OPPO Reno5 Aの評価レビュー|予約/発売日・価格・スペックを解説【2021年】

  • 2021年5月29日
  • by.araki

OPPO Reno5 A

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、オウガ・ジャパンの最新スマホ「OPPO Reno5 A」について解説します。

OPPO Reno5 Aは主にSIMフリーモデルとして展開される、ミドルレンジモデルです。

似たようなスペックの他機種と比べると2~3万円程安く、今後、高コスパと言えば真っ先に名前が挙がる機種のひとつになるでしょう。

通信会社に関わらず購入できるというのもシェアを伸ばす一因になりそうです。

OPPO Reno5 Aの特徴
  • Snapdragon 765G搭載
  • 防水対応
  • おサイフケータイ対応
  • メーカー希望小売価格43,800円

トップ画像引用元:OPPO Reno5 A | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aの発売日

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A スペック | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aは2021年6月11日からSIMフリーモデルとして、全国の家電量販店などで発売されます。

オウガ・ジャパン公式サイトでは、7つの量販店が紹介されています。

OPPO Reno5 Aを販売する量販店
  • エディオン
  • ジョーシン
  • ノジマ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
  • ワンダーグー

この他、Amazonや楽天市場、PayPayモールなどでも販売されます。

ワイモバイルと楽天モバイルからも発売予定

キャリア(MNO)からは、ワイモバイルと楽天モバイルで発売予定です。

ワイモバイルからは2021年6月上旬以降発売予定で、楽天モバイルでの発売日は未発表です。

格安SIMでも発売予定

格安SIM(MVNO)での発売も予定されています。

オウガ・ジャパン公式サイトで紹介されているのは以下の7つです。

OPPO Reno5 Aを販売する格安SIM
  • IIJmio
  • イオンモバイル
  • QTモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • BIGLOBEモバイル
  • Fiimo
  • リンクスメイト

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

OPPO Reno5 Aの価格

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aのメーカー希望小売価格は4万3,800円です。

あくまでメーカー希望小売価格なので、実際の価格はお店などによって異なる可能性があります。

似たスペックの機種と価格を比較

OPPO Reno5 AにはSnapdragon 765Gが搭載されているのですが、これと同じものを搭載した他の機種がどのくらいの価格で販売されているのか見てみましょう。

主なSnapdragon 765Gを搭載した機種の価格
  • Google Pixel 4a (5G):60,500円
  • Google Pixel 5:74,800円
  • Galaxy A51:70,488円
  • LG VELVET:70,488円
  • arrows NX9:76,032円
  • AQUOS zero5G DX:67,160円
  • AQUOS zero5G basic:52,560円
  • Rakuten BIG:49,800円
  • Rakuten BIG s:50,980円

楽天モバイルのオリジナル端末が頑張っていますが、4万3800円以下で販売されているものはありません

それだけOPPO Reno5 Aのコストパフォーマンスは高いということになります。

※機種・価格は一例です。

OPPO Reno5 Aを予約する方法

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A スペック | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aを販売するお店ごとの方法で予約することになります。

オウガ・ジャパンの公式サイトから予約することはできません。

OPPO Reno5 Aのカメラ

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A | オウガ・ジャパン

オウガ・ジャパンがOPPO Reno5 Aで最もアピールしているのは、カメラです。

OPPO Reno5 Aには、メインの広角カメラ、超広角カメラ、モノクロカメラ、マクロカメラの4つが搭載されています。

モノクロカメラとマクロカメラが搭載されているのは珍しいですね。一方で望遠カメラはありません。

マクロカメラは4cmまでの接写が可能で、小さい被写体の細部までくっきりと映し出します。

OPPO Reno5 Aのカメラ構成
  • 広角:約6,400万画素
  • 超広角:約800万画素
  • モノクロ:約200万画素
  • マクロ:約200万画素

撮影機能

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A|スマートフォン|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

OPPO Reno5 Aのカメラには、アウトカメラとインカメラでそれぞれ以下のような撮影機能を使えます。

アウトカメラの機能
  • 写真
  • 動画
  • ポートレート
  • 夜景
  • アウト/イン同時動画撮影
  • スローモーション
  • タイムラプス
  • 映画
  • エキスパート
  • パノラマ
  • テキストスキャナー
  • 顕微鏡
  • ステッカー
  • Google Lens
インカメラの機能
  • 写真
  • 動画
  • ポートレート
  • 夜景
  • アウト/イン同時動画撮影
  • タイムラプス
  • パノラマ
  • ステッカー

中でもアウトカメラとインカメラで同時に撮影できる「アウト/イン同時動画撮影」は珍しい機能です。

例えば自分と相手の間にカメラを挟んで、会話している時のお互いの表情を撮影するという使い方ができます。

OPPO Reno5 Aのスペック

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aは、Snapdragon 765Gを搭載する5G対応の最新ミドルレンジモデルです。

