最新パソコン比較|2019年おすすめノートPC&デスクトップランキング

最新パソコン比較|2019年おすすめノートPC&デスクトップランキング

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2020年1月には長らく日本で利用され続けていたWindows 7の延長サポートが終了します。

このため、今年の夏にWindows10対応モデルに買い替える方も多いかと思います。

ですがパソコンは種類が多く、どれを選んだら良いか迷った挙句「やっぱり使い慣れたWindows7をそのまま使おう…」という判断はセキュリティ上おすすめできません。

そこでこの記事では2019年のパソコン傾向を簡単に説明し、どのモデルがおすすめかをノートパソコンとデスクトップ別に紹介します。

おすすめ最新パソコン比較と2019年のトレンド
  • 2020年1月Windows7サポート終了前で買い替えの好機
  • ノートパソコンは1kg前後の軽量モデルか高性能モデルかの二極化
  • デスクトップは高機能・高価格が進みクリエイティブ向けモデルも多い
  • 格安のノートパソコンは『ASUS E203MA』デスクトップは『Lenovo V330 All-in-One』
  • ゲーミングのノートパソコンは『Dell G3 15プラチナ』がおすすめ
  • デスクトップのゲーミングパソコンならは『Acer Nitro 50 N50-600-N78G/G6』がおすすめ

2020年1月Windows 7サポート終了前で買い替え時期到来

冒頭でも記載しましたが、2020年1月にWindows 7の延長サポートが終了するとWebの広告やパソコンの通知からご存じの方もいるかと思います。

過去にWindows XPから7への移行で手こずった企業では、Windows 10対応モデルに入れかえ済みも少なくありません。

しかし個人では半分近くがWindows 7を利用している、とのデータもあり、2019年夏はボーナスを利用するなどして最新のWindows 10対応モデルに買い替える時期です。

買い替え促進の時期なのでお得に購入できるチャンス

2020年1月のWindows 7延長サポート終了を利用して、多くの家電量販店やパソコンショップでは買い替えキャンペーンを開催しています。

ユーザーにとってもWindows10対応モデルにお得に買い替えるチャンスなので、前向きに購入を検討するべきでしょう。

ではどんなパソコンを選ぶべきかを紹介する前に、2019年夏時点でノートパソコンとデスクトップの最新トレンドを簡単に解説します。

ノートパソコンの2019年トレンドは軽量化と高性能化が極端

2019年のノートパソコンは、軽量化に進むか高性能化に進むかの二極化が進んでいます。

  • 1kg前後の重量で持ち運びしやすく価格も抑えたモデル
  • 高性能なCPUを搭載し高機能・高価格化を進めたモデル

それぞれのモデル特性を詳しく見ていきましょう。

1kg前後の重量で取り回しの良いノートパソコンがトレンドの1つ

2019年のノートパソコンでユーザーからの視線を集めているのが1kg未満の重量のノートパソコン市場で以下のようなノートパソコンが該当します。

  • 重量1kg前後
  • 価格帯は3~5万円前後のエントリーモデル
  • CPUはi3~i5
  • HDDやSSDを搭載
  • 学生からノマドワーカーまで幅広い人が利用可能

価格が安く重量も1kg未満と持ち運びがしやすいので、学生からビジネスマンまで幅広く利用出来るのが特徴です。

専門的な使い方よりも文書作成やWeb閲覧を目的とするなら、このモデルを選ぶのがおすすめです。

高性能を追求したノートパソコンもトレンド

軽さと価格の安さを追求したモデル以外にも、技術力向上でより高性能化を図ったモデルも最新ノートパソコンのトレンドの1つです。

中にはデスクトップのゲーミングパソコンすら上回る程のスペックを持つノートパソコンもあり、ゲーミングパソコンはデスクトップという定説を覆す物もあります。

本格的にゲームをしたい人はゲーミングノートパソコンを選んだり、ビジネス用に高機能なモデルを選ぶのもおすすめです。

デスクトップの2019年トレンドは大型化・高性能化の傾向

パソコンを操作する女性

一方のデスクトップはノートパソコンの性能が上がった事でより大型化、高性能化に進んでおり利用するユーザーもプロフェッショナル向けの傾向にあります。

  • 音楽作曲家や3Dグラフィッカー
  • 動画編集者
  • プログラマーやSE
  • トレーダー

といった専門職に好まれるハイスペックマシンが、デスクトップに多くなっているのが2019年の最新のトレンドです。

モニターにつないで大画面で操作できるのがデスクトップのメリットですが、HDMI出力可能なノートパソコンなら外部モニター出力も出来ます。

モニターが大きいからという理由でデスクトップを選ぶ理由は薄れており、高度な使い方を利用したい人がデスクトップを選ぶのがおすすめです。

安価なデスクトップもある

もちろん2019年時点でも安価なデスクトップも販売されているので、デスクトップにこだわりたい方はそちらを選ぶのも良いでしょう。

ただモニターが付随していなかったり、MicrosoftのOfficeソフトがインストールされていないモデルも少なくないのでご注意下さい。

おすすめのノートパソコンを4モデル紹介

それではここからは2019年夏におすすめのノートパソコンを、

  • 取り回しに優れて安価なモデル
  • ハイスペックなモデル

をランキングで紹介します。

なお今回紹介するノートパソコンとデスクトップは、Windows 7ユーザーが買い替えると想定し、Windows 10搭載モデルを全て選んでおります。

1位 重量がたった1kgの『ASUS E203MA』

ASUS E203MA

画像引用元:ASUS E203MA | ノートパソコン

項目内容
機種名ASUS E203MA
メーカーASUS
CPUインテル Celeron N4000
OSWindows 10 Home
メモリ4GB
(LPDDR4 2400MHz)
価格36,800円
(ASUS Store)

