OPPO R15 Proレビュー|おサイフケータイ対応に日本進出の本気を感じる

OPPO R15 Proレビュー|おサイフケータイ対応に日本進出の本気を感じる

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年9月に発売されたOPPO R15 Proは日本市場に照準を合わせた機能を盛り込み、大きな話題を集めています。

それはSIMフリースマホのユーザーやこれまでどうしてもSIMフリースマホを選択できなかった層にも訴求する可能性があるからです。

日本ではまだマイナーな感のあるOPPOが出した日本仕様スマホ、OPPO R15 Proの日本での可能性を探っていきます。

トップ画像引用元:OPPO R15 Pro スマートフォン – OPPO Japan

1 日本仕様のOPPO R15 Proの登場

画像引用元:OPPO R15 Pro スマートフォン – OPPO Japan

OPPOは2018年初頭に日本進出したばかりの中国のスマホメーカーです。

世界市場のスマホの売り上げシェア上位は、

  • 1位Samsung
  • 2位Apple
  • 3位Huawei

となっており、OPPOはこれに次ぐ4番手グループに属し、同じ中国のXiaomiやVivoと熾烈な争いを繰り広げています。

このOPPOが世界市場向けのモデルをベースに、日本ユーザーの求める機能を付加したスマホがOPPO R15 Proです。

1-1 日本のケータイ事情

その昔、世界的にはスマートフォンが主流となって以降も、日本では独自に高機能化の進んだガラパゴスケータイ=ガラケーの牙城をスマートフォンは崩せませんでした。

当時スマホがガラケーにとって代われなかったのはガラケーでは当たり前にあるのにスマホにはないものが多かったということがあります。

それだけ日本の携帯電話=ガラケーは多機能だったということで、携帯電話ひとつで決済が完了するおサイフケータイもその機能のひとつです。

おサイフケータイは、

  • Edy、WAON、nanaco、QUICPayなど主要な電子マネーに対応
  • Suica、PASMOなどのIC乗車券や会員カードにも対応

していることから、より生活に密着した機能と言えます。

現金決済が主流の日本ではおサイフケータイの利用率は2割程度と言われています。

しかし、この機能はスマホを選択する上で欠かせない条件で、FeliCa対応スマホが増えていることからも、その重要度がわかります。

1-2 キャッシュレス化とおサイフケータイ

OPPOの本国、中国の爆発的なモバイル決済によるキャッシュレス化は度々話題になっています。

日本では今が過渡期で、様々な決済サービスが生まれる中でキャッシュレス化がどう進んでいくのか予想するのは難しいところです。

ただ、

  • 海外からの訪日観光客の増加
  • 労働力不足解消

の対策としてキャッシュレス化への需要は高まっており、2004年のおサイフケータイ登場時と今では環境に違いがあります。

おサイフケータイは日本独自に発展した決済方法ですが、中国ではQRコード認証での決済が主流となっています。

その中で中国のスマホメーカーのOPPOが世界市場向けモデルには無い、おサイフケータイに対応してきたことは、日本のユーザーの需要を意識した戦略です。

それは、おサイフケータイだけではなく、ガラケー時代からの多機能、高機能の流れを汲んだ機能を揃えてきているという点からも伺えます。

1-3 OPPO R15 Proの防水機能

画像引用元:OPPO JAPAN

スマホは今や利用者の生活に密接に関わる精密機械です。

故障を避ける上で防水機能はスマホを選ぶ上での大切なポイント、OPPO R15 Proは高レベルの防水機能を備えています。

一口に防水と言っても、「少々濡れても大丈夫」程度から「水没しても大丈夫」なレベルまで様々、OPPO R15 はIPX7となっています。

IPX7は、具体的には水深1m、30分間の水没に耐えられるので、スマホに防水機能を求めるユーザーにとっては十分なレベルです。

1-4 DSDVで音声SIM2回線待ち受け


DSDVはデュアルSIMデュアルVoLTEの略です。

このDSDVに対応したOPPO R15 Proは、2つのSIMスロット両方で4Gの音声通話待ち受け可能という特徴があります。

例えば片方はドコモ回線、もう一方でau回線のSIMを入れて仕事用とプライベート用で使い分けることも可能です。

SIMフリースマホを使う上でより自由度の高い使い方ができるため、幅広いユーザーに訴求できるポイントになっています。

  • おサイフケータイ
  • 防水
  • DSDV

というユーザー需要の高い機能を揃えてきたOPPO R15 Proの手法は、その昔通話しかできなかった携帯電話に様々な機能を搭載したガラケーに通じるものがあります。

デュアルSIMとは|メリット・対応機種・海外でのお得な使い方

次のページでは、カメラフォンのOPPOとまで評されるその理由を紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【Xperia XZ3 VS AQUOS zero】徹底比較|どっちが買いか?その理由... Android最高峰と名高いXperiaシリーズはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから発売され、今回も人気です。 しかし、AQUOS zeroはソフトバンクのみの取り扱いなので、MNPを迷っている方も多いようです。 そこで...
HUAWEI nova lite 3レビュー|コスパ最強スマホのスペックと価格... 2019年2月1日からHUAWEIから発売された「HUAWEI nova lite 3」ですが、ユーザーからはコスパ最強スマホとして発売前から噂されていました。 しかも、HUAWEI nova lite 3はMVNO(格安SIM)専売...
Meizu「Zero」世界初の穴なし(ゼロ)スマホの利便性と欠点を考察... 年々スマホの画面が大きくなったり、有機ELディスプレイなどの新しい技術が搭載されていく中で、中国のスマホメーカーMeizuが新たなスマホの開発に打ち出しました。 その名もMeizu 「Zero」、世界初の穴なし・端子なしのスマホだそう...
Galaxy S10の噂…発表は2019年2月21日?今わかっている情報まとめ... 2019年2月21日に新製品の発表会を予定しているサムスンですが、今回はその時に発表されるであろう最新のGalaxyスマホ「Galaxy S10」に関する情報・噂をまとめました。 Galaxyの中でも最もハイスペックなフラッグシップモ...