Nothing Phone (1)が8月19日に日本発売決定!63,800円から

  • 2022年8月16日
  • by.sekai

Nothing Phone (1)

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2022年8月19日(金)にNOTHING TECHNOLOGYは、初のスマートフォン「Nothing Phone (1)」を日本で正式発売すると発表しました。

8月10日(水)0時より、Nothing日本公式ストアにて予約受付開始致します。

トップ画像引用元:Nothing Phone (1)を日本国内で8月19日(金)に発売 8月10日(水)より予約受付開始|NOTHING TECHNOLOGY LIMITEDのプレスリリース

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

8月10日から予約開始、価格63,800円〜

Nothing Phone (1)

画像引用元:Nothing日本公式オンラインショップ

Nothing Phone (1)は、8月19日(金)に日本国内で正式発売されることが決まりました。

カラーはホワイト・ブラックの2色で価格は63,800円〜となっています。

価格
  • 8GB RAM+128GB ROM/63,800円(ブラック)
  • 8GB RAM+256GB ROM/69,800円(ホワイト・ブラック)
  • 12GB RAM+256GB ROM/79,800円(ホワイト・ブラック)
販売ショップ

量販店 :エディオン、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ
ECサイト:Amazon、ひかりTVショッピング、Nothing公式サイト
MVNO:IIJmio、NTTレゾナント
その他:蔦屋家電+、KITH TOKYO

予約受付開始となる8月10日(水)よりKITH TOKYO、蔦屋家電+、​​取扱量販店の主要店舗にてハンズオン展示を行ないます。

さらに今後、対象の店舗は順次拡大していく予定です。

Nothing Phone(1)関連アクセサリー

関連アクセサリー(別売り)
  • 45W PD対応アダプター・ホワイト 4,980円
  • Phone (1)ケース ブラック/クリア 2,980円
  • Phone (1)プロテクター 2,980円

45W PD対応アダプターは公式サイト、KITH TOKYO限定です。

Nothing Phone (1)の特徴

Nothing Phone (1)は900個のLEDで構成されたユニークな光のパターンがあり、着信先やアプリの通知、充電状況などを知らせるGlyph Interfaceが特徴です。

背面が透明なエレガントで斬新なデザインと耐久性を兼ね備えた設計になっています。

CPUはSnapdragon 778G+、リアカメラは5,000万画素(F値1.88)のメインカメラと、5,000万画素(F値2.2)超広角カメラのデュアルレンズ構成です。

ディスプレイには6.55インチ 120Hz OLEDディスプレイを採用しています。

本体サイズは75.8×159.2×8.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は193.5gで、バッテリ容量は4,500mAhです。

ソース:Nothing Phone (1)NOTHING TECHNOLOGY LIMITED

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。