2019年おすすめのノートパソコンの1台が『ASUS E203MA』で、価格36,800円と購入しやすい格安モデルとなっています。

重量が1kgなので持ち運びがしやすく、価格が安いWindows 10搭載ノートパソコンが欲しい!という方におすすめです。

他にも『ASUS E203MA』には以下の特徴をもっています。

『ASUS E203MA』は安価でバッテリーが長持ちするモデル

『ASUS E203MA』の大きなメリットは最長14.6時間のバッテリー駆動時間を持っているので、外出時でもバッテリー持ちを心配する必要性が薄い点です。

電源が無い場所でビジネスで使う資料や文書の作成、プライベートではSNSやブログの更新等がしやすくなっています。

重量も1kgなので外出時の負担になりにくいのも大きなメリットと言えるでしょう。

2位 最長20時間のバッテリー持続時間が特徴の『Acer SWIFT 1』

Aser SWIFT1

画像引用元:Swift 1 のデザイン | ノートブック | Acer 日本

項目内容
機種名Swift 1
SF114-32-N14Q/S
メーカーAcer
CPUIntel Celeron N4000
OSWindows 10 Home
メモリ4GB
価格53,880円
(価格.com参考)

5万円台まで出せるなら『Acer SWIFT1』も、安価なWindows 10搭載ノートパソコンの選択候補に挙がってきます。

Windowsマルチタスク機能を搭載しており、複数のタスク処理を並行して処理できるので様々なアプリやソフトウェアを同時に動かしたい方におすすめです。

ほぼ1日中充電無しで利用出来るタフネスさが売りの『Acer SWIFT 1』

『Acer SWIFT 1』のメリットは最大20時間の持続時間を持つバッテリーで、最初におすすめしたASUS E203MAよりバッテリーが更に長持ちするポイントです。

バッテリーの持続時間が伸びた分、重量は1.3kgと重くなってしまったものの1日中ほぼ充電無しでも利用できるのは大きなメリットです。

バッテリーの長持ちは人を選ばないメリットなので、外出時に持ちだす人は勿論、たまに外出時に持ち出して利用する人にもおすすめです。

3位 ハイスペックなビジネス向けノートパソコン『SONY VAIO SX12』

VAIO SX12

画像引用元:スペック選択|VAIO公式 オンラインストア|VAIO STORE

項目内容
機種名VAIO SX12 VJS1218
メーカーソニー
CPUVAIO TruePerformance適用
Core i7-8565U(1.80GHz)、
VAIO TruePerformance適用
Core i5-8265U(1.60GHz)、
Core i3-8145(2.10GHz)、
Celeron 4205U(1.80GHz)
OSWindows 10 Pro 64bit、
Windows 10 Home 64bit
メモリ4GB /最大16GB
価格153,144円~
(VAIO STORE)
備考CPU、OS、メモリはオーダーメイド仕様

ハイスペックなビジネス向けのノートパソコンが欲しいなら、オーダーメイド制のノートパソコン『SONY VAIO SX12』がおすすめです。

重量888~897gと非常に軽く様々な場所に持ち運べる他、更に12.5型ディスプレイで見やすい液晶画面が特徴です。

静寂キーボードを搭載し静かなオフィスに適している『SONY VAIO SX12』

『SONY VAIO SX12』はフルサイズの静寂キーボードを搭載しており、デスクトップや大画面のノートパソコンと同じ19mmのキーピッチのキーボードとなっています。

キーピッチが大きいのでミニサイズのノートパソコンでありがちな、誤ってタイピングしてしまう『誤タイプ』が起きにくいというメリットがあります。

更にクリック音を抑えたタッチパッドも搭載しているので、静かなオフィスでも使えるよう配慮しているのも評価点です。

『SONY VAIO SX12』はVGA端子からHDMI端子など幅広く入力端子に対応している

ビジネスの現場でノートパソコンは資料作成の他に、プロジェクターと接続してプレゼンに使用したり映像機器と接続してデモ映像を流す用途に使われます。

『SONY VAIO SX12』はそれらの用途に利用できるように下記の幅広い入力端子に対応しております。

  • 4K出力対応のHDMI端子
  • VGA端子
  • 有線LAN端子
  • USB-Type C端子
  • フルサイズUSB端子
  • SDメモリーカードスロット

資料や文書の作成から、仕事でのプレゼンまで幅広いビジネスシーンで『SONY VAIO SX12』の活躍が期待できるでしょう。

安いのに高性能なノートパソコン紹介!4万円以下の人気格安モデル

次のページでは、おすすめのデスクトップを3モデル紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