子供

特に乗り換え(MNP)でのユーザー移動の場合、携帯会社にとっては、自分のところが-1になるだけでなく、ライバル携帯会社が+1になってしまい、事実上2ユーザー分の影響が出てしまいます。

そのため、携帯会社としてはなんとしてでも乗り換え(MNP)での移動を食い止めたいのが本音。

そこで、現在大手キャリア(ドコモ、au,、ソフトバンク)と契約中で、他携帯会社にMNPで機種変更を考えている人は、MNPを行う前に「引き止めポイント」がもらえるかどうか、確認だけでも行っておきましょう。

やり方は、各社少しずつ異なるものの、基本的には同じ流れとなります。

ドコモで引き止めポイントをもらう手順

  1. 「151」=ドコモケータイから
    「0120-800-000」=一般電話からTEL
    ※通話料無料(9:00~20:00)
  2. 音声ガイダンスに従って「4」→「2」の順で押す→オペレーターにつながる

auで引き止めポイントをもらう手順

  1. 「157」=auケータイから
    「0077-7-5470」=一般電話からTEL
    ※通話料無料 (9:00~20:00)
  2. 音声ガイダンスに従って「3」→「2」の順で押す→オペレーターにつながる

ソフトバンクで引き止めポイントをもらう手順

  1. 「*5533」=ソフトバンクケータイから
    「0800-100-5533」=一般電話からTEL
    ※通話料無料 (9:00~20:00)
  2. ナビダイヤルに従い「2→1→#→契約時の4桁の暗証番号を入力」する→オペレーターにつながる

オペレーターにつながった後の各社共通部分

  1. 「他社に移りたいので携帯番号ポータビリティー(MNP)の予約番号発行したい」旨を伝える
  2. オペレーターから引き止め説得が入る(場合が多い)
    (例)どこの会社にMNPするのか?
    (例)MNPする理由は?
    (例)どの機種に変更するのか?
    (例)2年縛りの契約を満了していないので違約金が掛かりますそれでも大丈夫ですか?(※2年縛り中の場合)
    (例)手数料がかかってしまいますがよろしいですか?
  3. オペレーターから「もし〇〇(キャリア)に残って頂けるのであれば◯万円のポイントをお付けできますが」と提案される

以上となります。この〇万円が「引き止めポイント」となります。

確認するだけでも大丈夫なので、機種変更を検討している時は一度トライしておきたいですね。

また、引き止めポイントを提案されずMNP予約番号が発行されてしまっても、MNP予約番号は発行しただけですぐにそのキャリアと解約完了!というわけではありません。

15日間という有効期限があるので、その日が過ぎてしまったら無効となり、そのまま現在のキャリアとの契約継続というだけなので、影響は何もないというわけです。

気になる金額ですが、各キャリアともに具体的な判断基準は明記していなく、不明というのが本音です。

しかし、やはり契約継続期間が長い人、家族で同じキャリアを使っている人、家のネットサービス(ドコモ光など)キャリアの他サービスも利用している人などは高ポイントになっている傾向があります。

各社ともに、多くて引き止めポイントが30,000ポイントを貰えた人も

電話で聞くだけで、聞くだけでは無料ですから、MNPの予約番号を貰う前に一度チェックしておきたいです。

【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた

引き止めポイント電話をする際の注意点

  • MNPする会社は格安SIMではなく大手キャリアにしましょう(嘘でも)
  • 予定している機種変更の機種は、そのキャリアでも扱っている機種にしましょう
  • 時間帯によってはそこそこ待たされることも度々。時間に余裕があるときに電話しましょう

ポイント⑤ クレジットカードで2万円以上得する

クレジットカード

今では、生活に密着しているクレジットカード。

コンビニなど身近なお店でも気軽に使っている人も増えているのではないでしょうか?

まさにキャッシュレス時代の今、クレジットカードは1枚のみならず2枚、3枚持っている人が多くなっています。

これらクレジットカードはどんな基準で作成していますか?

もしかしたら学生の頃勧められたものをそのままだったり、デパートなどでキャンペーンに誘われて作ったものをそのままなんて人も多いのでは!?

