2019年ゲーミングスマホおすすめ人気ランキング|特徴と選び方も解説

2019年ゲーミングスマホおすすめ人気ランキング|特徴と選び方も解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

スマホゲームをよくプレイする人にとって、スマホのスペックは非常に重要なポイントとなるでしょう。

特に3Dグラフィックを使用したゲームは、スペックの低いスマホでは十分にプレイすることすらできません。

快適にスマホゲームを楽しむためには、ハイスペックのスマホでプレイ環境を整える必要があります。

高い処理性能を必要とするスマホゲームが、続々と登場する中で生み出された、「ゲーミングスマホ」について紹介をしていきます。

【2020年版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ
おすすめのゲーミングスマホ
  • SIMフリーなら国内販売もされているROG Phoneがおすすめ
  • iPhone XS/XS Maxもゲームをプレイするには申し分ないスペック
  • キャリアから販売されているスマホもゲーミングスマホに匹敵する

ゲーミングスマホとは

ゲーミングスマホとは、スマホゲームのプレイに特化したハイスペックのスマホのことを言います。

スマホ自体、近年ハイスペック化が進んでいますが、その中でもさらに高いスペックのスマホとなっています。

ゲーミングスマホの特徴は、通常のスマホに比べて大容量のメモリ(RAM)や、処理性能の高いチップセットを搭載しています。

さらに、ディスプレイのリフレッシュレートが高く、滑らかな動きを実現しています。

また、通常のスマホにはないような、冷却システムを搭載しているものも多くあります。

処理の重いスマホゲームをプレイすると、スマホが熱を持つことが多くなりますが、ゲーミングスマホでは熱対策がされており、処理落ちしにくくなっています。

ゲーミングスマホの特徴
  • 大容量のメモリ(RAM)を搭載
  • ディスプレイのリフレッシュレートが高い
  • 冷却システムを搭載

では、ゲーミングスマホの特徴について詳しく見ていきましょう。

大容量のメモリ(RAM)を搭載

Androidスマホの処理性能の高さを判断する上で、非常に重要な基準となるのがメモリ(RAM)の容量の大きさです。

現在販売されているスマホの中では、4GB前後のものが多く、6GBのRAMを搭載しているスマホはほとんどがハイスペックスマホに分類されます。

ゲーミングスマホでは、6GBを超えるものがほとんどで、中には10GBと大容量のメモリを搭載したスマホも販売されています。

高負荷の処理にも対応できるように、メモリ(RAM)容量が通常のスマホに比べて増強されているのが、ゲーミングスマホの特徴となっています。

数年前のメモリ容量の小さいスマホでゲームをする場合、メモリ容量が足りずゲーム自体をたちあげられなかったり、処理を優先するために映像が低画質になったりすることがあります。

しかし、ゲーミングスマホではそういったストレスを感じるようなことは全くありません。

常に快適な環境で3Dゲームもプレイすることができます。

一般にメモリ容量が大きくなるにつれて、バッテリーの消耗も早くなりますが、ゲーミングスマホでは大容量バッテリーを搭載することで、長時間駆動を同時に実現しています。

また、高い処理性能を実現しているのは大容量のメモリだけではありません。

チップセットにも最高性能のSnapdragon845が、多くのゲーミングスマホに搭載されています。

チップセットは、CPUやGPUといった演算や映像の処理を行うスマホの核となる製品です。

このチップセットに、現行で最新かつ最高性能のSnapdragon845を搭載することで、3Dグラフィックを使った高負荷のゲームもサクサクと快適にプレイできるようになっています。

RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】
ドコモキャンペーンバナー

ディスプレイのリフレッシュレートが高い

リフレッシュレートとは、1秒間にディスプレイ表示の書き換えを何回行うかということを示す数値です。

リフレッシュレートの数値が高ければ高いほど、映像は滑らかに動きます。

スマホに限らず、ディスプレイ表示はパラパラマンガのように、コマ送りで映像を切り替えることで動きを表現しています。

リフレッシュレート60Hzのスマホであれば、1秒間に60枚の写真を切り替えることで、1つの映像を作り出します。

これが倍の120Hzになれば、1秒間に倍の120枚の写真をコマ送りに映し出します。

コマ送りのコマ数を増やすことで、より滑らかな動きを表現することができます。

単純に、リフレッシュレートは高くなればなるほど、映像の滑らかさは向上します。

通常のスマホはリフレッシュレート60Hzのものが多くなっていますが、ゲーミングスマホでは60Hzを超えるものが多く、最大で120Hzのものまであります。

また大画面スマホも多く、有機ELパネルを搭載しており、高精細な映像でスマホゲームを楽しむことができます。

3Dゲームはもちろん、動画視聴にも最適で、最上級の映像環境を作り出しています。

冷却システムを搭載

ゲーミングスマホの最大の特徴とも言えるのが、独自の冷却システムを搭載している点です。

通常のスマホにはあまり見られない機能であり、高負荷の処理にも長時間対応することができるようになっています。

スマホゲームを長時間プレイしていると、スマホが熱を持ち、熱を持った状態が続くと処理が遅くなってしまい、最悪の場合は処理落ちが発生してしまいます。

PCと同じで、どれだけ処理性能が高くても高負荷の処理を続けていると、マシン内に熱がこもり処理性能が落ちてしまうので、冷却システムは重要な存在となります。

ゲーミングスマホでは、冷却システムを搭載することで、長時間の処理にも対応することが可能となっており、とことんゲームのプレイに特化した仕様となっていることがわかります。

ゲーミングスマホの選び方

Black Shark 2 | 製品情報 | KAZUNA

画像引用元:Black Shark 2 | 製品情報 | KAZUNA

ゲーミングスマホを選ぶ時には、どういったところに着目するのが良いのでしょうか。

選び方としては、特徴となっている3つのポイントに着目し、選ぶのがベターでしょう。

ゲーミングスマホを選ぶ3つのポイント
  • メモリ(RAM)の容量
  • ディスプレイのリフレッシュレート
  • 冷却システムの有無

メモリ(RAM)の容量

1つ目のメモリ容量に関しては、処理性能のベースとなっています。

チップセットも合わせて高性能なものを選ぶのがベストですが、ゲーミングスマホならではの大容量メモリが搭載されたものがおすすめです。

リフレッシュレート

2つ目のリフレッシュレートに関しては、映像の滑らかさを決定します。

3Dゲームなど動きの激しいものは、リフレッシュレートが低いとあまり綺麗に表現されず、ブレた映像になってしまうので、リフレッシュレートの高いものがおすすめです。

冷却システムの有無

スマホゲームをしていて、本体が異常なまでに熱くなったり、その後に処理落ちしてしまったりという経験がある人もいるのではないでしょうか。

高負荷のスマホゲームをプレイしていると、熱を持ちやすく熱により処理が遅くなってしまいます。

熱対策の冷却システムがあるのとないのとでは、大きな差があるので、せっかくゲーミングスマホを購入するなら、冷却システムが搭載されたものがおすすめです。

【保存版】本当に面白い!人気の無料おすすめゲームアプリ

次の章では、いよいよゲーミングスマホの人気ランキングを紹介していきます。

ゲーミングスマホ人気ランキング

ここからは、人気のゲーミングスマホをランキング形式で紹介していきます。

第4位:Honor Play(HUAWEI)

Honor Play

画像引用元:HUAWEI Honor Play

ゲーミングスマホの多くは、ハイスペックゆえに高価格となっています。

そんな中で3万円台と手頃な価格帯で販売されているのが、HUAWEIのHonor Playです。

チップセットに関しても、HUAWEIのフラッグシップ機として、2017年末に発売されたMate 10 Proと同じ、Kirin970を搭載しており高い処理性能を持ちます。

メモリ容量は4GBモデルと6GBモデルがあり、ゲーミングスマホの中では決して大きい方とは言えませんが、3Dゲームをプレイするのに十分な容量を搭載しています。

Honor Playの特徴として、「GPUターボ」という機能が搭載されています。

ゲームプレイ時にGPUの処理を集中させる機能で、3Dゲームに特化した構造となっています。

また、バイブレーション機能にもこだわられており、ゲームに合わせた振動で、普通のスマホにはない臨場感を味合うことができます。

決してゲーミングスマホの中ではスペックが高いわけではないものの、ゲームに特化した機能を集中させることで、快適なゲーム環境と手頃な価格を実現しています。

第3位:RAZER Phone 2(RAZER)

