ドコモ口座を開設するには|利用条件と開設できない時の対処法

ドコモ口座を開設するには|利用条件と開設できない時の対処法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ口座は、ドコモ回線を契約している人なら誰でも契約することができるネット銀行です。

「ドコモVisaプリペイド」を使って買い物ができたり、dポイントを貯めることできるサービスであり、場合によっては携帯電話料金との合算請求で後払いにすることもできます。

そのため、クレジットカードを持っていない、または作れない人にとっても、審査無しで作れてしまう後払いのプリペイドカードと言っても過言ではありません。

しかし、そんなドコモ口座の開設が上手くいかないと悩む人も多いそうです。

そこで今回は、

  • ドコモ口座を開設する方法
  • ドコモ口座を解説できない時の対処

について紹介します。

併せて、ドコモ口座のメリット・デメリットに関しても言及するので、是非参考にしてください。

トップ画像引用元:「ドコモ口座」はケータイを使って安心・カンタンにお買い物や送金ができるドコモの電子マネーサービス

1 ドコモ口座を開設する方法

まず、ドコモ口座を開設する方法について紹介します。

ドコモ口座を開設をするには、面倒な手続きや作業は必要ありません。

スマホさえあれば1分程度で申し込みが完了するくらいに手軽でスピーディーに終わらせることができます。

しかし、開設する時のやり方によっては必要以上に時間がかかってしまったり、開設できない場合も考えられます。

そこで、ドコモ口座開設の手順から必要なもの、そして開設する際の注意点などを細かく説明していきます。

1-1 ドコモ口座を開設する手順

まず、ドコモ口座を開設する手順について説明します。

  1. ドコモ口座サイト(https://docomokouza.jp)にアクセス
  2. 「新規利用登録」を選択
  3. 「同意画面へ」をタップ
  4. ネットワーク暗証番号の入力
  5. 必要事項の選択
  6. 同意を選択で完了

