AirPods ProとAirPodsを比較|違いは何?おすすめはどっち?

  • 2021年7月14日
  • by.annacom14

AirPods Pro

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、Airpods ProとAirpodsはどちらがおすすめなのか、違いについて比較しています。

移動中などにケーブルが邪魔にならないと人気のワイヤレスイヤホン。

年々性能がアップしており、多くのユーザーが利用するようになりました。

とくに、Appleの純正ワイヤレスイヤホン「Airpods」は、音質の高さやiPhoneとの相性がよいことから非常に人気を集めています。

しかし、Airpodsはシリーズ化しており、「Airpods」と「Airpods Pro」の2種類があります。

見た目がそっくりなので、それぞれにどんな違いがあるのか分からないという人が多いのではないでしょうか。

AirpodsとAirpods Proのどちらを購入するか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

AirpodsとAirpods Proのポイント
  • AirpodsはAirpods Proより5,000円~10,000円安い
  • Airpods Proはアクティブノイズキャンセリング機能搭載
  • Airpods Proは外部音取り込みモードにも対応
  • 音質重視ならAirpods Proがおすすめ
  • イヤホンの形状はAirpodsはオープン型・Airpods Proはカナル型
  • Airpods ProはIPX4の耐汗耐水性能を備えている

トップ画像引用元:AirPods(第2世代)- Apple(日本)

AirpodsとAirpods Pro、おすすめはどっち?

Airpods pro

画像引用元:air-pods-pro

AirpodsとAirpods Proは、デザインが似ていますし、どちらもワイヤレスイヤホンであることに違いはありません。

しかし、価格や性能、音質は全く異なるため、どちらを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

まずは、AirpodsとAirpods Proそれぞれの、おすすめな人の特徴から解説していきます。

Airpodsがおすすめな人

Airpodsがおすすめな人の特徴は、以下のとおりです。

Airpodsがおすすめな人
  • 価格重視の人
  • 音質にこだわりがない人

Airpodsは、価格重視で購入する人にぴったりです。

性能はAirpods Proに劣りますが、その分価格が安く設定されています。

ワイヤレスイヤホンは数万円するものも多く、そう簡単に購入できるものではありません。

  • イヤホンのケーブルが邪魔になるからワイヤレスイヤホンが欲しい
  • 充電しながらイヤホンを使用するためにワイヤレスイヤホンが必要

など、音質よりも利便性を重視するなら、Airpodsでも十分快適に利用できますよ。

Airdpods Proがおすすめな人

続いて、Airpods Proがおすすめな人の特徴は、以下のとおりです。

Airpods Proがおすすめな人
  • 音質を重視する人
  • ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンが欲しい人
  • 運動中や屋外で使用する人
  • 水や汗に強いイヤホンが欲しい人

Airpods Proは非常に音質が高く、心地よいサウンドを味わいたい人にぴったりです。

ノイズキャンセリング機能や外部の音を遮断する機能を搭載しており、音楽に没頭できる点が魅力となっています。

また、耐水性能を備えているため、水や汗に強い点もAirpods Proの利点といえます。

音質重視の人・移動中に使用する頻度が高い人は、Airpods Proの購入を検討しましょう。

AirpodsとAirpods Proの違い|価格

ここからは、AirpodsとAirpods Proの違いについて、詳しく解説します。

まずは、価格の違いから見ていきましょう。

AirpodsとAirpods Proの価格

モデル名価格
Airpods
with Wireless Charging Case
25,080円
Airpods
with Charging Case
19,580円
Airpods Pro30,580円

Airpodsは、ワイヤレス充電ができるWireless Charging Caseと、充電器を挿して充電するCharging Caseの2タイプがあります。

Airpods Proは、Wireless Charging Caseが同梱されている1タイプのみです。

Wireless Charging Case有りで比較してみると、Airpods Proのほうが約5,000円高くなっています。

後述していますが、Airpods ProはAirpodsよりも機能面・音質が優れているという特徴があります。

その分価格も高いですが、機能面・音質を重視するならAirpods Proがおすすめですよ。

一方、Airpodsは、充電器を挿して充電するCharging CaseならAirpods Proより約1万円安く購入できます。

価格重視ならAirpodsを検討してみてもよいでしょう。

AirpodsとAirpods Proの価格
  • AirpodsのほうがAirpods Proより約10,000円安い
  • AirpodsはWireless Charging CaseとCharging Caseの2種類あり