特に大きな理由もなく、今のクレジットカードを利用している人は、キャリアが発行するクレジットカードにするのも1つの手です。

ドコモ(dカード)、au(auWALLETカード)、ソフトバンク(ソフトバンクカード)があり、それぞれ月々の使用料だけでなく、日ごろの買い物などでもポイントが貯まり、貯まったポイントは月々の支払いやスマホ本体代に充てることできます。

特に注目なのは、ドコモのdカード GOLD。dカード GOLDは、ゴールドカードだけに年会費10,000円かかるものの、ドコモの月々の支払いの10%がdポイントで還元されるのです。

例えば、家族でドコモを使用しているファミリーの場合、月に30,000円スマホ代がかかっていたとしたら、それをdカードGOLD払いにすることで、

30,000円(スマホ代)×10%(dカードGOLD還元分)=3,000円/月=36,000円/年

なので、年会費10,000円分を差し引いても26,000円お得になります。

dポイントは前述した月々の支払いや本体代だけでなく、ローソンやマクドナルドのような実店舗で使ったり、スターバックスカードやJALマイルなどと交換が可能なので、使い勝手が良いです。

更にdカードGOLDには、3年間100,000円分の携帯電話補償サービスも付いているなど、金額にはできない長期安心サービスもあるので、おすすめです。

dカードGOLD家族カードは年会費無料!お得なポイントをまとめてみた

キャリアのクレジットカードにすると

  • 30,000円(スマホ代) × 10%(dカードGOLD還元分)=3,000円/月=36,000円/年
  • 36,000円 – 10,000円(年会費) = 26,000円

と、年間で26,000円もお得になります。

ポイント⑥ ポイントサービスで1万ポイント近く得する

今では氾濫しているポイントサービス。

あまりにも多いので、財布の中はパンパン、どのポイントもたいして貯められず、有効的に使えなくて有効期限がなんてことになっていませんか?

ポイントといえど、現金と一緒、効率的に貯めないともったいないです。

そこで、毎月必ず出費がある(=ポイントが付く)携帯会社のポイントで貯めてみましょう。

  • ドコモ=dポイント(ローソン、マクドナルド、マツモトキヨシほか)※PONTAと相互交換可能
  • au=WALLETポイント(セブンイレブン、イトーヨーカドー、ココスほか)
  • SOFTBANK~Tポイント(ファミリーマート、ENEOS、TSUTAYAほか)

これをみてわかるように、大手コンビニ3社が綺麗にそれぞれのポイント付与店に入っています。

コンビニもスマホ同様、毎日使うことが多い日常店、それだけによく使うコンビニで貯めるポイントの携帯会社にするのも、ポイントが有効的に貯めるコツといえるでしょう。

仮にドコモユーザーの場合、上記のdカード支払いなど上手くポイントを付く方法で支払えば、100円に付き5ポイント付く場合も。

例えば週3回、1回1,000円買い物をするとしたら、

ポイントを上手くつかうと

  • 週3,000円 × 5 = 15,000円/月 = 180,000円/年 = (5%) 9,000ポイント還元

と、年間で9,000ポイントもお得になります。

携帯乗り換え(MNP)で17万円得するためには

「携帯乗り換え(MNP)で17万円得するテクニックと6つのポイント」をテーマにお届けしました。

今までのポイントをまとめてみると、以下のようになります。

17万円得するまとめ

  • ポイント①:WEB販売店で45,000円キャッシュバック
  • ポイント②:プランを見直して31,440円お得に
  • ポイント③:下取りで33,000ポイントお得に
  • ポイント④:引き止めポイントで30,000ポイントお得に
  • ポイント⑤:クレジットカード払いで26,000円お得に
  • ポイント⑥:ポイントサービスで9,000ポイントお得に

となっており、合計すると174,440円とこんなにもお得になる方法があるのです。

いかがでしたでしょうか?
どのポイントも、そこまで難しい知識がいるわけではなく、簡単なことで17万円も得する結果に!

やはり知らないと損なことっていっぱいありますよね。

是非参考にしてみてください。

MNPでキャッシュバックを最大限に!オンラインショップの選び方とコツ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

3キャリアの携帯機種変更(MNP含む)でかかる事務手数料|無料はどこ?... 携帯を契約する時に付き物なのが、契約時に発生する事務手数料です。 一般的に契約する時の契約事務手数料は3,000円程度といわれていますが、乗り換え(MNP)契約や機種変更となると、これらの金額が異なる場合があります。 3キャリア...
【全キャリア別】MNP予約番号の取得方法。手数料と手段を比較してみた... 今回は全キャリアのMNP予約番号の取得方法や手数料と、お得にMNPする方法を解説します。 MNPはモバイルナンバーポータビリティの略で、携帯電話番号をそのまま他社に乗り換える手続きのことです。 どのキャリアも、最新機種へ機種変更...
【2018-19年冬春版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2018-19年冬春の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホを決めました。 始めに最新スマホのおすすめランキングを紹介し、最後に使...
RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年冬発売モデルも一通り発表され、今回も高性能なモデルからローエンドモデルまで数多く登場しました。 高性能な機種も種類が多く、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2018年冬モデルを中心に、RAM6GB...