それでいて価格が抑えられており、高コスパな点がポイントです。

OPPO Reno5 Aのスペック

OPPO Reno5 A
画面サイズ約6.5インチ
本体サイズ高さ:約162.0mm
幅:約74.6mm
厚さ:約8.2mm
重さ約182g
アウトカメラ広角:約6,400万画素
超広角:約800万画素
モノクロ:約200万画素
マクロ:約200万画素
インカメラ約1,600万画素
バッテリー約4,000mAh
RAM6GB
ROM128GB
CPUQualcomm®
Snapdragon™ 765G
OSAndroid™ 11
認証顔・指紋
カラーシルバーブラック・アイスブルー

Snapdragon 765Gを搭載した機種は、AnTuTuベンチマークスコアで約32万点を記録します。

iPhoneで例えると、2017年に発売されたiPhone Xくらいのスペックです。重たい3Dゲームなどを除けば不自由なく快適に動作します。

Snapdragon 765Gを搭載してメーカー希望小売価格が4万3800円というのは驚きです。

では、OPPO Reno5 Aには他のところで大きな欠点があるのかと言うと、そんなこともありません。

OPPO Reno5 Aのスペック
  • 防水・おサイフケータイにも対応
  • 顔認証・指紋に対応
  • eSIMとデュアルSIMに対応

防水・おサイフケータイにも対応

中国メーカーのスマホの中には、防水とおサイフケータイに対応しないでコストカットしているものも多いのが現実です。

数年前までは日本でも人気だったHUAWEIスマホがまさにそれでした。

しかし、OPPO Reno5 Aは防水もおサイフケータイもしっかり対応しています!

それでメーカー希望小売価格が4万3800円なのですから、コストパフォーマンスが素晴らしいですね。

顔認証・背面指紋認証に対応

生体認証としては、顔認証にも指紋認証にも対応しています。

指紋認証のセンサーは、本体背面の自然と人差し指が当たる位置にあります。

Pixel 5とほとんど同じ位置です。

iPhone、Xperia、Galaxyなどの指紋認証とは位置が違いますが、背面にあるのが一番使いやすいと感じる人も少なくありません。

eSIMとデュアルSIMに対応

OPPO Reno5 AはeSIM・デュアルSIMにも対応しています。

ただし、ワイモバイルで販売されるものはeSIMにもデュアルSIMにも対応しません。

そのため、ワイモバイルでの価格が特別安いわけでないなら、ワイモバイル以外で購入することをおすすめします。

OPPO Reno5 Aの大きさ/サイズ

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aの本体サイズは、以下のとおりです。

OPPO Reno5 A本体サイズ
  • 縦:約162.0mm
  • 横:約74.6mm
  • 厚さ:約8.2mm
  • 重量:約182g

非常に大きいサイズですが、他のメーカーもこれくらいならよく出しており、特筆すべきところではないでしょう。

OPPO Reno5 Aのデザイン/カラー

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A スペック | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aには、シルバーブラックとアイスブルーの2つのカラーが用意されています。

ディスプレイの左上にパンチホールがあるのが特徴で、これは好みが分かれるかもしれません。

個人的にはパンチホールでも、Galaxyのように真ん中上に付いているほうが好みです。

それ以外は、恐らく見なくても誰もが想像できるような、オーソドックスなデザインだと思います。

OPPO Reno5 Aのディスプレイ

OPPO Reno5 A

画像引用元:OPPO Reno5 A | オウガ・ジャパン

OPPO Reno5 Aは6.5インチの液晶ディスプレイを搭載しています。

リフレッシュレートは90Hzです。

有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイというのは、OPPO Reno5 Aの数少ない残念な点です。

一般的に有機ELディスプレイのほうが液晶ディスプレイよりも自然な色合いを表現でき、目にも優しいとされています。

また、他のSnapdragon 765Gを搭載するミドルレンジモデルは大体有機ELディスプレイなので、この辺りが他機種より安い理由のひとつなのかもしれません。

Snapdragon 765Gなのに4万円台!

以上、オウガ・ジャパンの最新スマホ「OPPO Reno5 A」についてでした。

OPPO Reno5 Aの特徴
  • Snapdragon 765G搭載
  • 防水対応
  • おサイフケータイ対応
  • メーカー希望小売価格43,800円

Snapdragon 765Gを搭載していて、防水やおサイフケータイにもきちんと対応しているのに、なんとメーカー希望小売価格43,800円という安さ!

似たようなスペックの「arrows NX9」や「Galaxy A51 5G」は7万円以上で販売されています。

OPPO Reno5 Aのコストパフォーマンスの高さは際立っていますね。

SIMフリーモデルとして展開されるものですので、通信会社に関わらず購入できるのも嬉しいところ。

全国の家電量販店や、Amazon、楽天市場などで2021年6月11日から発売予定です。

またワイモバイルと楽天モバイルからも発売されます。

OPPO(オッポ)スマホを徹底比較|2021年おすすめの機種はこれだ!

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。