最強ゲーミングスマホランキング|2020年最新のおすすめ人気機種はコレ

最強ゲーミングスマホランキング|2020年最新のおすすめ人気機種はコレ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ゲーミングスマホはガジェットマニアが好むニッチなスマホというのが定説でした。

しかし、近年はスマホゲームの人気とスペック上昇に伴って一般人やライトユーザーにも需要が広がり、安いものも発売されてきました。

しかし、「何を選べば良いか分からない」という方も少なくありませんので、今回は2020年最新のおすすめゲーミングスマホランキングとゲーミングスマホの選び方をご紹介します。

2020年最新版おすすめゲーミングスマホと選び方
  • 性能で選ぶならROG Phone Ⅱ(12GB/512GB)
  • 価格の安さで選ぶならUMIDIGI F1が約2万円で購入可能
  • 国産ゲーミングスマホならSIMフリー・キャリア問わずAQUOS zero2
  • iPhoneなら大画面のiPhone 11 Max・価格の安さならiPhone 11を選ぼう

トップ画像引用元:ROG Phone II ZS660KL | ゲーミングスマートフォン

性能で選ぶ!最強ゲーミングスマホランキング

AQUOS zero2

画像引用元:AQUOS zero2 SHV47 auの特長|AQUOS:シャープ

「とにかく高性能なゲーミングスマホを!」「スマホのせいでゲームに負けたなんて言い訳したくない!」そんなガチゲーマーにおすすめゲーミングスマホをランキング形式で紹介します。

各種大会やeスポーツでも活躍できるスペックなので、一瞬の差で決着がつくような対戦ゲームを遊ぶ人向きです。

モデル価格発売日
ROG Phone Ⅱ
116,050円2019年11月20日
Black Shark265,780円2019年8月31日
AQUOS zero2ドコモ:87,912円
au:82,100円
ソフトバンク:
95,040円
2020年1月30・31日

それでは詳しくみていきましょう。

【第1位】ROG Phone Ⅱ(12GB/512GB)

ROG-Phone2-gaiyou

画像引用元:ROG Phone II ZS660KL | ゲーミングスマートフォン

高性能でゲーミングスマホを選ぶなら定番中の定番「ROG Phone Ⅱ(12GB/512GB)」モデルが最もおすすめです。

機種名ROG Phone Ⅱ
メーカー名ASUS
CPUSnapdragon 855 Plus
内蔵メモリ/ストレージ12GB/512GB or 1TB
バッテリー容量6,000mAh
ディスプレイサイズ6.59型ワイド
発売日2019年11月20日
価格116,050円
※1TBモデルは138,050円

ライトユーザーからプロゲーマー問わず幅広く支持されている最強のゲーミングスマホで、特に評価されているのが以下5つです。

ROG Phone Ⅱのポイント
  • CPUは最新のSnapdragon 855Plus、2020年4月時点で最も高性能なCPUを搭載
  • 内蔵メモリは12GBなのでスペックは最強クラス、故に処理速度が速い
  • 120Hzのリフレッシュレートで、並のスマホ(60Hz)のリフレッシュレートの2倍
  • 6,000mAhの大容量バッテリーで長時間ゲームが遊べる
  • 冷却システムを搭載し、長時間遊んでも熱暴走を起こしにくい
  • サイド充電ポート・フロントスピーカー・デュアルサラウンドバイブ機能とゲーム向け機能を搭載

スマホゲームを遊ぶうえで大事なポイントを全て押さえているので、予算に余裕があるなら真っ先におすすめできるスマホです。

唯一の欠点は日本で取り扱っているキャリアは無い点で、ASUS公式のオンラインショップ「ASUS Store」からの購入となる点でしょう。

【第2位】Black Shark2(12GB+256GB JAPANモデル)