RAZER PHONE2

画像引用元:Razer Phone 2 – Flagship // Gaming

ここからは、本格的なゲーミングスマホを紹介していきます。

第3位は、アメリカのゲーミングデバイスメーカーで、Razerから発売されたRAZER Phone 2です。

Razerは、スマホをメインに作っているメーカーではありませんが、ゲーミングデバイスをメインに製造販売しており、ゲーム向けのマウスやキーボードで有名です。

最近では、ゲーミングPCやゲーミングスマホを販売しており、その中でもRAZER Phone 2は、最新のゲーミングスマホとなっています。

メモリ容量は8GB、チップセットはSnapdragon835と、スペック面で見れば普通のスマホに比べれば高性能ですが、ゲーミングスマホの中では少し物足りない数値にも思えます。

しかしながら、RAZER Phone 2の最大の特徴は、リフレッシュレート120HzのIGZOディスプレイです。

先述したように、高いリフレッシュレートとなっていることで、より滑らかな動きを表現することが可能になっています。

動きの多い3Dゲームをプレイする際にも、はっきりと綺麗な映像を楽しむことができるでしょう。

Razer Phone 2レビュー|RAM8GBのゲーミングスマホのスペックと価格

第2位:Black Shark Helo(Xiaomi)

Xiaomi Black Shark Helo

画像引用元:黑鲨(SHARK)游戏手机_游戏手机【价格_参数_测评】-黑鲨科技手机官网

続いては、ハイスペックスマホを次々と投入しており、世界的に有名になった中国のXiaomiから販売されている、Black Shark Heloについて紹介します。

Black Shark Heloも、メモリ(RAM)に関しては6GB/8GB/10GBの3モデルがあり、こちらも最大で10GBと、大容量のメモリを搭載しています。

ステレオスピーカーやディスプレイに有機ELを搭載しており、処理性能だけでなく、オーディオやビジュアルにもこだわられたスマホとなっています。

冷却システムは、ダブル液冷ヒートパイプの採用により、長時間のプレイによる熱対策もされています。

Black Shark 2は超高性能ゲーミングスマホ !怪物メモリに最新CPU

第1位:ROG Phone(ASUS)

画像引用元:ROG Phone ZS600KL | ゲーミングスマートフォン – Asus

第1位は、ASUSのROG Phoneです。

ROG Phoneは、メモリ容量が8GB、チップセットにSnapdragon845を搭載しています。

何と言ってもROG Phoneの最大の特徴となるのが、独自のカスタムを施したSnapdragon845の存在です。

CPUの処理速度を表すクロック数というものがあり、通常Snapdragon845では、クロック数は最大2.8GHzとなっています。

このクロック数の数値が大きくなるほど、処理速度が速いと言われています。

ROG Phoneでは独自のカスタムによってクロックアップされており、クロック数はなんと最大2.96GHzを実現しています。

メモリ容量が8GBと大容量となっていることとも相まって、ゲーミングスマホの中でも圧倒的なパフォーマンスの高さを実現しています。

リフレッシュレートは最大90Hz、応答速度1msとなっており、動きの速い3Dゲームであっても、はっきりとした綺麗な映像を映し出すことができます。

また、周辺機器が充実しているのもROG Phoneの特徴です。

冷却ユニットが付属品としてついており、空冷によってスマホの発熱を抑えることができるようになっています。

別売りのデバイスを使用すれば、マウスやキーボードとの接続によるPCスタイルのプレイやTWINVIEW DOCKによって、2画面モードでのプレイが可能となっています。

