長期レンタルにおすすめのモバイルWi-Fiランキング【2019年版】

長期レンタルにおすすめのモバイルWi-Fiランキング【2019年版】

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

モバイルWi-FiはWiMAX回線を契約したり、モバイルルーターを購入して格安SIMを契約するのが今までの主流でした。

しかし、2019年になってからは、モバイルWi-Fiを長期でレンタルする新たな契約が、1人暮らしのユーザーを中心に注目を集めております。

今回はレンタルで契約するメリットと、おすすめのモバイルWi-Fiを2019年版ランキング形式で紹介していきます。

モバイルWi-Fi長期レンタルがおすすめできる3つの理由

従来の主流であるモバイルルーターを購入して契約をするタイプより、レンタルのモバイルWi-Fiがおすすめできる理由は以下の3つです。

速度規制の条件が緩い

モバイルルーターの主流であるWiMAXは3日間で10GB、ソフトバンクのLTE回線だと大体の業者で1日で1GBを超えると速度規制がかかり、低速通信になってしまいます。

レンタルのモバイルWi-Fiも速度規制の対象になる事もありますが、極端な使い過ぎや不正データのやり取りでなければ、速度規制がかからない業者も少なくありません。

データ通信量無制限をセールスポイントにしている業者も多いので、速度規制に悩まされている人はレンタル形式に乗り換える選択肢もアリです。

契約期間が無い業者も多い

モバイルルーターで回線を契約すると、一定期間の契約継続を求められ、更新月以外で解約すると解約金を請求される『年縛り』があります。

自由に解約できないのでユーザー側にとっては不利な条件ですが、レンタルのWi-Fiは文字通り、モバイルWi-Fiを一定期間レンタルするようになっています。

その為、契約期間が無いモバイルWi-Fi業者も少なくないので、2~3年も利用する予定は無いが数ヶ月程度の長期利用を考えているユーザーにおすすめです。

レンタルする際は、1日単位よりも月単位の方が料金は安くなっておりますので、レンタルする時は長期レンタルがおすすめです。

契約期間がある業者は安い

モバイルWi-Fiを提供している業者の中には、一定期間の契約期間を定めている業者も少なくありませんが、それらの業者の傾向として料金が安い点が挙げられます。

従来のWiMAXモバイルルーターと比較すると料金が安く、また契約期間も2年程度なので1年以上の超長期に渡って格安でモバイルWi-Fiを契約したい人にもおすすめです。

2019年版おすすめモバイルWi-Fiランキング

レンタルで提供しているモバイルWi-Fi業者はたくさんありますが、今回は『半年以上の長期レンタル』を考慮している人におすすめのモバイルWi-Fiを紹介していきます。

1位 縛りなしWi-Fi

縛りなしWiFi

画像引用元:縛りなしWiFi | 月額3,300円で契約期間縛りなし!初期費用なし!

2019年版レンタル式モバイルWi-Fiのおすすめランキングで、見事トップに立ったのが『縛りなしWi-Fi』で、非常に直球勝負な業者名です。

名前の通り、契約期間の縛りが無いので気軽にWi-Fiをレンタルしやすいのが特徴ですが、他にも以下3つのおすすめ理由があります。

月額料金が3,300円と安い

縛りなしWi-Fiには2つの料金プランがありますが、契約期間が無い基本の料金プランは月額料金3,300円(税抜)と他のレンタルWi-Fiに比べて料金が安くて分かりやすくなっています。

契約期間が無いので、数ヶ月程度の短期利用から1年を超えるような長期利用にも幅広く対応しておりますので、ユーザーの目的に合った使い方がしやすくなっています。

『縛っちゃうプラン』だと更に安い

『縛りなしWi-Fiは契約期間の縛りなし』がセールスポイントですが、3年間の契約期間を設定した『縛っちゃうプラン』だと月額料金が2,800円(税抜)となり更に安くなります。