Black Shark 2 | 製品情報 | KAZUNA

画像引用元:Black Shark 2 | 製品情報 | KAZUNA

高性能で選ぶゲーミングスマホ第2位は、1位と同じ定番モデル「Black Shark2」です。

機種名Black Shark2
メーカー名Xiaomi
CPUSnapdragon 855
内蔵メモリ/ストレージ12GB/256GB
バッテリー容量4,000mAh
ディスプレイサイズ6.39インチ
発売日2019年8月31日
価格65,780円

Black Shark2の特筆すべきポイントは下記が挙げられます。

Black Shark2のポイント
  • X型の通信アンテナを内蔵しており通信品質が高い
  • 240Hzのリフレッシュレートで映像がより滑らかに表現されてタッチの操作も即時反映
  • CPUは当然のように最も高性能なSnapdragon 855を、内蔵メモリは12GBで大容量

1位のROG Phone Ⅱと比較するとバッテリー容量は少ないのが気になります。

しかし、タップ操作がより反映されやすくなったので、短時間で決着がつくゲーム向きのスマホと言えるでしょう。

【第3位】AQUOS zero2

画像引用元:AQUOS zero2 SHV47 auの特長|AQUOS:シャープ

「国産のゲーミングスマホが欲しい!」そんな人にはSHARP製「AQUOS zero2」がおすすめです。

機種名AQUOS zero2
メーカー名SHARP
CPUSnapdragon 855
内蔵メモリ/ストレージ8GB/256GB
バッテリー容量3,130mAh
ディスプレイサイズ6.4インチ
発売日ドコモ:2020年1月30日
au・ソフトバンク:
2020年1月31日
価格ドコモ:87,912円
au:82,100円
ソフトバンク:95,040円

1位のROG Phoneは台湾のASUS製、2位のBlack Shark2は中国のXiaomi製です。

しかし、日本でもゲーミングスマホを求める声は高まっており、それに応えたのがAQUOS zeroシリーズで、zero2は2代目にあたります。

液晶画面に定評のあるSHARP製なので、リフレッシュレートが高い美麗な液晶を搭載しているのもメリットです。

しかし、最大のポイントは国内キャリア全てで取り扱っている点でしょう。

ドコモ、au、ソフトバンク全てで取り扱っており、更に格安SIM向けのSIMフリー版も取り扱っています。

したがって、日本人には最も入手しやすいゲーミングスマホと言えます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

コスパで選ぶ!格安おすすめゲーミングスマホランキング

「スマホ1台に10万円以上のお金をつぎこむのはちょっと気が引ける…」と、思う方向けに格安ゲーミングスマホもあるので、紹介します。

価格が安くなった代わりにスペック自体もマイルド調整されていますが、軽いソーシャルゲームを遊ぶ分には問題ないモデルが揃っています。

じっくり操作したり、素早い操作を求められないテーブルゲームやシミュレーションゲーム、アドベンチャーやRPGを遊ぶ人におすすめです。

モデル価格発売日
UMIDIGI F119,777円2019年3月12日
Moto G8 Power32,800円2020年5月4日
Zenfone Max Pro(M2)43,450円2019年3月15日

【第1位】UMIDIGI F1

UMIDIGI-F1-Top

画像引用元:UMIDIGI

「とにかく価格の安さ重視!」という方には、UMIDIGI F1が19,777円でおすすめです。

機種名UMIDIGI F1
メーカー名UMIDIGI
CPUHelio P60 AIプロセッサ
内蔵メモリ/ストレージ4GB/128GB
バッテリー容量5,150mAh
ディスプレイサイズ6.3インチ
発売日2019年3月12日
価格19,777円
※amazon価格

日本では馴染みの薄いメーカー「UMIDIGI」ですが、海外では格安ゲーミングスマホを多く販売した実績で人気を誇るメーカーです。

6.3インチフルHD+のノッチ型フルスクリーンと5,150mAhの大容量バッテリーで、大画面でゲームを充電無しで遊ぶことが出来ます。

内部ストレージも128GBと大容量なので、たくさんの写真や動画、アプリをインストールしても逼迫することは少ないでしょう。

【第2位】Moto G7 Power

Moto-G7-Power-top

画像引用元:moto g7 power | モトローラ公式オンラインストア

価格の安さで選ぶ第2位がMotorola製の「Moto G7 Power」です。

機種名Moto G7 Power
メーカー名Motorola
CPUSnapdragon 632
内蔵メモリ/ストレージ4GB/64GB
バッテリー容量5,000mAh
ディスプレイサイズ6.2インチ
発売日2019年6月7日
価格24,800円