AirpodsとAirpods Proの違い|機能

AirPods Pro

画像引用元:AirPods Pro – Apple(日本)

続いて、AirpodsとAirpods Proの機能の違いについてご紹介します。

項目AirpodsAirpods Pro
Siri対応対応
アクティブノイズキャンセリング非対応対応
外部音取り込みモード非対応対応

各機能の特徴についてまとめました。

アシスタント機能「Siri」対応

Siriは、iPhoneなどに搭載されているAppleのアシスタント機能です。

「Hey Siri」と話しかけるだけで、さまざまな操作を自動で行ってくれます。

Airpodsでは、電話の発信・音楽再生・音量の調整・メッセージの読み上げなどに対応。

iPhoneを操作する必要がないため、手が使えないときにもAirpodsの設定ができて非常に便利ですよ。

Siriは、Airpods・Airpods Proのどちらでも利用できます。

アクティブノイズキャンセリング機能

アクティブノイズキャンセリングとは、外部の音を遮断する機能です。

雑音を消し去ってイヤホンから聞こえる音だけに集中できるため、まるで包み込まれているようなサウンドを楽しめます。

この機能が搭載されているのは、「Airpods Proのみ」です。

Airpodsには搭載されていません。

周囲の雑音が気になる人は、Airpods Proを選びましょう。

外部音取り込みモード

外部音取り込みモードは、周囲の音を聞こえるようにする機能です。

ノイズキャンセリングとは逆の機能となります。

外部音取り込みモードでは、外部の音を聴きながら音楽も聴こえるように調節します。

イヤホンを装着したままでも周囲の音が自然に聴こえるため、ランニングや移動中などに役立つ便利な機能ですよ。

こちらの機能も「Airpods Proだけが搭載」しています。

このように、Airpods Proは、Airpodsには搭載されてない優れた機能を搭載しています。

より快適に音楽を視聴したいなら、Airpods Proの購入をおすすめします。

Airpods Proだけが搭載さいている機能
  • アクティブノイズキャンセリング機能
  • 外部音取り込みモード

AirpodsとAirpods Proの違い|音質

iPhone X
続いて、AirpodsとAirpods Proの音質の違いです。

AirpodsとAirpods Proは、どちらもAppleが開発したイヤホン向けCPU「H1チップ」を搭載しています。

これによって、デバイスとのワイヤレス接続が従来より高速化。安定性もアップしました。

したがって、AirpodsでもAirpods Proでも、従来製品より高品質のサウンドが楽しめます。

さらに、Airpods Proには、最新の技術を用いて開発された機器も搭載。

Airpodsよりさらに高い音質を実現しました。

Airpods Proに搭載されている機器
  • アダプティブイコライゼーション
    音楽を耳の形に合わせてイヤホンの音質を自動調節
  • スピーカードライバ
    専用に設計された高偏位で歪みの少ないスピーカードライバ。パワフルな低音を生み出す
  • ハイダイナミックレンジアンプ
    アンプがスピーカードライバを動かして周囲のノイズを除去

音質にもこだわりたいなら、AirpodsよりAirpods Proを選びましょう。

AirpodsとAirpods Proの違い|イヤホンの形状

AirPods

画像引用元:AirPods – Apple(日本)

AirpodsとAirpods Proでは、イヤホンの形状が異なります。

AirpodsとAirpods Proの形状
  • Airpods:オープン型
  • Airpods Pro:カナル型

これまでのAirpodsシリーズでは、オープン型のイヤホンが採用されてきました。

今回のAirpodsも、これまでと同じオープン型です。

オープン型は耳を完全に塞がないため、耳への負担が少ないのが特徴。

長時間利用しても疲れにくく、快適に利用できるのが利点です。

しかし、音漏れしやすいのが難点。

電車やバスなどで使用する際は音量を調節しなければならず、大音量で音楽を視聴できません。

一方、Airpods Proでは、カナル型を新たに採用しました。

カナル型は耳の穴に深く挿入し、耳を完全に塞ぐタイプです。

そのため、音漏れや雑音が少なく、音楽に集中できるのが魅力となっています。

また、Airpods Proのイヤーチップは、内側に向けて細くなる仕様です。

通気口が圧力を均一にした、快適な装着感を味わえますよ。

なお、Airpods Proは、シリコーン製のイヤーチップを3種類同梱

大・中・小の3サイズがあり、自分の耳にあったイヤーチップを選んで装着できますよ。

AirpodsとAirpods Proのイヤホン形状
  • 長時間着けていても疲れにくいのはAirpodsのオープン型
  • 音漏れが少ないのはAirpods Proのカナル型
  • Airpods Proは大・中・小のイヤーチップを同梱