早ければ1分程度で手続きを終わらせることができます。

ネットオンリーで完結できる申し込みなので、仕事の合間など片手間で済ませることができる点も嬉しいポイントです。

しかし、この申し込みの手順の間に接続できない、申し込みが拒否されたなどのトラブルも多いそうです。その原因については後述していきます。

1-2 ドコモ口座を開設する時に必要なもの・費用

次に、ドコモ口座開設の際に必要なものを紹介します。

基本的にドコモ口座開設の際は特別なものは必要ありません。手数料もかからずに無料で開設することができます。

ドコモ口座の開設に必要なもの

  • FOMAまたはXiの端末
  • ドコモのネットワーク暗証番号
  • iモードまたはspモードでの接続

ドコモ口座はドコモ回線を契約している人にしか開設できないネット銀行です。そのため、開設の時にはドコモの端末が必要になるので注意してください。

ドコモの契約者であっても、別のPCやタブレットなどのデバイスで申し込もうとしても、そもそも接続すらできません。

また、ドコモ口座開設の申し込みページにアクセスするには、iモードまたはspモードに接続できる状態であることが必要不可欠です。

1-3 ドコモ口座を開設する時の注意点は「Wi-Fiで接続しない」こと

「申し込みページにアクセスできない」、「突然エラーになった」というトラブルが発生することが多いです。

その理由のほとんどが、「ドコモ回線ではなくWi-Fi環境で接続しようとしていた」からです。

ドコモ口座開設には、iモードまたはspモードに接続する必要があります。つまり、ドコモの回線を利用している状態でないと開設することができません。

Wi-Fiが飛んでいるからとついつい繋げたくなってしまいますが、ドコモ口座開設時には必ずWi-FiモードをOFFにするようにしましょう。

尚、iモードで繋ぐことが必要不可欠なので、フューチャーフォンで電話のみのプランの人も開設することができません。

ドコモ契約者で、尚且つiモードまたはspモードを契約している人に限るということです。

2 ドコモ口座の利用条件と開設できない時の対処法

次に、ドコモ口座を開設しようとしたのに、「なぜか拒否されてしまう」、「エラーになってしまう」場合の対処法について説明します。

ドコモ口座は1分程度の申し込みですぐに開設できるネット銀行ですが、一方でどうしても開設することができないと悩んでいる人も多いようです。

ドコモを契約していれば誰でも開設できると前述しましたが、具体的にはドコモ契約者で一定の条件を満たしている人が開設できます。

その条件は、普通にドコモを契約している人であればほとんどの人が満たすことができる条件となっています。

しかし、電話のみの契約しかしていないなどの理由で開設できないのも事実です。

そこで、ドコモ口座を開設するための利用条件をそれぞれ細かく紹介していきます。

口座開設できないと悩んでいる人は、まずその利用条件を満たしているかどうかを確認することが1番の対処方法です。

2-1 ドコモ口座を開設するための利用条件

まず、ドコモ口座を開設する上での利用条件を紹介します。

ドコモ口座を開設する利用条件

  • FOMAまたはXiを契約中
  • iモードまたはspモード対応のFOMAまたはXi端末があること
  • 個人であること
  • iモードまたはspモードのどちらかが使えること
  • メッセージRの受信ができること
  • 料金の滞納がないこと

前章で述べましたが、FOMAまたはXiの端末で、iモードまたはspモードに接続した状態でないとドコモ口座の開設手続きができません。

Wi-Fiに繋いでいて手続きができなかったというケースは多いそうなので、一度Wi-Fiを切ってから口座開設サイトにアクセスすることをおすすめします。

また、個人契約のみで法人契約では開設することができません。

口座開設時のメールはメッセージRにて送られてくるので、メッセージRを拒否設定にしていた場合も開設することはできなくなります。

そして、ドコモの料金を滞納している場合はもちろん開設することはできません。滞納分をしっかり解消してから開設の手続きに進みましょう。

2-2 ドコモ口座で送金する場合の利用条件

ドコモ口座から別のドコモ口座へ送金をする場合には、さらに20歳以上であることが必要になります。

ただし、送金年齢制限解除をすることで20歳以下の人でも送金が可能になります。

ただし、解除するには保護者の承諾が必要となるので注意してください。

また、後払いという形で携帯電話料金と合算で支払う場合も利用条件があります。

携帯電話料金と合算で支払う場合

  • 20歳以上であること
  • 請求書支払い・口座支払い・クレジットカード(dカードのみ)支払いであること
  • 一定期間の支払い状況がドコモの基準を満たしていること
  • 滞納がないこと

20歳以上であることと、年齢制限の解除をすれば20歳以下の人でも可能になります。

ここで気をつけて欲しいのが、一定期間の支払い状況がドコモの基準を満たしているかどうか、という点です。

これはつまり、滞納を繰り返していないかなど、信用情報をチェックするようなものです。ドコモ側の基準を満たしていない場合は利用することはできません。

2-3 ドコモVisaプリペイドの利用条件

「ドコモVisaプリペイド」の利用条件もあり、年齢制限は18歳以上であることと決められています。

こちらに関しては保護者の同意があっても18歳以下の人は利用することができません。

また、「ドコモVisaプリペイド」の支払いを携帯電話料金と合算で支払う場合も利用条件があります。

携帯電話料金と合算で支払う場合

  • 20歳以上であること
  • 請求書支払い・口座支払い・クレジットカード(dカードのみ)支払いであること
  • 一定期間の支払い状況がドコモの基準を満たしていること
  • 滞納がないこと

18歳以上であれば使えるドコモVisaプリペイドも、支払いを携帯電話料金と合算になると20歳以上のみということになります。

それ以外の条件は、先ほどの送金の利用条件と全く同じです。

こちらも一定期間の支払い状況がドコモの基準を満たしていないと利用できません。

滞納しないことが何よりですが、連続して滞納するなど、信用に欠ける行為は避けるべきでしょう。

ドコモ口座の開設方法と開設できない時の対処法

  • ドコモ口座のサイトから簡単に開設ができる
  • FOMAかXiの契約が無いと開設することができない
  • 個人契約でないといけない
  • 料金の未納がある場合も開設することはできない
  • Wifi環境では開設することができない
  • 開設できない時には利用条件を満たしているかどうか確認することが大切

次のページでは、ドコモ口座を利用するメリットと向いている人について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