6.2インチHD+Max Vison、19:9のアスペクト比のディスプレイと5,000mAhの最大3日間持つタフネスバッテリーが魅力の1台です。

背面のMマークは指紋認証センサーになっておりロック解除もしやすく、24,800円と価格の安さも魅力と言えるでしょう。

デメリットを挙げるなら公式ホームページでは販売終了しており、購入先はamazon等のECサイトがメインとなっている点です。

購入する時は出品元がMotorola公式である点を確認の上で購入しましょう。

【第3位】Zenfone Max Pro(M2)

ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL) | スマートフォン

画像引用元: ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL) | スマートフォン

価格の安さで選ぶゲーミングスマホ第3位がASUS製の「Zenfone Max Pro(M2)」です。

機種名Zenfone Max Pro(M2)
メーカー名ASUS
CPUSnapdragon 660
内蔵メモリ/ストレージ6GB/64GB
バッテリー容量5,000mAh
ディスプレイサイズ6.3インチ
発売日2019年3月15日
価格43,450円

ASUSは高機能でおすすめ第1位のROG PhoneⅡと同じメーカーですが、低価格でも購入できるZenfone Max Pro(M2)を販売しており、特徴は下記2つです。

Zenfone Max Pro(M2)のポイント
  • 5,000mAhの大容量バッテリーで非常に長持ち
  • 内蔵メモリが6GBと多いので処理能力は格安スマホの中では高い

Proと名称が付いているように、格安スマホの中でもスペックは高めなので、バランスの良いゲーミングスマホが欲しい人に人気の1台です。

ただ価格が43,450円で、更にキャリアでは取り扱っていない海外製なので、導入の敷居は他の格安モデルと比較すると高めと言えるでしょう。

iPhoneでゲームに向いている機種

画面

画像引用元:iPhone 11 製品情報 | ソフトバンク

「iPhoneでゲームを楽しみたい」という方の疑問は非常にシンプルに解決できます。

ゲームにも向いているiPhone
  • iPhone 11シリーズ:大画面・高性能なiPhoneでゲームを楽しみたい
  • iPhone 11・iPhone XR:機種代金を抑えたい
  • iPhone 8・iPhone 8 Plus:ホームボタンのあるiPhoneで遊びたい

元々、iPhoneはスペックが高いので古いiPhone 7でもApp Sore内のゲームは問題なく遊べるのがほとんどです。

その中でも大画面・高機能にこだわるならA13 Bionicチップを搭載したiPhone 11が価格も安いのでおすすめになります。

とにかく価格の安いiPhoneを求めるなら、中古ショップで2~3万円台のiPhone 7を購入するのも悪くない選択と言えるでしょう。

最新のiPhone 11はもちろん、コスパという面ではiPhone 8もおすすめの機種となっているので、ぜひ検討してみてください。

ゲーミングスマホとは

iPhoneとゲームコントローラー

そもそもゲーミングスマホに定義は無く「メーカー側がスマホゲームを快適に遊べるスマホ」と販売しているのがゲーミングスマホというのが実状です。

一般的なスマホと違い、下記の特徴に該当・準ずる傾向にあります。

ゲーミングスマホとされるスマホの特徴
  • 公式ホームページのデザインがゲームプレイを前面に押し出している
  • ゲームプレイ用のモードの存在やCPUのスペックをPRしている
  • 本体がブラックやレッドのハッキリしたカラーリングでスタイリッシュなデザイン