ROG Phoneは、どのゲーミングスマホよりもゲームに特化した仕様となっており、スマホというよりもはや一種のゲーム機と言っても過言ではないレベルでしょう。

大人もハマる!中毒性の高い人気の無料おすすめゲームアプリ

次の章では、ゲーミングスマホを購入する上での注意点を解説します。

ゲーミングスマホを購入する上での注意点

画像引用元:総務省 電波利用ホームページ | 技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

ゲーミングスマホの選び方や人気のランキングを紹介してきましたが、購入する上では重大な注意点があります。

それは技適マークの有無です。

日本国内で無線通信を行うためには、利用するデバイスに技適マークが付いている必要があります。

技適マークのある通信機器は、総務省の認可を受けて無線通信を行うことができるものとなっており、逆に技適マークのないものは認可されていないデバイスとなります。

技適マークのないデバイスで無線通信を行うと、電波法に抵触する恐れがあります。

ゲーミングスマホの多くは日本国内未発売のものがほとんどで、紹介した4機種の中で、国内で発売されているのはASUSのROG Phoneのみとなっています。

国内モデルのROG Phoneは技適マークがついており、日本国内でも安心して利用することができます。

しかしながら、それ以外のゲーミングスマホを購入する際には技適マークのついていない可能性も高く、国内で利用する際には注意が必要です。

国内キャリアでゲーミングスマホを利用するなら

ゲーミングスマホのほとんどが海外メーカーの製品で、国内キャリアのスマホをずっと利用している人には、ややハードルの高い製品となっています。

また、技適などの問題もあるため、国内のキャリアから販売されているスマホで、安心してゲーミングスマホを使いたいという場合どうすれば良いのでしょうか。

キャリアから販売されているスマホの中にも、ゲーミングスマホと銘打たれてはいませんが、ゲームに特化した性能を持ったスマホが販売されています。

それでは、キャリアから販売されているスマホの中でも、ゲーミングスマホに匹敵する性能を持ったスマホについて紹介していきます。

全キャリア共通:iPhoneXS/XS Max

ハイスペックスマホの代表とも言えるiPhoneシリーズの最新機種、iPhone XS/XS Max。

A12 Bionicチップ搭載により、処理性能は格段に向上しており、高負荷のスマホゲームをプレイしてもサクサク快適にプレイをすることができます。

名実ともにスマホの中でも最高峰の処理性能を誇ります。

ゲームを中心に利用するにも申し分のないスペックです。

キャリアから販売されているスマホで、ゲームのプレイ環境として1番おすすめなのがiPhone XS/XS Maxです。

ソフトバンク:AQUOS zero

画像引用元:AQUOS zero スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

ソフトバンクからの独占販売となっているAQUOS zeroも、ゲームに特化したスマホと言えます。

AQUOSシリーズのスマホとして初めて有機ELを搭載しており、SHARP独自のリッチカラーテクノロジーモバイルによって、非常に綺麗な映像となっています。

また、メモリ容量は6GB、チップセットはSnapdragon845と、他のゲーミングスマホと比較しても見劣らないほどの処理性能の高さとなっています。

AQUOS zeroの最大の売りは、その軽さです。

6.2インチと大型のスマホにも関わらず、重さは約146gと非常に軽くなっています。

外出先でスマホゲームをプレイする機会が多い人でも、気軽に楽しむことができるでしょう。

ソフトバンクのAQUOS zeroに機種変更|お得に購入する完全ガイド

ドコモ・au:Galaxy Note9

画像引用元:Galaxy Note9 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

ドコモ・auならGalaxy Note9がおすすめです。

Galaxy Note9もメモリ容量は6GB、チップセットはSnapdragon845を搭載しており、ゲーミングスマホばりに処理性能の高いスマホとなっています。

ディスプレイは6.4インチと、現行のドコモやauから販売されているスマホの中では最大級の大きさで、有機ELを採用することで高精細な映像を楽しむことができます。

バッテリー容量も4,000mAh大容量で、長時間駆動も可能です。

デュアルレンズカメラやSペンなど魅力的な機能も満載で、ゲーム以外にも使っていて楽しくなること間違いなしのスマホとなっています。

ドコモのGalaxy Note9 SC-01Lに機種変更|お得に購入する完全ガイド

スマホゲームを最大限楽しめる環境に

おすすめのゲーミングスマホ
  • SIMフリーなら国内販売もされているROG Phoneがおすすめ
  • iPhone XS/XS Maxもゲームをプレイするには申し分ないスペック
  • キャリアから販売されているスマホもゲーミングスマホに匹敵する

スマホゲームの世界は日進月歩で、発展を続けています。

3Dゲームやオンラインゲームはもはや、ケータイゲームの域を超えるほどになってきつつあります。

その分、スマホに要求されるスペックも高いものになっています。

がっつりスマホゲームをプレイするのであれば、それ相応の環境を用意する必要があります。

ゲーミングスマホのように、よりゲームに特化したスマホにすることで、今まで以上にスマホゲームに熱中することができるでしょう。

スマホゲームをより深く楽しみたいという人は、ぜひこちらの記事を参考にゲーミングスマホを検討してみませんか?

シューティングゲームならこれ!人気の無料おすすめアプリ【iPhone/Android】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