【2021年】防水タブレットおすすめ4選|お風呂場でも使える機種を比較

  • 2021年9月29日
  • by.a-sato

LAVIE-TE710

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、2021年の防水タブレットおすすめランキングを紹介します。

防水タブレットというのは、今では非常に珍しい存在です。

そのため発売日が非常に古いものやすでに販売終了となっているタブレットが、未だにおすすめとして紹介されている場合も少なくありません。

しかし、それでは実用的でないですよね。

そこで今回は、

  • 発売日が比較的新しい
  • 現時点で発売中
  • 今でも実用的なスペック

の3点を意識したランキングを作成しました。

防水タブレットのおすすめまとめ
  • Androidのおすすめは2機種
  • Windowsのおすすめも2機種
  • iPadに防水モデルはない
  • Kindle Paperwhiteの防水版もおすすめ

トップ画像引用元:NEC LAVIE公式サイト

タブレットのOSは主に3種類

ドロイド君

画像引用元:Android公式サイト

スマホのOSはAndroid OSとiOSが有名ですが、タブレットにはこれらに加えてWindows OSのものもあります。

Android OSとiOSのタブレットはほとんど「画面の大きなスマホ」です。

これに対し、Windows OSのものは「Windowsパソコンそのもの」という特徴があります。

それぞれのOSがおすすめな人
  • Android OS/iOS
    タブレットをスマホの延長として使いたい人
  • Windows OS
    タブレットをパソコンとして本気で使いたい人

iPadには防水はない

ただし、iOSを搭載しているタブレット、すなわちiPadには防水性能がありません

公式で防水ケースも販売されていません。

よって今回紹介するタブレットは、Android OSかWindows OSのどちらかになります。

次の章から、Android OSとWindows OSに分けて、防水タブレットおすすめランキングを紹介していきます。

【2021年】Androidの防水タブレットおすすめランキング

タブレットで動画を楽しむ

まずはAndroid OSを搭載した防水タブレットからです。

Android OSのおすすめ防水タブレットは以下の通りです。

それぞれのスペックや防水性能の程度なども順番に解説します。

Androidのおすすめ防水タブレット
  1. LAVIE Tab E TE710(NEC)
    防水性能はIP53の防滴レベル
  2. Yoga Smart Tab ‎ZA3V0052JP(Lenovo)
    防水性能はIP52の防滴レベル

1位 LAVIE Tab E TE710(NEC)

LAVIE Tab E

画像引用元:NEC LAVIE公式サイト

LAVIE Tab E TE710は、NECの防水タブレットです。

2020年1月23日に発売されており、現在は各家電量販店や通販サイトで約30,000円で販売されています。

RAMは4GB、ROMが64GBでさらに256GBのmicroSDカードにも対応しているため、たっぷりデータを保存できます。

処理速度などのスペックに関しても、ネットサーフィンやSNSなどごく普通にインターネットを楽しむ分には問題ないでしょう。

IP53の防塵防水性能

LAVIE Tab E TE710の防水防塵性能はIP53、防水はIPX3となります。

つまり、「鉛直から60°以内の噴霧水に落下する水による有害な影響がない」程度の防水性能であり、どちらかというと防滴レベルの性能だといえます。

そのため、お風呂やプールなどで使うことはできません。

あくまで生活防水レベルだと思ってください。

また、防塵性能についても「有害な影響が発生するほどの粉塵が内部に入らない」程度の性能なので、埃などの侵入の心配はありません。

キッチンやキャンプなどのアウトドアで利用するのがおすすめです。

2位 Yoga Smart Tab ‎ZA3V0052JP(Lenovo)

