【2019年】LINEモバイルのおすすめスマホ端末まとめ|人気5機種を徹底比較

  • 2019年10月20日
  • by 
【2019年】LINEモバイルのおすすめスマホ端末まとめ|人気5機種を徹底比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナー

LINEモバイルではSIMカードだけでなく、実はスマホ端末の取り扱いもしています。

LINEモバイルではスマホ端末の分割購入が可能なので、少し高価なハイスペックスマホも買いやすいです。

今回は、LINEモバイルで取り扱いされているスマホ端末の中でも、特におすすめの人気5機種を厳選して紹介します。

スペックや特長について詳しく紹介するので、自分に合ったスマホを見つけてください!

トップ画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルのおすすめスマホ端末まとめ

  • 安定したスペックで快適に使いたい人は「iPhone 6s」
  • 機種代金が一番安いのは「moto e5」
  • 全体的に高いカメラ性能を求めるなら「HUAWEI P30 lite」
  • スマホゲームなどアプリをヘビーに使いたい人は「ZenFone 6」がぴったり
  • 夜景やセルフィーを撮るなら「R17 Pro」がおすすめ!


LINEモバイル公式サイトを見る

LINEモバイルのおすすめスマホ端末

画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルでは、現在19機種のスマホを取り扱っています。

今回は、その中でも特におすすめの人気スマホを5機種ピックアップしました。

  • iPhone 6s
  • moto e5
  • HUAWEI P30 lite
  • R17 Pro
  • ZenFone 6

それぞれの特長やスペックについて見ていきましょう。

iPhone 6s

画像引用元:iPhone 6s|LINEモバイル|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

知らない人はいないと言えるくらいにメジャーなiPhone。

LINEモバイルではiPhone 6sの取り扱いがあります。

iPhone 6s32GB128GB
価格33,800円43,800円
画面サイズ4.7インチ
サイズ67.1×138.3×7.1 mm
143g
CPUApple A9
メインカメラ1,200万画素
インカメラ500万画素
生体認証指紋認証

iPhone 6sは現在発売されている最新のiPhone 11から数えると大体6世代ほど前のiPhoneです。

しかし、新旧に関わらず、どのiPhoneも統一性があり、安定して使えるスペックの高さが魅力です。

ソフトバンク回線のプランのみ利用可能

iPhone 6sは使えるプランが限られています。

ソフトバンク回線のプランでないと使用することができないので、契約時にau回線やドコモ回線を選ばないようにしましょう。

4Kビデオが撮影できる1,200万画素カメラ

既に6世代ほど前のiPhoneですが、新しいiPhoneとほぼ同じように安定したスペックで使うことが可能です。

カメラ性能も同様で画素数は1,200万画素と比較的高く、動画撮影では4Kでの撮影も可能です。

LINEモバイルでお得にiPhoneを使う手順|機種変更と持ち込みについても解説

moto e5

画像引用元:moto e5|LINEモバイル|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

moto e5は、モトローラが開発したスマホです。

今回紹介するスマホの中で、最もリーズナブルなスマホであることも特徴です。

moto e5項目
価格16,800円
画面サイズ5.7インチ
サイズ約154.4×約72.2×約8.9mm
173g
OSAndroid 8.0
CPUQualcomm Snapdragon 425
RAM / ROM2GB / 16GB
バッテリー容量4,000mAh
メインカメラ1,300万画素
インカメラ500万画素
生体認証指紋認証

リーズナブルである分、スペックもどちらかというとライトユーザー向きといえるでしょう。

秋の格安スマホSALE対象で一括9,800円【2019年11月5日10時59分まで】

moto e5は、現在LINEモバイルで開催されているキャンペーンの対象スマホです。

2019年11月5日10時59分まではmoto e5を一括9,800円で購入することができ、通常の機種代金よりも6,000円程安く購入できます。

1日使える4,000mAhの大容量バッテリー

moto e5は充電の持ちにも定評があります。

バッテリー容量は4,000mAhと非常に大容量で、最大1日程充電が持つといわれています。

高速オートフォーカス対応の1,300万画素カメラ

moto e5のカメラ性能は、機種代金の割にかなり性能が良いといわれています。

画素数は1,300万画素と、普通にスマホの中で写真を楽しむ分には十分です。

また、高速オートフォーカスに対応しているので、動いている被写体にも瞬時に焦点を当て輪郭のシャープな写真を撮影することができます。

RAM2GB/ROM16GBのライトユーザー向けスペック

アプリを一度に起動できる容量であるRAMが2GB、スマホ本体にデータやアプリを保存できる容量が16GBと、かなりコンパクトなスマホであることも特徴です。

あまりスマホを使わない、最低限の機能だけで十分だというライトユーザーの人に向いているスマホです。

HUAWEI P30 lite

画像引用元:HUAWEI P30 lite|LINEモバイル|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

HUAWEI P30 liteは世界的なシェアを誇る中国のスマホメーカー「HUAWEI」が取り扱っているスマホです。

HUAWEI P30 lite項目
価格32,880円
画面サイズ6.15インチ
サイズ約152.9×約72.7×約7.4mm
159g
OSAndroid 9
CPUHUAWEI Kirin 710
RAM / ROM4GB / 64GB
バッテリー容量3,340mAh
メインカメラ2,400万画素
800万画素
200万画素
インカメラ2,400万画素
生体認証指紋認証