ゲーミングスマホなのか否かを簡単に見分けるポイントとして、そのスマホの公式ホームページを見てみると一目瞭然です。

ROG Phone Ⅱのようなバリバリのゲーミングスマホと、一般的なAQUOS sense3のようなホームページを見比べてみると違いがよく分かります。

ゲーミングスマホの選び方

Zenfone MAX Pro_M2

画像引用元: ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL) | スマートフォン

ゲーミングスマホと言っても、今回紹介した6モデル以外にも数多く存在するので、どれを購入したら良いか迷う方もいらっしゃいます。

聞き慣れない用語も並ぶので混乱する時もありますが、シンプルに下記6点に多く該当するモデルを選びましょう。

ゲーミングスマホを選ぶポイント
  • CPUは最新のSnapdragon855を選ぶのがベター
  • 大容量のメモリ(RAM)を搭載・最低でも4GB以上
  • バッテリー容量が多く、長時間のプレイにも耐える
  • ディスプレイのリフレッシュレートが60Ghz以上
  • 冷却システムを搭載
  • ゲーミング用モードや機能を搭載

価格の高いゲーミングスマホなら上記6点を全て網羅しているモデルも少なくありません。

しかし、価格の安いゲーミングスマホや一般的なスマホは非搭載も珍しくありません。

本格的に遊びたいならCPUの性能が高くRAM(メモリ)の容量が大きいスマホを選ぶことは最重要です。

余裕があればディスプレイのリフレッシュレートや冷却システム・ゲーミング用モードの有無を気にしてみると良いでしょう。

更に追加で搭載していると嬉しい機能

ゲーミングスマホを選ぶ際、下記4つも考慮されていると嬉しいポイントです。

搭載されていると嬉しい機能
  • 内部ストレージ容量が128GB以上
  • ステレオで音が再生できる
  • 大きなディスプレイ(持ち運びより没入感を高めたい人)
  • コンパクトなサイズで外出先でも楽しみやすい(持ち運びやすさを重視する人)

特にゲームアプリをたくさんインストールすると、内部ストレージを圧迫するので大容量のストレージを持っていれば不要なアプリやデータを削除する手間が省けます。

ゲームに限らずアプリはmicroSDカードに入れられないので、本体の内部ストレージ容量も気にしておくと良いでしょう。

サウンドはイヤホンを使う人なら気にする点は薄く、本体サイズの大小は個人の好みによるので、オマケ程度に考えてOKです。

ゲーミングスマホを購入する上での注意点

ゲーミングスマホは一般的なスマホと違い、海外製が多くなっています。

そのため、技適マークが付いていないモデルも少なくありません。

技適マークは一般には馴染みが薄いので気にしていない人もいますが、この技適マークがついていないスマホを使用すると電波法違反になる可能性があるので注意が必要です。

技適マークが付いている日本発売モデルを購入しよう

総務省では「技適マークが付いていない無線機を使用したらどうなりますか?」という問いに対し、以下の回答をしています。

技適マークがないスマホのリスク
  • 一部の無線機を除き技適マークが付いていない無線機を使用すると電波法違反になる恐れがある
  • 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象
  • 公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、5年以下の懲役又は250万円以下の罰金の対象

技適マークが付いていない海外モデルを購入・使用すると上記の電波法違反になるリスクがあるので、技適マークが付いている日本発売モデルを購入しましょう。

日本未発売・海外のECサイト経由・個人輸入だと技適マークが付いていない物も多いので、避けた方が無難です。

携帯電話の技適マークはどこにある?

余談ですが携帯電話の技適マークは「内蔵のバッテリーを取り外したところに印刷されている」と、総務省で発表しています。

現在の携帯電話のほとんどがバッテリーの取り外しが出来ないので、携帯電話に技適マークが書かれているのを見たことが無い方がほとんどでしょう。

最近では、スマホの設定画面から項目を辿ると表示されていることが多くなっています。

ゲーミングスマホを購入するならどこ?