LenovoのYoga Smart Tab ‎ZA3V0052JPは、2019年10月24日に発売された防水タブレットです。

こちらも現在、家電量販店や通販サイトなどで約30,000円で購入できます。

RAMは4GB、ROMが64GBであり、最大256GBのmicroSDカードにも対応しています。

ごく一般的なスペックなので、ネットサーフィンやSNS、動画視聴などであれば快適に使うことができるでしょう。

防水防塵性能はIP52

Yoga Smart Tab ‎ZA3V0052JPの防水防塵性能はIP52です。

また、防水性能は「正常な取り付け位置より15°以内の範囲で傾斜した時、鉛直に落下する水滴によって有害な影響がない」程度となります。

こちらも、前述のLAVIE Tab E TE710と同様にあくまで防滴レベルであり、水に浸けたり、湿度の高いお風呂などでの利用は推奨されません。

キッチンなどで飛び散った水がかかったり、急な雨で多少濡れてしまうくらいであれば問題ないでしょう。

【2021年】Windowsのおすすめ防水タブレットランキング

arrows Tab QH

画像引用元:富士通 | 3年保証無料 | ARROWS Tab QHシリーズ(10.1型Windowsタブレット)商品・価格一覧

次に、Windowsのおすすめ防水タブレットについて紹介します。

今回は、おすすめの機種を2機種ピックアップしました。

Windowsのおすすめ防水タブレット
  1. arrows Tab WQ2/E
    防水性能は最高等級であるIPX8に対応
  2. ES20GMN5000-4/64-W10Pro(ECS)
    防水性能はIP54│飛沫であれば問題なく使える

下記にて、特徴やスペックについて詳しく解説していきます。

1位 arrows Tab WQ2/E

arrows Tab

画像引用元:富士通公式ストア

次に、Windows OSの防水タブレットでおすすめなのは、「arrows Tab WQ2/E2」です。

発売日は2020年6月23日と新しく、富士通公式ストアでの販売価格は103,400円~です。

Windows OSを搭載したタブレットは、まさにWindowsパソコンそのもの。

そのため防水性能を搭載している機種は非常に貴重です。「防水パソコン」なんて普通は聞かないものですよね。

OSは「Windows 10 Pro(64ビット版)」となっています。

CPUは「CPU Intel Celeron N4020」か「CPU Intel Celeron N4120」を選べます。

特別ハイスペックというわけではありませんが、モバイルパソコンとしては十分です。

防水・防塵・耐衝撃

arrows Tab QH

画像引用元:[富士通WEB MART] arrows Tab QHシリーズ : 富士通パソコン

arrows Tab WQ2/E2の防水性能はIPX8という最高保護等級です。

防塵もIP5Xで、MIL規格「MIL-STD 810G」に準拠した耐衝撃性能も備えています。

MIL規格とは、米軍が調達する物資の耐久性を定める規格です。

これに準拠していると認められるには、以下の落下試験をクリアしなくてはなりません。

MIL規格の落下試験の内容
  • 落下高さ:1.22m
  • 落下場所:厚さ5mmの合板
  • 落下方法:26方向からの落下

つまり、MIL規格に準拠しているarrows Tab WQ2/E2は、落としてしまっても滅多に壊れないということです。

専用タッチペンや有料の専用キーボードもあり

arrows Tab QH

画像引用元:[富士通WEB MART] arrows Tab QHシリーズ : 富士通パソコン

arrows Tab WQ2/E2には専用のタッチペンが付いてきます。

かなり質の高いデジタイザを内蔵しており、本物のペンのような書き心地を体感できます。

また別料金ですが、「軽量スリムキーボード」という専用キーボードをオプションで付けることもできます。

これを付ければ、タブレットとしてではなくノートパソコンとしても使うことができます。

2位 ES20GMN5000-4/64-W10Pro(ECS)

ES20GM-1

画像引用元:【終息】ES20GM | 株式会社リンクスインターナショナル

ESCの「ES20GMN5000-4/64-W10Pro」は、現在ビックカメラなどの量販店での購入が可能です。

このタブレットは、Intel® Gemini Lakeを搭載しWindows 10 ProをプリインストールしたWindows対応タブレットであり、2019年7月に発売されました。