AirpodsとAirpods Proの違い|耐汗・耐水性

AirPods

画像引用元:AirPods – Apple(日本)

Airpods Proは、IPX4の耐汗・耐水性能を備えています。

汗や雨に濡れても故障の心配がないため、アウトドアやスポーツ中も安心です。

一方、Airpodsは耐汗・耐水性能はありません。

水に弱いため、屋外での使用が多い人やアクティブに活動する人には不向きです。

スポーツ中などに音楽を楽しみたい人は、Airpods Proを選びましょう。

AirpodsとAirpods Proの耐汗・耐水性能
  • Airpodsは非対応
  • Airpods ProはIPX4の耐汗・耐水性能を備えている

AirpodsとAirpods Proの違い|操作方法

最後に、AirpodsとAirpods Proの操作方法の違いについて比較しました。

Airpodsでは、Siriを起動するかイヤホンに搭載されているセンサーをダブルタップして操作します。

Airpodsの操作方法は以下のとおりです。

項目操作方法
再生・次の曲にスキップ・電話応答ダブルタップ
Siri起動「Hey Siri」と話しかける

続いて、Airpods Proの操作方法です。

Airpods Proは新機能を搭載しており、操作できる機能が増えています。

項目操作方法
再生・一時停止・電話応答1回押す
次の曲にスキップ2回押す
前の曲にスキップ3回押す
アクティブノイズキャンセリング機能と外部音取り込みモードの切り替え感圧センサーを長押し
Siri起動「Hey Siri」と話しかける

Airpodsでは操作できなかった、前の曲へのスキップや一時停止が可能になりました。

また、感圧センサーを長押しするだけで、「アクティブノイズキャンセリング機能」と「外部音取り込みモード」を切り替えられます。

音楽アプリおすすめ人気ランキング|最新の無料/有料アプリを徹底比較【2021年】

AirpodsとAirpods Proは価格・音質・性能から選ぼう

Airpods pro

画像引用元:AirPods – Apple(日本)

今回は、AirpodsとAirpods Proの価格や音質、機能などを比較し、それぞれの違いについて解説してきました。

AirpodsとAirpods Proのポイントまとめ
  • AirpodsはAirpods Proより5,000円~10,000円安い
  • Airpods Proはアクティブノイズキャンセリング機能搭載
  • Airpods Proは外部音取り込みモードにも対応
  • 音質重視ならAirpods Proがおすすめ
  • イヤホンの形状はAirpodsはオープン型・Airpods Proはカナル型
  • Airpods ProはIPX4の耐汗耐水性能を備えている

Airpods Proでは、「アクティブノイズキャンセリング機能」や「外部音取り込みモード」を新たに搭載。

より高音質なサウンドが楽しめるよう進化していました。

また、イヤホンの形状もカナル型になり、音漏れしにくくなったのも利点です。

音質にこだわりたい人や移動中に使用したい人は、Airpods Proの購入を検討してみましょう。

耐汗・耐水性能を備えているので、屋外でも安心して使えますよ。

一方、コスパ重視で選びたい人は、Airpodsをご検討ください。

Airpods Proより5,000円~10,000円ほど安く購入できますよ。

今回ご紹介したAirpodsとAirpods Proの違いを参考に、自分に合ったAirpodsを選んでみてくださいね。
【2021年】iPhoneで使えるイヤホンおすすめランキング|相性のいいものは?

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
annacom14
宮城県出身の元キャリアショップ店員。ドコモ・au・ソフトバンクでの勤務経験があり、その知識を活かしウェブライターに転身。 契約中のキャリアはドコモ。スマホはiPhone、タブレットはiPadを使用。 漫画やアニメを観るのが毎日の楽しみ。ダイエッターでもあり、3ヶ月で10kgの減量に成功。美ボディを目指して奮闘中!