AirPods ProとAirPodsを比較|違いは何?おすすめはどっち?

AirPods ProとAirPodsを比較|違いは何?おすすめはどっち?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AirPods ProはApple純正のケーブルが無いワイヤレスイヤホンの最新モデルなので、メディアの注目も高く早速購入を検討している方も少なくないようです。

今回は2019年10月30日に発売された「AirPods Pro」と前モデル「AirPods」を比較して、進化した点とどんな人にどちらがおすすめかをまとめています。

購入を考えている方は是非今回の記事を参考に、AirPods Proの進化点や価格、おすすめポイントを参考にしてみてください。

AirPods ProとAirPodsの違いとおすすめできる人とは?
  • AirPods Proはノイズキャンセリングや音質を向上させたイヤホン
  • AirPodsから形状がカナル型に変更され耐水・耐汗性を得た
  • コントロールできる内容が増えて様々な操作が出来るようになった
  • AirPods Proの価格は27,800円(税別)
  • 音質を追求する人はAirPods Proがおすすめ
  • 価格重視・古いApple製品を使っている人はAirPodsがおすすめ

トップ画像引用元:AirPods Pro – Apple(日本)

AirPods ProとAir Podsのスペックと価格比較

AirPods Pro

画像引用元:AirPods Proを購入 – Apple(日本)

AirPods ProとAirPodsのスペックと価格を比較したのが下記表です。

項目AirPods ProAirPods
サイズ
重量
30.9×21.8×24mm
5.4g
40.5×16.5×18mm
4g
ケースサイズ
重量
45.2×60.6×21.7mm
45.6g
53.5×44.3×21.3mm
40g
接続方式Bluetooth5.0
連続再生時間4.5時間
(ノイズキャンセリング・
外部音取り込み
OFFでは5時間)
5時間
ノイズキャンセリング機能
価格(税抜)27,800円17,800円
(ワイヤレスチャージャー無し)
22,800円
(ワイヤレスチャージャー有り)

AirPods ProはAirPodsから音質面での機能強化を図り、デザインも変更されたのでイヤホン本体の重さは5g程重くなり、ケースの重量も増加しています。

反面、コンパクトなカナル型に変更されたので、イヤホンとケースの高さは小さくなりコンパクトな印象を受けるでしょう。

連続再生時間はAirPodsの方が長くなっていますが、AirPods Proの新機能を利用しない場合の再生時間は互角です。

むしろ、音質も上昇したAirPodsの上位互換モデルと見て良いでしょう。

「サウンドテクノロジー搭載」「イヤホン形状の変更」「操作方法の増加」が違い

AirPods ProとAir Podsは重量や本体サイズにはあまり違いはありませんが、下記3つの進化を遂げたのが大きな違いです

  • サウンドテクノロジー機能を搭載して音質を強化
  • イヤホンの形状をカナル型に変更
  • AirPods Proでコントロールできる内容が増加

AirPodsでも高い音質で再生できますが、「価格が高い割にノイズキャンセリング機能が搭載されていない」、「カナル型ではないので外れやすい」というユーザーの声もありました。

AirPods Proはユーザーの声に応え、音質を強化する為に大元のデザインから変更されたので、今までのAirPodsの音質とは大きく違います。

5,000円~10,000円の価格の高さは評価の分かれ目

AirPods Proの価格は27,800円で、ワイヤレスチャージャーケース有りのAirPodsの22,800円から5,000円ほど高くなりました。

AirPods Proはワイヤレスチャージャーケースが同梱されています。

ワイヤレスチャージャーケース無しのAirPodsなら17,880円なので、約1万円の価格差も人によって評価が分かれるでしょう。

価格の高さはその分音質が強化に充てられているので、ワイヤレスイヤホンの音質を重視する人ならAirPods Proを選ぶのがおすすめです。

逆に言えば音質よりも価格重視、Apple純正のイヤホンを安く入手したいならAirPodsを選ぶのも良いでしょう。

AirPods Proはサウンドテクノロジーを多く搭載したのが大きな進化点

AirPods Pro03

画像引用元:AirPods Pro – Apple(日本)

AirPods Proは下記5つのサウンドテクノロジー新機能を搭載したのがAirPodsからの進化点の1つです。

  • アクティブノイズキャンセリング
  • 外部音取り込みモード
  • アダプティブイコライゼーション
  • 均圧のための通気システム
  • 専用の高偏位Appleドライバ
  • 専用のハイダイナミックレンジアンプ

この中でも特にユーザーからのニーズが高かったのが、下記2つの新機能です。

周囲の騒音をカットする「アクティブノイズキャンセリング」

AirPods Proには周囲の騒音をカットして音楽をクリアにする「アクティブノイズキャンセリング」が搭載されています。

ノイズキャンセリング機能を使用すると周囲の雑音やノイズが聞こえなくなるので、音楽に集中できるメリットがあります。

安価なワイヤレスイヤホンでもノイズキャンセリングを搭載しているので、ユーザーからは「AirPodsでも搭載してほしい!」というニーズが高かった機能の1つです。

AirPods Proでノイズキャンセリングを搭載したので、iPhoneから流れる音楽も雑音を気にせず楽しむ事が出来ます。

ランニング時でも環境音を聞こえる「外部音取り込みモード」

ノイズキャンセリング機能を使うと周囲の音が聞こえにくくなるデメリットがありますが、それを克服したのが「外部音取り込みモード」です。

外部音取り込みモードを使用すると、周辺の音もクリアに聞きながら音楽も楽しめるので主に外出やランニングの時に活躍してくれます。

「イヤホンで音楽を聴きながらランニングしているけど、車の飛び出しが怖い」と言う方にはAirPods Proの外部音取り込みモードで音楽を楽しみつつ、周りの音も耳に入れれば危険性は下がるでしょう。

新型「Air Pods」の新機能と旧型との違い|価格・発売日・カラーまとめ

イヤホンの形状がカナル型に変更されて耐汗耐水機能が搭載された

AirPods Pro

画像引用元:AirPods Pro – Apple(日本)

AirPods Proではイヤホンの形状がカナル型に変更されて、AirPodsのイヤホンから大きく形状が変わりました。

カナル型は耳の穴に深く挿入するので、従来のAirPodsからダイナミックな音質向上と、同じ音量でも音漏れが少ないメリットがあります。

同梱物にシリコーン製イヤーチップが3個付属

AirPods Proはデザインが変更されたので、カナル型に必須のシリコーン製イヤーチップが3個同梱されているのも嬉しいメリットです。

サイズは大中小の3つなので、ご自身の耳にあったサイズのイヤーチップを付けると良いでしょう。

IPX4準拠の耐汗・耐水性を備えて運動中でも使用できるようになった

AirPods ProではIPX4準拠の耐汗・耐水性を備えているので、アウトドアやスポーツの最中でも活用できるようになったのもメリットです。

Air Podsでは耐汗・耐水性を持っていなかったので、雨天時やレジャー、水周りでは水濡れに弱いデメリットがありました。

AirPods Proでは耐汗・耐水性を持っているので、様々なアクティビティやレジャーで音楽を楽しみたいiPhoneユーザーにおすすめです。

AirPods Proの全て|ノイズキャンセリングなどスペック詳細まとめ

次のページでは、AirPods Proがおすすめの人はどんな人かについても解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