3年契約で長期間利用予定なら他のモバイルWi-Fi提供業者よりも安いので、縛っちゃうプランで契約するのもありでしょう。

最大通信速度612Mbpsのルーターもレンタル可能

縛りなしWi-Fiはソフトバンク回線を使い、最大受信速度612Mbpsで通信が可能な『603HW』がレンタル可能なモバイルWi-Fi業者になっています。

他にも、WiMAX回線が使える『W04』もレンタル可能なので、回線の種別を選べるのもメリットの1つと言えます。

ただし、レンタルするモバイルWi-Fiは回線種別は選べて、発送時のコメントで希望を出す事は可能ですが、必ずしも希望されたモバイルWi-Fiが送られるとは限りません。

その場合はスペックの似たような別のモバイルWi-Fiが送られると予想されます。

契約にはクレジットカード必須なのが玉にキズ

縛りなしWi-Fiの唯一の欠点が、契約するにはクレジットカードが必要という手続き面での敷居が高い事が挙げられます。

クレジットカードが必要なのは、縛りなしWi-Fi以外のモバイルWi-Fiレンタル業者の多数にも当てはまりますが、クレジットカードを持っていない人は作る必要があります。

逆に言えば、クレジットカードさえ持っていれば契約は出来るので、積極的にレンタルする価値はあると言えるでしょう。

2位 どんなときもWi-Fi

どんなときも
2位でおすすめできるのが次世代型クラウドSIMを搭載した『どんなときもWi-Fi』で、何とレンタルしたモバイルWi-FiにSIMカードを挿入する必要がありません。

モバイルWi-Fiも最適な電波を選んでくれると言う新世代のクラウドSIMを生かしたモバイルWi-Fi業者ですが、他にも3つのおすすめ理由があります。

無制限ポケットWiFi「どんなときもWiFi」の評判と気になる速度を調べてみた

データ容量無制限で利用可能

どんなときもWi-Fiは月間のデータ容量を決めておらず、データ容量無制限で通信が出来る点を売りの1つにしています。

実際には速度制限がかかる条件もありますが、短期間で膨大な量のデータ通信を行うか、不正データの送受信等を除けば基本的に速度制限はかかりません。

また、速度制限がかかっても384Kbpsの速度は出るので、他社の128Kbpsに比べると速度制限下でも通信は早いほうになります。

トリプルキャリア対応なのでネット通信の安定性が高い

どんなときもWi-Fiは、クラウドSIMと呼ばれる次世代型SIM技術を搭載しておりますが、このクラウドSIMはドコモ、au、ソフトバンクの内、最適な電波を選んでくれます。

他のモバイルWi-Fiではソフトバンク回線のみ、WiMAX回線のみと1回線のみ対応なモバイルWi-Fiが多いのですが、どんなときもWi-Fiでは大手キャリアの回線を常時利用できます。

1社の回線が使えなくても他のキャリアでカバーできるので、回線の安定性が高く、また海外でも手続き無く現地の電波を捕まえて利用する事が可能です。

口座振替でも契約可能

どんなときもWi-Fiはレンタル形式のモバイルルーター提供業者の中では珍しく、口座振替による契約が可能なのも評価点です。

どんなときもWi-Fiの口座振替だと月額料金は少し高くなってしまいますが、クレジットカードを持っていない人でも契約できます。

契約期間は2年間となっておりますが、WiMAXが基本3年の契約期間と考えると縛りはWiMAXより緩いと言えるでしょう。

人気過ぎて発送が追いついていないのがデメリット

どんなときもWi-Fiは月額料金も安価なので多くのユーザーから注目を集めておりますが、あまりの人気ぶりにモバイルWi-Fiの発送が追いついておりません。

入荷時期については随時、公式Twitter等で配信しておりますが、すぐにモバイルWi-Fiを利用出来ないのは弱点です。

記事執筆時点の2019年7月時点では安定しているようですが、2位という評価にしました。

→どんなときもWiFi公式サイトを見る

次のページでは、おすすめモバイルWi-Fiランキングの3位のJAPAN Wi-Fi Rentalを紹介します。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

どんなときもwifi
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