HUAWEIのスマホの大きな特徴は、カメラ性能に定評があるという点と、スペックの高さの割に価格がリーズナブルだという点です。

HUAWEI P30 liteはHUAWEI P30の廉価モデルですが、廉価モデルとは思えないくらいに快適に使えるスマホです。

秋の格安スマホSALE対象で一括22,880円【2019年11月5日10時59分まで】

HUAWEI P30 liteは、LINEモバイルの機種代金割引キャンペーンの対象スマホです。

約10,000円値下げされるので、HUAWEI P30 liteを安く購入したい人にもチャンスです。

約6.15インチのフルビューディスプレイ

HUAWEI P30 liteは、フレームがほとんどないベゼルレス仕様のスマホです。

画面サイズは6.15インチと大きいですが、画面占有率が高いことで画面サイズの割にコンパクトなサイズ感が特徴です。

急速充電対応の3,340mAhの大容量バッテリー

画面サイズが6.15インチとなると、気になるのがバッテリーの消耗だと思います。

HUAWEI P30 liteのバッテリー容量は3,340mAhと大容量なので充電に時間がかかると思います。

しかし、急速充電対応なので、時間をかけることなくスピーディーに充電することができます。

さまざまな用途で使えるトリプルカメラ

HUAWEI P30 liteはカメラ性能にも定評があります。

  • ワイドな景色や集合写真も撮りやすい超広角カメラ
  • AIが22の撮影シーンと被写体を自動で認識
  • ビューティー補正も使える2,400万画素のインカメラ

トリプルカメラが搭載されており、ワイドな景色の撮影はもちろん、AIによるシーンの自動認識やビューティー補正など、豊富な種類のカメラ機能が使えます。

HUAWEI P30 liteレビュー|2018年最も売れたSIMフリースマホの後継機

R17 Pro

画像引用元:R17 Pro|LINEモバイル|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

R17 ProはOPPOというスマホメーカーが開発したスマホです。

OPPOは中国のメーカーでまだHUAWEIと比べるとまだ知られてはいませんが、最近はTV CMもはじまって徐々に知名度が広がっています。

R17 Pro項目
価格49,880円
画面サイズ6.4インチ
サイズ約157.6×約74.6×約7.9mm
183g
OSColorOS5.2(Based on Android 8.1)
CPUQualcomm Snapdragon 710
RAM / ROM6GB / 128GB
バッテリー容量3,700mAh相当量
メインカメラ1,200万画素
2,000万画素
インカメラ2,500万画素
生体認証指紋認証

R17 Proの魅力は夜景が綺麗に撮れるカメラです。

秋の格安スマホSALEで機種代金も安くなっているので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

秋の格安スマホSALE対象で一括39,880円【2019年11月5日10時59分まで】

R17 Proも、LINEモバイルの割引キャンペーンの対象スマホです。

2019年11月5日10時59分までであれば、約10,000円割引された状態でR17 Proを購入することができます。

ウルトラナイトモードで僅かな光も鮮明に写し出す

夜景を撮ると、黒く潰れてしまったり、ぼやけた仕上がりになってしまうことが多いと思います。

しかし、R17 Proのウルトラナイトモードなら、暗い場所の撮影も明るく写すことができるので、シャープで鮮明な夜景の写真を撮影することができます。

8つのカスタマイズモードで理想の顔に調整できる2,500万画素のインカメラ

R17 Proは、セルフィー撮影にも向いているスマホだといわれています。

8つのカスタマイズモードで顔の加工や調整をすることができるので、自分の顔をより理想に近づけることができます。

10分で約40%の充電も可能!3,700mAhの大容量バッテリー

R17 Proは急速充電にも対応しています。

3,700mAhの大容量バッテリーですが10分で約40%の充電が可能なので、充電にあまり待たされることもありません

OPPO R17 Proレビュー|ディスプレイ指紋センサー内蔵のハイテクスマホ

ZenFone 6

画像引用元:ZenFone 6|LINEモバイル|格安スマホ・格安SIMならLINEモバイル

ZenFone 6は、HUAWEIと並ぶ世界的シェアを誇るASUSが開発したスマホです。

ASUSのZenFoneシリーズはリーズナブルで非常に人気が高いですが、今回のZenFone 6はハイエンドスマホにも負けないくらいに高スペックであることが特徴です。

ZenFone 6項目
価格69,500円
画面サイズ6.4インチ
サイズ約159.1×約75.4×約9.1mm
190g
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 855
RAM / ROM6GB / 128GB
バッテリー容量5,000mAh
メインカメラ4,800万画素
1,300万画素
インカメラ×
生体認証指紋認証