価格は現在、ビックカメラで48,900円で販売されています。

IP54準拠&70cmの耐落下性能

気になる防水性能についてですが、IPX4なので「いかなる方向からの水の飛沫による有害な影響がない」程度の防水性能だということがわかります。

つまり、水に浸けたりすると故障する可能性が高いですが、飛び散った水がかかる程度の飛沫であれば問題なく使えるということになります。

前述の「arrows Tab WQ2/E2」に比べると、あまり防水性能が高いとはいえませんが、ただでさえ防水タブレットは種類が少ないのでとても貴重です。

また、70cmの耐落下性能も備わっているので、万が一落としてしまった時にも安心ですね。

読書なら防水の電子書籍リーダーもおすすめ

Kindle Paperwhite 防水機能付き

画像引用元:Amazon.co.jp

おまけとして、防水機能を搭載したKindle Paperwhiteも紹介します。

Kindle Paperwhiteとは、Amazonで購入した電子書籍を読むための電子書籍リーダーです。

Android OSでもWindows OSでも、もちろんiOSでもありません。

ただ防水性能は、IPX8の最高保護等級を採用しています。

Kindle Paperwhiteは目に優しいディスプレイ搭載

Kindle Paperwhiteのディスプレイには、電子ペーパー技術「E-Ink」が採用されています。

そのため、本物の紙を見ているくらい目に優しく、暗い部屋で読書するのにもばっちりです。

防水機能付きのKindle Paperwhiteは、Amazonで13,980円で販売中です(2020年9月2日現在)。

お風呂で電子書籍を読むのが目的なら、Kindle Paperwhiteが断トツでおすすめです!

防水性能について

水

ここまでおすすめの防水タブレットを紹介する中で、保護等級についても記載してきました。

ここからは防水の保護等級について、もう少し詳しく解説します。

防水の保護等級は、日本では日本工業規格及び社団法人・日本電気工業会が規格化しており、「IPX○」で表現されます。

等級は全部で8つに分かれています。

保護等級効果
IPX0特に保護がされていない
IPX1鉛直に落下する水滴によって有害な影響がない
IPX2正常な取り付け位置より15°以内の範囲で傾斜した時、
鉛直に落下する水滴によって有害な影響がない
IPX3鉛直から60°以内の噴霧水に落下する水によって有害な影響
IPX4いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響
IPX5いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響
IPX6いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても内部に浸水の形跡がない
IPX7規定の圧力、時間で一時的に水中に浸水しても内部に浸水の形跡がない
IPX8製造者に規定される条件に従って、連続的に水中に置かれる場合に適する。
原則として完全密閉構造。

このうち、本当の意味で防水と言えるのはIPX7からです。

それより下は生活防水や防滴と言えます。

自分がどういう場面でタブレットをよく使うのかは、事前に想定しておきましょう。

ただ、一般的にIPX8でも、お風呂などの水場で使うことは推奨されていません。

新しい防水タブレットはレア!

dtab d-41A

画像引用元:AQUOS:シャープ

以上、2021年の防水タブレットおすすめランキングでした。

防水タブレット選びのポイント
  • Androidのおすすめは2機種
  • Windowsのおすすめも2機種
  • iPadに防水モデルはない
  • Kindle Paperwhiteの防水版もおすすめ

防水タブレットの選択肢は、現状では非常に少ないです。

そのため、中には5年以上前の製品を未だにおすすめしているメディアも見られます。

ただ、そういったものを今から買って使うのは現実的ではありません。

そもそも中古以外では入手できないものも多いです。

数少ない中にも優秀なスペックの機種はあるので、是非自分に合ったものを探してみてください。

防水非対応の機種に、防水ケースをつけて使用するのもおすすめです。

【2022年最新】タブレットおすすめランキング|人気10機種をスペック・価格で比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。