Black Shark 2

画像引用元:Black Shark 2 | 製品情報 | KAZUNA

最後にゲーミングスマホを購入するおすすめの場所を「海外製」「国内製」の2種類に分類して紹介します。

ゲーミングスマホを購入できる場所
  • 公式ホームページ
  • amazon等のECサイト
  • ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリア
  • 中古ショップ

海外製ゲーミングスマホは2つ

今回紹介したROG Phone ⅡやBlack Shark2のような海外製ゲーミングスマホを購入する場所は、公式ホームページかECサイトの2種類がおすすめです。

ドコモ、au、ソフトバンク、国内の格安SIMで取り扱っていないモデルが多いので、必然的に個人で購入することが多くなります。

中古ショップや個人輸入、海外のECサイトからも購入できますが前述の技適マークの関係もあるので、基本的に避けた方が無難です。

公式ホームページから直接購入する

日本語版公式ホームページを開設しているASUS等は、自前のオンラインショップを公式ホームページに用意しているので、そこから購入するのがおすすめです。

言うまでも無く新品ですし、メーカー保証もついているので安心して購入したいなら公式ホームページ経由で購入しましょう。

自前のオンラインショップを開設していなくても、後述のECサイトに出品しているメーカーもあります。

amazon等のECサイトから購入

公式オンラインショップを開設していないメーカーは、amazon等に出品しているのでここから購入するのもおすすめです。

安定の選択肢はamazonで、出品数もメーカー数も多く、幅広い決済に対応しているので迷ったらamazonで検索してみると良いでしょう。

なお、海外のECサイトを利用する強者もいますが、技適マークが無い物も多く発送・到着までにかかる時間が、国内と比較して非常にかかるのでおすすめしません。

国産ゲーミングスマホは2つ

AQUOS zero2や今回紹介できなかったXperia 1のような国産のスマホの場合、入手する方法は主に2つあります。

キャリアで機種変更・MNPで購入する

今契約しているキャリアで国産ゲーミングスマホを取り扱っている場合、機種変更やMNPで入手するのが一番楽な選択肢です。

機種変更やMNPなら機種代金の分割支払いも申込めるので、一括払い必須の海外モデルに比べて入手も楽なのでおすすめです。

中古ショップで購入する

国産ゲーミングスマホは中古ショップでも多く流通する傾向にあるので、お財布が厳しい時は中古ショップでスマホを購入してみるのも良いでしょう。

国産と分かっているので技適マークの問題はクリアしていますし、中には新古品やデモ機といった、ほぼ新品に近い掘り出し物もあるので狙い目です。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

最強のゲーミングスマホで快適にゲームを楽しもう

Black Shark 2

画像引用元:Black Shark 2 | 製品情報 | KAZUNA

スマホゲームは人気と共に年々求められるスペックが上昇しています・

そのため、低スペックのスマホでは動作が遅かったり、起動に時間がかかったりします。

最悪立ち上がらないことも珍しくありません。

とあるスマホゲームでは「本格的にゲームをやり込むなら、ガチャに課金するよりスマホ本体に課金しろ(機種変更しろ)」という言葉もあるほどです。

高性能なゲーミングスマホを選ぶのがベターですが、ゲームによっては2~3万円台のゲーミングスマホでも充分遊べます。

快適にスマホゲームを遊びたい方は是非今回紹介したスマホを検討したり、選び方を参考に自分に合うゲーミングスマホを探してみて下さい。

2020年最新版おすすめゲーミングスマホと選び方
  • 性能で選ぶならROG Phone Ⅱ(12GB/512GB)
  • 価格の安さで選ぶならUMIDIGI F1が約2万円で購入可能
  • 国産ゲーミングスマホならSIMフリー・キャリア問わずAQUOS zero2
  • iPhoneなら大画面のiPhone 11 Max・価格の安さならiPhone 11を選ぼう
  • 日本未発売モデルを選ぶ時は技適マークが無いと電波法違反に
  • CPUはSnapdragon 855・内蔵メモリ(RAM)は最低でも4GB以上を
  • 冷却機能やゲーミングモード等のゲーム向け機能も付いていると尚良し
  • ゲーミングスマホの購入先は公式ホームページやECサイト、中古ショップがメインに
最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2020年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