機種代金も高いですが、スペック重視と考える人にはぴったりです。

180°回転できる4,800万画素メイン+1,300万画素広角のデュアルカメラ

ZenFone 6にはインカメラがありません。

回転式のカメラとなっており、0°から180°まで自由自在にカメラを回転させることができます。

4,800万画素のメインカメラと1,300万画素の広角カメラのデュアル仕様で、内側に回転させることでインカメラとしても使用できます。

被写体を自動的に追跡してくれるので動いている場合も安心

高性能なデュアルカメラというだけではなく、動いている被写体も写真に収めやすい機能が備わっています。

被写体を自動的に追跡してくれる機能で、動いている被写体も確実に捉えることができ、ブレを防ぐことができます。

高性能CPU「Snapdragon 855」を搭載したゲームにもおすすめなスマホ

ZenFone 6は、カメラ性能だけでなくヘビーユーザーにもぴったりな高性能スペックです。

高性能CPUと定評のあるSnapdragon 855を搭載しており、通常のアプリの操作はもちろん、容量の多いスマホゲームのアプリもサクサクプレイすることができるでしょう。

ZenFone 6のスペック・価格・評価|ZenFone 5との違いは何?

LINEモバイルおすすめ端末の特長

  • iPhoneがほしいならこれ。安定したスペックの「iPhone 6s」
  • 今なら10,000円以下で購入できる!ライトユーザーにおすすめのリーズナブルスマホ「moto e5」
  • 景色からセルフィーまで、さまざまなシーンで使えるカメラ性能が魅力の「HUAWEI P30 lite」
  • ウルトラナイトモードで夜景のような暗い写真も鮮明に撮れる「R17 Pro」
  • Snapdragon 855搭載の超ハイスペックモデル!ヘビーユーザーなら「ZenFone 6」


LINEモバイル公式サイトを見る

LINEモバイルのおすすめ端末を比較│どんな人におすすめ?

LINEモバイル

画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

LINEモバイルのおすすめ端末は、それぞれ価格帯もスペックの高さも大きく異なります。

ただ安いだけでなく、スペックにこだわったスマホ端末も取り扱っているので、LINEモバイルではさまざまなユーザーのニーズに応えることができます。

そこで、今回紹介したLINEモバイルのおすすめ端末が、一体どのような人に合うのか解説していきます。

価格の安さ重視ならmoto e5がおすすめ

今回紹介した中でmoto e5が1番機種代金が安いです。

そのため、価格を重視したい人にはmoto e5がぴったりです。

今ならキャンペーンで10,000円以下の価格で購入できるので、安く手に入れたい人はチャンスです。

夜景やセルフィーを撮りたいならR17 Pro

R17 Proは、カメラ性能に定評のあるスマホです。

ウルトラナイトモードで夜景を撮影するのはもちろん、8つのカスタマイズモードでセルフィー加工ができるなど、魅力的な機能がたくさんあります。

特に夜景やセルフィーを重視したいならR17 Proがおすすめです。

スマホゲームをプレイしたりヘビーに使いたい人はZenFone 6

ZenFone 6はSnapdragon 855搭載の非常に高性能なスマホです。

アプリを1度に複数使う場合はもちろん、スマホゲームをプレイする人にも快適に使えるのではないでしょうか。

カメラ性能を重視したいならHUAWEI P30 lite

R17 Proと同じく、HUAWEI P30 liteもカメラ性能に特化しています。

HUAWEI P30 liteはトリプルカメラ仕様で、ワイドな景色や集合写真も撮りやすいです。

また、ビューティー補正やAIによる撮影シーンの自動認識など、あらゆる場面で高クオリティな写真を撮ることができます。

全体的に安定したスペックを求めたい人はiPhone 6s

iPhoneは新旧モデルを問わず、全体的に安定して快適に使うことができます。

それは約6世代程前のiPhone 6sも同様で、今でも支障なく使うことができます

平均的に安定したスペックのスマホを使いたい人は、iPhone 6sがおすすめです。

LINEモバイルにはiPhoneや高スペックで魅力的な端末がたくさん!自分に合ったものを選ぼう

LINEモバイル

画像引用元:格安スマホ LINEモバイルの特徴|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

最後に、LINEモバイルのおすすめ端末を比較した結果についてまとめます。

LINEモバイルのおすすめ端末を比較した結果
  • 機種代金が一番安いのは「moto e5」
  • 夜景やセルフィーを撮るなら「R17 Pro」がおすすめ!
  • スマホゲームなどアプリをヘビーに使いたい人は「ZenFone 6」がぴったり
  • 全体的に高いカメラ性能を求めるなら「HUAWEI P30 lite」
  • 安定したスペックで快適に使いたい人は「iPhone 6s」

LINEモバイルで取り扱っているスマホ端末は、ただ安いだけでなく、スペックにこだわった高性能なものもあることがわかりました。

iPhoneの取り扱いもあるので、格安SIMにしてもiPhoneが使いたいという人にもぴったりです。

今まで使っていたスマホ端末を引き続き使うという人も多いと思いますが、LINEモバイルはさまざまなニーズに合った豊富な種類を用意しているので、購入を検討してみるのも良いかもしれません。

今なら秋の格安スマホSALEで一部のスマホが安く購入できるので、是非検討してみてください。

LINEモバイル公式サイトを見る

LINEモバイルの店舗契約は損ってホント?ネット契約のキャンペーンと比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルバナーワイモバイルバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